花粉症対策と予防としての「そば蜂蜜」

デトックス、健康法
06 /01 2019
今日は「蕎麦の蜂蜜」を買ってきたので、そのお話です。私の住んでいる地域の近くの町で手作りしているということでした。

そば蜂蜜

病気や体調不良になると治療で痛い思いをしたり金もかかるので、やはり未然に防いで健康でいるのが良いですよね。しかし、治療法が確立されていない花粉症などは厄介ですよね。

私はアメリカ国内を何回か引越ししたことがあるのですが、やはり同じ大陸でも違う地域に行くと気候も違うし、生えている植物も地中に埋まっている鉱物さえ違います。そうすると、体が慣れるまで、ちょっと大変な時があります。

ある時、極端な気候の場所に引っ越した時に、地元の人スーパーのハチミツのコーナーに手書きで「花粉症には地元産のハチミツを」と書いて売っているのを見つけました。周囲のアメリカ人に聞いてみたところ、その地域では新しく引っ越してきた人は特に花粉症になりやすいことが良く知られているということでした。

地元の人たちは、自分が住んでいる場所のハチミツを食べることの効能を知っていて教えてくれました。特に、蕎麦の花からとれたハチミツは、花粉症やアレルギーに効いたという体験談をききました。(蕎麦アレルギーの人は別ですが)

私自身、その土地の「地ハチミツ」を積極的に食べていたせいか、アレルギーや花粉症に悩まされたことはないです。

日本では蕎麦のハチミツはけっこうとれるようですね。ちょっと苦くて黒糖のような独特の甘みがあります。美味しいかといえば、微妙ですが。

なぜ地元のハチミツでなければならないか。おそらく、私たちが花粉症になるとき、地元で自生している植物の花粉が体に入ってきて、体が異物として過剰に反応して排除するわけです。

その際に、体が「この花粉は食べ物なんだ」と認識できればいいわけですが、おそらく一度、ハチが花粉の情報をハチミツと一緒に食べられる状態にしてくれていますから、それを食べ続けることで、体が花粉は危険物質でないことを認識できるのでしょう。

何にでも解決法があり、自然界の中には必ずいつも解決方法や改善方法があるというのを実感します。

アップル社の正式フリーダイヤルからの電話が「巧妙な罠」だった件

サイバーセキュリティ、IT犯罪
05 /28 2019
先日、りんご社絡みであまりにひどい事件があったので書いておきます。

あいぽんにアメリカ国内のフリーダイヤルの番号から電話がかかってきました。通常、この電話番号は1ー800番かあら始まるのですが、受け取る用ではなく、無料でかけるものです。

フリーダイヤルから電話がきたのは初めてだったので、そのままにしておいたところ、メッセージを残すわけでもない。

「何だろう?」と思って、その番号をググってみたところ、それはりんご社のカスタマーサービスの番号でした。しかも、「その番号からかかってくる電話は巧妙な詐欺である」という英語の記事がいくつか出てきました。調べたら日本語でも出てました(電話に出なくてよかった!)

アップルからの不審電話

https://iphone-mania.jp/news-246909/

りんご社といえば、昨年にクラウドのデータ管理場所がアメリカ国内から中国に移っています。

やりたい放題です。でも、国内じゃないから、自社のオフィシャル番号を悪用されても、知らんぷりしてるんでしょうね。

大相撲の「アメリカ大統領杯」設置は日本の皇室破壊への布石

日本の国益を守る
05 /28 2019
日本の国技であり伝統的には神事でもある大相撲に「アメリカ大統領杯」の設置という前例のない大事件が起きました。相撲協会の発表によると、アメリカ大統領杯は来年以降も続くということです。これは一大事です。

というのも、大相撲という日本の文化の存在は、ある意味で皇室と同じくらい古い日本の伝統文化であり、世界で他にはみられない「負けても尊敬される」という日本オリジナルの文化の象徴でもあります。

Sumo.png

大相撲の伝統破壊は、最終的には皇室の破壊

をもたらします。

Sumo2.png

まだ話が見えない方々も多いと思います。私自身、昨日の記事を書いた後にことの重大さに気づいたのです。

アメリカの大統領も副大統領にも、女性はまだなっていませんが、

近い将来、必ず女性の米大統領か副大統領が誕生

します。その際、女性の大統領(または女性の副大統領が大統領代理として)が大統領杯を優勝力士に手渡しすることになります。

その際、女性であることを理由に大統領を土俵に上げなかったら、日本と日本文化は女性差別として国際的に批判を受けるはずです。国連も介入するでしょう。アメリカ国内では、連邦政府の資金をうけている役所や組織は人種や性別で待遇を変えて

差別したと判定されると違法行為となる国

です。(まだアメリカにも偏見は強くて残っていますが、そのために法制化しているということです)

また、ケネディ大使は女性でしたが、大使が大統領の名代として杯を贈呈する場合もあるでしょう。今後、女性の大使が赴任してきて、大統領杯を力士に渡すときに「土俵に入るな」と言えない既成事実を作られてしまったのです。

これは、まだ起きていませんが、近い将来に必ず爆発する時限爆弾のようなものです。

そして、女性を土俵内に入れてしまうと、結果的に日本は、「女性差別だ」という外圧に負けて、日本の伝統文化を自ら破壊するという実績が出来ます。

そうなれば、日本を破壊したい勢力が二千年以上続いてきた揺るぎない日本の皇室の男系継承の伝統を、国連にも参戦させて

「女性差別撤廃」を理由に壊す

のは難しくないでしょう。

これは、日本人ひとりひとりが日本文化は世界で唯一無二、オンリーワンのものだということに気づいて、理論武装した上で、ご皇室の伝統を命がけで守る気概を見せないといけないと思います。

そうでないと、私たちの日本はいつのまにか違うものに乗っ取られて、大袈裟に言うと「小室天皇」のようなことになってしまいます。


書物に記録されている中では最も古い相撲とされている垂仁天皇の御前で負けた当麻蹴速(たいまのけはや)を祀る「蹴速塚(けはやづか)」には、このような案内文が書いてあります。

「勝者、必ずしも優ならず。
ときには勝機や時運に恵まれず、敗者とな ることもある。

勝者に拍手をおくるのはよい、だが敗者にもいっきくの涙を
そそぐべきではないか」

「蹴速塚(けはやづか)」




関連記事
国連が日本叩きする本当の理由
相撲に「大統領杯」強引設置は米の文化侵略の誘致
アメリカにとって日本は北朝鮮と同列?
負けても尊敬される世界でも珍しい日本文化
天皇陵の世界遺産登録勧告 = 墓荒らし + 罰当たり = 日本潰し

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。