FC2ブログ

「今日はツイてた」って英語で言ってはいけない理由

今、アメリカで起きていること
09 /03 2018
最近、暗い話題が多かったので、今日は息抜きをひとつ。ときには、笑うことも大事だからねw

私はアメリカに何十年と暮らしていますが、英語とは長いお付き合いです。若い頃からとにかく英語漬けでした。渡米した時には、かなり理解もできて、流暢に喋れる気になっていたのですが、ちょっとした言い回しの違いで誤解を受けたり、爆笑されたりすることがあります。なぜかというと、文化背景が違うため、日本語をそのまま英語に翻訳したような英語を話していると、ときどき全く違う意味に受け取られることがあるのです。

前置きはそのくらいにして、本題にいきましょう。

「今日は、ツイてた(ラッキーだった)」って
英語で言うと100%誤解されます


ので、言わない方が無難です。

日本に住んでいる外国人に言う場合は、ある意味、日本では「ツイてる」とか「運がいい」とか「運が悪い」ということが意識されている社会である、ということが分かるので、まあ、いいでしょう。日本で長年、納税ナンバーワンの実績を持つ斎藤一人さんも「ツイてる、ツイてる」と繰り返しいってツキを呼ぶことの大切さを強調していますね。日本は、「お陰様で」という風に、物事が自分の努力だけで成り立っているのではなく、それが周囲の人の後押ししだったり、ご先祖のご加護だったり、大自然の恵みだったり、「流れ」というか「運び」というか見えない「ツキ」というものの後押しで成り立っているという風に考えている節があります。

しかし、この「今日は、ツイてた」という言葉、英語になおすと "I got lucky today" となります。これですね、英語圏でどういう意味かと言いますと、18禁な意味になってしまうのです。

「今日はツイてたから、ヤレた」

という意味になってしまうのですよ。

なんと((((;゚Д゚))))))) 

まれに男性が笑いを取る目的でこういうことを言うのを聞いたことはあります。しかし、非常にお下劣な言い方なので、女性はおそらく決して使わない方がいいと思います。ですから、アメリカやイギリスなど英語圏に駐在や留学した際には、自分からは絶対に言わないほうがいいです。結婚式などで、新郎に対して、「美人な奥さんをゲットできて、お前はラッキーな男だ」という風に「ラッキー」を使うことはあります。つまり、「ラッキー」と「今日」を足すと、「今日だけ(異性をゲットできて)ラッキー」という意味となるわけです。



女性の心は、男性がたとえ努力したとしても、イエスかもしれないし、ノーと言われるかもしれないわけです。どんなに頑張ったって、ノーのときはノーなわけで。英語圏の文化では、そこに不確定要素があるため、「イエス」と言ってもらえたら「ああ、運が良かった。ラッキーだ」と思うんでしょうかね。ブルーノ・マーズの「ゲット・ラッキー」という曲がヒットしたことがありますが、この歌詞は、意訳すると「一晩中、出歩いてヤレる相手を探してた」という意味になります。

まあ、ごくたまに、くじ引きなどで立て続けに景品が当たったり、周囲に一人勝ちしていると思われたくないときに "I was lucky"(ただのまぐれよ、運がよかっただけ)とか言うことはあります。そういう場合は、運がいいとか悪いとか言うのではなく、「素敵なものが当たって、嬉しい」とか、「ここに連れてきてくれてありがとう」というようなことを言った方が誤解を受けにくいです。また、ラスベガスなどでギャンブルをして勝ったとか、確実に「運がよかっただけ」と言える状況で限定して使うことはありますが、日常生活では、この表現を英語ではあまり使いません。

以前、私の日本人の上司が同僚のアメリカ人に「あの子は運がいい子だ」(人の助けや運を活かせる実力を持った人、というような意味で)と英語で日本人特有な褒め言葉として使っていました。本人は東洋系のアメリカ人で日本的な考え方を理解できるタイプだったので、それを聞いて喜んでいましたが、白人の同僚はその言葉を聞いて、その人が「お前は努力も才能も足りない、運だけでのし上がった」と貶されたと勘違いしていました。英語で相手に「運がいい」と言ってしまうと、逆にそれは「いい結果が出たのは、お前の才能とか努力じゃない」という意味となってしまい、その人を否定する意味に取られてしまうことが多いのです。

ですから、この言葉は非常に難易度の高い言葉なので、使うときは気をつけた方がいい言葉です。

こんな簡単な二つの言葉でも、うっかりあわせて口にすると誤解を招くわけです。気をつけましょう。

関連記事
アメリカの日本に関する本音
日本人が英語が苦手な理由 その2
あなたの国際度をチェック!?
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
国連やEUが日本叩きする本当の理由
スポンサーサイト

グリーンスムージーで病気になる話(栄養摂取上限を超えた時に体に起きること)

ダイエット、食餌療法
08 /27 2018
何年か前から、「健康にいい」、「ヘルシーだ」ということでグリーンスムージーが流行っていますよね。私もときどき作って飲んでいましたよ。私は、「野菜中心の食生活なので超ヘルシー!!」と思っていたのですが(添加物も控えているし)、最近、なんだか節々が痛むし体の調子がよくないのです。こんなに健康的な生活をしているのに… おかしい…。

そこで、いろいろ調べていくうちに、原因と思われることが判明しました。ズバリ、それは

緑黄色野菜などに含まれるビタミンAの取りすぎ

だということを自覚しました。食べているものは、人によって違うので、野菜や果物をあまり摂らない人は多少、とった方がいいだろうし、グリーンスムージーや青汁的なもので補うというのはあると思います。しかし、日頃から緑黄色野菜やくだものをふんだんにとっている上に、似たようなサプリやジュースをさらに加えると

栄養摂取基準の「上限量」

を上回ってしまい、そういう生活が続くと栄養過多となり、やがては病気につながるということです。



私は以前は仕事が忙しくて食べる時間がなかったため、一日1.5食の生活をしていました。昼間は少しおやつというか果物をつまむくらいで夜は普通の食事でした。その時は、すこぶる体調が良かったのですが、この数年間、カリフォルニアの農業地帯でとれる野菜や果物を大量に食べるようになりました。数年経った今…。食べすぎた分の栄養が体に溜まってきたようです。オーガニックのものや体にいいものばかり食べていたつもりでしたが、「過ぎたるは及ばざるが如し」だったようです。

自分が好きで食べていたものを振り返ると、どれもビタミンAが多いものばかりでした。それから、カルシウムなどのミネラルも取り過ぎていたようです。(アメリカの水はミネラル分が多いので)

緑黄色野菜(にんじん、トマト、青菜など)
のり
イクラ
イカ
などなど

栄養上限

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/www1/shingi/s9906/s0628-1_11.html

吉本のお笑い芸人さんで足つぼと食餌療法をしている和泉修さんという方の話を聞いて、目が覚めました。キム兄の奥さんの西方凌さんが不妊症で困っていたところを、この方の指導のもとに「昔ながらの伝統的な日本食」に戻したところ、妊娠したということが、ブログに書いてあります。

西方凌さんのブログ
「不妊治療で試したこと」
https://blogs.yahoo.co.jp/nishikataryo_blog/20173279.html



栄養が足りないから、もっと入れなきゃ

補わなきゃ、という誤った考えを改めました。和泉氏がCGSチャンネルのビデオで語っていたことの中に「昔は、野菜などはその季節にしか採れなかったので、その時期しか食べなかったけれど、今はハウス栽培などで野菜が一年中手に入るので、一年中食べ続けてしまう。でも、それは

自然の摂理に反している

し、それをしていると気づくと栄養過多になることがある」という旨のことをおっしゃっていました。

しばらくは、おにぎりと味噌汁と白い野菜で節制します。

関連記事
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
日本と世界を救う稲作文化
縄文時代前期、1万2000年前の稲作の痕跡
酒に強いDNAを持つ縄文人、酒造りは縄文時代に!
炭水化物制限ダイエット提唱者が次々と早死にする理由

アメリカの日本に関する本音(本当のことが知りたい方、限定です)

今、アメリカで起きていること
08 /23 2018
私はアメリカに長いこと(何十年とw)住んでいる日本人ですが、アメリカ人の本音が日常生活を通じて、そしてアメリカ政府の本音というものがホワイトハウスからの発信やイベントなどを通じて伝わってきます。アメリカの大手メディアは日本と似たようなもので、反アメリカにして反日であり、基本的に国家破壊勢力が資金源なので乗っ取られているようなので、メディアの発信はプロパガンダ性が強いです。

まず、私が最初に強調したいことは、アメリカの一般人はほとんどが

「日米同盟」という軍事同盟が存在することを知りません

し、日本がアメリカの同盟国だと思っている人は皆無です。また、マスコミでも、そのような報道はありません。日本にある米軍の存在に言及する機会自体がほとんどないですし、その場合は、「守ってやってる」というような意味合いで出てきます。もちろん、日本はアメリカの核の傘を含む圧倒的な軍事力の庇護の下にありましたから、その見方は的を得ています。英語で「アラーイ」(同盟国)と言えば、主にNATO諸国を差します。ですから、アメリカ人に全般にとって、日米同盟が崩壊しても、痛くも痒くもないのです。米国民全般がまったく気にしないことを、政治家が大事だと思うでしょうか。米国民の支持を得るためには、国民の望むことをしなければならないわけです。

chicago_un
http://chicago.cbslocal.com/2017/12/14/richard-boykin-united-nations-gun-violence/

今、アメリカは米憲法を犯してまでシカゴなどの都市が治安維持に国連軍を招き入れ

アメリカ国内の一部の地域では主権を失った状態

になっています。言い換えると、アメリカの一部は国連の占領下になってしまっているのです。通常、地元の治安維持には地元警察もいるはずですし、アメリカには国内向けにナショナルガードという国内向けの軍隊があります。それなのに、アメリカは自分たちで自分の国を守れない状態になってしまっているのです。オバマ政権下では組織的な犯罪勢力による国境の破壊が行われていて、凶悪犯罪を犯した不法移民を2016年だけで1万9723名も釈放して、本国へ強制送還ではなくアメリカにそのまま滞在させていたことが明らかになっています。(つまり、あえて国内で泳がせて国境破壊と国力の低下を助長させていたわけです。)

アメリカは、現在、内戦中というか取り込み中なのです。「人身売買と腐敗に関する大統領令」が出されていて、その中でなんと

国家緊急事態宣言が出されている

のです。人身売買と子供の強制売春に関与したハリウッド女優や複数の著名人や大富豪、財界人の逮捕者が出ており、少しずつ腐敗勢力の摘発は行われていますが、まだまだ予断を許さない状況です。その内の一人は、メキシコで児童の人身売買をしているところを現行犯逮捕されましたが、アメリカとメキシコの国境付近で起きている問題やアメリカで「移民問題」や「移民局の親子引き離し」などと報じられている問題は、すべて根っこにあるのは、人身売買です。メキシコや南米などから連れて来られた子供たちは、正式な手続きやパスポートなどを持っていません。つまり、本人の名前や家族を証明するものがないのです。そういう子供たちというのは、売られたら最後、性奴隷にされようが、臓器を抜かれようが、外国に行ってしまえばそのこが存在する証拠自体がないのですから、犯罪者にやられ放題なのです。当然、子供ですから、理路整然と犯罪を証言することもできないし、英語も話せない場合が多いです。もちろん、国境を越えて違法に子供をアメリカに連れてくる「親」は、ニセの親でディーラーである場合も多いのです。国境付近は大人でも危険な地域ですから、普通の親ならば、そんなところを可愛い子供と一緒に越境することなど考えないはずなんです。

今まで、不審死についても色々と書いてきましたが、アメリカ国内が今、国家破壊勢力にターゲットにされて、どれだけ大変なことになっているかは、こちらの過去記事を見てください。普通に考えて、自分の国が倒れそうになっている時に、他の国の国防が大事だと思う国民や政治家がいるでしょうか。いないですよね。しかも、人種も文化も言語も違う国なら、なおさらです。ですから、日本の総務省と中国の事実上の5Gサイバー軍事同盟成立によって、日米同盟の崩壊はほぼ確定、ということになってしまいます。ですから、

アメリカが日米同盟の破棄を歓迎するのは当然

のことなのです。(一般人は、そんなもんあることさえ知らないしw 日本人にとってアメリカの存在は大きいかもしれませんが、アメリカ人全般にとって日本の存在感はかなり薄くて「遠くにある東洋人の小さな国」です。悪気はなく、本当にそう思っています。)日本から米軍がすぐに撤退することはないと思いますが、トランプ政権はアジアからいずれは米軍を撤退させる旨を述べていますし、「世界の警察をやめる」と宣言しています。(つまり、アメリカ以外の国防はやりません、ということです。)ですから、アメリカの国益と利益、国防方針に合致する場合のみ最小限の軍備をアジアにキープするかもしれませんが、「最小限」がどこか、という線引きはグアムになるのかもしれないし、フィリピンかもしれません。

保守系のフォックスニュース記事:「北朝鮮は、自身の『真珠湾攻撃』をアメリカに対し開始し、潜在的に何百万人も殺傷できる」
http://www.foxnews.com/opinion/2017/12/07/north-korea-could-launch-its-own-nuclear-pearl-harbor-attacking-us-potentially-killing-millions.html

北朝鮮の核の脅威がアメリカで報道されていた間、北朝鮮がどのように紹介されてきたかというと、テレビでは必ずセットで「真珠湾攻撃」や「好戦的な日本軍」というような、第二次世界対戦の映像を一緒に流していたのです。つまり、アメリカにとって日本は「元敵国」だということが強調されていたのです。つまり、

日本は今でも元敵国で「北朝鮮と同列」

に扱われているのですよ。雰囲気としては、「日本は東洋のちっちゃな国のくせに、過去にアメリカに歯向かった。また、似たような場所から、またしても暴れるアジアの国が出てきた」というような感じなんですよ。アメリカで「今の北朝鮮はうちらに歯向かった日本を思い出す」というように同列に報道されている事実を知ると、昨年の11月にアメリカ原住民であるナバホ族の第二次世界大戦で暗号部隊員だった方々をトランプ大統領がなぜホワイトハウスに呼んだのかが分かるし、日本の立ち位置がよくわかるのです。

トランプ大統領とナバホ族

大統領がアメリカ原住民を巻き込むことに、どういう意味があるかというと、過去にアメリカに来た白人が原住民から土地を奪い、原住民を虐殺した過去を、「ネイティブアメリカンも白人も一緒に日本人と戦った」と強調することで、罪悪感を消そうとしているのです。原住民にそう言わせることで、アメリカという国が過去にしたことをうやむやにしようとしているのです。アメリカにとって、口に出しては言えなけれど、一番認めたくないのが

アメリカという土地を原住民を殺して強奪した

ことだからです。一般的に、アメリカの政治家としては、特に保守派の政治家は支持層が保守的な退役軍人だったり、軍人の家族だったりするので、

アメリカ国民に元敵国である日本とは
あまり仲良くしていることを知られたくない


のです。トランプ大統領は日本に行く前、真珠湾に寄りましたしね。(真珠湾にはアリゾナ記念館があり、ここに行くということは「日本軍に殺された米兵士たちのこと、まだ忘れてないからな」という意味であるわけです。)

大草原の小さな家の記述

大草原の小さな家の記述
「西部にいるのはインディアンだけで、人は誰も住んでいない」
http://www.afpbb.com/articles/-/3180016
AFPニュース記事

サンフランシスコの捏造慰安婦像や大阪市との姉妹都市解消についてですが、アメリカではほとんど報道されておらず、気にしている人もあまりいません。海外で暮らす日本人にとっては切実な問題ですが、これはアメリカ政府内の反日勢力と中国が共謀して、韓国系アメリカ人を動かしてやっていたことです。しかし、私たち日本人は、アメリカ人全般にとっては基本的に「どうでもいいこと」だということを知らないといけません。そこをアメリカ人が英語でつっつきすぎると、米軍が朝鮮戦争中に「国連軍」の名のもとに慰安婦(売春婦)をドラム缶に入れて支給させていたことなどがバレてしまうので、アメリカ政府としても、日本の悪口を言っている分には構わないにしても、自分たちのやっていたことがバレないためにも、日本と日本人を貶め続けて貰えば、矛先が自分たちに向かわないので大歓迎なのです。

国連軍慰安婦登録

(朝鮮戦争の前後に韓国語でUN国連軍向けの慰安婦登録を呼びかける記事。「相封」というのは「相対」で、「相対する」つまり「ための」という意味です。国連軍のための慰安婦です。)

そして、アメリカを牛耳っているエリート勢力としては、日本をほぼ植民地として見ていますから、日本人に発明や技術革新をして欲しくないし、それで利権を得ないでほしい(こっちに回せ)というのが本音かと思います。「国益を失う日本、小保方叩きの黒幕が判明。ハーバード大がSTAP特許の利権を20年独占」という記事でも書きましたが、なぜ小保方さんがNHKで襲われて、マスコミに袋だたきにあったのか、なぜ上司が死亡しなければならなかったのか、私たち日本人は冷静に考えなければなりません。結果を見ると、利権がそっくりそのままアメリカに20年間行ったわけです。そして、EU国連や国家破壊勢力がなぜ日本叩きをするかというと、

日本人の利他精神が彼らにとっては営業妨害

だからです。日本人が発明すると、セイコーのクオーツ時計のように特許を無料で公開して公共財産にしてしまったり、適正価格で出回るので、人類にとっては非常に良いことなのですが、人類を奴隷にしようとしている、人を殺しても何とも思わない勢力にとっては、非常に迷惑だということです。

高く買わないで

大手メディアや政治家レベルでは、まあそんなところですが、個人レベルではアメリカの新帝国主義というかアメリカを乗っ取っている腐敗勢力を嫌っている人たちも多いです。ですから、個人レベルの付き合いでは、過去にアメリカに歯向かった気骨のある日本人を信頼してくれる人たちも多いです。日本は、「人種差別撤廃」を国際会議で主張した世界初の国ですしね。アメリカ人でも、有色人種も多いですし、先祖がメキシコの人などは、日本人とウマが合います。それから、私は個人的にアメリカの黒人の人たちからとても親切にしてもらって、とても助かった経験があります。日本人と似たような連帯感というか助け合いの精神を持った人が多く、親しみやすい人が多い印象があります。また、アジア系でも特亜以外のアジア系アメリカ人はほぼ親日ですから、個人的に親しくなりやすいし、信頼関係を築きやすいです。また、太平洋の島々の人たちも日本と日本人に対して親しみを持ってくれていますから、個人的に信頼関係を築きやすいです。太平洋の島々の人たちは、日本と同じようにお土産をあげる文化があるので、すんなり馴染むのですが、白人文化で育った人にいきなりお土産を渡すと警戒されます(悲しいですが、何か企んでいると勘ぐられることが多い)。私は個人的な印象としてアメリカの白人文化と特亜文化は、「力=正義、利益=最重要視」というところが似ているので、根底にお互いに似たものを持っているため、親和性があるのではないかと思っています。

蜂子皇子
(聖徳太子のいとことされる蜂子皇子の絵、肌の色が黒かったと言われています。日本は皇室に繋がるやんごとなき身分の方の中にも肌の黒い人がいたし、信長の時代も黒人を差別せずに身分を与えて重用しましたからね。)

大昔は、太平洋の島々の人々も大陸の人々も日本を行ったり来たりして混血していたため、私たち日本人には様々な人種が混じっています。戦後、占領軍GHQが焚書までして葬り去りたかった日本の歴史本に「天孫族6000年の歴史」というのがありますが、日本にはもともとポリネシアやツングース族、クメール族がいて、そして中東地域の人たちが行ったり来たりして日本人になって行ったということが書かれています。私は個人的には、日本人の「心のふるさと」は太平洋にあるんじゃないかと思っています。南の島というか竜宮城のような海の楽園を思わせるハワイやグアムに憧れる日本人は多いですし、新婚旅行などで一番人気の場所ですよね。日本人のルーツが特亜にないのは、新婚旅行であれらの国々を訪問したいと思う人が皆無であることからも、心のふるさとではないと言い切れます。新婚旅行で万里の長城(人柱が埋まってると言われているしw)に行きたいという人の話を聞いたことないですからね。

基本的に私たち戦後の日本人はアメリカ人が日本人をどう思っているか、外国から日本がどう思われているか、ということを気にしすぎるような気がします。相手は全くこっちのことなんて考えてもいないからねw。むしろ、私たちはどういう人間でありたいのか、どういう国でありたいのか、そのために何をすればいいのか、ということに気を配るべきだと思います。

だからこそ、私は日本人が日本を守れるように、アメリカから押し付けられた不条理な武装解除である

憲法改正をして日本オリジナルの憲法にしなければならない

し、おそらくそのためには、まず

スパイ防止法の制定

をしておかないといけないと思っています。

備えあれば憂いなし

関連記事
日本は「人種差別撤廃」を国際会議で主張した世界初の国
西洋文化の根底にある人種差別の本質
アメリカにとって日本は元敵国で「北朝鮮と同列」
日米同盟がまもなく崩壊、日本の裏切りが確定
国連が「日本叩き」をする本当の理由

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。