FC2ブログ

大気浄化と電磁波対策とオルゴン・エネルギー

パワーストーン、オルゴナイト
12 /13 2018
スモッグなどの大気汚染をも浄化する「おるご」の話の続きです。「おるご」に関しては、コメントでさまざまなご意見やご感想、体験談などを頂いております。私自身、おるごに関しては初心者なのですが、参考にした人たちがかなり上級者だったため、すぐに効果が現れ、得体の知れないヘリやセスナが私の頭上にバンバン来るようになってしまいました。もともと、あまり信じていなかったのですが、シリコンバレーでは5Gの通信塔の電磁波の害で住宅地での設置が排除された自治体もあり、スマホからの情報漏洩を防ぐアイテム電磁波対策に効果的な方法を調べているうちに、試してみただけです。



過去記事

カリフォルニアは、森林火事で「バルサン」されました
地球の自浄作用を高めるオルゴナイトと注意点
黒いヘリコプター、キタ━━━!!!
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」
水+石+金属+太陽光+祈り=イヤシロチの創造



「おるごが本当に効果があるのか信じられない」と言うご感想をいただきましたが、それは分かりますよ。信じられないですよね。にわかには。私も最初は、おるごについては全く信じていないどころか、何か怪しげな雰囲気を感じ取って避けていました。特にピラミッド型とかを見ても不気味さしか感じなかったし、石を入れ込んだものも、「なんで固めないかんの? 石に直接、触れなくなっちゃうじゃない」と思っていました。ネーミングも「オルゴナイト 」とか「オルゴン」って、何かわけがわからないですしね。

自分で使っているうちに、「あれ? これって効果あるんじゃないだろか」と思い始めたのは、私がいる場所や私が車を停める場所だけ、スモッグや長いケムトレイルのような雲が晴れて、そこだけ上空の天気が変わってしまうからでした。「ぜひ、それを見たい」という声があったので、とりあえず、いくつか画像を貼っておきます。

青空1

携帯をオンにしていると、上空を飛ぶセスナから携帯に入っている情報を読まれることがあるということを読んだので、最近は外に出るときは、あまりスマホで写真を撮ったりしないようにしていますが、これはそういうことを知る前に撮った写真です。また、自分の居場所が割れるような画像を公開するのは、良くないかも知れないとも思いましたが、多分、ヘリを動かしている勢力にはもう割れてると思うので、もう関係ないでしょう。

この画像は、「うろこ雲」を撮ったものですが、うろこ雲よりも低い位置に自然な感じの違う形の雲があって珍しかったので撮影しました。それまで、空一面に広がっている雲の裏というか上に違う形の雲が見えたことはあっても、下に見えたのは、この時が初めてだったので。これを見て、「もしかすると、うろこ雲は人工的なもので、低い位置の雲が自然の雲なのでは?」とふと思ったのです。

監視用ヘリ

ネットセキュリティ専門サイトの記事
エフビーアイが米国の街々で令状なく監視用セスナを飛ばしている
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2015/06/11/36590.html

青空2

こちらは、数日前に濃霧がでた時の写真です。この日は、シリコンバレー周辺全域が富士山頂か天国かと思うくらい辺りが真っ白になっていました。すぐ先の信号はかろうじて見えるのですが、その先は真っ白で全く見えなかったのです。しかし、わたしが関係している場所では、空はこの通りでした…。しかし、だからと言ってその因果関係を立証するのは非常に難しいでしょう。また、天候は秒単位で変わり(変更させられ)ますから、このような現象が一日中続くというわけでもないです。

そして、一口に「オルゴナイト 」と言っても、さまざまなタイプがあります。そうですね、例えば「生き物」という言葉を使った時に、生き物には、ミミズみたいなものから、動物、魚まで広範囲なものが含まれます。「人間」と一口に言っても、肌の色や目の色、髪の色も違うし、考え方や習慣なども違います。オルゴナイトも、同じような感じです。基本は、水晶と金属を樹脂やセメントなどで固めたものを指します。固めることによって、圧力が「ピエゾ効果」によって、微細な電流を作り出すので、中に入れ込んだもののエネルギーを「オン」にしたような感じになるのです。「パワーストーンの進化形」とも言えます。

水晶

「水晶」というと、何か占いやスピリチュアルなものをイメージしがちですが、実は主に科学技術、つまりテクノロジーの分野で使われているものです。携帯や時計、パソコン、車の部品など、私たちの生活における必需品の中には必ず組み込まれています。水晶というのは、平たくいうと

周波数という電子情報を増幅させたり、継続させたりする

ものです。つまり、何らかの情報をキープしたり、拡大するという性質があるわけです。科学的な説明としては、水晶は、二酸化ケイ素で形成される無色透明の結晶です。変形させると電圧を発生する「圧電物質」の一つです。水晶板に電界をかけると、ある一定の振動を始め、安定した振動周波数を発生し続けます。この周波数を電気信号として取り出して、いろいろな電気機器の電子回路に利用しているというわけです。水晶は安定性が非常に高いため、正確な周波数を要求される

電子機器には、必ず水晶デバイスが使用されている

のです。

しかし、オルゴナイトは、中に入れるものや作った人の意図、作る量などによって全く違ったものとなり、効果も大きく違ってきます。ですから、「オルゴナイト の効果」については一概に論じることができません。日本で作られているような透明で可愛いタイプのものには、天候を一瞬で変えるほどの効果はないです。

地球を浄化したり、体質改善できるレベルのものを作るには、空気や水を浄化する物質、電磁波の害を緩和する鉱物などを中に入れないと、そういった効果は得られないです。また、中に入れる金属や鉱物はパウダー状やナノ状のものを使うと、効果が倍増したように感じました。つまり、パワーストーンは固形のまま入れるより、できることならパウダー状に砕くか、パウダー状のものを買って入れ込んだ方が効果が得られます。

私は、以前にブラックトルマリンという石を使って体の静電気が取れたり、シュンガイトと言う石で水質浄化したり、身につけた人の傷の治り方が早かった体験談を見聞きしてきたので、特定の鉱物には特定の浄化作用があると言うことは理解していました。それから、不思議なのですが、カイヤナイトやレインボーオブシディアン、ブルータイガーアイなど、大昔から「魔除け」に使われてきた石を使うと、パワーがハンパないです。

しばらく前に、魔除けのオブシディアンとブルータイガーアイのブレスレットを持っている人が「もう身に付けないから、これでオルゴでも作って」と言って私のところに持ってきたので、地味なものを作ってみたところ、これまでにないくらいにヘリが低空飛行でチェックしに来ていました。悪い勢力は、オブシディアンが大嫌いみたいですよw 多分、それを置いておいた場所は、電磁波によるコントロールとか諸々の悪事ができなくなってしまうのだと思います。彼らがなぜ「魔除けに弱いのか」と言えば、それは彼らが「魔」だからでしょうね。

それから、昔から病を防ぐとされていたよもぎ(抗がんガン作用も)のパウダーや病原菌や寄生虫を防ぐとされているハーブなども入れると、効きますね。コメントで「まこも」を入れたという方がいらっしゃいましたが、これは素晴らしいアイディアだと思います。「まこも」は、確か昔から、水鳥たちが病気の時に食べて滋養にしたと言われていますしね。

それから、極め付けは、よく健康食品などでコロイド(液体)状の金、プラチナ、シルバーなどがありますが、これを入れると小さいおるごでも、広い範囲で効果を出せるようになります。私は、家にあったコロイド・ゴールドを使ったとたんに、おるごのパワーがアップしたのを感じました。コースターのようにおるごをコップの下においておくと、水の粒子が細かくなる感じがするのですが、これを入れた後は、水がフワッフワの軽やかでマイルドな水になりました。(これまで、いろんな水を飲んだことがありますが、こんなに軽やかな水を飲んだことがないです。)コロイド状のものの入手が難しければ、健康食品でパウダー状になっているプラチナがあるので、(確かDHCのアンチエイジング用のサプリでありました)これをカプセルから取り出して、パウダーをおるごに仕込むと、オルゴの浄化作用がパワーアップします。

健康食品としてのコロイド状のシルバーとプラチナは、免疫を助けるといわれていて、寄生虫やウイルス退治にも効くといわれているのですが、ヘリを飛ばしている勢力は、どうも「寄生的な性質」を持っているのではないかと思います。昔から、「魔除け」や「病、虫退治」に使われてきたものを細かくしておるごに入れ込むと、なぜか彼らは躍起になるようなのですよ。まるで、バルサンされてワラワラ出てきた害虫のように。

以前に記事で書きましたが、「おるごん・エネルギー」を集めるには、樹脂で固める必要はなく、バケツに水や空気を浄化する石(ブラックトルマリン、シュンガイトなど)、水晶、ヒマラヤ塩、過酸化水素水などを入れて、銅のパイプを入れて、そこに水をチョロチョロ流して動かしておくだけで、同じような働きをします。「おるごって怪しい!でも、気になる!」という方は、あまり投資がいらない固めないタイプを使って実験してみれば、本当の効果が分かるかもしれませんよ。

氷の渦


関連記事
電磁波ハラスメント、うつ病に効果的とされる磁気療法
電磁波ハラスメントとモーゲロン病(むずむず病)の徹底対策
マックナゲットを顕微鏡で見ると、不気味なナノテクノロジーが
NASA内部書類記述の新しい戦争の武器はスマートダスト
世界の富裕層は自分たちだけむずむず病をあれで予防していた
スポンサーサイト

水+石+金属+太陽光+祈り=環境浄化、生命力アップ、イヤシロチの創造

パワーストーン、オルゴナイト
10 /31 2018
周囲の環境を浄化するだけでなく、作り方や質と量によってはケムトレイルや大気汚染など地球レベルのものを浄化してしまうオルゴナイトについて書きました。簡単におさらいしますと、「オルゴン・エネルギー」というのは、生命力や「気」のようなもので、「オルゴナイト」というのは、水晶(マイナスイオンを発生させる石やミネラル)と金属を樹脂やセメントなどで固めることによって圧力を加え、ピエゾ効果により微量の電流を発生させ、空気中の「気」を集めて、「渦効果」によって汚染されたものは浄化するアイテムのことです。

地球を含む生命体の生命力と自浄作用をアップさせる

アイテムと思っていただければわかりやすいかと思います。日本では、金属の量が少なくて可愛いタイプのオルゴナイトが流行しているようですが、多少の効果はあると思いますが、実際的に天候を安定させたり、大気汚染を浄化したり大規模な効果を得るには、一定の条件を満たさないとパワーが十分に発揮されないこともあるようです。オルゴナイトを家庭菜園に置いて見たら、野菜の成長が非常に早いし、ミミズがかなり発生していたり、動物がどんどん寄って来るのです。

何ヶ月か前から、リンゴ社のデータ管理場所がアメリカから中国に移転した後から中国語で迷惑電話がかかってくるようになり、あいぽんがハッキングされているようで、電磁波対策になると言われているので、その対策のひとつとして試しに「おるご」なるものを作ってみました

氷の渦

空を見ると、私がオルゴを置いた場所の上は大気が浄化されているのです。また、けむ雲さんがなくなってしまうか、直線だったのがだんだんととぐろを巻いて、薄くなって消えて行くのです。そして、天候や警察を動かしている勢力さん(?)たちにとって、この「生命エネルギー」というか空気清浄装置と呼ぶべきものを、非常に厄介に思っていることも分かってきました。私がこれを作るだけで、上空に黒ヘリやセスナが飛んできたりするのです。まるで、おるごから発生する浄化のエネルギーレベルをどこかで測定しているとしか思えないくらい毎回、確実に飛んでくるのです。あるときは、家の上空を見たらかなり低い位置で「アメリカ海軍」(空軍ではないところがポイント)と書かれた明らかに軍用機と思われるセスナが飛んでいきました。(しかし、いちいち驚いていると負けなのと、先方はこちらの体の状態もおそらくチェックできる機材を持っているので、とにかくヘリやセスナが近くに来ても心拍数を上げないで平常心を保つようにしています。)

監視用ヘリ
ネットセキュリティ専門サイトの記事
エフビーアイが米国の街々で令状なく監視用セスナを飛ばしている
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2015/06/11/36590.html

私は自分の車におるごを何個か設置していたのですが、ある日、どこかの業者と思われる小型トラックが辺り一帯に何リットルもの水をこぼしていきました。そのとき、なぜか私の車を動かせないように(?)違う大型トラックがブロックしていたので、ドライバーさんに話してトラックを動かしてもらいました。すると、「オッケー」と言って車を動かしたと思ったら、そのまま出ていったので「一体、何のためにそこに変な駐車の仕方をしていたんだろう?」と疑問に思ったのです。そこで、「あれ? もしかして、特殊な水を撒いて、環境浄化ができないようにしたんだろうか? 車を長時間停めてるだけで、この場所が大気清浄機みたいになっちゃってたんだろうか?」と思って、私も彼らのテクを逆手に取って真似してやってみたんですね。

色々と作って実験しているうちに、

「おるごん水」の環境浄化・イヤシロチ設置パワーがすごい

ことがわかりました。

オルゴナイトをつけておいた水、つまり「オルゴン水」の利用。車の掃除や窓のワイパーと一緒に出る水をおるごん水にしてみたのです。当然、おるごん水が地面に落ちますが、そうすると、石がおるごないと化するようなんですよ。まあ、私自身は半信半疑というか、「とりあえずやってみてるだけ」で最初は効果を実証できていたわけではなかったのです。しかし、ある日、車の中に入れていたおるごん水のジャーが倒れたので、近くのお店の広い駐車場に車を停めて、余った水を地面に流して、車の中の水をぞうきんで拭いて、その絞り水も地面に当然、垂れたのです。そして、たまたま次の日にそのお店の付近に行く予定があったのですが、何とそこにはパトカーが待機していました。さらに、違う日に違う場所でおるごん水を自分の車にかけて、さっと拭いて、地面にまた多少のオルゴン水が流れました。そうしたら、何とまた翌日、その場所に今度は二台もパトカーが来ていたのでした。もちろん、オルゴン水は真水ですから、「太陽光」とか「波動」とか「祈り」は入っているかもしれませんが、物質としてはただの水なので、何も常識はずれなことさえもしていないのです。

そこで分かったのは、

1)天候を操作している勢力は警察(か警察になりきっても許される何か)も操作している
2)民間人や業者も動員できる
3)誰かが環境浄化パワーの発生を測定している



しかし、警察も毎回、同じ車ではないので、「もしかしてホログラム(映像と音声を合わせたものを見せているだけ)とかのときもあるのかな?」とも思うようになりました。黒ヘリやセスナもそうですが、来るタイミングが速すぎるし、数が多すぎるんですよ。犯罪を犯していない一人の人間を「環境浄化パワー」がアップしている、というだけの理由で監視するには、これはあまりにも大掛かりすぎるのではないかと思ったのです。しかも、車を止められたり話しかけられたことは一度もないのです。私もどこかで冷静さを持ってるので、「なんかさ、これっておかしくね?こんな金かかることすっかね?いくら私が美人でもw←嘘」と思い始めたんですよ。

本物の警察がこんなに暇なはずないだろ!!

というのが正直な感想。パトカーの場合は、中から一応ちゃんと制服を着た警官が出てきたことがあるので、「たまに本物か本物っぽい人が派遣されて来ることもある」ということは言えます。

それから、飛行機のパイロットって動かすだけで金かかるはずですからね。また、ケム散布の飛行機も、ずっと見ていると最後に忽然と消えたり、形が変わったりすることがあることを目撃してしまったのです。

そうこうしているうちに分かったのは、アスファルトやコンクリの上におるごん水をかけると、そこがオルゴナイト化して、自ら環境浄化ができるイヤシロチとなる、ということです。というのは、私がよく車を停める場所が実際にオルゴナイトを置いていないし、オルゴン水を数週間前に地面に少しかけただけなのに、朝来たら、その場所の真上だけ、ぽっこり汚染雲に穴が空いているような状態になっていて、青空が見えかけていたのです。つまり、私の車がオルゴエネルギーを発生させていて、たまにオルゴン水がその辺りに溢れただけで、私の車が停まっていない間も、その空間が「空気浄化やりま〜す」という感じで自発的にというか自動的に動き出したということです。その場所がイヤシロチとしての環境浄化と生命力アップの作業を覚えた感じです。

それから、ワイパーの水をオルゴ水にした途端に、パトカー(らしきもの?)がすぐ前や後ろに来なくなりました。ワイパーの水しぶきはちょっとであっても霧のように後ろの車にかかることが多いですから、これは彼らが

オルゴ水を避けている(恐れている?)

という推論が成り立つのです。最近では、必ず4、5メートル以上離れた場所に出現するのですよ。もしかして、おるごん水があると、何らかの彼らのトリックが消えてしまい、正体がバレてしまうのでしょうか。汚染雲が消えてしまうのと同じような法則で。アメリカ人のオルゴン作りをしている人で、「(世界を裏で牛耳っている)奴らの弱みはオルゴン水と真摯な祈りだ。奴らはこれをものすごく恐れている。彼らにとって、それは死に等しいからだ」と言っていた人がいました。彼らに憑依してパワーを与えてきた「何か」が成仏しちゃうんでしょうか。

最近では、パトカー(偽パトカー?)の出動具合というか、「彼らの反応」を見て、「ああ、なるほど。これは苦手なんだなあ」ということが分かるようになって来ています。あるときは、新しいオルゴを作ったわけでも、オルゴン水を作ったわけでもないのに、数時間かけて「環境中の石と金属と水分が太陽の光と協力して地球をきれいにしてくださりありがとうございます」的な祈りをして寝たら、翌日は、いつも家から出てすぐパトカーらしきものが一台だけ待ち構えていたのが、二台に増えていました。

台風の渦

先日書いた記事で、人工的な気象実験というのは、中国共産党のインターネット機関紙も担当省庁があり、政府担当官がいることやドイツのフォルクスワーゲン社もメキシコ支社で人工的な気象操作をしたことで訴訟が起きていることから、政府や企業によってすでに広く行われていることが公開されています。一般市民が手軽に迅速に環境浄化ができてしまうと、気象操作も出来なくなってしまいますし、電磁波による様々なコントロール機能が失われてしまうため、世界を牛耳っていると思っている勢力にとっては、とても不都合なのでしょう。

それから、環境浄化を自主的にするイヤシロチを作るには、固形のオルゴナイトがどうしても必要なわけではない、ということも判明しました。アメリカ人のユーチューバーさんたちの情報を参考にしたところ、人によっては、バケツの中に水を張り、ブラックトルマリンなどのマイナスイオンを発生させる石や磁力を持った石、粗塩などを入れ、そこに銅のパイプを数本入れて、太陽の下におき、バケツの中の水が常に変動しているようにちょろちょろとホースで水を入れる、ということをすると、ほぼオルゴナイトと同じかそれ以上の働きをしてくれる、ということを実践していました。

固めないタイプのオルゴ発生器(環境浄化装置)

・水を張ったバケツ
・ブラックトルマリンなどのマイナスイオンを発生させる石、シュンガイトなどの水質浄化作用のある鉱石
・水晶
・粗塩かヒマラヤ塩(マイナスイオン効果、エネルギー電導率を高める)
・過酸化水素水少々
・銅のパイプ(銅はエネルギー電導率が高い)
・ホースからチョロチョロ出る水



石(とマイナスイオンを発生させるもの)+金属+水+太陽光+祈り=環境浄化・イヤシロチの創造

という構図というか公式が浮かんできたのです。そこで、思い出したのが、私たち日本人の「お墓」です。私たちのお墓参りの仕方はちょっと独特なのです。西洋などでは、花を活けるくらいじゃないでしょうか。しかし、日本の墓参りは、今になって考えると、オルゴン・エネルギーの法則を理解している人たちが考えたとしか思えない作法なのです。

お墓参りのときに、当然、墓石がありますよね。そして、金属の柄杓に水を入れて、墓石にかけます。そして、昔からお墓参りは「晴れた日に」と決まっていて、雨天や曇りの日はしない方がいいと言われています。そして、そこには必ず「祈り」があります。そして、お墓の中にご先祖様のお骨が入っているということは、私たち自身の生命の根幹を成す遺伝子の元が入っているので、お墓で祈ることは、自分自身の体や命の根源であるご先祖さまに感謝することで私たち自身をパワーアップというか蘇生させることでもあるわけです。つまり、日本人の墓参りの作法というのは、自然のパワーを有効利用して私たち自身の生命力を高めるために開発されたものとしか思えないのです。

墓参り=石+金属+水+動き+太陽光+祈り

つまり、私たちの

先祖伝来のお墓というのは、本当は最高のパワーストーン

であり、パワースポットなのではないか、ということです。世界を裏で動かしていると言われている「イシヤ」さんたちが、やたらと石やセメントなどのコンクリートに拘るのと、幼児の遺伝子が入った血液をやたらと欲しがるのは、この法則を悪用して権力を得て来たからなんじゃないでしょうかね。そう思えてなりません。これについては、もうちょっと詳しく書いていきます。

以下は、再掲載しておきます。

オルゴナイトに入れた時に浄化力を高めるもの
・鉄の粉
・ブラックトルマリンの粉(塊やビーズでもいいですが、パウダー状のものの方が効果的)
シュンガイトの粉
・カイヤナイトの粉(塊やビーズでもいいですが、パウダー状のものの方が効果的。柔らかい石なので、天然石を金槌ですり潰せばパウダー状になります。)
・ブルーグリーンアルジー(アルカリ性の健康食品として売っている青藻)
・ヒマラヤソルト(ミネラル分が有効、粒子が細かい方が効果的)
・過酸化水素(ほんの数滴加えるだけで効果絶大)
マグネット(オルゴ+磁石は強すぎて電気製品に不具合をきたす場合があるので、時計や家電の側には置かない方がいいかもしれません。体にチクチクした感覚やムズムズした感覚を感じる方は、磁気療法の記事を参照してください。)
・コロイダル・シルバー、コロイダル・ゴールド、コロイダル・プラチナ(液体状の金、銀、プラチナでサプリや化粧品として使われています。液体サプリを数滴加えると効果絶大。
・良質なカルシウムサプリ少々(貝殻をパウダー状にしたものなど)
よもぎパウダー(よもぎのガンを抑制する働きが確認されています。)



関連記事
パワーストーンの科学的な解説
地球を浄化するレベルの「マジ」な環境浄化装置
黒ヘリさんのこと
地球の自浄作用を高めるオルゴナイトと注意点
インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」

地球の自浄作用を高めるオルゴナイトと注意点などあれこれ 

パワーストーン、オルゴナイト
09 /26 2018
「おるご」についての過去記事を非公開にしていましたが、補足を付け足してまた公開しました。読みたくない方は、スルーしてください。(日本語の嫌がらせも多いので…。読んで不快になるという方は、読まないほうがいいと思いますよ。しかし、こちらには情報発信する表現の自由がありますので、あしからず。)

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-398.html
http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-399.html

色々調べているうちに、「おるご」の効果がすごすぎて、人によってはいろいろな反応があることが判明したので、色々と聞き取り調査をしたり、検索などもして調べていました。

私自身は、おるごによって良いことしか経験していませんし、おるごを置いている場所では大気汚染が明らかに早く浄化されることを実感しています。また、睡眠時間も短縮されて、体にエネルギーが湧いてくる実感があります。しかし、人によっては、思わぬ余波がある、という人もいるようです。

まずは、おるごの中に入れる水晶について。

水晶

水晶とは何か?

水晶というのは、平たくいうと周波数という電子情報を増幅させたり、継続させたりするものです。つまり、何らかの情報をキープしたり、拡大するという性質があるわけです。

科学的な説明としては、水晶は、二酸化ケイ素で形成される無色透明の結晶です。変形させると電圧を発生する「圧電物質」の一つです。水晶板に電界をかけると、ある一定の振動を始め、安定した振動周波数を発生し続けます。この周波数を電気信号として取り出して、いろいろな電気機器の電子回路に利用しているというわけです。水晶は安定性が非常に高いため、正確な周波数を要求される電子機器には、必ず水晶デバイスが使用されているのです。

我田引水ですが、私が以前に書いた水晶(パワーストーン)についての記事より抜粋



パワーストーンで逆に運が悪くなる(ように感じる)科学的な根拠」という過去記事でも書きましたが、電子機器を動かすためには、振動周波数を記録する「水晶」が必ず必要なのですが、「水晶が振動を記録する」という性質があるからだ、ということが分かりますよね。

「おるご」の中には、水晶を入れるわけですが、この水晶にどのような情報(振動周波数)が染み付いているか、という問題が出てきます。おるごにして固めると、石に圧力がかかり、ピエゾ効果で微細な電流が発生してエネルギーが発散されますから、水晶に染み付いた情報が外の世界に発信されてしまうわけです。水晶(石)自体は、善でも悪でもありませんし、石を入れ込んだオルゴ自体も善でも悪でもないのです。

石にどんな情報が刻み込まれているのか

が問題なのです。

以前、インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」という記事で書きましたが、石は故郷(母石)から無理やりもぎ取られ、ときには採掘される際にダイナマイトが使われていたりします。そして、自分の知らない場所へ勝手に運ばれて、時には削られたり不本意な形にされてたり、染色させられたりして、私たちに出会うためだけに「自分の本来の姿」を捨てて多大な犠牲を払って、私たちのところにきてくれています。私たちがお店で買う石は、ほとんどがそのような過程を経て私たちの手元にやってきます。つまり、かなりディープなトラウマが刻み付けられた状態でやってくるのです。ほとんどの石は虐待されてきた、と思って頂ければわかりやすいと思います。

ですから、そのトラウマを記録した

石をまずはVIP待遇(笑)して、
考えられるあらゆる方法で浄化し、癒す


ということが重要になってくるのです。石や石を入れ込んだオルゴナイトを癒しや水、空気、波動の浄化に使えるのは、その後です。トラウマを記憶している石をおるごに入れ込んでも、そのおるごから、その記憶が発散されてしまうだけだからです。そういった石からは、平和で健康的な波動を出させるのは難しいので、「使う石をまずは癒す」ということが大切になってくるようです。

私は、乾燥したセージや乾燥よもぎ日本人にとって最強のラッキーアイテムであるお米の上にしばらく置いておく、ということをしています。また、石に香油を塗ったりもします。石に泥パック、という方法もあります。

稲穂

あとは、祈りです。とにかく、地球(大地)の一部である石に感謝の気持ちを伝えることに尽きると思います。人間の想念もエネルギーであり、波長を出しています。私たちが石に良い波長、健康的な波動などを刻み付けること、それが大切になって来ます。

地球は、私たちに全てを与えてくれているのに、なんの見返りも求めてこないのですから。たまには地球のかけらである石にお礼を言ってもいいのではないかと思っています。いや、むしろ常に言わなければ、「恩知らず」なんじゃないかと思います。

それから、おるごの近くを通っただけで、ポイント水晶から出ている「エネルギーの渦」を感じる人もいて、場合によっては乗り物の運転中などの場合は、一瞬、集中力がなくなることがあるようです。私自身は、「エネルギーの渦」に耐性があるので、困ったことはないのですが、人によっては免疫がない人もいらっしゃると思います。実は、いつも人に迷惑をかけているような人からも、「エネルギーの渦」は出ていて、「なんとなく人からハブられている」と言う人は、みんなが無意識のうちにその人の負のエネルギーを感じ取って、周囲の人たちは渦に巻き込まれないように距離を取って、自分の安全を守っているのだと思います。

パワーストーンが壊れた時

おるごが出すエネルギーの渦は、「いい渦」であっても、おるごがネガティブなエネルギーを変換する時に、ネガティブなエネルギーを持っている人が近くによると、何らかの変化が起きるのではないかと思われます。その「変化」が「油断」というか隙に繋がり、まれに交通事故などを誘発する場合もあるようです。おるごを持って外を歩いていたら、至近距離で交通事故を目撃した、と言う体験談が結構あるようです。

「渦理論」(ボーテックス・セオリー)という
自然科学における原理


がありますが、地球上において、この自然の摂理から私たちは逃れることはできません。重力と同じような感じでエネルギーのあるところには、「エネルギーの渦」がついて回るのです。お風呂の水が排水口へと必ず渦を巻いて流れていく現象もその一端です。また、台風が必ず渦状になっているのも、その原理からです。渦状ではない台風というのは存在しません。

台風の渦

おるごの上にペットボトルを置いて、それを凍らせると真ん中に白い渦ができて、端の方は透明に凍ります。通常の水道水を普通に凍らせると、濁ったようになり、同じようにはなりません。つまり、コップの水の中という小さな環境でも、エネルギーの渦のあるところでは、台風の渦と同じ現象が起きるということです。おるごが環境中にあると、大気汚染が早く浄化されるのは、このエネルギーの渦が大気中の水分と作用して、渦を作るからではないかと考えています。つまり、細かく霧のように散布というか空に広がっている雲や汚染物質を渦が取り込むため、青空が見えるようになるというわけです。

氷の渦

また、古い家電などは、おるごのエネルギーに晒された場合、「騙し騙し動いていた部分」の問題点が表面化するのか、大量のおるごのそばでは壊れたりすることもあるようです。これは、何人かの人から体験談を聞きました。しかし、新しい家電などが壊れた、と言う話は聞かないので、おそらく悪い部分が表に出ているだけのような気もします。

…と言うわけで、おるごを作る前に、私たちに全てを与えてくれている地球のメッセンジャーである「石」のVIP待遇&感謝を伝えること、これを念入りにお願いいたします。

最近、家の周囲では、けむが効かなくなってしまったらしく、ほとんど散布の飛行機を見かけなくなりました。しかし、ちょっと離れたところに行くと、たまにせっせとお空にケムさんをまいておられる飛行機が見えます。そのとき、重大な発見をしてしまいました。

リスの祈り

不思議なことなのですが、けむさんが線のようにツツツーと見えますよね。それを見ていて、ふと目を閉じて「地球の自浄作用に感謝します。空気と水と太陽の光と、環境にある鉱物(石、金属)が協力して地球を綺麗にしてくれてありがとう。本当にありがとう」と念じてみたのです。すると、目を開けた時には、白い線が消えていて、ただの短い飛行機雲になって、消えて行きました。そして、同じようなことがあと2回くらいあったのですが、やはり同じように念じてみると、やっぱり線がなくなってしまうのです。「気のせい」と言われれば、それまでですが(笑)。

もちろん、けむさんを撒いているパイロットさんも、知らずに仕事としてやっているのでしょう。彼らを雇っている勢力に対する義憤はありますが、けむ散布の実行犯や飛行機そのものに対して個人的に敵意を持たないことが大切なような気がしました。最近では、パトカーにつけられることもありますが(もちろん、こちらは何もしてないので、むこうは偶然を装っている)、彼らもお仕事だからね。そういう気持ちは、邪念になってしまうというか、自分自身の波動を下げてしまうことになると思います。

自分が持っている地球や自然、動物や人間の命に対する感謝の気持ち、それだけはなくしてはいけないし、憎しみや怒り、恐れなどの邪念で自分の波動を下げることは絶対にしたくないと思っています。

たまに、このブログにも、私に対して天皇陛下を憎めだとか、首相を憎めだとか、特定の民族や組織が悪いんだ、とかいうようなコメントが来ます。事実を知ることは大切だと思うけど、私はその手には乗らないからねw

オルゴナイトに入れた時に浄化力を高めるもの(再掲載)

・鉄の粉
・ブラックトルマリンの粉(塊やビーズでもいいですが、パウダー状のものの方が効果的)
シュンガイトの粉
・カイヤナイトの粉(塊やビーズでもいいですが、パウダー状のものの方が効果的。柔らかい石なので、天然石を金槌ですり潰せばパウダー状になります。)
・ブルーグリーンアルジー(アルカリ性の健康食品として売っている青藻)
・ヒマラヤソルト(ミネラル分が有効、粒子が細かい方が効果的)
・過酸化水素(ほんの数滴加えるだけで効果絶大)
マグネット(オルゴ+磁石は強すぎて電気製品に不具合をきたす場合があるので、時計や家電の側には置かない方がいいかもしれません。中に入れて固めるよりも、外付けにした方が良いかも。体にチクチクした感覚やムズムズした感覚を感じる方は、磁気療法の記事を参照してください。)
・コロイダル・シルバー、コロイダル・ゴールド、コロイダル・プラチナ(液体状の金、銀、プラチナでサプリや化粧品として使われています。液体サプリを数滴加えると効果絶大。
・良質なカルシウムサプリ少々(貝殻をパウダー状にしたものなど)
よもぎパウダー(よもぎのガンを抑制する働きが確認されています。)



関連記事
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」とは?
おるごと黒ヘリの話
パワーストーンの科学的な解説
インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」
ケムトレイルが存在する証拠
感謝しながら生きる日本人

地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」とは?

パワーストーン、オルゴナイト
09 /12 2018
先日、黒ヘリの話と「おるご」について書きましたが、これは大変なことです。

監視用ヘリ
ネットセキュリティ専門サイトの記事
エフビーアイが米国の街々で令状なく監視用セスナを飛ばしている
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2015/06/11/36590.html

私たちが見ていた空は、捏造だったのですよ。ケムトレイルだけではなく、私は、何ヶ月か前に空を見ていて「なんか、雲がカーテン状になって空全体を覆っていて、ゆっくりと一定の速度で動いていて、変だな」と思ったことがありました。その後ろにはチラチラと違う形の雲(おそらく本物の雲と空が後ろに隠れている)が見えていたからです。しかし、人工雲の捏造というか、人為的な汚染工作が今、リアルタイムで起きていることも実感できずにいましたが、「おるご」さんという地球の浄化装置に出会ってから、本物の天然の空を取り戻す方法があることを実感しています。

ケムトレイル

日本では、金属の割合が少ない可愛いタイプのおるごさんが人気のような印象を受けます。まあ、それもいいとは思います。しかし、おるごの真価は、

地球を含む生命体の生命力と自浄作用をアップさせる

ことにあると思います。動物や虫などがおるごさんにぴったりとくっついて寝たりするのは、彼らが本能的にそのエネルギーを求めているからなのだと思います。私自身、劇的な変化はないですが、睡眠時間が数時間は短縮されました。

Wさんからご質問のメールをいただきましたが、すみません。お返事を書いて送信したところ、「メルアドが存在しない」という表示が出てしまいましたので、この場でご説明します。(何か不具合なのか、ハッキングされているのかわかりません)

日本の方で作られている方の写真を色々検索している中で、私がいいなと思ったのは、以下のサイトのものです。

普通に置物としておけて、パワーグッズ特有の「怪しさ」と「てんこ盛り」感がなく、シンプルに作られているところにパワーを感じます。
http://ren138.hatenablog.com/entry/20170214/1487000418

それから、一級土木施工管理技士で測量士の方が作っているのは、造形美と実利を兼ねた洗練性を感じます。円錐型は、どうも先端からでるパワーは一番のようです。ピラミッド型も人気のようですが、ピラミッドの尖った部分からもエネルギーが放出されるため、先端のパワーの集中度から行くと、やはり円錐形のようです。
http://iinagano.com/org/



しかし、私自身は先が尖ったものは、今のところは作っていません。まあ、念のためというか、尖ったものを作ってしまって、万が一のことがあるといけないので、まあ危機管理が理由です。個人的には、飲み水を浄化するために使えるコースター型とかが使いやすいと思います。

大体の作り方は、日本語で検索してください。私自身も初心者なのでまだ勉強中ですので。

パワーストーンが壊れた時

こちらは、アメリカでこの世界ではカリスマ的な立場にある方のビデオです。スティック状のものを作成されています。途中で、入れている黒い粉は鉄の粉やブラックトルマリンの粉、シュンガイトの粉です。それから、カイヤナイトを砕いたものを入れています。カイヤナイトは、パワーストーンに詳しい方はご存知だと思いますが、自浄作用が強いため浄化が必要ない石と言われています。これらの石は、「薬石」レベルの浄化力の高い石です。シュンガイトに至っては、「いし」であると共に、「医師」なんじゃないかと思うくらいで、人によっては傷の治りが早いとか、色々な反応がある石です。



樹脂は、車の塗装の仕上げに使うものを使うと安くてたくさん作れます。しかし、凝固剤をケチると、うまく固まらないので、よく混ぜて、ちょっと多めに入れるのがポイントです。パウダー状のものを多く入れると、固まりにくくなるので、その場合も凝固剤を増やすといいです。



水晶は、実は白っぽい石にはほとんど含まれているようで、必ずしも透明のものではなくてもいいようですよ。造園に使う小石でもいいようです。それから、砂場用の白っぽい砂もほとんど中身は水晶なので、これを代用すると安くつきます。粒子が小さい方が効果も倍増する気がします。人によって、金属片の代わりに鉄の粉だけを入れている人もいます。金属片の場合は、全体の容積の半分くらい入れると効果が高まるようです。



型は、プラスチックのプリンの容器とか、卵の入れ物とか、ほぼ再利用できます。マフィン型も安定感があって、よく使われているようです。



それから、より広範囲に作用させて近所を浄化したい場合は、特大のものを作っている人もいます。これは、マジですよ(笑)。

私は、この型が一番効果的なのは分かりますが、「怪しさ全開」なところが気になりますね。黒ヘリさんたちにすぐに見つかっちゃいますよ。(地味なの作っても、もう目をつけられてるんだから)まあ、私のアイディアとしては、金属製の家具の空洞の部分をおるご化させるのがさりげなくていいと思います。おるご椅子とかおるごテーブルとか庭に置いたりね。(これは、パワーが強すぎるので、家の外に置いた方がいいと思うけど)それから、庭のフェンス。日本は柵というか塀に金属のパイプとか使いますよね。この中の空洞をおるご化したら、庭全体がおるご化して、地球浄化装置になります(笑)。駐車場とかをセメントで固める時に、中に水晶と金属を仕込んでおるご化させておくとか。なんか、夢が広がる…。

おるごを作ることは大事ですが、その中でも水晶のプログラミング、つまりどんな気持ちを込めるかが一番重要な気がします。

我田引水ですが、私が以前に書いた水晶(パワーストーン)についての記事より抜粋

水晶は、二酸化ケイ素で形成される無色透明の結晶です。変形させると電圧を発生する「圧電物質」の一つです。水晶板に電界をかけると、ある一定の振動を始め、安定した振動周波数を発生し続けます。この周波数を電気信号として取り出して、いろいろな電気機器の電子回路に利用しているというわけです。水晶は安定性が非常に高いため、正確な周波数を要求される電子機器には、必ず水晶デバイスが使用されているのです。デバイスの中には小型のものもあり、ごく小さな水晶であっても、大量の情報を蓄積したり、処理することができるわけです。人間の思考なども「脳波」や「振動」などの微細な情報を持っていますから、水晶がその情報をキャッチして記録したり、増幅している可能性が強いわけです。



水晶

私の場合は、水晶を握りながら、「すべての命にありがとう。地球を綺麗にしてくれてありがとう」という気持ちを込めています。(水晶に念を込める時には、できるだけ怒りや恐れを入れ込まないようにしています。材料は、元はといえば、石も樹脂も金属も、地球から頂いているものですから、地球が地球を癒す手伝いというか、当たり前の「お返し」をしているだけだと私は思っています。)

小さな4センチくらいの水晶でも、実はものすごいパワーというか潜在力を持っています。以前、私はネイティブ・アメリカンの教えを実践する人に小さなポイント水晶をプログラミングしてもらったことがあります。その水晶を持ったまま(もちろん、金属も何もついていません)ある時、昼寝してしまったのですが、レーザーのようなエネルギーが数秒間全身に回って、仰天したことがあります。感電したかと思って、私はビビってその直後に泣きました。しかし、結果は、体の不調が取れたので驚きました。小さな水晶の力は、実は計り知れません。

水晶(石)に真価を発揮して頂けていないのは、おそらく私たちのプログラミングというか、情報の入れ方、祈念の仕方に問題があると思っています。以前にも書きましたが、「人生丸なげ」のような過度の依存心はいけないですね。自分でやるべきことはベストを尽くした上で、自然の力を信じて、「頼んだぜ!ありがとう!」という気持ちで祈りを込めると、ものすごい力になってくれるのではないかと思います。

人工の雲やら嵐やらを起こしている連中も、この力を抑えることはできません。それは、私たち人間の祈りと行動によって、自然が元の美しい姿に戻っていく力であり、地球が本来の力と美しい姿を取り戻すことだからです。

それから…。かなり汚染された場所に住んでいる場合に、自分の家にだけおるごさんが大量にあると、渦理論(ボーテックス・セオリー)の原理によって、自宅の上だけ浄化されてぽっかり空に穴が空いたようになり、そこから本来の空と雲が見えるようになります。すると、セスナやヘリが偵察にきますので、できればですが、大量に作ったら、親戚や近所の人にも同時に多めにプレゼントして、イヤシロチを自宅以外に最低2箇所作るといいと思います。特に、池を持っている人などに浄水器としてあげて、使ってもらったらいいと思いますよ。水に入れると効果が倍増しますので。

氷の渦
(おるごを敷いたコップに水を入れて凍らせると、エネルギーの渦ができるのがわかります。普通の水を凍らせても、エネルギーの渦はできません。)

まあ、今日はそんなところで。また、思い出したことを書いていきます。

補足:色々調べているうちに、「おるご」の効果がすごすぎて、人によってはいろいろな反応があることが判明しましたので、別記事で詳しく書きたいと思います。私自身は、良いことしか経験していませんが、人によっては、思わぬ余波があるという人もいるようです。中に入れる水晶については、石が採掘される際にダイナマイトが使われていたりして、石が暴力的に大地からもぎ取られるような経験をしていることが多いので、その波動というか記憶がおるごさんに入ると、そのおるごさんから平和で健康な波動を出させるのは難しいので、「使う石をまずは癒す」ということが大切になってくるようです。それから、おるごの近くを通っただけで、ポイント水晶から出ているエネルギーの渦を感じる人もいて、場合によっては乗り物の運転中などの場合は、一瞬、集中力がなくなることがあるようです。おそらく、おるごがネガティブなエネルギーを変換する時に、ネガティブなエネルギーを持っている人が近くによると、何らかの変化が起きるのではないかと思われます。その「変化」が「油断」というか隙に繋がり、まれに交通事故などを誘発する場合もあるようです。また、古い家電などは、騙し騙し動いていた部分が表面化するのか、大量のおるごのそばでは壊れたりすることもあるようです。

以下は、再掲載しておきます。

オルゴナイトに入れた時に浄化力を高めるもの

・鉄の粉
・ブラックトルマリンの粉(塊やビーズでもいいですが、パウダー状のものの方が効果的。ブラックトルマリンにはマイナスイオン効果があると言われている)
シュンガイトの粉(水質浄化に使われる、ロシアではピョートル大帝が兵士の治療に使用した歴史がある)
・カイヤナイトの粉(塊やビーズでもいいですが、パウダー状のものの方が効果的。柔らかい石なので、天然石を金槌ですり潰せばパウダー状になります。)
・ブルーグリーンアルジー(アルカリ性の健康食品として売っている青藻)
・ヒマラヤソルト(ミネラル分が有効、粒子が細かい方が効果的)
・過酸化水素(ほんの数滴加えるだけで効果絶大)
マグネット(オルゴ+磁石は強すぎて電気製品に不具合をきたす場合があるので、時計や家電の側には置かない方がいいかもしれません。体にチクチクした感覚やムズムズした感覚を感じる方は、磁気療法の記事を参照してください。)
・コロイダル・シルバー、コロイダル・ゴールド、コロイダル・プラチナ(液体状の金、銀、プラチナでサプリや化粧品として使われています。液体サプリを数滴加えると効果絶大。
・良質なカルシウムサプリ少々(貝殻をパウダー状にしたものなど)
・よもぎパウダー



関連記事
パワーストーンで逆に運が悪くなる(ように感じる)科学的な根拠
インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」
人間のロボット化と人工知能への警告
ケムトレイルが存在する証拠
国連が「日本叩き」をする本当の理由
日本の善意が世界を救う
感謝しながら生きる日本人
電磁波に効果的とされる磁気療法について

パワーストーンで逆に運が悪くなる(ように感じる)科学的な根拠

パワーストーン、オルゴナイト
12 /19 2017

「パワーストーンを着けてから、いいことがあった!」という人もいると思いますが、「むしろ、悪いことが立て続けに起きた!」という人もいると思います。パワーストーンが効くとか効かないかということを論じる前に、実は「水晶は何か」ということを知らないと何もわかりません。パワーストーンを家に飾ったり、ラッキーアイテムやアクセサリーとして身につけてから、「悪いことが起こった」と思った方々の中には、「思い込み」もあるとは思いますが、実は「水晶の性質」を知らずに使った当たり前の結果だった、という場合も多いのです。

「水晶」というと、何か占いやスピリチュアルなものをイメージしがちですが、実は主に科学技術、つまりテクノロジーの分野で使われているものです。携帯や時計、パソコン、車の部品など、私たちの生活における必需品の中には必ず組み込まれています。

水晶


水晶というのは、平たくいうと周波数という電子情報を増幅させたり、継続させたりするものです。つまり、何らかの情報をキープしたり、拡大するという性質があるわけです。

科学的な説明としては、水晶は、二酸化ケイ素で形成される無色透明の結晶です。変形させると電圧を発生する「圧電物質」の一つです。水晶板に電界をかけると、ある一定の振動を始め、安定した振動周波数を発生し続けます。

この周波数を電気信号として取り出して、いろいろな電気機器の電子回路に利用しているというわけです。水晶は安定性が非常に高いため、正確な周波数を要求される電子機器には、必ず水晶デバイスが使用されているのです。

例えば、以下のようなアイテムの中に水晶が入っているわけですが…

○AV機器(デジカメ、ビデオカメラ、オーデイオプレーヤー、液晶テレビ)

○情報通信機器(携帯電話、無線LAN、パソコン、ICカード)

○車関連(カーナビ、制御システム)

○その他(クオーツ時計、ゲーム機器、監視カメラ、ロボット、OA機器)

お気づきかもしれませんが、デバイスの中には小型のものもあり、ごく小さな水晶であっても、大量の情報を蓄積したり、処理することができるわけです。

それに比べたら、家に飾る水晶やブレスレットなどのアクセサリーに使う水晶は巨大なものと言えます。

さて、パワーストーンの話に戻ります。

その事実を踏まえて考えると、人間の思考なども「脳波」や「振動」などの微細な情報を持っていますから、水晶がその情報をキャッチして記録したり、増幅している可能性が強いわけです。

情報のレコーダー&拡張器として機能する性質があるということは、思考のような情報にも同じ反応をする可能性が強いと考えられます。そこで問題になってくるのが、パワーストーン(水晶)を買い求めた人がどういう脳波や振動(意識や気持ち)を持っていたのかということです。

楽しい気分や、やる気に満ちている時に、パワーストーンを買い求めたら、水晶がその情報を取り込むでしょう。また、お店の人がいろいろな考え方や気持ちを「込めて」売っているかもしれません。中にすでに他の人が入れ込んだ情報が入っている可能性も高いわけです。

その中には、いい情報もあるかもしれませんが、悪い情報も記録されているかもしれません。

仮に、作った人や売った人たちの念や思考が記録されていなかったとしても、パワーストーンを買い求める人のほとんどが、「何かにすがりたい気持ち」や「辛い状態を何とかしたい」という気持ちを持っているわけです。そうすると何が起きるかというと、「何かにすがりた〜い」とか「自分には何もできな〜い」とか「辛いよ〜」という自分の思いが水晶に記録される。その情報が安定した形で継続して、増幅する。

…という可能性が高いわけです。

トルコ石


もちろん、電気製品などと同じように、最初のプログラミングが肝心ですから、前向きな情報を最初に入れ込んでから使うということは大切ですが、悩んでいる人やすがりたい気持ちでいっぱいの人というのは、なかなか前向きな考え方が頭に浮かんでこない場合が多い。

また、最初は水晶に前向きな思いを入れ込んだつもりでも、日常生活で怒ったり、悲しんだり、不機嫌だったり、妬んだりしているうちに、そういった情報も石が記録してしまいます。そして、そのマイナス思考の情報を継続して増幅してしまうことが考えられます。

つまり…

家に置いてあったり、身につけている水晶がスピーカーのようにネガティブな過去の情報を増幅して発信していることをイメージしてください。

例えば、水晶から「バーカ! バーカ! 頭悪すぎ!」、「私って何でこんなに運が悪いんだろう〜」、「あいつ、ムカつく!!」、「自分はもうだめだ、死んでしまいたい」。そんな情報が水晶というスピーカーから常に発信されているような状態です。悪い自己暗示をあえて自分にかけているような状態です。

それから、パワーストーンのブレスレットなどを浄化する目的で水晶クラスターの上に置く場合があります。ブレスレットがストレスや邪気にさらされているとか浄化が必要だと思う場合、多分これは逆効果です。ブレスレットが吸い込んだストレスなどが、水晶クラスターによって拡大される可能性が強いです。パワーストーンを水晶の上に置くのは、パワーストーンにいい気が込められていると確信できるのみにした方が安心です。

「パワーストーンで逆に運が悪くなる」ように感じた、というのはそういう理由によるところが大きいと言えます。パワーストーンをつけてから嫌なことがあったという人は、「パワーストーンがなんとかしてくれる」というような依存心や「高い金払ったんだから、効果出してもらおうじゃないの」というような自分の人生を石に任せるような態度を改めたほうが良いと思います。それは、「人生なんて自分ではどうにもできないから、石さん全部ヨロシクね」という

自分の人生に対する「お客さん感覚」

です。これは、とってももったいないことです。この考え方は、

自分自身の中にあるパワーを否定する行為

こういう考えで生きていくと、「なんで石が効かなかったのか」とか「お店が悪かったのか」とか、人のせいにして、不満や恨みや後悔ばかりが残ります。ネガティブな考え方をする人は、当然、運が落ちていきます。

石は悩みを解決してはくれないし、自分のネガティブな性格を直してもくれず、むしろ増幅します。「問題点に気づく」という意味では、結果的に本人に必要なことが起きるかもしれませんが。

逆に、前向きな考え方や気持ち、向上心などをキープできる自信がある人の場合は、水晶がその情報を記録して、増幅してくれる可能性は高いと言えます。

しかし、前向きな人や向上心を常にキープしながら頑張れる人は、水晶をつけようとは思わない人が多いかもしれません。電化製品の中の水晶以外に必要性をあまり感じないはずですから。

パワーストーンを買う前に、前向きな考えをする訓練や自分の本当の力が出せるようになる脳の全体を使う訓練をすることの方が必要だと言えます。

パワーストーンについての過去記事

日本人に合った開運法とパワーストーンの浄化の仕方
インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
「ありがとうの力」は物質を変える、小学生の実験が「言霊パワー」を実証
朝日と夕日を見るだけの「お天道さま健康法」で心身を進化

インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」

パワーストーン、オルゴナイト
12 /08 2017

以前書いた「パワーストーンが効かない科学的な根拠」という記事がこの数日間で数万人もの方々の目に触れたようで、とてもうれしく思います。フェイスブックなどでシェアしてくださったり、いいねをつけてくださった皆さま、読者の皆さま、ありがとうございます。この過去記事の内容を要約すると、水晶は電気機器にも内蔵されているエネルギーの記憶・増幅器なので、人間が持った場合も同じようにその人が出しているエネルギー(思考、思い)を増幅してしまうということです。

つまり、明るく前向きな考えの人はそれが拡大されて、結果的に「いいこと」が起きたように感じ、後ろ向きな考えや暗いエネルギーの人はさらにそれが拡大されるように感じるというわけです。だから、「明るい心でいればいいんだよ」、「気の持ちよう!」と言ってしまえばそれまでですが(笑)

そこで、パワーストーンを愛する方々のために、パワーストーンを持ってもいいことが増幅されて効果を感じるような明るい心をどうやって保てばいいのかということについて書きたいと思います。

石(パワーストーン)は私たちが住む地球のかけらであり、母なる大地の一部ですが、現代の私たちはパワーストーンに過剰な期待を持ったり、怖れたり、買っただけで安心して努力をせずに依存してしまったりすることもあります。

そこで、「石との付き合い方」について根本的な姿勢について教えてくださったアメリカン・インディアンの方のお話をご紹介します。私がこの話を聞いたのは、かなり昔の話なのですが、これを聞いた時は目からウロコが落ちました。私たちは、石に癒されたりパワーをもらうことばかり考えていますが、本当に石と正しいお付き合いをしたいなら、その考え方を根本から覆さなければいけないのです。

水晶


もう何十年も前のことになりますが、アメリカンインディアンの血を引く文筆家のブルックメディスンホイールという女性にインタビューさせていただいたことがあります。この方がアメリカン・インディアンの長老から、いくつか石に関する教えを伝授され、その内容を教えてくれました。

それは、かなりの情報量だったので、ここで全ては書ききれないのですが、一番大切なことは、「石は、多大な犠牲を払ってあなたのところまで来た。だから、石を手に入れたら、まずは石を癒すことが不可欠です」というものでした。
石を癒す

確かに私たちは石に「幸せにしてもらおう」とか「パワーをもらおう」とか「癒してもらおう」とか、「もらう」とか「してもらう」ことしか考えないことが多いですよね。石からパワーを受け取るだけでは、一方通行の関係だということに気づきません。そういう心でいると、石を癒そう、石にパワーをあげよう、石を幸せにしてあげよう…という発想がなかなか出ないものです。

トルコ石


しかし、これは私たち現代人が忘れている本当に大切なことではないでしょうか。

石の身になってみれば、イメージが湧いてきませんか。故郷から引き離され、家族(母石)からもぎ取られ、ズタズタにされて、しまいには本来の形とは違った丸とか三角とか不本意な形に加工される。

引き取られた先に行ってみたら、それまでの大変な経験というかショックを癒す間もなく、「私の不幸を何とかしろ!」とか「金運アップして〜」とか「恋愛運頼んだよ!」とか、石にとっては意味不明な難題を押し付けられる…。

富士山

もし、ある人が家族から離れてわざわざ遠い国から、あなただけのために辛い思いまでして助けに来てくれたら、何と言ってあげるでしょうか。その人は、髪もあなた好みのスタイルにバッサリ切って、清潔感を出すために痛い思いをして全身をレーザー脱毛までして来てくれました。しかも、給料は中間業者に支払われていて本人はタダ働き。

「いやあ、わざわざ遠いところから来て下さって本当にありがとう」と言って歓待して、少しでも住みやすい楽しい環境を作ってあげるのが人情ではないでしょうか。そして「この家に来て良かったな」とか「日本に来て良かったな」と思ってもらえるように、美しい場所や日本の素晴らしいところなどを見せてあげたくなりませんか。


パワーストーンが壊れた時

よく事故などに遭いそうになった時に、割れたりして石が身を挺して守ってくれることがあります。でも、石はだからといって見返りも要求しないし、石にとっては何の得もいいこともないのです。石は地球の一部ですが、私たちは地球からすべてのものを無償で頂いています。

まずは、地球とその一部である石から頂いているこの無償の愛に気づくこと。そして、それなら「石を癒すにはどうしたらいいだろう」、「地球(大地、土地)を癒すにはどうしたらいいだろう」と「お返しする」ことを考えること。

そうすれば、私たち人間と石(パワーストーン、地球=大地)との関係は「やってもらいっぱなし」の一方通行な関係ではなく、より進化した「パートナーシップ(相互的な関係)」となります。そうなった時、石は私たちの人生で本当のミラクルを見せてくれると思います。(石のミラクルな話はまたの機会に!)

また、石からパワーをもらうだけの一方通行な関係ではなく、相互的な関係を築ける人は、人間関係などでも相手がさりげなくやってくれていることなどにも気づけるようになると思います。私たちが「お互いを敬い尽くし合う」という関係が築ける人間になった時、「開運しよう」とか思わなくても、結果的に運は必ず私たちの味方をしてくれます。

日本人に合った開運法とパワーストーンの浄化の仕方

パワーストーン、オルゴナイト
12 /08 2017
最近、深刻な話題についてばかり書いていたので、たまには息抜きになる話を(笑)! 今日は、日本人に合った開運法とパワーストーンの浄化の仕方についてです。

以前書いた「パワーストーンが効かない(ように感じる)科学的な根拠」という記事が数万人もの方々に読んでいただけたようで驚いていましたが、その中に水晶が持つ科学的な性質から、水晶クラスターの上にパワーストーンを置いて浄化したつもりになっていると、逆効果の場合が多いことを書きました。また、その続編としてアメリカン・インディアンの奥義である「まずはパワーストーンを癒して使う」ことが大切だということも書きました。

そこで、「では、具体的にどうしたらパワーストーンを癒せるのか?」という疑問が湧いてくるかと思います。パワーストーンを身につけているうちに、石が吸い込んでしまった自分のストレスやら周囲の気やらをどうやって浄化すればいいのか?私が長年いろいろと試して、一番効果があったと思ったものは、日本人にお馴染みの「これ」でした。こんな感じです。(私物を公開w)



そうです。お米です。日本人にとって、最強のラッキーアイテムのお米!

元ウクライナ大使の馬淵睦夫先生も、「社会をよくするために何かしたい」と思ったら、「お米を食べましょう」と仰っていた「米」です。

稲穂


私たちの先祖が12000年以上も前から日本で育てていた米です。

そして、米俵で「年貢」(税金)を納めていた歴史を持つ私たち日本人にとって、お米とは田んぼでの協力と助け合いの象徴や祭祀の対象であるとともに、富(お金)と豊さの象徴でもあるのです。ですから、私たちの潜在意識のレベルでは、お米を特別な目で見ているのです。つまり、パワーストーンに「豊かさ」とか「リッチ」なエネルギーを染み込ませたい場合は、日本人にとっては、お米を使うが一番効果的なのです。ちなみに、精米されている白米よりは玄米の方が生命エネルギーが強いので、効果があるのではないかと思います。



「まずパワーストーンを癒してから使う」という記事の中で、パワーストーンにいきなりこちらの願い事や要求を突きつけるのではなく、まずは感謝して石に「気持ち良く過ごして頂く」ことが大切だということを書きましたが、日本人にとってのお米はまさに「レッドカーペット待遇」となります。

また、ある人からお米を裏技的にネガティブエネルギーの除去に使う方法を教えてもらいました。そのやり方は、とても簡単です。

お米を一握りづつ両手に持って、悩み事や心配なこと、不安なことなど、何でも気になることを思い浮かべながら、10分程度握っている。それだけです。(この米は食べないほうがいいかと思います)

これは、非常によく効きました。しかも、非常に安上がりです。不思議とお米がネガティブなエネルギーを吸ってくれるのです。自分の中にマイナスの考えやストレスが少ないと、頭がハッキリしますから、行動も前向きになるし、物事がいい方向に向かうというわけです。

もしも、これまでにヒーリングやら占いやらカウンセリングやらカルマの浄化やらにお金をつぎ込んで来た方がいらっしゃったら、それまでのものが全部、「スピリチュアル詐欺」であったことに気付かれるかもしれません。

本当にいいものや本当に効果があるものは、お金がそんなにかかるものではないし、自分の中に感謝というスイッチが入って前向きになっただけで、自分の人生をいい方向に軌道修正できるのです。

「お米」のパワーを頂くことは、私たち日本人にとって、その感謝のスイッチを入れる行為そのものなのです。

12000年以上も前から、稲作を受け継いでくださった私たちのすべてのご先祖さまに感謝します。毎日、ごはんを食べる時にすべてに感謝できることに感謝します。

パワーストーンが割れた時の対処法、よもぎの葉で浄化

パワーストーン、オルゴナイト
12 /06 2017
先日、ワイヤレスのヘッドホンで音楽を聴いていて、日本のあるバンドの曲に入っていた金属音を聞いた時に頭に激痛が走ったので、電磁波を取るタイプの石をしばらく頭につけて治したことを書きました。

そのパワーストーンなのですが、痛みが取れた直後に割れてしまったのですが、粉々で使えないというほどでもないので、ヨモギの繊維で浄化というか石を癒してから使うことにしました。よもぎには、抗がん作用が確認されていますし、お灸によもぎ(もぐさ)の繊維が含まれていることからも、浄化作用が高いものと考えられます。

パワーストーンが壊れた時

石は人間とは違いますが、気持ちの問題ですね。身代わりになって真っ二つに割れてくれた石を集中治療室に入れているイメージです(笑)。

パワーストーンのVIP待遇とでもいいましょうか。私は大事な頭をやられたわけですから、ある意味、この石は命の恩人とも言えます。しばらく、ここで休養していただこうと思っています。

パワーストーンについての過去記事

日本人に合った開運法とパワーストーンの浄化の仕方
インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
ありがとうの力」は物質を変える、小学生の実験が「言霊パワー」を実証

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。