FC2ブログ

「少子化対策」、意味は「少子化しよう」ってこと

言霊の力
11 /13 2018
今日は、日本の政治と社会における言葉使いの間違いが与える深刻な影響について。

最近、日本で起きている重大な問題に関して「言葉の使い方が明らかに間違っている」ということをつくづく思います。言葉を間違って使うと、意味が失われたり、逆の意味に作用したりして、思わしくない結果が出ることが多いです。私が一番気になるのは、「少子化対策」という言葉。今、日本では少子化対策担当の大臣がいます。もう何年も政府が「対策」しているはずなのに、一向に効果が出ていない。

私は、これは当然の結果だと思います。というのは、この言葉の本当の意味というか素直な意味を考えると、納得がいくのです。

「受験対策」と言えば、「受験に備えること」や「受験がうまく行って受かること」を意味します。受験を目指しているわけです。そのための対策です。当たり前ですよね。

「少子化対策」という言葉は、「少子化に備えること」、「うまく少子化すること」」を指します。その言葉の目指すところは、少子化つまり人口の減少です。当たり前ですよね。この言葉の中には、「人口を増やすこと」や「子供を増やすこと」、「出産を増やすこと」などが入っていないのです。当然、人口は増えません。

また、この言葉は何か中国語や英語を使う人が考えた言葉のようにも聞こえます。もともと日本語を使う日本人には馴染みがない言葉でした。「〇〇化」、つまり英語の「〜ナイズ」の日本語の訳語のように思えます。

この「少子化対策」という言葉、

その意味は「少子化しよう」ということ

です。人口を増やすのが目的なら「人口増加」、もっと子供を産みましょうというなら「産児奨励」などという言葉を使って、目的を正確にするべきだと思います。

表向きは「移民じゃない」と否定して、「実習生」として大量に実質上の移民を入れる政策は、出産奨励の政策をやってからではないでしょうか。日本は、戦後にGHQが厚生省を指導して産児制限政策をやってきましたから、現在の人口減少は当たり前の結果なわけです。

日本の産児制限政策に影響を与えたマーガレット・サンガーについての記事でも書きましたが、私たち日本人は意図的に「ゆっくりと根絶させられている」のです。サンガーの考え方は、以下の発言を見るとよくわかります。

「最大の罪は、両親から病気を受け継いだ子どもや実際的に人間として生きるチャンスが与えられない子ども、癩病や囚人の子どもなど、そのほかのあらゆることが生まれる時に刻みつけられている子どもを世の中に生み出すことだと私は考えます」

「一般的には、そもそも黒人奴隷がアメリカに輸入されたこと自体が、この国にとって不幸な出来事であると考えられています。今日のアメリカにおける黒人の存在は、国にとっての「困窮(非常に困ったこと)」とされています」

「すべての白人のアメリカ人は、もしも黒人が根絶させられるとしたら、個々の黒人を傷つけなくてもいいように、その根絶はゆっくりとなされなければならないことに同意するでしょう」

「一番黒人に効果的な方法は、宗教を利用することです。われわれが黒人を根絶したいということを知られてはいけません。黒人の牧師を起用することで、そう言った考えが出てきた場合に、打ち消してくれるのです」

有色人種は、人類の雑草のようなものであり、根絶されなければならない

*私たち日本人は忘れがちですが、白人にとって、日本人は「有色人種」です



「ゆっくりと根絶されなければいけない」

その言葉の意味を私たち日本人はしっかり噛みしめないといけません。

関連記事
日本少子化とマーガレット・サンガーの計画
子宮頸がんワクチンという日本人撲滅計画
ビル・ゲイツが「ワクチンで人口削減が可能」と発言した真意
ワクチン業界とガン利権による暗殺か?
「日本男児軟弱化」の役目を米からもらったジャニー喜多川
スポンサーサイト

新燃岳で七年ぶり噴火、東日本大震災はその直後に起きていた…

言霊の力
03 /13 2018
明治天皇の玄孫で憲法学者の竹田恒泰氏が「新燃岳七年ぶり噴火」について語っておられるのを聞いて、ハッとしました。何と、前回、大噴火した数日後に東日本大震災が起きていたこと…



竹田恒泰氏が新燃岳は、天孫降臨の山である「高千穂の峰」にあるということで、日本という国や私たちの先祖の土台となる要である場所であり、「ここが爆発する」ということの意味について解説されています。

古事記を学んでいれば、新燃岳が噴火するということは、

日本が根底から揺り動かされている

これは、わかりやすい言葉で言うと「今、かなり日本がヤバい」ってこと。

こちらは、宮崎県の高千穂神楽「御神躰(ごしんたい)」の舞で、 伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)二柱の神様による国産みの様子を神楽にしたものの映像です。本来は新穀に感謝する祭りである新嘗祭(にいなめさい)を祝うために男女の神が新穀で酒をつくり、神前に捧げるお神楽で「酒おこしの舞」ともいわれるそうです。



やはり、私たちは今、私たちのご先祖様が守ってきたものを強く思い起こさなければならない時期にきているのかもしれません。「国産み」は「命を生み出す」ということです。

命を繋いでいくこと。

私たちのルーツである12000年前から続いてきた米作り縄文時代から続いてきた酒造り、そこから培われた私たち日本人の「感謝しながら生きること」、「金で買われない純粋な心」そして「助け合いの精神」。

新燃岳の噴火は、私たち日本人に原点に立ち還るように促しているのではないでしょうか。スケートの羽生結弦選手がオリンピックで「米国が中韓を利用し日本人にかけた自国嫌いの呪いを解いて」くれましたが、大勢の日本人が改めて「日本人らしい人間」や「日本人らしさ」って何だろう、と考えましたよね。

羽生結弦選手は東日本大地震で被災された際にスケートリンクが壊れてしまったと聞きましたが、羽生選手の英語のメッセージには周囲で支えてくれた人たちと世界中から応援してくださった方々への感謝も述べられていました。そして、ニューヨークタイムズ紙のインタビュー記事では、「怪我をした自分の足に感謝する」と言う内容がありました。

羽生結弦、足に感謝

「自分の足に感謝したいです。君は、よくやってくれました」羽生結弦
NYタイムズ記事
https://www.nytimes.com/2018/02/16/sports/olympics/figure-skating-yuzuru-hanyu.html



新聞記事には「冗談で(ジョーキングリー)」と書いてありますが、アメリカ人ですから「お茶目な表現」くらいに受け取ったのでしょう。私は、これはマジだと思いますね。だから、怪我を乗り越えられたのではないでしょうか。よく、「ガン細胞に感謝して感謝して感謝し続けていたら、消えてしまった」なんて言う話を思い出します。「心からの感謝」は、奇跡を起こすし、無限のパワーがあります。

感謝の無限パワー
http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/53269652.html

この「感謝とともに生きる」と言うことは、私は一番、日本人らしいのではないかと思います。

すべてが繋がっていて、すべてがありがたい‼️

と言う意識。私たちがご飯を食べるときに「いただきます」とか「ごちそうさま」というときに相手を誰か指定しないで感謝することの意味は、みんなに、すべてに感謝しているからなのです。(*英語など西洋の言葉では、必ず食事を作った人とか神など、感謝する相手を指定しますよね)

稲を育んでくれた太陽と大地(祖国)への感謝
稲作を縄文の昔から絶えることなく引き継いでくださったご先祖さまへの感謝
お米を育ててくださった農家の方々への感謝
精米して下さった方々への感謝
運んで下さった方々への感謝
お箸お茶碗を作ってくださった方々への感謝
お米を買ってごはんを炊いてくれた両親への感謝
ごはんを美味しく頂いて消化できる自分の身体への感謝などなど…



稲作を引き継ぎ、私たちの命を繋いでくれたご先祖と大地(祖国)の大切さ、そして私たちの命の土台に感謝することを、忘れかけていたのではないでしょうか。これまで私たち自身が、人の命や国土を大切にしないマスコミのいうことを信じたり、そう言う人たちを代表に選んで、好き勝手させてしまったのです。(または、祖国を守る人が出てきても、引きずり下ろしてしまった)

公明党が推した「子宮頸ガンワクチン」という日本人撲滅計画
反日マスコミと議員が麻生大臣を引き摺り下ろしたい理由は、「日本の土地を守る」方針
日本を守ろうとした稲田朋美大臣を辞任に追い込んだ日本
北朝鮮の核はクリントン・オバマ政権下でアメリカが育てた



馬淵睦夫元大使も仰っていますが、やはり日本人はお米を食べることによって、私たちの中にある

「感謝」という無限のパワーにスイッチを入れる

ことから、すべてが始まるような気がします。 

味(たな)つもの百(もも)の木草も天照(あまてら)す
日(ひ)の大神(おおかみ)の恵(めぐみ)得てこそ

美味しく味わうもの、頂くすべてのものも
私たち日本人の祖先であり、天皇のご先祖である
天照大神(あまてらすおおみかみ)
太陽の神様のおかげです

本居宣長の和歌



関連記事
縄文時代前期、1万2000年前の稲作の痕跡が鹿児島から出土
酒に強いDNAを持つ縄文人、酒造りは縄文時代に行われていた!
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
羽生結弦、「日本人らしい人間」のあり方を示す
羽生、米国が中韓を利用し日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く

「ありがとうの力」は物質を変える、小学生の実験が「言霊パワー」を実証

言霊の力
12 /06 2017
江本勝氏の著書、「水からの伝言」に触発されて、ある小学生が実験をしたという写真が掲載されていました。それは、二つの瓶にご飯を入れて、一つの瓶に向かって「ありがとう」と毎日声をかけ、もう一つの瓶には「ばかやろう」という声かけを一ヶ月行ったのです。その結果、「ありがとう」のほうは、いい感じに発酵して白っぽくなったのに比べて、「ばかやろう」のご飯は真っ黒な黒カビが生えて、臭いも悪臭がしたということでした。

この実験からヒントを得て、今では日本各地の小学生(だけではなく大人も)が「言霊パワー」を実証する実験を行っているようです。「ありがとうの力」は物質を変える、ということがわかります。





「ばかやろう」の瓶に入ったお米が真っ黒になるのがすごいですね。





言葉を変えて実験している人もいます。手書きの字が心がこもっている感じがして、とても愛らしいですね。





以前、「パワーストーンで逆に運が悪くなる科学的な根拠」、「インディアンの奥義、まずはパワーストーンを癒して」という記事を書きましたが、水晶はエネルギーや情報を保存して拡大する性質があるので、持っていると悩みやストレスがある人などは逆に悩みごとが拡大する場合があることを書きました。楽しい気持ちの時は、それが拡大するので、パワーストーンが効く人と効かない人が出てくるのは、それが理由だということで。

そこで、水晶やパワーストーンを「前向きにプログラミングしてから使いたい」という場合、この小学生が行った「ありがとう」の声かけと同じことをするのが私は一番簡単で確実な方法ではないかと思っています。

つまり、宝石箱に向かって毎日、自分の声で「ありがとう」と声かけをする。これだけです。一ヶ月もすれば、ありがとうのエネルギーがしっかりと記憶されているはずです。私は、宝石を入れている箱を開けて、1日に一回は「ありがとう」の声かけをするようにしています。自分の持ち物は、最高のエネルギーでプログラミングしておきたいですからね(笑)。

関連記事
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
あなたの波動を爆下げするものとは?
日本人の遺伝子をスーパー活性化するのは、「ソーラン節」だった
羽生結弦、米国が日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
朝日と夕日を見るだけの「お天道さま健康法」で心身を進化

「十戒」は、禁止することで逆に悪に導くサブリミナル効果を狙ったものだった

言霊の力
12 /06 2017

今日は、「禁止」することによって、むしろ禁止している内容を広める「悪の手法」についてのお話です。「見ちゃダメ!」と言われると逆に見たくなる、「ここだけの話だから、絶対に言わないでね」というと、噂が逆に広まる、というアレです。インターネット広告でも、この手法がよく使われていますよね。「〇〇以外の人は、見るな!」とか。そう言われて逆に、それ以外の人がみんな見たくなったという人の心理を利用したものです。

禁止されると、禁止されていることが
気になって仕方なくなる


という心理です。

そこで、旧約聖書にある「十戒」が「殺すな、盗むな、嘘をつくな」などと悪い行いを禁止することで、逆に潜在意識に訴えて、人類を悪へと導いていた、と指摘している人がいるのです。

なんと❗️

ハラルド・カウツ・ヴェラ


人間のロボット化について警鐘を鳴らしているドイツ人科学者のハラルド・カウツ・ヴェラ氏が二進法や二次元の世界で考えている(善と悪、好きか嫌いか)、すべてがコンピュータ処理できるデジタル化されたファイルとして処理することが可能であり、トランスヒューマニストたちが言っているように、人工知能や機械による人間の乗っ取りをすすめてしまう、と述べていました。

そして、二者択一ではない第三の考え方を身につけ、機械や人工知能に予測できないハートというか真心に根ざした行動をとることが大切だと述べていることを書きました。(察することやあえて言語化しない習慣を持つ私たち日本人の文化は、まさにデジタル化できないものの考え方の宝庫なのです。)

この方は、地質学と物理学を学び、メディア管理学を修めたユダヤ系ドイツ人の科学者なのですが、子どもの頃はユダヤ人の学校に行って、ヘブライ語を学んでいたのだそうです。つまり、旧約聖書を原語で読んでおられるわけです。

この方の講演の中で、黒いドロドロの塊と人類史における悪の起源に関する内容があって、旧約聖書の「十戒」について述べてある部分があり、非常に興味深く聞きました。

旧約聖書と言うのは、ユダヤ教とキリスト教、そしてイスラム教にも影響を与えているので、現代社会に多大な影響を与えてきたわけです。(旧約聖書のイスマエルがイスラムの祖とされているため)

以前から、私はどうして日本人はキリスト教などが伝播しているほかの文化圏の人と違って、「やった方が悪い」という性善説なんだろうかと考えていました。アメリカに住んでいると、残りの世界がほぼ「やられるお前が悪い」という「人間はそもそも悪いんだ」という性悪説で動いているところが大多数であることに気づくからです。

何千年も前から宗教で厳しく「殺すな、嘘つくな」と言われてきた中東と西欧社会がどうして平和を実現できないのか?

カウツ・ヴェラ氏によると、私たちの言葉にある「否定語」というのは、大昔は存在せずに、後で作られたものであり、私たちの潜在意識は、否定形が理解できない。ヘブライ語で、肯定は「アル(行く)」であったのを、それを逆さにした語を作りだし、「ロ(いかない、やめる、ストップ)」をノー(否定形)の意味としたのだそうです。つまり、否定形は実は存在しないバーチャルな悪のコンセプトである、ということです。

カウツ・ヴェラ氏は、旧約聖書の「十戒」を考えた意識というのは、人間の潜在意識の働きを知った上で非常に巧妙な罠を仕掛けたと述べています。

「十戒」は、モーセが神さまから授けられたものですから、つまりその神は実際のところは「殺すな」と言って、巧妙に人間同士が殺し合いをするように潜在的に導いていた、というのです。

俺に惚れるな

つまり、アレやな。相手を絶対的に自分に惚れさせたかったら、

「俺に惚れんなよ!」

ってクギをさすやつ(少女マンガにも出てくるw)。第2巻あたりから「好きかもしれない」となって、もう何巻かすると「ものすごく好き」というところまで行ってしまうアレですw。もちろん、最初の頃は言われたことを守っているのですが、時間が経つと、だんだん「やっちゃいけない」という行動をやりたくなってしまうのです。

西洋の神サンは、ほんまにえげつないですな。

旧約聖書を読むと非常に興味深いのですが、旧約聖書に出てくる神さまというのは、人身犠牲を要求する神だったのです。

アブラハムが神に言われて自分の息子のイサクを生贄にしようとするのですが、最後の最後で御使に止められて、かわりに羊を殺した記述があります。ここで、神がもっと年取った子や妻や年寄りの本人ではなく、若い子どもを指定してきたことにも注目してください。年寄りは求められてないのです。

イサク

ああ、神よ!! あなたも、そっち系のタイプだったんですね。

鬼畜なローマ法皇、カトリック神父による2000件の幼児性虐待事件を認めつつかばい続ける」という記事でも書きましたが、彼らは幼児を好むのです。また、イギリス王室ジミー・サヴィルという児童性虐待事件の加害者として知られた人物に騎士の称号を与えて優遇していましたね。

話が少し飛びましたが…。

「シークレット」や願望実現を実践している方々にとっては、願い事をするときや、アファメーション(自己暗示)をして願望を現実にする際に、「〇〇しない!」とか「〇〇は嫌だ!」という風に言うと、逆に嫌なことを実現させてしまうので、肯定文で「〇〇したい!」、「〇〇が楽しい!」という風に言って、現実化するということを知っている方がいらっしゃると思います。

私の知り合いの女性に「年上の男性と知り合いたい」といえばいいところを、「年下は絶対嫌だ!」というアファメーションをしてしまったために、性格や趣味など他の面ではすべて希望通りの人に巡りあったときに、相手がかなり年下だった、という人がいました。これは、まさに「年下は嫌だ!」と自分が繰り返していたら、自分の潜在意識(脳)が「年下、年下って繰り返してるってことは、年下がいいのね」と年下の人に出会えばいいのだ、という指令を受け取ったというわけです。

日本人は、仏教で「八戒」などはありますが、これはほぼ僧侶のためのものであったのではないかと思います。日本人の精神の根底にある神道、つまり古事記の世界では「これすんな」、「あれすんな」と人々に細かく行動を禁止していたことはほとんどありません。

私たち日本人が、「性善説」に基づいた「純粋なこころ」や「助け合いの精神」を保ってこれたのは、私たちが言霊の力を信じてきて、私たちが主に肯定文を使って、「困ったときはお互いさま」という風に自分たちに語りかけてきたことと、私たちのご先祖さまがサブリミナルに人を悪に導く「悪の禁止術」に乗っ取られた宗教を排除してくださったおかげではないかと思います。

関連記事
ローマ法王、神父による2000件以上の幼児性虐待事件を庇い続ける
キリスト教内部告発者が西洋文化の根底にある人身犠牲を暴露
フィル博士が世界的な児童性虐待と人身売買の現実を暴露
私たちは胎児殺しエキスを食べさせられていた!
・英王室、450件の児童性的虐待事件の加害者に「騎士」の称号付与

すべての子どもたちとその魂の自由と安全のための祈り、いつもありがとうございます

言霊の力
12 /06 2017
すべての子どもたちとその魂の自由と安全のための祈り 


絶大な自然の力と祈りの力をありがとうございます
絶大な自然の力と祈りの力をありがとうございます
絶大な自然の力と祈りの力をありがとうございます

むしろ職人


真心の力に感謝します
真心の力に感謝します
真心の力に感謝します


ひよこ

弱いものを守りたいという母性本能と父性本能に感謝します
弱いものを守りたいという母性本能と父性本能に感謝します
弱いものを守りたいという母性本能と父性本能に感謝します


稲穂



地球上のすべての子どもたちが守られ、自由で安全に暮らしていることに感謝します
地球上のすべての子どもたちが守られ、自由で安全に暮らしていることに感謝します
地球上のすべての子どもたちが守られ、自由で安全に暮らしていることに感謝します



地球上のすべての子どもたちの笑顔に感謝します
地球上のすべての子どもたちの笑顔に感謝します
地球上のすべての子どもたちの笑顔に感謝します

虹


地球上にいたすべての子どもたちの魂が完全に解放されて成仏したことに感謝します
地球上にいたすべての子どもたちの魂が完全に解放されて成仏したことに感謝します
地球上にいたすべての子どもたちの魂が完全に解放されて成仏したことに感謝します

クロップサークル


今、こうして祈ることができた奇跡に感謝します
今、こうして祈ることができた奇跡に感謝します
今、こうして祈ることができた奇跡に感謝します

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。