美人に見られたかったら、自分を変えるより場所を変えてみては?

男女関係、恋愛力、結婚力
05 /10 2018
昨年書いた小ネタの記事ですが、よく見られているようなので書き足したものを再掲載しておきます。

2017年03月05日(日) 

「ブスは死ね!」って、本のタイトルはひどい(笑)。今日は、「ブス」についての国際的な考察です。日本語の「ブス」は顔の作りだけではなく、ブスッとしていて態度が悪いから、「ブス」と呼ばれるのだとも言います。アメリカに長年住んでいると、アメリカ人の女性たちと比べて日本の女性は「美」へのこだわりが強いとつくづく感じます。アメリカで長年暮らしていて、私は日本人の普通の女性と同じくらいのレベルの美意識やスキンケアに対するこだわりを持った女性と一般人では出会ったことがありません。日本人レベルの美意識やスキルを持っているアメリカ人女性に会ったこともありますが、その方たちは、全員が美容関係の仕事をしているか、テレビや雑誌、舞台などに出ているモデルさんや女優さん、アナウンサーなど人前に出る仕事をしている人たちでした。

ブスは死ね

そして、日本人の男性は、女性の外見で価値判断を細かくする傾向があると思います。特に、日本では口の悪い人(有吉のような?)が「うるせえブス!」とか言うことがありますが、この言葉は英語に翻訳が不可能な言葉です。なぜかと言うと、英語圏では誰も使わない言葉だからです。

こちらに何十年も住んでいて、誰かが人に対して「あんた、醜いな(You are ugly)」などと外見について本人に言った言葉を聞いたことがないのです。アメリカなどで、きれいな人に対しては賛辞は送りますが、ブスは無視(笑)。ブスをブスと言ったら、自分が「性格悪い失礼な人」と思われて評判を下げるだけだから、誰も言わない。だから、特にブスだからという理由で暴言を吐かれることはないのです。

しかし、日本では、ブスをスルーせずに虐める傾向があるから、それを防ぐために、ブスこそ頑張って少しでもマシに見られ、不利にならないように頑張るのかもしれません。一般的にアメリカ文化では、「ブスでも努力して美人に見せる」とか「少しでも可愛くなろう」とか「女子力アップ」的な考え方自体がほとんど存在しません。それは、ブスであっても、特に困らないし、変えようという発想自体がないからかもしれません。

アメリカのように男女平等が行きすぎると、学校や職場での服装や行動などもほぼ男女変わりない状況になっています。特に私が住んでいるシリコンバレーのIT企業の社員などは男女共にジーンズにTシャツかセーターというようなユニセックスな格好をしています。私も周囲に合わせて職場ではジーンズなのですが、何か化粧が日本人ぽいためか分かりませんが、時々、人の視線を感じるくらいなので、悪目立ちしないためにできる限りフェミニン過ぎる格好や化粧はしないようにしています。こちらでは「ブスが頑張っちゃってる」風に見えるのが一番痛いとされているので…。

日本の文化とアメリカの文化では、ブスに対する扱いがこんなにも違う(笑)。

「どちらがいいか?」と考えたことがなかったので改めて考えてみましたが、私は総合的に判断すると日本の方がブスにとっては長い目で見て親切なのではないかと思います。なぜかというと、アメリカだったらブスはブスとしてスルーされるだけで、暴言も吐かれない代わりに「もっとキレイになるように努力すればいいのに」という期待や励ましさえももらえないわけです。無視されるということは、ブスは存在すら認めてもらえていない、ということです。

それに比べたら、「おい、ブス!」と声をかけてくれる日本人の方が、親切な気さえしてきます(笑)。そういう風にはっきり言われて傷つく面があったとしても、「ブスなんだから、せめて清潔にしてファッションくらいはちゃんとしよう」とか思うかもしれないではないですか。「ブスは死ね」という極端なタイトルの本の中身も、文字通り「ブスを抹殺せよ」という意味ではなく、実は「美人育成」を行っている女性が自分を「私はブスだ」と思っている女性たちへの励ましなのです。

武田久美子さんは、「女は美人と認識されると、一生で合計すると三億円得をする」と言っています。子供の頃から「お嬢ちゃん、可愛いね」と言われて飴をもらうところから始まるのだと仰っていますが…。

しかし…。

「何が美人か」という基準は、文化によって違うので、キレイになれるように自分を変えて努力することも一つの手ですが、海外在住者である私は、こう提案します。

美人に見られたかったら、
自分を変えるより、場所を変えてみな


つまり、「美人の基準」が違う文化に引っ越してみるというのもアリではないかと思います。

私自身、日本にいたら十人並みというか、ただのオバちゃんだと思うのですが、ある年齢に来た時にアメリカでやたらと周囲の人たちから「あなたって、すっごく素敵ね」、「本当にスタイルがいいわね」と言われるようになったのです。それは、私のスタイルが劇的に向上したからではなく、キレイになるように努力したからでもなく、今までとほぼ変わらなかったからなのです。アメリカ人と同じものを食べていたら同じように肥満体になっていたと思いますが、私はお米が好きなので日本食を食べてきたので体型は日本人体型のままなんです。アメリカ式の食生活をしている同じ年代のアメリカ人の女性たちと比べると、私のスタイルの良さが際立って目立ってきた、ということなんです。

アメリカ人でサンドラ・オーという「グレーズ・アナトミー」という超人気ドラマやハリウッド映画にも出演している東洋系の女優さんがいます。この方、日本の感覚で言ったら、美人の部類には入らないし、この人がやっているようないい役をもらえるタイプではないと思います。でも、アメリカでは細い一重の目は、逆に珍しいので希少価値があるし、肌さえ綺麗にしておけば、「美人のカテゴリー」に入れてもらえるのです。「私は、一重でブスだ」と思っている女性は、ぜひアメリカやヨーロッパに行って見てください。

サンドラ・オー

それから、ボディのほうですけれどね。ポッチャリさんが必ずしも無理してダイエットしなくてもいいのではないかと私は思います。私の提案は…

ポッチャリのみが美人とされる国に行け

例えば、ハワイやニューギニアなど、太平洋の島々やアフリカなどでは「ぽっちゃりした女性が美人」とされているので、平均的な日本人の女性は「痩せすぎで魅力がないブス」とされます。これは、信じがたいことかもしれませんが、本当です。

以前、太平洋の島で日本の有名なモデルさんを見たことがあるのですが、現地の人たちは口々に「なんか病的に痩せてるね」と言って、日本人以外からはあまり評判が良くなかったのです。太平洋の島に住む人たちにとっては、日本人の細い腕や細い首などを見ていると、「拒食症っぽい」、「食べてないのかしら? 貧相でかわいそう」と思うらしいのです。

日本人の知り合いでかなりポッチャリした女性がいたのですが、その方はアメリカの大学で割とモテていたようでした。日本よりも「ポッチャリの需要が高い」と確実に言えるのではないかと思います。その女性を気に入った男性の中には、白人や黒人のアメリカ人以外に、太平洋の島から来た大臣クラスの母国では超エリートのイケメン男性がいたそうです。その人を狙って何人ものアメリカ人の「美女」がアタックしたらしいのですが、この方はD専だったので、細身の美女には全く興味を示さなかったそうです。

恋は需要と供給を考えれば、うまくいく

ってことじゃね?(笑)

そういうわけで、「美人」とか「ブス」などというラベルは、自分がいる文化の価値観によって基準が変わってくるものなので、一歩、日本の外へ出たら、見られ方は変わるので、世界共通の絶対的な物差しではない、ということです。

関連記事
昔の日本人女性は自信を持っていた!
スピリチュアル女子がモテない理由とその病巣
公明党推し「子宮頸ガンワクチン」という日本人撲滅計画
あなたの波動を下げる!プラセンタ化粧品で地獄に行く?
スポンサーサイト

スピリチュアル女子がモテない理由とその病巣

男女関係、恋愛力、結婚力
12 /23 2017
日本全国のスピリチュアル女子の皆さまから反感を買うかもしれませんが、過去にスピリチュアルに傾倒した時期があった私自身への戒め(自爆)も含めて書きたいと思います。円満なご家庭を営んでいて、スピリチュアルなことをやっても見逃してくれる伴侶や家族に恵まれている女性は、それはそれで趣味として楽しめば良いと思います。

問題なのは、適齢期の独身女性がスピリチュアルにハマることによって、非モテとなり、社会全体の非婚化が進むことです。これ以上、少子化が進んでは、国力が下がるだけですしね。

http://ren-ai.jp/54307

大半の独身男性は、スピリチュアル女子を警戒するのではないかと思います。それは、いろいろな理由がありますが、パワーストーンや風水アイテムなどモノに依存することや、開運グッズやセミナーなどに大金を投じる金銭感覚、自分の人生で起きていることを運やカルマや前世などに責任転嫁して、自分のせいだと思わない見識を疑われることが主なところではないでしょうか。

また、詐欺に遭いやすい可能性も高いと言えます。すでにハマってしまっている人は、占い師や守護霊に聞かないと何も決められない、とか「すべてを受け入れて何事もジャッジしてはならない」というような考えに染まって、自分の判断力そのものを失っている場合もあると思います。

http://girl.sugoren.com/report/1408460464059/

そして、恋愛や結婚がうまくいかない女性たちが、男性へ向ける「愛」のありかたを履き違えてしまったことに大きな原因があるように思います。相手に赤ちゃんのように「ありのままの私を愛して欲しい」と思う。または、女性が母性愛で大人の男を甘やかして赤ちゃん扱いし、真綿で絞め殺してダメ男にさせてしまう。「自分も相手も、もう大人なんだ!」ってまず思い出さないと…。

また、重症だと思うのは、自分の不幸を「先祖のカルマ」のせいにして、それを解除したりしようとする考え方でもあると思います。自分に遺伝子を残してくれた家族の一部であるご先祖さまを悪者にして、不幸の原因とする考えは、まさに「忘恩」であり、感謝がない証拠です。

そういう人と結婚してしまったら、絶対にどこかで気にいらないことがあると、相手(伴侶)を責めるのは目に見えてますからね。(だから、賢い男性は、そのテのスピ女には手を出さないw)

私たちのご先祖は、遺伝子的にいうと自分の一部でもありますから、自分自身を責め、自分自身を呪っている行為といえます。一番の開運アクションである「感謝の気持ち」を自分の中から追い出して、自分自身を呪うという、運を下げる最悪のパターンだと思います。

私自身も、戦後のGHQ洗脳を受けて育ちましたから、普通に左翼でした。「日本人は悪い、私たちの先祖は悪いことをした」と信じていました。だから、当然、日本人である私はカルマが深いに違いない、と思っていました。本当の歴史をぜひ勉強してください。



でも、あるとき硫黄島(いおうとう)戦いのときに、亡くなった私たちの先祖はほとんどが職業軍人ではない一般人で、ほぼ負けることを知っていたのにも関わらず、まだ見ぬ子孫(私たち)のために、戦ったことを知り、感謝の念でいっぱいになりました。参議院議員の青山繁晴氏がジャーナリスト(民間人)時代に作った映像がいくつもありますので、ご参照ください。



「実は、自分はこんなに大事にされてきたんだ! 会ったこともない昔の人たちが、私たちが生まれてこられるように命がけで戦ってくれたんだ!」私はこのことを思うと、感謝の気持ちでいっぱいになり、涙が出ます。その会ったこともない私たちの先人への感謝の涙によって、今まで「カルマ」だと思ってきたようなものは、しっかりと洗い流されました。

自分がしてもらったことに対して「感謝の気持ち」を持つこと。そういう気持ちが持てる人。そういう当たり前の感覚を持った人だったら、結婚して一緒に家庭を持っても信頼できるし、安心な気がしますよね。

「スピリチュアル女子」というのは、ざっくり言うと、「何か気に入らないことがあったときに家族や先祖にまで責任転嫁してないがしろにしそうで、余計なものにお金を使いそう」と見られるからモテない、ということが言えるのではないでしょうか。

独身女性にスピリチュアルな活動を一切するな、とは言っていません。ぜひ、独身男性が聞いても安心できる範囲の内容で、朝日と夕日を見ること脳全体を使う訓練など、お金があまりかからない方法がたくさんあります。かつ、早死にしない程度にお願いします。

過去記事
夕日と朝日を見るだけで、あなたの人生が変わります
驚くほど効果絶大な「葉っぱ療法」と体の極性について
ネガティブ思考を変える「ひまし油湿布」によるデトックス
最強の空間、最強の波動を作る音楽とは?
日本人がゆっくりと根絶させられている:日本少子化とサンガーの計画

「日本男児軟弱化」という役目をアメリカからもらったジャニー喜多川

男女関係、恋愛力、結婚力
12 /09 2017
以前、「日本人男性のための海外でゲイに間違われない方法」という記事を書いたところ、この記事がじわじわと閲覧数を伸ばしているようです。海外に長年住んでいると、こちらに住んでいる日本人の方々から家族や友人にも言えないような「こんなこと」や「あんなこと」を誰かに言ってしまって気が楽になりたい…という場合がよくあるようです。その中に、日本人男性が「男に迫られて危機一髪だった」というような話を私は当事者からかなり聞きました。

ストレートの日本人男子がオネエやゲイに見られるのはなぜなのでしょうか…。(誤解を招く日本人男性の具体的な言動やファッションについては、過去記事を参照)

ケント・ギルバートさんが以前、大東亜戦争中に気合いの入った声を出して特攻をした日本人が戦場であまりに気迫に満ちていて強かったので、当時のアメリカ人は日本人をものすごく恐れ、だから日本人が二度とアメリカに立ち向かわないように洗脳を徹底した、ということを仰っていました。



現代の私たちは、平和ボケしすぎて、私たちの祖父や曽祖父の世代の方々がアメリカ人を震撼させるほど強くて勇敢だったことを忘れがちです。戦時中、体が弱くて戦争に行けなかった男性たちは、「命が助かってよかった!」などとは思わずに、非常に自分を恥ずかしく思って不名誉で辛い思いをされたと聞きます。(私の片方の祖父は、まさにそうでした!)

戦後、占領軍の仕事をしたことのあるジャニー喜多川が設立したジャニーズ事務所が次々と「可愛い」男子をスターに祭り上げてきました。そして、気付いたら現在の日本の芸能界はオシャレで可愛い系の男子が主流となり、「雄々しくて男らしい」男性がほとんどいなくなりました。


Kitagawa left America for Japan after the outbreak of the war in the Pacific, not returning until the late 1940s. Kitagawa later served with the U.S. Army, teaching English to orphans during the Korean War.

ニューズウィークのジャニー喜多川のインタビュー記事、「アメリカ陸軍」に従軍した、と書いてあります。
http://www.newsweek.com/johnny-kitagawa-japanese-music-legend-speaks-out-63563



また、家族や自国民を守ろうという国防意識も低下していて、「日本を守るためにいざとなったら戦う」と答えた日本男子は11%と世界で一番低い数字が出ています。

これは偶然ではないのですよ…。GHQの洗脳工作の流れを受け継いだアメリカ政府内部の一部の勢力と繋がっているのです。(ジャニー喜多川、CIAで検索してください。)

いや、まさか…。でも、さすがにもう繋がってないだろ…と私たちは楽観的に考えがちですが、日本弱体化を狙う勢力ときっちり繋がっている証拠がたくさんあります。

「スマップ解散」のニュースが出た日を覚えていらっしゃるでしょうか。去年の8月でしたよね。その日は何と「天皇陛下ご譲位」のニュースが出た日と同じ日でした。日本という国にとって大切なニュースが「スマップ解散」というニュースにかき消されてしまったのです。

アメリカは、以前から日本人にとっての「記念日の狙い撃ち」による愛国心と日本人の団結を崩すのを得意技としてきたことを書きました。今年の日本の建国記念日である2月10日に総理大臣がアメリカに行って、「属国宣言」とも取られかねない発言をしてしまったのが私は非常に残念でした。

なぜ、日本を脅威に感じたアメリカがわざわざオ◯マのジャニーを雇って、そんなことをさせてきたのか? 分かりますか? (以下は、元光GENJIのメンバーがジャニー喜多川による性虐待を内部告発した著書です。)

ひとつは、エンターテイメントによる愚民化ですが、もう一つは「オシャレで可愛い男子」の定番化と可愛い系男子の遺伝子の優先的な存続によって、雄々しい日本人男児をだんだんと淘汰することです。

オシャレで可愛い男子を大量に「イケメン」として売り出して、どうなるかと言いますと、雄々しく男らしい男性がだんだんと「ゴリマッチョ」とか「筋肉バカ」などと揶揄されたり、「怖い」などと思われて隅に追いやられるのです。つまり、「オシャレで可愛い系の男子=モテる=女性が可愛い系の男子を選ぶ=可愛い男子の遺伝子が優先的に生き残る」という未来を狙っているのです。

例えば、格闘技などをしている、ちょっと強面でも強くて礼儀正しい男性がいたとしても、オシャレで細身の可愛い系の男子の方がモテてしまうから、いい女をそっちに持って行かれてしまうのです。

メス化する自然

若い女性の間で「草食化した男子をいかに振り向かせるか」というような傾向と対策についての本が次々とベストセラーになっています。つまり、すでに日本人の女子は「草食化して少しメス化した待受男子」に自分から告白してゲットすることを考えるようにプログラムされてしまっていることになります!

以前、テレビで「日本のために自分も何かできないか」と考えた女性が、独身の自衛官の男性が多いということを聞いて、独身女性を集めて合コンをセットアップしたという話を聞きました。(某国の工作員の女性と知らずに結婚してしまい、日本の機密情報を流してしまっている政府機関や企業に勤めている日本人男性もいるので…。)こういった個人の努力が、実は日本を守ることにつながっているのです。

サンガーの講演
白人至上主義者の団体、KKKの女子部の前で講演するサンガー

前に、家族計画の旗手で戦後の日本少子化の元凶となるプログラムを当時の厚生省を通じて導入する役割を担ったマーガレット・サンガーについて書きました。(日本人がゆっくりと根絶させられている:日本少子化とGHQ/サンガーの計画そして、サンガーを公の席で称賛したヒラリー・クリントンをアメリカが大統領候補にしたことも、私たち日本人は重く受け止めなければならないのです。)

この中で、非常に興味深いのが「黒人を根絶するには、ゆっくりしなければならない」と述べていたことです。また、人口削減計画を実行するにあたって、黒人のリーダーを何人かリクルートして、その考え方が白人から押し付けられたものではなく、黒人自らが進んで行ったように見せかけなければならない、ということも言っています。

このやり方は、日本に対しての「ゆっくりとした撲滅計画」にも現れていて、必ずGHQやアメリカの政府機関が直接、手を下しているように見えないように日本人や日系人、帰化人など日本語を喋り、日本人に見える人物(でも心の中は日本や日本人が嫌いな真っ黒な人)をトップに据えて、こう言った計画を実行させるのです。

松あきら国会

公明党が推した子宮頸がんワクチンという日本人撲滅計画」という記事にも書きましたが、日本の次世代を産む若い女の子たちの子宮が狙い撃ちされているのです。

松あきら

まあ、そういうわけで…。

私たちは雄々しく男らしい日本男児を育てたり、身近にいる男らしい男子には「イケメンやな」とか言って褒めて応援したり、本人に励ましの言葉を言う。それだけでも、日本男児の雄々しさを取り戻す大きな力となり、日本のためになって、日本人の存続に一役買っていることになるのです。

そして、日本人が本来の姿と自信と輝きを取り戻すことで、世界の人たちにももっと貢献することができるのです。

今日の感謝

武道を広めておられる皆さまに感謝します。
警官、自衛官、海上保安官の皆さまに感謝します。
本来の日本のこころを受け継いでくださっている皆さまに感謝します。
いつもありがとうございます。



過去記事
公明党が推した「子宮頸ガンワクチン」という日本人撲滅計画
日本人がゆっくりと根絶させられている:日本少子化とサンガーの計画
GHQの日本人洗脳が解けた!
米国は「中国人や朝鮮人が核を持つのOK、日本人だけは絶対ダメ」

sacredokinawa

アメリカ西海岸に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした画像や過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。