昔の日本人女性は自信を持っていた! 貶められた日本人女性像

おんなのちから
12 /09 2017

欧米人の間でよく言われる「日本人女性は虐げられている」というのは、戦後のGHQによって刷り込まれたプロパガンダではないかと思うようになりました。現代の日本人にとって、特に「日本には女性差別がある! 虐げられている」というのはごく限られた人の意見だと思います。日本では6割以上の家庭で家計を動かすのは女性であり、「かかあ天下」という言葉にもあるように、女性が組織的に虐げられていると考える人はほとんどいません。

しかし、なぜかアメリカを始めとする西欧社会からは、やたらと「日本人は女性を虐げている」という言葉を聞くのです。国連からも非礼極まりない勧告がいくつも出されたことがありました。また、ヨーロッパの方たちからは私は直接言われたことがないのですが、アメリカ人からはしきりに、個人的に「日本人女性は貶められているから、態度が卑屈になっている。男の後を三歩下がって歩くとか、そういう自信のない態度は魅力がない」というようなことを繰り返し聞かされたことがあります。私自身は、目上の方々などに普通に礼儀正しくしていただけだったのですが…。直接いわれたことがある日本人は少ないかもしれませんが、日本に行った英語圏の人たちは必ず、そう言います。

そこで、西欧人が「女性差別」という時に、一体、何を意味しているのか、いろいろと考えてみました。

幕末や明治時代に日本に来た西洋人が、「日本人の男は女よりも先に歩く」というのがレディ・ファーストの西洋人には目に付いたようで、後に「日本における女性蔑視」の根拠の一つになったようです。しかし、レディ・ファーストというのは、騎士道から始まったものです。西洋の騎士が自分の先に女性を歩かせて自分がその後をついていくのは、後ろから敵がやってくるかもしれないことを想定して女性を先に行かせて逃げてもらう、という戦略であると言えます。

しかし、日本の武士の考え方は正反対であり、自分が敵の前に盾となって立ちはだかり、女性を後ろに持ってきて守ります。ですから、男が先を歩くのは、いざとなったら、女性には反対方向に向かって逃げてもらおう、というところから始まったのだろうと思います。

ですから、日本人の視点では、「未知のものがある場所や敵がいるかもしれないところに先に女性を行かせる西洋のレディ・ファーストって、女を先に殺してもらっていいから自分は助かろう、っていう虐待じゃない?」という見方もできるのですけれどね。おそらく、西洋の考えでは「敵は後ろから来る」という思い込みがあるので、女性を後ろに持ってくる日本人は「女性を虐げている」と見なしたのではないでしょうか。

西欧社会における組織的な女性差別と虐殺として代表的なものに、主に中世15世紀のキリスト教(カトリック教会、ローマ教皇)の指示による「魔女裁判」という制度がありました。これは、単にキリスト教以外の土着の神々を信じた人たちの弾圧だけではなく、教会による資産の収奪がもう一つの大きな目的でした。アメリカでは、1600年代に、セーラムの魔女裁判が行われました。

以前、アメリカ人の女性と話していた時に、「私たちのようなヨーロッパ系の女性というのは長い間、強い女性や漢方や民間療法、産婆の心得のある女性たちが宗教弾圧の名の下に殺されてきたので、男社会に対して声を上げないような従順な女の遺伝子を主に受け継いでるんですよ」と語ってくれたことがあります。私は、「アメリカ人女性は強い」と思い込んでいたので、「え〜?! では、今のアメリカ人女性はどうして強いんでしょうか」と聞いてみたところ、「それは、歴史的に強い女や知識を持った女たちが弾圧されてきた反動だと思うわよ」と仰っていました。

それに比べると、日本人の女性は「バテレン追放令」と「キリシタン禁止令」で奴隷商人と結託したキリスト教を駆逐する前の織田信長と豊富秀吉の時代に、一部が奴隷として売買されたことはあり、貧しい村では子供を売る親もいたかもしれませんが、「魔女裁判」のような組織的な過酷な虐殺と財産の収奪などは行われませんでした。どうも、西欧人が日本人を見て過剰に「日本人は、女性を差別している」と騒ぎ立てるのは、自分たちの過去の行いの残虐さを勝手に日本人に投影して濡れ衣を着せているのではないかと思われるのです。

幕末から明治の日本に来た外国人が日本人女性の地位について書いたものを読むと、当時の日本人女性が社会で尊重されていたことがはっきりとわかります。以下は、長崎の海軍伝習所の教官団長であったオランダの海軍軍人のカッテンディーケ(1816~1866) が日本人の女性について書いた一文です。

日本では女性は、ほかの東洋諸国と違って、一般にとても丁寧に扱われ、女性の当然受けるべき名誉を与えられている。もっとも女性は、ヨーロッパの夫人のように、余りでしゃばらない。そうして男よりも一段へり下った立場に甘んじ、夫婦連れの時でさえ、われわれがヨーロッパで見馴れているような調子で振る舞うようなことは決してない。しかし、決して女性は軽蔑されていない。

カッテンディーケ「長崎海軍伝習所の日々」




そして、明治時代に来日したアメリア人の牧師で東洋学者であったウィリアム・グリフィス (1843~1928) も、日本人の女性が尊厳と自信を持っていると語っています。

アジア的な生活様式の研究者は、日本に来ると、他の国と比べて日本の女性の地位に大いに満足する。ここでは女性が東洋の他の国で観察される地位よりもずっと尊敬と思いやりで遇せられているのがわかる。日本の女性はより大きな自由を許されていて、そのためより多くの尊厳と自信を持っている

グリフィス「明治日本体験記」



さらに、日本に開国を迫ったペリーも、当時の日本人女性が「比較的高い尊敬を受けているために、品位を自覚している」と述べています。

日本の社会には、ほかの東洋諸国の人々に勝る日本人の美点を明かに示す一つの特質がある。それは女が伴侶と認められていて、単なる奴隷として待遇されてはいないことだ。女の地位が、キリスト教法規の影響下にある諸国におけるのと同様な高さではないが、日本人の母や妻、娘は、シナの女のように家畜でも家内奴隷でもなく、トルコのハーレムの女のように淫楽のために買い入れられるものでもない。

既婚婦人が常に厭わしいお歯黒をしていることを除けば、日本女性の容姿は悪くない。若い娘は容姿が良く、どちらかというと美しく、立居振舞はとても活発で自主している。それは彼女たちが比較的高い尊敬をうけているために生じる品位の自覚からくるものである。

M・C・ペリー「日本遠征記」



そして、江戸時代中期に日本に来たスウェーデンの医学者で植物学者のツュンベリー博士は、当時の日本人女性が「自由に外出できる」と述べていました。

日本は一夫一婦制である。また中国のように夫人を家に閉じこめておくようなことはなく、男性と同席したり自由に外出することができるので、路上や家のなかでこの国の女性を観察することは、私にとって難しいことではなかった

ツュンベリー博士



日本には、縄文時代の女性が使ったと思われる漆塗りの櫛が出土したことからも、大昔から女性が着飾ることを許され、大切にされていた歴史があります。(「櫛」は、古事記の中でスサノオノミコトが妻となったイナダ姫を一時、櫛に変えて身につけて守ったという話にあるように、古代の男性が女性に求婚のために贈ったのではないかとも言われています。)

また、平安時代にすでに紫式部や清少納言、泉式部のような女流作家が存在しました。アメリカやイギリスで、オルコットやバージニア・ウルフ、エミリー・ディキンソンなどの女流作家が出てきたのは、1800年代に入ってからです。

近年行われたアンケートでは、過半数の日本人女性が「生まれ変わるとしたら、また日本人女性に生まれ変わりたい」と回答したと結果が出ているそうですが、これも日本人の女性であることに「満足している」ということを物語っています。欧米人が指摘するように日本の女性が虐げられていれば、「もう二度と日本人女性に生まれたくない」と思うはずです。

欧米と日本を比べること自体が比べようもないことなのですが、私たちはもっと、日本人女性が古来、伝統的に大切にされてきたことや現代の日本人女性が比較的満足していること、「主婦になることも選択できて、仕事を持つ選択もできて、自由を持っていること」(注:アメリカなどには専業主婦という言葉自体がなく、仕事をしない主婦は存在はしますが見下され、夫からお小遣いをもらわなければならないので、現実的にはその自由がほぼありません)などを発信していかなくてはなりませんね。
スポンサーサイト

イバンカ来日、国際主義者は日本の専業主婦が「主婦でいる権利」を奪おうとしている

おんなのちから
12 /07 2017

トランプ大統領の娘のイバンカさんが来日したということで、日本は盛り上がっているようですが、このイバンカさんの夫であるジャレッド・クシュナー氏が数々の国家転覆を行ってきたジョージ・ソロスから資金援助を受けていたことを書きました。

美人によるグローバリズム洗脳のお話です。詐欺的な健康保険制度を導入したオバマ大統領もそうでしたが、話し方がソフトで外見に恵まれた人物というのは、国境や国力を破壊したい勢力にとって、絶好の操り人形であり、愚民の洗脳マシーンなのです。私たち一般人は、素敵な人の言うことは、なんとなく受け入れてしまう傾向がありますからね。

このイバンカさんというのは、結婚前に一度はクシュナー氏と破局したものの、大富豪のルーパート・マードックの元妻であるウェンディ・デン(デング・マードック)に説得されて、よりを戻して結婚したと言われています。クシュナー氏はユダヤ教徒なので、結婚するにはユダヤ教に改宗せねばならず、クリスマスも祝えなくなってしまうので、キリスト教文化で育った白人にとっては、ハードルの高い結婚であったということです。



イバンカさんというのは、つまりはルーパート・マードックの中国人妻の影響で成婚し、現在も親交を持つ国際主義者であるのです。しかし、このマードックの元妻ですが、中華人民共和国の済南市出身だそうです。エール大学を卒業して、女優もしていた方ですが、37歳年上のマードックと結婚しました。なにか「ハニトラ感」がハンパないですね。こちらは、若い頃の写真ですが、目がそっぽ向いて「このジジイ、きめえ」って言ってますよね!?



あ、なるほど! そういうことか! 調べたら出てきましたよ。


ニュースポストセブン、「離婚申請のメディア王マードック氏の中国人妻に中国スパイ説
http://www.news-postseven.com/archives/20130630_197278.html



まあ、ここまでは、導入部です(笑)。国際主義者の大富豪と結婚した中国の回し者に説得されて結婚したイバンカが、日本で何をするのか?

何か女性の地位向上に関する会議に出席するらしいですが、この手の会議には必ずそれぞれの国の国力や国境を破壊したい勢力の明らかなテコ入れを感じるのです。表向きは、「日本をもっと男女平等社会にする」とか「女性の社会進出を活発にする」というようなお題目ですが。

このような会議は、中世に魔女狩りを行い、女性を惨殺してきた西洋文化によるフェミニズムが根底となっています。ですから、私たち日本人の文化を自分たちの物差しで批判し、自分たちが乗っ取りやすいように変えようというのが目的です。

こういった動きは、ソーシャルエンジニアリングと呼ばれていますが、私たち日本人が求めて行う自己改革ではなく、外圧によってなされる強制的な社会改変です。

そもそも、「女性が外で働く」というのは、強制されるべきものではありません。

中国などでは、女性も人民服を着て、女らしさは捨てて、働かなければならないのです。アメリカも、似たようなもので、働く女性はほぼ男性と同じようなスーツかジーンズで、仕事も男性と同じように働きます。むしろ、「専業主婦」という言葉自体が英語には存在しません。

仮に夫がお金持ちであっても、結婚後も何らかの仕事をすることが期待されるのです。そして、アメリカの場合は、男が家のお金のやりくりをする場合が多いので、夫婦が別会計であり、女性は結婚後も仕事をしないと、自分が自由に使えるお金がない。

夫が妻が仕事をしないのを容認した場合は、妻は自分のものを買うのにいちいち夫の許可をもらわなければならないのです。ですから、アメリカのデパートや高級品店をよく観察していると、一万円くらいの買い物の前に女性が夫に電話していることが多いのです。仕事をしない妻が夫に断りなく夫のお金を使う権利がないのです。ですから、働かない女性は自立した大人扱いされずに、家庭内でも社会でもバカにされてしまうのです。

つまり、アメリカには、女性が結婚後に「専業主婦になる権利」がほぼ奪われている状態といえます。

夫婦がお互いに「これでいいよね」と認めて妻が専業主婦になっているのなら、家庭は盤石といえます。しかし、そういう夫婦が多い国というのは、国際主義者にとって乗っ取りにくいのです。家庭崩壊しててくれた方が、乗っ取りやすい。以前、「ENEOSのコマーシャルによる男女分断と家族分断工作」について書きましたが、国家の最小単位は家族であり、夫婦ですから、そこを分断させれば、国力は根底から崩れるのです。

先日も、日本の男女平等度ランキングが114位だという記事が日本経済新聞に掲載されました。こういった数字やランキングに騙されてはいけません。


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2298593001112017CR8000/

日本は、妻が家庭で財布を握っている数少ない国なのです。保険会社などの調査によると、日本では、ほぼ7割程度の家庭で妻が家計の管理をしていることが分かっています。その点から見ると、日本における女性の地位は、実は世界でもトップクラスなのです。

7割以上が、「妻が家計を管理している」!
http://www.o-uccino.jp/article/archive/money/20160923-souken/

具体的な例を挙げますと、武田久美子さんがアメリカ人の製薬会社の社員と結婚して、長年連れ添った後に離婚したのを覚えていますでしょうか。武田久美子、アメリカ人男性と離婚「専業主婦望まれなかった」、というそのままのタイトルがついていてわかりやすいかと思います。


http://www.news-postseven.com/archives/20140703_264050.html
武田久美子、アメリカ人男性と離婚「専業主婦望まれなかった」

アメリカには、「専業主婦」という言葉とコンセプト自体がないのですから、望まれないのは当然なのです。そして、武田久美子さんの言葉から、アメリカの夫婦間における厳しい現実が浮き彫りになっているのです。

「芸能界の仕事でなくてもいいから何か仕事をすれば、って言うんです。確かにアメリカで“専業主婦”は少ない。彼のお母さんも仕事をしていました。でも、慣れない土地で子育てをしながらフルで働くことは無理だと、いくら説明しても聞く耳をもたない感じでした」

アメリカでの「男女平等」とは、「女も働かなきゃならない」という形ばかりのものであるということが分かるのです。そして、ここで夫が「芸能界の仕事じゃないもの」と指定していることにも注目してください。つまり、日本の芸能界の仕事をしたら、日本に行ったりして家を空けなければならなくなるので、それは夫は望まなかったという意味なのです。そして、仕事をしない武田久美子さんは、夫から見下されていた可能性が強いのです。

私はアメリカ生活が長いので、こちらで結婚した方々をたくさん知っていますが、夫から「出張や単身赴任はせずに家にいてほしい、でも仕事をしてほしい」と言われて悩んでいた方たちが多かったです。そのうちの何組かは、離婚しました。

道端ジェシカさんの元夫はイギリス人のレーサーでしたが、ジェシカさんが結婚後も日本に住み続けていたのを覚えていらっしゃいますでしょうか。これは、夫のバトン氏がジェシカさんに結婚後も仕事を続けることを希望したため、ヨーロッパでは仕事がなく、日本に仕事のあるジェシカさんは、日本を本拠地にせざるをえなかったとも言われています。

そういうことで、実は、日本の女性は本人が望んで夫が許せば「専業主婦になる」という選択を持った世界で一番くらいに地位が高く、最高の特権を手にしているのです。

外圧による強制的な社会変革についてですが、私たち日本人はやられるだけで、こちらから仕掛けません。例えば、JAMAの統計によるとアメリカ人女性の40パーセントが肥満です。それを根拠に、仮に日本がアメリカに対して、「アメリカは大勢の女性を成人病予備軍にして放置し、健康を害している。これは、ある意味の虐待である。だから、アメリカで女性の肥満撲滅会議を開いて、日本食を食べるように指導してあげよう」などとは言いません。

本当は、アメリカ人の女性の方が、専業主婦になる選択肢はないわ、肥満化が進んでいるわで、他国の女性たちの地位について論じられる立場にはないのです。

日本の旦那さまがた、ありがとうございます

sacredokinawa

アメリカ西海岸に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした画像や過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。