日本人が行うへりくだりや自虐、謝罪は逆に反日感情を煽る危険な行為

日本の国益を守る
03 /14 2018
2017年02月15日(水) 去年の記事ですが、まだ当てはまる部分も多いので、こちらにも再掲載しておきます。

連日、繰り広げられる中国の尖閣諸島への襲来や沖縄での反米軍基地活動アパホテルへの中国政府の攻撃慰安婦捏造問題など、反日の話題ばかりがメディアを騒がせています。

そこで、「一体、どうして反日運動が生まれたのか? そして、それをなくすにはどうしたらいいのか?」ということを疑問に思っていましたが、「ほんまでっかTV」でもお馴染みの武田邦彦教授が語った内容に納得しました。



もともと、反日的な内容は、南京事件捏造慰安婦問題も、日本人が捏造してNHKや朝日新聞のような大手メディアを通じて発信し続けて、それを日本の政治家も肯定し、謝罪を続けてきました。海外では、「謝罪をする」ということは、事実を認めたことに取られます。捏造であっても、中韓も「総理大臣が謝罪しているのだから、事実なのだろう」と受け取った。だから、それを利用して、反日活動を続けているだけなのだ、と武田教授は指摘しています。

つまり、私たち自身が

反日日本人をなくす

ことに尽きます。

ルーズベルト大統領がほかのアジア人はいいけど、「日本人だけは皆殺しにしなければならない」といった理由を私たち日本人は考えなくてはいけないのです。

武田先生は、その理由の一つとして

「日本が優秀すぎるから」

と述べておられます。日本の天皇だけが、2000年以上続いていて、トップである天皇が首を切られなかった。奴隷制度もなかったし、日本は繁栄した。そして、ヨーロッパを圧巻したモンゴルと互角な戦いをしたのは日本だけ(実は、その時に偶然、台風が来た)。外国から見ると、怖い。小さな国の一地域である薩摩藩が大英帝国を追い払った。そして、ナポレオンにも勝った世界一のロシア陸軍に勝利、日本海軍は世界一のバルチック艦隊も破った。日本人以外は、西洋支配下にあった当時、「日本人脅威論」が出ないはずがない。そして、大東亜戦争では、特攻ができる精神力を持っていた。

「強くて心は優しい」というのが他の国々では信じられないのです。

かつて古代ローマ帝国が古代フェニキア人国家「カルタゴ」を戦争で打ち負かし、賠償金も負わせ、武装解除して、属国同然の状況にしておきながら、カルタゴが奇跡の復興を成し遂げたために、ローマ国内で「カルタゴ脅威論」が起きて、滅ぼしてしまったこととリンクします。ハンニバルを輩出したフェニキア人も、武に秀でていた上に、勤勉で奇跡的な復興力を持っていました。

そして、武田教授が仰っていたのは、そんなに強い日本人が「私が悪かった」と謝罪ばかりしているのは、「自虐」というより、海外からすると(頭が)

おかしい人に見える

ということです。

GHQの占領政策で日本を徹底的にダメにした。だから、日本はダメになると思ったら、逆に復興して、今では世界で最も純資産が高いのは日本。そして、結局は世界は白人の植民地支配から解放されて、もともと日本が目指していた大東亜戦争の目的を達成してしまう。つまり、日本が「人種差別や有色人種の奴隷化をやめよう」と戦前に国際会議で訴えて、否決されたのに、戦後になって当時、植民地で欧米の食い物にされていた国々は独立することができたのです。ホンダがオートバイを作れば、オートバイレースで圧勝。そして、トヨタ自動車が出てきて、世界の自動車市場を圧巻。

武田教授が仰っていたのは、日本人が「威張ってくれればまだいい。やっていることと言っていることが一致する。へりくだりながらアメリカ人をやっつける。これは、気持ち悪い。一番優れた人がそういう態度だと、逆に恨みますよ。行動が一貫していないといけない。日本人はもっと胸を張って堂々としていなければならない。過去にやったことを日本人が申し訳ないというたびに外国人は傷つく」ということでした。

私たち日本人は自分たちを「のび太」のように感じているかもしれませんが、ケント・ギルバートさんによると「日本は出木杉くん」と言っていました。つまり、海外から見ると、日本人のへりくだった態度というのは、出木杉くんが自虐的になったり、謝ったり、へりくだったりしているのを見ているようで、不可解だし非常に気味が悪い、ということです。

これは、私も海外で20年以上暮らしていて思うのですが、優れた才能や容姿などを持っている日本人が海外でへりくだったりすると、不審に思われ、逆に非常に嫌われたり、逆恨みされたり、問題を起こすことにつながるのです。

これは、一つわかりやすい例えを考えました。海外の人から見て、「すごく痩せている」と見える可愛い日本人の女性が、欧米に行って現地の人に「最近、すごく太っちゃって…。もっと痩せなきゃ」などと言ったとします。これは、日本人にとっては普通の会話なのですが、アメリカやヨーロッパの女性たちの間でいうと、かなり恨まれることが多いのです。

つまり、その日本人よりも、もっともっと太っている欧米の女性にとって、痩せている日本人からそういう言葉を聞くと「こんなにスリムな人が、自分自身をデブと言っている」ということは、「あなたは規格外の超肥満」、「デブな体みせんな!」と言って攻撃されているように聞こえる、ということです。もうそれだけで、ケンカを売っているようなものなので、何も悪いことをしていないつもりでも、へりくだった態度によって逆に敵視されてしまうというわけです。(私自身、アメリカ人の前で自分に対して無意識にへりくだることを言って、相手の悪口を言ったわけではないのに逆恨みされたことが何度かあります。)

ですから、個人レベルで海外で暮らした時に起きる摩擦を増やすだけでなく、政治や外交で海外の要人やメディアに対して日本人が行う意味不明なへりくだりや自虐、謝罪は逆にますます反日感情を煽る危険な行為であるということです。

また、武田教授が最終的な解決策として挙げていたのは、日本の国民が無意味な「節約」をやめて、エネルギー消費量(活動力)をアップし、「国力を底上げする」ということでした。「国力が低下している国は、他国の侵略を受けやすいが、スキがない国に攻め入るのは難しい」ためです。

■中国の沖縄での秘密工作とは その5 沖縄独立を煽る アメリカの議会機関が指摘する中国の日韓離反工作
http://japan-indepth.jp/?p=29620

関連記事
羽生結弦、米国が中韓を利用し日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
日本人の美徳が、世界の人たちの美徳を目覚めさせた
GHQの日本人洗脳が解けた!
原日本人の「縄文人は未開人」というGHQ洗脳からの脱却
羽生結弦、「日本人らしい人間」のあり方を示す
スポンサーサイト

反日マスコミと反日議員が麻生大臣を引き摺り下ろしたい理由は、「日本の土地を守る」方針

日本の国益を守る
03 /12 2018
日本を弱体化、または乗っ取ろうとしている諸外国勢力にとって、「日本を守ろう」、「日本を取り戻そう」という信念を元に行動している政治家ほど厄介なものはありません。私たち日本人は、そういうことを考えない「性善説」を基にした民族性ですから、「金を取ってやろう」、「土地を取ってやろう」などと考える国の考え方がよくわかりません。私たちは今まですでに色々絞り取られているのですけれどね。

日本人の「名誉と国土を守ろう」という信念を持った稲田朋美大臣も、引き摺り下ろされてしまいましたね。

今、財務省の問題を使って、反日捏造マスコミと反日議員たちが、躍起になって麻生大臣を引きずり降ろそうとしています。もう、これは理由はハッキリしています。

麻生太郎大臣は、絶対に「日本の土地を守る方針」だからですよ。

一時的な利権という甘い餌につられて、外国からお金を借りてしまい、返せなくなって国土を物納させられている国が結構あるのですよ。麻生太郎は、それをしっかり認識しているのです。安倍総理もその認識は同じではないかと思います。

麻生太郎大臣発言

「麻生太郎氏、AIIB『サラ金発言』の意味 借金国に中国主導で取り立て属国化や領土分割の懸念残る 高橋洋一」
http://www.sankei.com/world/news/171211/wor1712110001-n1.html

以下は、オーストラリアの新聞記事ですが、中国がメルボルンの港に巨額の投資をしたという記事です。
https://www.theaustralian.com.au/national-affairs/foreign-affairs/china-tips-in-2bn-for-melbourne-port-stake/news-story/88d87a1affad98f8e824378af2666585

私の住んでいるアメリカもですね、実はアメリカが中国から借りた借金の返済のために、カリフォルニアをもう差し出してしまっている、という話が聞こえてきているくらいです。(まだ、表には出てきていませんけどね)



「サラ金」の喩えは、的確すぎますね! 実際に、あちらの国に深入りして、土地を取られた国々がどんどん出てきているのですから。これ以上本質をついている表現はないと思います。

そもそも、財務省は官僚なので、閣僚とは別ものですが、もしも一官僚が裏でやったことの責任を大臣が取らされるのなら、わざと大臣を引きずり降ろしたい人物に何かやらせて、それを使って大臣の首を簡単に飛ばすことができたら、大変です。なんか、感情で有罪判決を出したり、感覚で政治家を引きずり下ろす隣の国みたいですよ。やり方が。

反日マスコミが麻生大臣を叩けば叩くほど、みんな「本当は何でそうなったんだろう」と考えて、逆に支持率が上がるような気がしますけどね。

(反日勢力が)麻生太郎を追い落せたら、日本の土地を好き放題出来ますからね。(反日日本人が外国に日本を売り渡した後に、知らない間に土地が日本のものではなくなっているというシナリオ。)



関連記事
日本を守ろうとした稲田朋美大臣を辞任に追い込んだ日本
国益を失う日本、小保方叩きの黒幕が判明
米憲法違反を犯してまでシカゴが国連軍を要請、アメリカ崩壊?
トランプ氏、アベ表記、政権を倒すための言葉による洗脳

朝日新聞の捏造によって海外から蔑視されて、国益を失い名誉を汚される日本人

日本の国益を守る
03 /08 2018
2016年10月07日(金)に書いた記事ですが、現在も朝日新聞の捏造が止まらないようなので、ここにも再掲載しておきたいと思います。今起きているスキャンダルによる倒閣の動きというか安倍総理下ろしの根拠として、左派の議員たちが主に使っているのが朝日新聞です。戦後、GHQの言論統制が一番強かったのが朝日ですが、日本の国力を弱めるというミッションはまだ続いています。

ー ー ー ー ー

海外で生活していると、朝日新聞の捏造による「慰安婦問題」や「南京大虐殺」などの嘘が一人歩きして、日本のことを知らない人たちの間で広められています。つまり、日本人への差別と偏見がエスカレートしています。

朝日新聞慰安婦捏造

アメリカ人といっても、いろいろな人種の方々がいますが、中国と韓国による歴史プロパガンダに加えて、国連やアメリカ政府や研究機関などもそれを後押しする動きが活発になっています。

慰安婦大募集

どんなに実際の日本人が温厚で平和的な性格を持っていたとしても、イメージ戦略によって海外で「日本人は残虐」とか「日本人は非道」というような見方がすでに広められているのです。

例えば、私は女性ですが、アメリカに住んでいると、やはり日本人が気に入らない中国系や韓国系のアメリカ人などにも会いますから、私個人がその人たちに何もしていなくても、中国や韓国の文化が好きでも、遠回しに嫌味を言われたりすることがあるのです。また、白人の人は自分たちがネイティブアメリカンを虐殺し、土地を奪い、黒人奴隷を使っていた暗黒の過去を思い出したくないので、歴史の話になると、さりげなく「日本人の方が酷かった」というように「すり替え論法」というか自分たちのしたことを棚に上げて、日本人を責めます。

また、過去にアメリカ人と親しくなってしばらくしてから、「実は私ね、日本人の、特に男がすごく怖かったのよ。カンフー映画みたいに凶暴だってイメージ植え付けられてたから、怖い民族だと思ったのよ。でも、あなたはいい人ね」と言われて、ビックリしたことがあります。



こういった虚構の歴史によって日本人を貶める工作活動は、そもそも朝日新聞の捏造と、中国共産党の捏造の蒸し返しが発信源です。

20年以上経って、朝日新聞が「誤報でした」と小さな記事を出しても、貶められた日本人のイメージを回復することはできません。

朝日は今日も腹黒い

朝日新聞の捏造や偏向報道で度々、名前が出ていた人物がいます。朝日新聞で論説主幹や主筆などを歴任した、いわば編集部門においてはトップの地位にいた若宮啓文(わかみや・よしぶみ)氏。

名前を覚えていない方は、「安倍の葬式はうちで出す」と発言したことで有名な方です。また、朝日新聞コラムでの「竹島を韓国にあげてしまえ」や「安倍叩きは朝日新聞の社是」という発言も覚えておられる方もいらっしゃるかもしれません。(『約束の日:安倍晋三試論』小川榮太郎著)

この若宮氏は、2016年4月28日に中国・北京のホテルの浴室で死亡。朝日新聞の報道によると、中国警察の発表では病死と発表されています。そもそも、中国の警察は中国共産党中央軍事委員会の指導下にある国家組織です。重大な捏造の裏側や反日活動の実態を知っていた人物の死亡は、「知り過ぎた生き証人」の抹殺の可能性も否定できません。

若宮氏は、自分が主導して行った日本を貶めるキャンペーンをやりすぎたと思ったのか、「中央グローバルフォーラム」という会議で「韓国人も日本をあまりひどく追い詰めなければいい」と発言していました。ちなみに、韓国政府は、2016年7月に若宮氏に勲章授与を検討する見通しを発表しています。反日で日本を貶める活動がどれだけ韓国にとって都合のよいものだったかを表しています。

もちろん、「慰安婦大募集」のように、高給取りの職業として17歳以上に募集をかけて、民間の売春経営者が雇っていたものが(衛生管理のみ日本軍が行なっていた)、なぜか海外では、「性奴隷」という言葉が一人歩きし、12歳くらいの女の子を誘拐し、監禁し、給料を与えずに奴隷のように酷使していたように宣伝されているのです。西洋人は「売春」なら、責めはしないのです。



そして、海外では「謝る」ということは、自分が「クロ」だと認めたことになりますから、一国の首相が公式に謝罪したという事実のせいで、世界の人々は、日本人が幼い少女たちを誘拐し、給料を与えずに酷使したと解釈しているのです。

実は、幼い子供の誘拐と人身売買、そして性虐待を今でもやっている国の一つが、アメリカなんですけどね。イギリスもそうですが。「フィル博士が大手メディアで世界的な児童性虐待と人身売買の現実を暴露」という記事でも書きましたが。自分たちがやっていることを覆い隠すために、違う民族に濡れ衣を着せているのです。

関連記事
フィル博士が大手メディアで世界的な児童性虐待と人身売買の現実を暴露
クリントン財団と夫妻の犯罪を証言する予定だったハイチの元政府高官が不審死
英アンドリュー王子の児童買春と売春斡旋で服役した大富豪との黒い交際
グローバリスト勢力が壊滅状態にある理由。財源の人身売買を次々と摘発

国益を失う日本、小保方叩きの黒幕が判明。ハーバード大がSTAP特許の利権を20年独占

日本の国益を守る
03 /01 2018
2017年02月16日(木)

去年のこの時期に書いた記事ですが、今でも似たようなことが起きているので、少し書き直したものを載せておきます。

小保方氏潰しの本当の黒幕が明らかになりましたね。以前、「しばらくしてから、どこかが特許を出すから、そこで黒幕が分かる」とおっしゃっていた方がいらっしゃいました。その通りになりましたね。

私たち日本人が小保方さんを叩いて、早稲田の博士号を取り消したり、「あれは捏造だった」などと貶めている間にアメリカは、何をしていたのか。

STAP細胞特許の申請ですよ。

アメリカ医療利権

すでに、研究の成果も利権も、アメリカのものになっているのです。アメリカは、知っていたんですね。この発明が莫大な利益をもたらすことを。特許を申請したのは、ハーバード大学付属の病院です。今後、20年間アメリカがこの利益を独占するのです。

本来は、日本人の発明なのですから、日本のものだったのに…。私たちが、STAP細胞があるかないかで論争している間に、アメリカは発見自体を横取りしていたのです。

まあ、アメリカを動かしている勢力にとって、日本は自分たちの「シマ」だと思っているから、マスコミやアメリカの学閥を駆使して、小保方さんを断罪した上で、反日マスコミを使って、小保方さんを社会的に葬り、日本人の発明を自分たちがゲットするくらい、当然のことだと思っているのでしょうかね。

名門のハーバード大学ですが、大学の構内で奴隷売買を行っていた過去があります。2016年には、「1700年代の初頭から、マサチューセッツ州で奴隷制度が非合法となった1783年まで、米国の奴隷制度に直接加担していた」と学長が認め、18世紀の悪名高い奴隷所有者の家紋にちなんだデザインの公式紋章を廃止することを発表しました。ハーバード大学は、昔は奴隷売買のメッカ、今は国境破壊主義者(グローバリスト)のメッカと言われています。

しかし、日本に莫大利益をもたらすかもしれない人材を意図して潰したNHKは、国益に反することをわざとやっているとしか思えませんね。まあ、未だにGHQの流れを汲む勢力に操作されていることがわかるのです。小保方氏の事件によって、NHKが単に心情的に左翼の反日メディアというだけでなく、意図的に他国に利益を流す工作機関であると確定できるのです。「NHKの職員に襲われた」というところで、「怪しい」と私たち日本人は気づくべきだったんですね。

NHK捏造事件

小保方さんの上司の方は、「自殺」ということでした。(しかし、自殺という言葉ですけれどね、「自殺に見せかけた他殺」だってあるわけですよ。アメリカのガン研究者や統合療法医師たちが、「暗殺ではないか」と思わずにいられないくらい不審な方法で大量に死亡したこと思い出してください。アメリカでは、自国の医療関係者が2015年から、背中や頭の後ろに銃弾を受けるような(自分で撃てない位置)方法で大量に不審な死に方をしていること。もし、自国の研究者を大量に殺すことをなんともない勢力がいるとしたら、それは、隣国の研究者を殺すことも何とも思わないであろうことがいえます。



馬渕睦夫元大使が世界情勢を見る際に「結果的に誰が得をしたか」がわかると、「誰が何のために、引き起こしたのか」ということと、因果関係がわかる、ということを仰っていました。

得をした人(や勢力)が分かれば、犯人がわかる

という手法です。



ここで問題なのは、私たち日本人の報道に対する見方です。当時、私が日本にいる親戚と話した時、ほぼ全員が「あんな女」という感じで、小保方氏を「嘘つきのバカ女」という感じで痛烈に批判していました。私は、アメリカにいるので日本のテレビは、ユーチューブに上がっている分しか見ることができないので、逆に日本の言論空間に漂う「空気」のような物が全部は伝わってこないため、そういう感情はありませんでした。しかし、NHK記者に襲われた時点で何かキナ臭い物を感じましたが、全貌は見えていませんでした。

この事件のように、やたらとマスコミが次々とスキャンダルをでっち上げるために、日本における最新技術や学問の発展が妨げられている気がします。そして、そういった発明からくる莫大な利益が失われるのです。また、医療や畜産、獣医学などの分野では、人命救助や畜産テロを防ぐこととも繋がっており、国が積極的にサポートするべき分野もあります。それが、バッシングが起きることによって、そこに国が援助できなくなってしまい、研究から生じる利益が将来的に得られなくなってしまうのです。

私たちは、
「ハーバード大学様のいうことだから正しいに違いない」
といって、非常に優秀で大きな国益をもたらすはずだった同胞の日本人を潰してしまったのです。せめて、小保方さんの名誉が回復されて、国内の違う場所で新しい研究に励めるようになることを願わずにいられません。小保方さんは、まだお若いので、これに絶望して海外に頭脳流出してほしくないですね。

過去記事
ワクチン業界とガン利権による暗殺か?フロリダ州医師らの大量不審死
公明党が推した「子宮頸ガンワクチン」という日本人撲滅計画
アメリカの大学が奴隷売買を反省、イエズス会の過去の悪事バレる
ケネディ大使が米ボーイング社に再就職の理由。日本に戦闘機買わせる!
何をすれば世界と日本の役に立つか

騙されていた日本人、日本は資源大国だった

日本の国益を守る
12 /09 2017
近年、日本が実は資源大国であり、「資源がない国」と言われてきたのが嘘であって、思い込まされていたということが表面化してきました。

そもそも、日本は資源入手ルートを封鎖されて、アメリカからの輸入に頼っていたのをストップされたために大東亜戦争に突入せざるをえなかったわけですから、自前資源の確保は本来なら、日本の存続と平和にとって欠かせないことです。




メタンハイドレートや、レアメタルなど豊富な資源が海底に眠っています。




あの国が尖閣諸島を「自分のものだ」と言い始めたのも、埋蔵資源が目当てだということもわかってきています。




これまで、既得権益を手放したくない勢力が眠っている資源を開発しなくていいように、なかったように扱ってきました。そろそろ、政治家も目覚めて国益を考えて行動していかないと、国民の支持がなくなってしまうのではないでしょうか。

バイオテロに弱い日本、獣医学科がもっと必要で国を挙げて増やさなければいけないのに…。

日本の国益を守る
12 /08 2017
家畜や人間へのバイオテロに弱い現在の日本。国を挙げて、獣医学部を増やして、研究を充実させなければならないのに…。スキャンダルをでっちあげて獣医学部を増やす計画を潰しているのが、日本の亡国マスコミです。





愛媛県知事が国会で証言しましたが、とにかく安倍首相を引き摺り下ろすことしか考えていない日本のマスコミは、真実を報道しません…。



参議院議員の青山茂晴氏も、日本の状況を危惧しておられますが…。



北朝鮮の核の脅威だけでなく、日本は他国から人間だけでなく、家畜へのバイオテロを仕掛けられたとしても、対応する技術も遅れているし、対応できる人材育成も遅れているのです。



http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Animal%20Health/Biotero2.htm

sacredokinawa

アメリカ西海岸に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした画像や過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。