天災を防ぎ、環境を浄化する音(CD) を使ってみました(スリム・スパーリング氏)

水、環境浄化テクノロジー
02 /17 2019
先日、環境浄化や電磁波対策、痛みの緩和などに使われているテンサー(テンソル)リング発明者の故・スリム・スパーリング氏の夫人がやっているショップから「環境浄化CD(エンバイロメンタル・クリアリング)」というものを入手してみました。

環境浄化CD

ちなみに「テンサーフィールド(磁場)」という言葉自体は、アメリカの物理学者ジョン・アーチボルト・ホイーラー(John Archibald Wheeler, 1911年7月9日 - 2008年4 月13日)が発見し、作った言葉です。アインシュタインや湯川秀樹博士の同僚の当時で世界トップレベルの学者でした。

ジョン・ホイーラー

テンサーリングを発明したスリム・スパーリング氏の外見は、こんな感じで仙人みたいな人だったようですね。

スリム・スパーリング氏

このCDは、スパーリング氏が作った銅製のテンサーリングを複数、立体的に組み合わせて円球状に作ってコイルを加えた進化型の「ハーモナイザー」という装置に特定の音を流し込んでみたところ、地域で起きていた激しい暴風雨がおさまったときに使われた音なのだそうです。私はアメリカに住んでいますが、「天災が多い」国の日本人としては、

天災を緩和する方法
や天災や人災による環境悪化を浄化する方法


があれば、知りたいと思うし、自分がそれを実践できれば少しでもやってみたいと思うのです。

まあ、台風や暴風雨などの「気象」に関しては、「100%天災である」とも言い切れない世の中になってきていますしね。「中国共産党もフォルクスワーゲン社も気象操作技術の利用を公に認めている」という過去記事でも指摘しましたが、今や外国の政府と外国の企業が公に「人工的な気象コントロール」をしていることを公言しているのです。

フォルクスワーゲン社などは、人工気象操作の装置

をメキシコで「自動運転」していたために訴訟されたのですから!!!

フォルクスワーゲンが気象操作

しばらく前から電磁波対策として私はオルゴナイトを作り始めたところ、これがスモッグやケム雲を浄化したり環境浄化もできることがわかってきました。そして、「テンサー(テンソル)リング」も銅が発生させるピエゾ効果によってオルゴナイトのような働きをすることを知りました。



環境浄化装置オルゴナイトについての過去記事

5G電磁波対策用のデバイスを激安で手作りする方法
大気浄化と電磁波対策と水晶デバイス
カリフォルニアは、森林火事による大気汚染の浄化
地球の自浄作用を高めるオルゴナイトと注意点
黒いヘリコプターと環境浄化
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」
水+石+金属+太陽光+祈り=イヤシロチの創造



青空2

私が自作オルゴナイトを設置した上空では、近隣の地域が濃霧だったり、スモッグがかかっていても、このように晴れたりするのです。しかし、天候を操作している勢力は、次々と対策(?)をしてくるようで、晴れてもまた違う場所からもっと雲を流してきたり、飛行機がケム雲を撒き散らしていったりするので、イタチごっこのような感があります。(アメリカの天候操作は、米軍のレーダー機能や電磁波兵器の使用とも関係しているらしく、大火事が起きた直前は必ず濃霧やスモッグが濃かったりしました。)

銀メッキのハーモナイザー

スパーリング夫人によると、ハーモナイザーが数多く置いてある地域では、なぜか自殺者が少なかったり、他の地域で台風や暴風雨で被害が出ている時でも、被害がほとんど無いと述べていました。スパーリング夫人のところで作っているハーモナイザーには、何重にも金メッキや銀メッキがしてあります。(私自身、オルゴを作っているときに、金や銀の微粒子を入れた途端に、スモッグが晴れる速度が速くなり、広範囲で浄化が行われるのを目の当たりにしたので、金と銀のメッキをすることがハーモナイザーの効果をアップさせていることが理解できます。)そして、こんな感じでハーモナイザーにヘッドホンを当てるわけです。そうすると、ハーモナイザーに環境浄化の音波が伝導し、より広範囲に対して浄化作用が発揮されるというのです。

ハーモナイザーの使い方

スパーリング氏が生前に作っていたテンサーリングやハーモナイザーの作り方というのは、公開情報ですから、そこからインスピレーションを得て、いろいろな方が似たようなものを作っています。etsy.com というサイトでこのようなオルゴナイトとハーモナイザーを組み合わせたものに、電波を流せる装置を作って売っている人もいました。

ハーモナイザーの例

まあ、正直なところ、私は趣味でやっているのと、電磁波攻撃も自作オルゴで何とかかわせているので、スパーリング夫人のところで出している金メッキや銀メッキのハーモナイザーは500ドル(5万円)くらいから1万ドルくらいすることもあり、今のところは小さいリングやメッキがしていないものしか買うことは考えてません。上のオルゴとハーモナイザーを合わせた装置は、150ドルくらいで売っていたと思います。

しかし、もうちょっとお手軽に安価で環境浄化ができるようにいろいろ工夫しているところです。単価が一万円以上する浄化デバイスを一個買って安心していると、天候や電磁波を支配している連中は、さらに汚染をエスカレートさせてくるので、出来れば一つがあまり高価なものに依存したくないのです。

オルゴの環境浄化のパワーは水で増幅されて、オルゴを水(できれば動いている)に入れるとより強く浄化作用が得られることを書きましたが、音も水中のほうが伝わる速度が何倍も早いのです。

ですから、バケツに水を入れて大きめの浄化作用が強い鉱物を入れたオルゴをたくさん入れて、天然塩を入れたものに防水用のイヤホンを突っ込んで、バケツの水に「環境浄化CD」を流し込みました。これ、効くようです。すぐに上空の雲が晴れたりしました。水に環境浄化の音波を教え込んでいる感じ。

そこに配管に使う銅のパイプを何本か突っ込むと、より広範囲の空が浄化されます。それまで自分の近所数軒隣しかリーチしていなかったのが、町全体に効果が波及します。もちろん、パイプが向いている先の空が真っ先に浄化されるのが分かります。

それから、テンサーリングをオルゴの中に入れ込んでみたり、効果をアップさせる磁石やポイント水晶なども、適宜、使っています。環境浄化作用や電磁波防御の作用についてですが、何か装置を一個買って(作って)すべてが解決する、というものではないことがよくわかってきました。単価が一万円以上する浄化デバイスを一個買って安心していると、天候や電磁波を支配している連中は、さらに汚染をエスカレートさせてくるので、出来れば一つがあまり高価なものに依存したくないのです。

化粧品なども同じものを使い続けているとだんだん効かなくなってしまうことがありますが、その法則に似ている気がします。浄化アイテムや電磁波ブロックアイテムは、常に動かしたり、変化させることで作用を継続させることができるようです。オルゴを入れたバケツの水にちょろちょろ常に水を流しておくと、動きが生じるので、それが水+オルゴの効果を継続させてくれるようです。家の中にあるオルゴもこまめに場所や形を変えたほうがいい働きをしてくれます。

オルゴを入れたバケツの水にちょろちょろ常に水を流しておくと、動きが生じるので、それが水+オルゴの効果を継続させてくれるようです。家の中にあるオルゴもこまめに場所や形を変えたほうがいい働きをしてくれます。

また、オルゴの型もいつも同じ型を使って作っていると、その型のものが効かないようになってしまうことがあるので(理由は分かりませんが、何か特定の形のものを無効化する電磁波でもあるのか?)、貝殻とか一定でないカタチの自然物を容器に使ったりしています。

それから、自分が浄化に使っている水やオルゴ内の水晶、金属だけが孤立無援状態で浄化をしていると思うと効果を広範囲に広げられません。自分の家のオルゴン水が、近くの川の水や大気中の水分にも浄化方法を伝達しているイメージ。建物や道路も水晶や金属が含まれているので、オルゴナイトに入っている水晶から、そこいら中にある水晶にも浄化方法が伝わるイメージで。私たちが作っている環境浄化オルゴナイトは、いわばリーダーであり、スピーカーの役割なので、自分が働くだけでなく、周囲にもやり方をおしえる先生になってもらうしかないのです。

オルゴの例(黒)
(水や大気など環境浄化用のオルゴナイトの例。環境浄化力のある鉱物などを入れると、どうしても黒っぽくなってしまいます。)

天候や電磁波を操作している勢力は、手動の部分もちょっとはあるかもしれませんが、人工知能や衛星と連動した機械がやっている可能性が強いので、こちらは機械というか人工知能に予測ができないやり方をすることが大事になってきます。できるだけハンドメイドで予測できないカタチや場所、使い方、頻度などで環境浄化アイテムを使いまわしていく工夫をしています。だって、人間だからさw それから、「女心と秋の空」というけど、「女の気まぐれ」とかも人工知能には予測不能な部分があるだろうから、そういうものも総動員していこうと思ってます。めっちゃ可愛いけど、実は環境浄化&電磁波防止アイテムだったとかね(笑)。

テンサー(テンソル)・リングによる環境浄化、電磁波対策、痛みの除去について

水、環境浄化テクノロジー
02 /01 2019
先日、水を最高に綺麗に保つ器の形についてご紹介しましたが、環境浄化作用のある鉱物を入れ込んだオルゴナイト (浄化装置)以外にも、様々な新しいテクノロジーが存在することを知りました。まあ、色々と芋づる式に出てくるのですよ。今日ご紹介するのは、テンサー(テンソール、テンソル)リングというものです。実は、私も数ヶ月前に初めて聞きました。

ちなみに「テンサーフィールド(磁場)」という言葉自体は、アメリカの物理学者ジョン・アーチボルト・ホイーラー(John Archibald Wheeler, 1911年7月9日 - 2008年4 月13日)が発見し、作った言葉です。アインシュタインや湯川秀樹博士の同僚の当時で世界トップレベルの学者でした。

ジョン・ホイーラー

テンサーリング

とは、一体何なのか。簡単に言うと、特定の長さを持つ銅線を捻ってひとつの輪に繋げたものです。まったく変哲も無いと言うか、見てもあまりピンとくるものではないかもしれません。

スリム・スパーリング氏

すごいパワーがあるかもしれないとか思わないでしょう。見かけが地味なだけに。しかし、これを電磁波被害に遭っている人などは、家のスマートメーターの周りに取り付けて、電磁波による悪影響や体の不調を緩和できたと言う人がいるのです。

テンサーリングとスマートメーター

こんな感じで。この「輪っか」は、形としては「茅の輪」に似ています。テンサーリングというのは、1990年代にスリム・スパーリング氏とビル・リード氏が発明したものです。一本の銅線があるところには、必ずプラスの極とマイナスの極が発生して、エネルギーが一定の方向性を持って流れるのですが、この銅線をつなげて輪っかにした時に、プラスとマイナスの極が消えて、輪自体が光の柱のようになって(電気ではない天然の)エネルギーを放出することを発見したのです。そして、この銅線の長さをピラミッドが建設された際に使われた昔の単位を使って輪っかを作ってみたところ、この輪っかが水を綺麗にしたり、体の痛みを緩和したり、環境浄化にまで作用することが分かっていったのです。



スパーリング氏は、故人ですが、ビデオが残っていますし、著書があるので参考になる文献があります。



先日ご紹介した女性学者、MJパングマンさんの説明が一番わかりやすかったので、英語ですがビデオを貼り付けておきます。この方は水の専門家なので、テンサーリングが水に与える影響を説明しています。

ちなみに、銅線の長さはパイプオルガンの長さによって音色が変わるのと同じような要領で、特定の長さは、特定の周波数(波長)を持っているそうです。ピラミッド建設の際に使われたキュービッド(キュビト)という単位が使われています。

144 MHZ キュビト=ピラミッドで使用された単位。スパーリング氏が発見した。この長さで作ったテンサーリングは身体に影響すると言われています。
52.4 センチ

177 MHZ キュビト=「失われたキュビト」とも呼ばれています。スリム・スパーリング氏らが発見。この長さのテンサーリングは、感情や精神に影響を及ぼすと言われています。
59.67 センチ

188 MHZ キュビト=脳の松果体に影響を与えます。「力を与えるキュビト」とも呼ばれています。
73.3 センチ

こんな感じで、いくつか特定の長さの単位があって、その長さを基本にテンサーリングを作ると違った効果を発揮してくれるらしいです。なぜ、特定の長さに特定の働きをするのか、という点についてですが、ざっくり言うとこの数値は地球や太陽の大きさや円周率と対応しているようです。つまり、太陽や地球の大きさと割合的には同じにして小さな何かを作ると、それは地球や太陽と同じ周波数を持ったものとなる、というような原理のようです。

ものの大きさや単位と周波数についてですが、インチを使うアメリカとセンチを使う日本では、いろいろなことが違ってきます。「5G電磁波対策用を格安で作る方法」でも書きましたが、日本とアメリカでは電気の周波数が違うのですが、日本とアメリカではオルゴナイトの効き方が違うのを実感しました。(日本の方が小さくてパワーがそんなにないものでも、スモッグを綺麗にしてくれたり効果が強く現れる気がしました。)

tensor water

これは、溶接ができる人なら、結構簡単に作れるかと思います。ユーチューブにも作り方のビデオが結構あります。言葉が英語やスペイン語だったとしても、見て大体は作り方がわかるかと思います。(私自身はちょっと無理なので、買いましたがw 手先が器用な男性などは、自分で作れるんじゃないかと思いますよ。)長さと周波数に関する詳細は、こちらにあります。

https://sacredmeasures.com
https://sacredmeasures.com/measurements.html

そして、スパーリング氏の発見に触発されて、世界中で色々な人がテンサーリングを作っているので、こちらでtensor ring と入れて、検索すれば色々なものが出てきます。値段的にもそんなに高いものではないです。五百円玉サイズのもので15ドルくらいで、スマートメーターサイズのもので、30ドルくらいです。
https://www.etsy.com

こちらは、割と専門的に作っているアメリカの会社です。良く出来ています。基本的に日本の銅線をねじって作っています。ただし、個人で趣味で作ってetsyで売っているものよりも、少し割高になっています。それから、この方がテンサーリングを使ってやっているメルカバ瞑想などが私は好きになれないので、一回は買ってみましたが、次からは買わないと思います。(メルカバという立体に閉じ込められるイメージの瞑想な気がして自由が好きな私には、合わないです)
https://twistedsage.com

それから、スパーリング夫人がやっているテンサーリングのショップです。こちらは、金や銀のメッキがしてあり、少し高級です。スパーリング氏は生前に出演したビデオの中で、銅線一本を捻って作る場合は、必ず時計巻きにして作ることを強調しており、

一本の銅線を反時計巻きにしたものは「絶対に作らない」

と述べていました。(*おそらく逆効果になるため、かえって危険)夫人がやっているショップのテンサーリングは一本の銅線を時計回りにねじったものに見えます。

https://www.lightlifetechnology.com

テンサーリングを携帯の裏に貼って、電磁波対策をしたり、テンサーリングをオルゴナイトの中に入れ込んだりして使っている人もいるようです。体の痛みの緩和などにも応用している人もいるようです。(人が作ったものを買う場合は、一本の銅線を反時計回りに巻いて作ったものだと破壊的な影響力を持つ可能性が高いので、注意が必要です。)

まだ、私自身は使い込んでみたわけではないのですが、ちょっと使ってみて、いい感じを覚えます。身体が痛い人などは、効果が一発で分かるのかもしれませんが、特に困ったことのない身としては、はっきりと身体への効果がまだわかりませんが。環境浄化にも力を発揮するようなので、もう少し応用方法をいろいろと模索してみようと思います。

銀メッキのハーモナイザー

スパーリング氏は、環境浄化用のCDもご存命中に出していて、その音をテンサーリングのデラックス版(もう少し大きくて輪を何重にも重ねたものでハーモナイザーと呼ばれる)に流し込むと、それがスピーカーのように作用して、環境浄化力が拡散されるため、近所のスモッグが晴れたり、台風やハリケーンの暴走がおさまる、というような現象が起きているそうです。(これについては、私自身、これから実験していきたいと思ってます。)

環境浄化CD

関連記事
水を最高にきれいに保つ器の形とは?
5G電磁波対策用のデバイスを激安で手作り
地球の自浄作用を高めるオルゴナイト

水を最高にきれいに保つ器の形とは?

水、環境浄化テクノロジー
01 /28 2019
最近、電磁波対策のために作ってみたデバイス「オルゴナイト 」が水やスモッグを浄化するのを目の当たりにして、水の浄化についてあれこれと自宅で実験&体験していました。そこで知ったことや体験したことを、ちょっとずつ書いておきたいと思います。

私たちが住んでいる地球をきれいに保つためには、水や大気汚染をきれいにすることが大切だと思うのですが、「では実際に水はどうやったら浄化されるのか」ということを具体的な形や発明、道具、鉱石なども紹介しながら研究しているアメリカ人の科学者の女性二人が「ダンシング・ウィズ・ウォーター(水と共に舞う)」という本を書いていることを知りました。

こちらに英語ですが、ウェブサイトもあります。
https://www.dancingwithwater.com

水を綺麗にするニューテクノロジーは、様々あるのですが、まず水を浄化された状態で保存する方法について、述べたいと思います。過去に水を研究した世界でトップレベルの科学者の研究から、この女性科学者たちが割り出した最も理想的な形というのが、こんな形だったのです。



卵型です。

水を入れる容器

これは、ラミナー水晶というマイカなどを豊富に含んだ鉱石のパウダーを入れ込んで焼いた陶器の入れ物です。この方は、「水のゆりかご(ウォーター・クレードル)」と呼んでおられます。何か、ロマンがありますね。試しにこの容器を買って水を入れてみたのですが、日本人である私はあることに気づきました。

徳利の例

これは、徳利(とっくり)じゃないすか!

つまり、西洋の科学者が「水をキープするベストな器はコレ」という風に出した結論は、私たち日本人が大昔から普通にやっていたことだったんですよ。他の民族でも、水がめはこのような卵型をしていることが多いかもしれません。

アメリカは、西洋人がネイティブ・アメリカンを征服して出来た国ですから、アメリカでは徳利型の陶器のボトルはお店では売っていません。しかし、日本はデパートに行けば、酒用の徳利が売っているのです。これは、すごいことですよ。(安い陶器は、土が外国から持ってきたものだったり、有害物質が入っているので、危険なので注意が必要ですが)

この卵型の器ですけれどね、私は下に浄化作用のある鉱石を入れ込んだ自作オルゴナイト を敷いている相乗効果もあるかもしれませんが、12時間くらい経つと水がほんのり甘くなるのです。もちろん、砂糖とか入れてないのに!!とてもふんわりした優しいお水になるのです。

日本の酒呑みは、大昔から知っていて当然のこととして実行していたのでしょうね。酒(水)を美味くする方法とカタチを。私は、次に日本に帰省する時には必ず徳利を買ってきます。今から楽しみですよw

やっぱり、日本の伝統文化は凄い。
特に浄化力と旨味みUP力が!!



関連記事
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」とは?
感謝しながら生きる日本人

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。