「必須ワクチン接種」の前に自宅でできるデトックス対策

デトックス
12 /08 2017
大人になると、どうしてもワクチンを打たなければならないという状況は少ないですが、子供の場合は特定のワクチン接種が必須となっているため、避けられません。

ワクチンには、水銀を含むチメロサルという保存料の他にも、様々な添加物が入っています。どうしてもワクチン接種を受けなければならない場合、自衛策として数週間前から自宅でデトックス対策をすることができます。以下は、アメリカでワクチンを含む食品やサプリなどに含まれる毒物などを検出するアメリカ政府認定の独立研究機関「CWC研究所」の所長である、マイク・アダムズ氏が提唱しているワクチン摂取前のデトックス対策です。(チキンマックナゲットを顕微鏡で見ると、不気味なナノテクノロジーがという記事でもご紹介しました)

マイク・アダムズ


亜鉛を取る(体内で亜鉛が不足していると、体が水銀を吸収しやすい)
有機食品を食べるようにする
ミネラルのサプリを摂取(鉛が入っているものが多いので、品質に注意)
硫黄を含む食品を食べる(卵黄、ニンニク、MSMのサプリなど)
ウコン(炎症を抑える働きがある。子宮頚がんワクチンなどに含まれるアジュバントには炎症を起こす働きがある)
ビタミンCを多く摂取
ビタミンDを摂取
揚げ物を避ける
焦げた食品を避ける(バーベキュー、焼き魚など)
痛み止めの服用を避ける(肝臓に負担がかかるため)
水分を十分に取る




アダムズ氏によると、ほとんどの人は、健康的な生活をしていれば、ワクチンに含まれている毒素を自力で体外に排出することができるため、副作用が起きないのだそうです。しかし、すでに鉛やフッ素などで汚染された水を日常的に飲んでいたり、肝臓が弱くなっていたりする場合は、水銀などの毒素を体外に排出する力が弱まっているため、新しく導入された毒素が排出できずに体内に残留し、害を及ぼすということです。

過去記事
朝日と夕日を見るだけの「お天道さま健康法」で心身を進化させる
ネガティブ思考を変える「ひまし油湿布」によるデトックス
電磁波ハラスメント、うつ病にも効果的とされる磁気療法についての考察
チキンマックナゲットを顕微鏡で見ると、不気味なナノテクノロジーが
スポンサーサイト

ネガティブ思考を変える「ひまし油湿布」によるデトックス

デトックス
12 /07 2017
「な〜んか、めんどくさい」とか「理由もないのにいつも疲れてる」、「漠然とした不安を感じる」、「なんか希望が持てない」というような場合、ほとんどの場合は、体に乳酸などの疲労物質が溜まっていたり、必要以上のアドレナリンが溜まっていたりすることが多いです。

つまり、私たちが何となくネガティブ思考に陥っているのには、

体内にネガティブ思考にさせる物質が存在する

ことと大きく関係しているのです。

まあ、現代社会では、このブログで書いているようなグローバリズム勢力の問題だとか、北朝鮮の核の問題やら、いろいろと心が暗くなるようなことはありますが、そこで私たちが落ち込んだり、ネガティブになっているだけでは、何も良くならないし、いい対策も浮かびません。

普通の食生活をしているだけで、私たちはお肉を食べています。お肉には、動物が殺される時に不安や痛みを感じることで分泌されるコルチゾールやアドレナリンなどのストレス物質が含まれています。(成長促進剤や病気防止のための抗生物質、飼料に含まれる農薬なども含まれます)

そういう余分な物質が私たちの体内に入ってきて、肝臓などの臓器がフィルターの役割をしてくれていますが、現代社会に生きる私たちの肝臓はかなりオーバーワーク気味なのです。





以前、私は「ひまし油湿布が体にいい」と聞いて、試したことがあるのですが、いろいろなデトックス方法の中でも、知らずに溜まっている疲労やストレスなどを解消するのに一番効果がありました。

「ひまし油湿布」というのは、エドガー・ケーシーが提唱した温熱パック療法で、リシノール酸が大量に含まれているひまし油(蓖麻子油、キャスターオイル)を、肝臓のあたり(お腹の右側)にたっぷり塗って、その上にタオルを置いて、30分から一時間程度温めるというものです。何かを飲んだりするわけではないので、医療行為ではないので、セルフケアの一環として気軽に試せるのが非常に心強いです。

ひまし油


これをすると、肝臓などの臓器の働きが活発になり、体内に溜まっている「ネガティブ感情を引き起こす物質」そのものが体の外に排出されるので、気持ち的にすっきりして大きな変化が起きるのです。泣いたあとにスッキリするのは、涙でストレス物質を体外に排出しているからだと言いますが、それをもっと強力にしたような感じです(笑)。





ひまし油湿布は、やり方を守ってやってくださいね。それから、お水をたくさん飲んで、トイレを我慢しないことを忘れずに。トイレを我慢してしまうと、せっかく排出しようとしているストレス物質をもう一度、体が吸収してしまい、どっと疲れたような気がしますので。ここがポイントですよ! しかし、正しく行えば、これは「すごい! こんなに体(と心)が軽いのは子どもの時以来だったか?」というくらいスッキリします。

ちなみに、私自身はこれは毎日するものでもないので、電気のヒーティングパッドなどは買いませんでした。(持病などがある方の場合は、そういったものを買って毎日やる人もいるようですが)電子レンジでチンできるジェルタイプの温熱パックを使えば、そんなにお金もかかりません。

過去記事
朝日と夕日を見るだけの「お天道さま健康法」で心身を進化させる
体の帯電、静電気を取る「葉っぱ療法」と体の極性について
電磁波ハラスメント、うつ病に効果的とされる磁気療法について
自分の潜在力を最大限に生かす「最強になる脳の使い方」とは?

美魔女もやっている! 血液クレンジング、オゾン療法について

デトックス
12 /06 2017
私が今、かなり注目しているデトックス法があります。それは、自分の血液をオゾンで清浄してから、元に戻すという血液のクレンジングである「オゾン療法」です。この方法は、君島十和子さんがブログで「やっている」と書いているのを知って「なるほど!」と思ったのです。



私は、前々から君島十和子さんの若さと美貌は、整形や化粧だけではない「何か」があると思っていました。まあ、女の勘みたいなものね(笑)。そして、ご本人が病院で定期的に血液のオゾン洗浄をされていると聞いて、納得がいきました。以前、私は自分の血液の中のぐったりした白血球を電子顕微鏡で見てしまってから、自分が「とりあえず未病」なだけで成人病予備軍のようなものだということに気づいて、健康増進のために、さまざまデトックスに取り組むようになったことを書きました。

血液をきれいにしておくことは、健康維持にも美容にも良いわけです。もちろん、玄米食などで血液をアルカリ性に持っていけば、ほとんどの病気は撃退できるわけなのですが、そこまで行くには徹底的に食生活を変えなければならないですし、多少の時間がかかります。

オゾンによる血液洗浄は私自身は試していませんが、知り合いで受けた方がいて、リュウマチのような手の痺れが改善された、とおっしゃっていました。



今のところ、私はオゾンをオリーブオイルに溶かしたものが美容クリームとして売っているので、それを使っています。日本で売っているオゾンクリームは、ちょっと高すぎるような気がするのと、オイルによってオゾンが高濃度に注入できないものもあるので気をつけてくださいね。オゾンを入れたオリーブオイルは、肌に塗るとちょっとヒリヒリしますが、気のせいかもしれませんが肌にハリが出るような気がするので、私はたまに使っています。

イオン・フットバスによるデトックスについて

デトックス
12 /06 2017
チキンマックナゲットに入っている不気味なナノテクノロジーモーゲロン病(むずむず病)ワクチン汚染の問題、ケムトレイルなど、現代社会では様々な汚染物質が食品添加物や調味料や空気中や予防注射などから私たちの体に入り込んでいます。私たち現代人の体は、何も悪いことをしていないつもりでも汚れてしまい、知らないうちに意識が曇り、騙されやすい体質になってしまっています。 

私たちが健康的で人間らしい生活を守り、深いところで進行している人間のロボット化を阻止し、平和を守るためにも健康増進とデトックスがこれから私たちが生き残るために必須になってきます。そこで、食べ物によるデトックスひまし油湿布やオイルプリング、「美魔女もやっている血液クレンジング、オゾン療法」など様々なデトックス法をご紹介してきましたが、もう一つ簡単で実に効果的なデトックス方法をご紹介したいと思います。

イオン・フットバスによるデトックスについてです。これは、水にマイナスの電極を流して、体内でプラスに帯電している老廃物を足の裏から吸い出すという方法です。これはですね、人によって出てくるものが違うのです。色も形状も違います。まれに、寄生虫などが足の裏から出てくる人もいるようです。



これは、一般論ですが、日本人はご飯がメインの比較的軽い食生活をしている人が多いので、出てくる老廃物はうす茶色の人が多いと思います。つまり、割ときれいな人が多いようですよ。私も、これをアメリカでやりましたから、他のアメリカ人と比べられて「あら、きれいだわね」と言われました(笑)。それなりに毒素は出ていたのですけれど。

アメリカ人の方たちが実践したビデオを見ると、日本人の私たちはいかに体がキレイか分かりますよ。大量のハンバーガーとフライドポテトを40年とか食べ続けるわけですから、血液はドロドロなんでしょうね。肥満気味の中年の方が試した映像などを見ると、足湯がタール状の泥沼と化している場合がよくあるようです。

足から出る物質は、人によってどこの臓器にどの毒素が溜まっているか違うため、色も違うし、形態も違うのです。私自身は、最初はリンパ液の汚れが一気に排出されたようで、泡がたくさん出ました。その後、自分の唾液が前よりもサラサラになった実感があり、軽い鼻炎のようなものが解消されて鼻水があまり出なくなりました。それから、水銀などの重金属が溜まっている場合は、黒いススのようなものが出ると言われていますが、私もこれが出てくるのが見えました。一回ではすべての毒素を出し切れないので、何回かにわたってやると効果的なようです。

日本人の知り合いで、とても美人で素敵な方がいたのですが、私が「イオン・フットバスは良かった!」と言ったら、その方も試しにいったそうなのです。その方は、受けている最中にずっとテレビを見ていたそうなのですが、30分後に足元を見たら、そこが泥沼になっていて非常にショックを受けていました。よくよく聞いてみると、実は重い持病があるとのことでした。

私がフットバスをしたサロンで担当者のうちの一人だったアメリカ人が「うちの家族がガンで、ずっとフットバスをしてたんだけど、真っ黒なタールみたいなものが数ヶ月は出てたよ」と言っていました。

このイオン・フットバスについてですが、体内のミネラル分が大量に体外に排出されると言われているので、カルシウムやマグネシウムなど、良質なミネラルを補うことが大切なようです。カルシウムは、牡蠣の殻や卵の殻など体が消化できないものは逆効果ですので、必ず海藻や大根など植物から抽出した消化の良いタイプを選んでくださいね。

たまに思ったほど老廃物が出ずに「騙された!」と思う方々がいらっしゃるかもしれませんが、機材にいろいろあるのかもしれませんので全てのマシンが効果的かどうかは分かりませんが、普通に機能しているタイプのものを使えば、出てくるものに個人差があるのが一目瞭然なのです。ちょっと茶色い水しか出なくて「何も出ないじゃないか!」とがっかりした人は、おそらく「そんなに毒素が溜まっていない方」なのだと思います。

アメリカではイオン・フットバスは、機材を置いているサロンに行けば1回で20ドルとか30ドルとかでできますが、日本の方が足裏マッサージのサロンなどのメニューが充実しているので、もっと安いのではないかと思いますよ。

この方法は、見た目はグロいデトックス方法でときにショックを受けることはありますが、その分、体からグロいものがするりと出ていく素晴らしい方法だと思います。

電磁波ハラスメントとモーゲロン病(むずむず病)の徹底対策について

デトックス
12 /06 2017
先日、モーゲロン(モージェロン)病(むずむず病)についてと、世界の富裕層は日本の伝統食である玄米食を実践して、これを予防していることを書きました。

稲穂


モーゲロン病とナノテクノロジーのひとつであるモーゲロン繊維については、体内でカビのような広がり方をするのですが、知れば知るほど不気味で厄介そうな内容なので、私はまずは徹底的な対策を述べている方々の意見を先に公開してから、病気の詳細について書いていこうと思っています。

私たちが怖くなって思考停止したり、マルバツ思考に陥って解決法を考えるのを忘れたり、文句や怒りだけでいっぱいいっぱいで対策を実行に移す余裕がなくなってしまったり、絶望してしまうのが、一番危険なのではないかと思うからです。

基本的には、先日書いた玄米食などで体をアルカリ性にして、病気が広がらない健全な体質にすることなのですが、食べ物だけではそこまで行くのに半年とか一年とか時間がかかるかもしれませんので、以下のような徹底した方法を数ヶ月実践して快癒(または予防)できたという体験談は参考になるかと思います。



このビデオは、アメリカ人の男性の体験談です。この方は、モーゲロン繊維を吸い込んで、いわゆる「電磁波ハラスメント(電磁波過敏症)」のような状態を経験していたのですが、徹底的な体のデトックスによって、現在はまったく影響を受けていないと語っています。

この方は、「人間を電磁波で操ったり、影響を与えたりするのにマイクロチップの埋め込みは必要なく、私たちの体内にナノテクノロジー(スマートダスト)と電極として作用する金属(注:チタン、マンガン、バリウムなど)が二種類以上すでに存在する。自分がデトックスして、有害電波や影響をキャッチしない体にするだけ。自分はハラスメントがあるとは思っていない」と述べています。

以下は、この方が語っている内容のまとめです。(カッコ内は、私が付け足した注意書きです)

1)硫酸マグネシウム(エプソムソルト)
できるだけお風呂を熱くして、4、5カップ入れて、毎日入ってください。マグネシウムは、バリウム中毒に使われます。(注:ケムトレイルには、高濃度のバリウムが含まれている場合があります)これによって、重金属を皮膚からデトックスします。一、二週間続けると、皮膚が剥けてくることがあります。これは、バイオフィルム(菌の皮膜)が皮膚からはがれてきているということです。

2)ホウ砂(ボラックス)
ホウ砂は、カビを殺すので、これを溶かした水をスプレーする人もいます。合成洗剤をやめて、ホウ砂を洗剤の代わりに使ってください。そして、洗濯物は外に干さないで、必ず乾燥機を使ってください。それから、ホウ砂はボロンというサプリがありますから、少量をサプリとして飲んでいる人もいます。イメージ的に怖がる人もいますが、私はかなり大量に飲みましたが、食塩より毒性は低いのでこの通り大丈夫です。また、これは体から、フッ素を抜いてくれます。

3)ベントナイト泥(モンモリナイト)*サプリ用のが売っています
これを飲んでください。重金属などをキャッチして、体外に排出してくれます。これを飲んで、下痢をする人もいるし、吐く人もいるかもしれません。

4)石灰硫黄合剤をお風呂に入れる
これは、真菌対策です。(注:アメリカでは、主にペットの防虫に使われます。日本では、家庭で温泉気分が味わえると使う方もいらっしゃるようですが、風呂釜を傷めるかもしれないので注意が必要です。強いアルカリです。)

5)カリウム
6)マグネシウム
7)オレガノオイル(注:強いので、必ずオリーブオイルなどで薄めてカプセルに入れて摂ったほうがいいです。原液はヒリヒリするほど強力ですので。)
8)ガーリック
9)ヨウ素
10)砂糖を断つ
白砂糖をとると、悪化するので白砂糖は一切取らないようにしてください。



この方によると、モーゲロン病患者の全員が電磁波ハラスメントに遭っているわけではないが、電磁波の問題を経験している人の全員にモーゲロン繊維が見られる、と言っています。そして、ある人が病院に行ったところ、良心的な医師の方が(「妄想だ!」などと言わずに、きちんと対応してくれた)皮膚のサンプルを検査したところ、カビ(真菌類)と未知の黒いドロドロの液体が見られた、と述べていました。

ちなみに、私自身は健康増進のために、以上のデトックス方法のうち、「ホウ砂」以外は全て試したことがあります。どれも一回で効果が出るわけではないので、根気強く継続することが大切だと思います。また、デトックスをすることは、結構、気力と体力を消耗したりして、グッタリする場合もあるので、ある程度の覚悟は必要です。睡眠を十分取って、水分を補給をしっかりしながらやってください。

また、酸性になってしまっている体に強力なアルカリを急に導入すると、吐いたり下痢をすることもあるので、まずは週末などに試してみると良いのではないかと思います。また、一番最初は量を控えめにしてだんだんと増やしていくと、身体に負担が少ないです。


パッションフラワー


それから、市販のサプリメントには、体にいいと思って飲んでも「酸化チタン」や「マンガン」など、電磁波に反応するミネラルが添加物として入っている場合があります。小学校の理科で電池の中身は「二酸化マンガン」と習いましたよね。デトックスや健康増進しているつもりでも、逆に自分の体を重金属で汚染して、

電磁波に反応しやすい体にしてしまっている

場合がありますので、ラベルをよく読んでくださいね。

私も、体にいいサプリを飲んでいると思っていたら、「酸化チタン」が添加されていて、後で気づいて捨てましたよ。それから、私の親類で「鉄分」が入った薬を飲んでいたときは、よく「耳鳴りがする」と言っていましたが、飲まなくなってから症状がなくなった人がいます。

以前にも少し書きましたが、カルシウムなどのミネラルは天然起源であっても、貝の殻やたまごの殻から作られたものは、消化吸収が悪く逆効果なので、海藻や砂糖大根などが原料の植物ベースの吸収のいいカルシウムを探して下さい。

「電磁波ハラスメント(電磁波過敏症)」についてですが、私自身はまだこの件について詳しくは調べていないのでよく分かりません。

先日、「音楽兵器」のようなテクノロジーを体感し、電磁波を吸い取る石(シュンガイト)を使って乗り切ったことを書きました。その中で、以前、こちら(アメリカ)の射撃場で銃を撃ったときに、歯の金属の詰め物が反応して痛くなったことを述べましたが、電磁波や音波というものは体内にある重金属と反応することは推測できます。

上記のデトックス方法は、体をアルカリ性にして菌の繁殖を抑えるとともに、体内にすでに入ってしまって電極のような働きをしている重金属を体外排出して、電磁波に反応しにくいタイプの良質のミネラルに体内で置き換えているから、効果がでているのではないかと思われます。

最近は周囲にいる人や近所の人が立て続けに深刻な事故に遭ったりしているので、もしかすると私も自宅付近がターゲットにされているのかもしれません。しかし、私はデトックスを長年心がけてきて趣味なので…。反応するものが体内に少ないせいか、あまり感じませんね…。「性善説」と「ありがとうの言霊」と「真心」パワーのおかげかな? 日本人万歳!(👈なんとなく言ってみたw)

過去記事
電磁波ハラスメント、うつ病に効果的とされる磁気療法についての考察
チキンマックナゲットを顕微鏡で見ると、不気味なナノテクノロジーが
NASAの内部書類が記述した新しい戦争の武器はスマートダスト、音楽など
世界の富裕層は自分たちだけモーゲロン病(むずむず病)をあれで予防していた

sacredokinawa

アメリカ西海岸に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした画像や過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。