ハ○トラで反日か?ドイツ元首相、捏造慰安婦が縁で27才年下の韓国人通訳と結婚へ

反日ウォッチ
04 /30 2018
昨日、韓国のメディア「中央日報」の日本語版の記事を読んでいて、「なるほど、そういうことだったのか」と納得しました。昨年、ドイツに慰安婦像を建てるかどうかで大問題になったのを覚えていますでしょうか。なぜ、ドイツにそこまで、反日活動が盛んになってしまったのか。一体、何がというか、誰がそうさせていたのか、私は疑問に思っていたのですよね。

サンフランシスコは、中華系と韓国系の現地人が多いので、彼らの母国の国策(?)ともいえる「被害者ビジネス」の捏造慰安婦像建設は頷けます(しかし、現地の大半のアメリカ人は姉妹都市や像のことなど知らない人とどうでもいい人が大半なのは「完全に狂ってるサンフランシスコ市との姉妹都市解消は正解、住民も見殺しにする市ですから」という過去記事に書きましたが...

ドイツの反日の裏に、韓国女アリ

ってことが以下の記事を読んで分かりました。

ドイツ前首相のハニトラ感全開な結婚

シュレーダー元独首相パートーナーの韓国人前夫が1億ウォン求める訴訟「婚姻破綻に責任」
(2018年04月30日 中央日報)
http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=240992&servcode=400§code=400

この韓国人女性は、48才でw韓国政府の「通訳官」であり、政府のお役人だということです。そして、シュレーダー氏の著書の韓国語への翻訳をこの女性が担当し、シュレーダー氏が訪韓した際に通訳を務めたわけです。そして、韓国としては、極めて当たり前の流れとして「ナヌムの家」へ連れて行き、反日プロパガンダをやって刷り込みを行なったというわけです。シュレーダー氏は、現在74才です。

平たい言葉で言うと、ダブル不倫というやつです。お二人が出会ったとき、シュレーダー氏は4番目の奥さんと結婚していたわけです。そして、この通訳の女性も夫と子供がいたということです。

なんか、きむち悪くなってきた…。

今年の初めに年内に結婚する、というニュースが流れましたが、まだ結婚のニュースは出ていないようなので、婚約しているだけということのようです。韓国のメディアでは、中央日報の日本語版が「シュレーダー前独首相「慰安婦被害者、ノーベル平和賞を受ける資格が十分」などと報じていました(笑)。
http://japanese.joins.com/article/329/233329.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|article|related

しかし、この方、人相がアレですね。日本人だったら小沢レベルでしょうか。リビアからの違法献金で逮捕されたフランスのサルコジ元大統領や前のローマ法皇、ホワイトハウスから映画業界に天下りしたジャック・ヴァレンテにも通じる不気味さです。

プーチンとシュレーダー

プーチンと並んでも、なおプーチンの方がいい人に見えるほどの人相ですね。まあ、顔はどうでもいいですが。この方の経歴を見ると、韓国がドイツの国家破壊勢力を味方に引き入れて色々と工作するために、この女性をエサにした感が否めません。

シュレーダーは、ドイツの第7代連邦首相(1998年〜2005年)でドイツ社会民主党 (SPD) の党首(1999年〜2004年)も務めています。2006年3月には、ロシア国営天然ガス会社ガスプロムの子会社「ノルド・ストリームAG」の役員に就任しました。ドイツ国内では、ロシアとの癒着が疑われ批判されていました。そのほかには、プーチンへの助言役を務めたり、スイスにあるロスチャイルド投資銀行のヨーロッパ支部相談役、2007年5月には中華人民共和国外務省顧問に任命されています。

プーチンを動かし
ロス茶の手先でもあり
中国とも懇意



…って、敵ながら最強じゃないですか(爆)。この男を凋落しようと目を付けて女を近づけるあたり、韓国政府の中にはなかなか鋭い人がいるのですね。

プーチンはソ連時代は秘密警察のKGB幹部でしたから、拷問やハニトラやあらゆる諜報活動の知識と実践を心得ているはずです。そんなプーチンがシュレーダーの助言を仰いでいたということは、シュレーダーの方がプーチンよりもさらに狡猾な部分がある、という意味ではないでしょうか。

シュレーダーは、社会主義者(マルクス主義者)ですが、社会主義者が絡んでいる場合、常に彼らがマルクスの教えを実践していることを忘れてはいけないと思います。


「目的のためには手段を選ばない」

The end justifies the means. (目的は、手法を正当化する、目的のためならなんでもやる、という意味)

カール・マルクスの言葉



しかし、この一連の動きからも、これからも

韓国は被害者ビジネス一直線で行く

そして、そのためには、他国も他国の要人も積極的に利用して、日本政府や日本企業から賠償金を引き出すために行動して行くつもりである、ということが読み取れるのではないでしょうか。

ドイツは、国内でナチスによる強制労働に関する損害賠償を求める訴訟が起きたことがあるので、韓国はドイツの例を参考にして、さらに日本企業を訴訟のターゲットにしようとしているのでしょう。

また、ドイツではすでに一般のドイツ国民が「ユ◯◯人が」とか「イス◯◯◯の国が」というようなことを公に発信すると(私的なブログや講演などで)、差別的な内容ではなくて事実を述べていたとしても、警察の取り調べを受けたり、場合によっては逮捕者も出ています。つまり、その問題に関しては情報が封殺されてしまっているので、ドイツ国内における言論の自由がほぼない状態になっているのです。(私はアメリカに住んでいますがドイツ人の同僚なども「間違った歴史認識を発信した奴は牢屋に入れるべきだ。絶対に許すべきではない」と言って、「言論封殺は当たり前」という意見だったので、驚いたことがあります。)

おそらく、日本への被害者ビジネスをさらに発展させたい韓国や北朝鮮の勢力が、このドイツのやり方を真似したくてしょうがないのだと思います。そういえば、沖縄の活動家に対して、犯罪教唆のスピーチをした「のりこえねっと」の辛淑玉さんも、ドイツに旅行したようですしね。

日本では、元首相の橋本龍太郎も中国の通訳に凋落されて、中国の病院に日本が億単位の支援をしたという件もありましたね。しかし、私は日本が国としてハニトラをしない誠実な国であり、そんなことしなくてもやっていける土台がしっかりしている国であることが嬉しいです。日本が最後に女性を国益のために外国の要人に送り込んだのは、インドネシアから石油などの資源を買えるようにとスカルノ大統領に送り込まれたデビ夫人くらいではないでしょうか。

しかし、

日本は本当は資源大国

ですから、本当は国内に埋蔵された資源にもっと早く気づいていれば、そんなことしなくて済んだのにね。

吉田調書取り消し産経

関連記事
騙されていた日本人、日本は資源大国だった
狂ってるサンフランシスコ市との姉妹都市解消は正解
朝日新聞の捏造によって海外から蔑視される日本人
反日デモに税金で参加、故・岡崎トミ子元公安委員長
羽生選手のお陰で反日と洗脳が解けていない人たちが明らかに

カナダ人元国連代表がネパール警察に2件の児童性的虐待で逮捕、また国連関係者による児童暴行

国連の腐敗、国連の反日
04 /27 2018
昨日、国連の「児童労働プログラム」の元主任顧問を務めた元米国陸軍大将の退役軍人であるジェームズ・グラジオプレーンが児童の性的暴行で逮捕されたニュースについて書きました(全部で6件の性暴行で起訴されている)が 国連関係者の犯罪について、これから続けて書いていくことになるかもしれません。あまりにもひどい犯罪の内容の割には、日本での認知度がとても低いので。

以前、クリントン元大統領が人身売買の罪で地元ハイチの警察に逮捕されたアメリカ人を助ける目的で「国連特使」の肩書きでハイチに乗り込んだことを書きましたが、クリントン財団と夫妻の犯罪を証言する予定だったハイチの元政府高官が不審死しているほか、「クリントン財団」のお金でハイチで現地ボランティアを展開していたリンキンパークのボーカル、チェスター・ベニントンと、同じくハイチで児童保護のボランティア活動をしていた(人身売買との繋がりは、過去記事をみてください)ミュージシャンのクリス・コーネルが不審死しています。元国連総会議長のジョン・アッシュは、中国からの150万ドル(約一億8千万円)の収賄容疑で逮捕されましたが、実際に証言する前に同じく不審死しました。(これについても、詳しく書かないといけませんが…。)

https://www.sankei.com/world/news/151009/wor1510090043-n1.html

今回は、元国連高官でカナダ人の人道支援活動家による複数の未成年男児の性虐待事件です。

トルドー首相と児童性虐待犯罪者
(逮捕された児童性虐待者のダルグリッシュとカナダのトルドー首相

ニューズウィークによると、カナダ人の元国連代表でネパールで路上で生活する子供たちの「人道支援活動」(表向きは)をするピーター・ダルグリッシュ(60歳)が複数の児童の性的虐待でネパール警察にカトマンズ近郊のカヴレという町で逮捕されました。ダルグリッシュは、「チャリティ・ストリート・キッズ・インターナショナル」という児童救済団体の創設者であるということです。

カナダ人国連関係者の犯罪
ニューズウィーク 2018年4月9日
http://www.newsweek.com/former-senior-united-nations-official-facing-pedophilia-charges-nepal-876783

ニューズウィークといえば、ロン・ポール元議員が公開した捏造記者とメディアのリスト」という記事の中で、ヒラリー・クリントンが大統領になると決め込んで「マダム・プレジデント」と事前に印刷されていた表紙に大統領選前日に本人にサインさせるという勘違いなオールド・メディアの代表のようなところではありますが。また、この情報源は、ジンハという北アメリカの中華系のメディアによる記事を引用したものなので、この記事の裏の意図は計りかねますが。

http://www.xinhuanet.com/english/2018-04/09/c_137097470.htm

このピーター・ダルグリッシュの経歴を見て見ると、なかなか壮大なものであります。

・元は弁護士で、カナダからエチオピアへ食料と医薬品の輸送活動を指揮する
・弱い子供たちを救済するために、弁護士の職を捨てて児童の人道支援の道へ
・1986年に飢餓と干ばつに苦しむスーダンで人道救済を組織する
・「バンド・エイド」のボブ・ゲルドフの資金提供によって、スーダン初の路上生活児童のための職業訓練学校を設立
・1987年にキッズ・ソサエティの「世界で最も卓越した10名の若者」の一人に選ばれる
・1987年にカナダに帰国、ストリート・キッズ・インターナショナルを設立
・1988年から1990年までカナダの国家映像評議会と共同でHIV防止のアニメ映画を製作、100カ国25ヶ国語に翻訳
・1994年 カナダ政府の児童局ボランティア部門(Youth Service Canada)の最初の事務長に選ばれる
・2002年 ネパールにある国連の児童労働プログラムの技術指南役に選ばれる
・2006年から2010年 南アジア子供基金の事務局長を務める
・2010年から2014年 アフガニスタンにあるParty for UN-Habitatの上級指南役と副事務長を務める
・2015から2016 国連のリベリア(アフリカ)でのEbola Emergency Response(エボラ熱への緊急対策)
・2016年から国連WHOの上級都市部指南役(Senior Urban Advisor)

腐敗した勢力が入り込んで国連を動かしているのか、それとも国連自体が腐敗しているのか分かりませんが、国連と「チャリティ」を隠れ蓑に貧しい国の子供たちを狙って犯罪が行われてきたということです。そういえば「国連を監視する団体」とか、聞かないですよね。

国連による犯罪

これは、今年のキーワードになってくると私は思います。そして、国連の暴走を誰も止められないので、これから問題になってくると思います。

以前、「北朝鮮の核はクリントン・オバマ政権下でアメリカが育てた」という記事にも書きましたが、そもそも今の北朝鮮の核問題は、クリントン政権時代に金正日と会談して「北朝鮮との合意の枠組み」として、クリントン大統領が世界に向けて「アメリカにとって良い取引」と言って、「国連に注意深く監視させる」と言ったのにも関わらず、むしろ開発を助けてしまったのですよね。

北朝鮮は、核を凍結し、そして核武装を解除します。韓国をはじめとする我々の同盟国は、その方がより保護されます。世界全体が核の拡散を遅らせることで、より安全になります。
韓国は、日本など他の国々から援助を得て、北朝鮮が失う分の核エネルギーを補填するために、北朝鮮に対して代替エネルギー発電をする資金を払います。それによって、核兵器を作るのが北朝鮮にとってより難しくなります。
国連の監視員が注意深く、この約束を守るように監視
します。

ビル・クリントン大統領の演説



北朝鮮でのクリントン発言

「国連の監視」というのが全くの嘘っぱち

であったことは、もう現状が証明しています。北朝鮮は核を作りましたからね。

「国連にやらせれば中立」とか「国連を使えば平和が維持できる」というのは、もう通用しなくなっています。むしろ、これからは国連の犯罪性をどうやって告発していくのか。国連をどうやって体質改善させられるのか、あるいは潰す必要があるのか、などを考えていかないといけないと思います。

日本人は国連の負担金が一位か二位ですからね(アメリカは、しばらく払っていませんでしたから、その期間は日本の負担金が一位でした)。もし、誰かが国連の犯罪性を矯正しなければならないとすれば、負担金を多く払っている

私たち日本人の発言権は、本当は大きい

そして、その潜在的な威力は大きいと思います。私たち日本人が気づいていないだけで…。

ちなみに、国連軍(アメリカ軍をはじめとする)こそ、韓国で慰安婦登録をしていたのですからね。国連こそ後ろめたい犯罪をたくさん隠しているのに、意図的に日本に責任転嫁しているのです。

国連軍慰安婦登録
(朝鮮戦争の前後に韓国語でUN国連軍向けの慰安婦登録を呼びかける記事。「相封」というのは「相対」で、「相対する」つまり「ための」という意味です。国連軍のための慰安婦です。)

関連記事
米憲法違反を犯してまでシカゴが治安維持に国連軍を要請
ガン発症ウイルスのワクチン混入を暴露したモーリス・ヒルマン博士
クリントン財団の犯罪を証言予定のハイチ元高官が不審死
米企業トップ、米議員大量辞任、大統領令で国家緊急事態
クリントン財団の支援受けたリンキンパークのボーカル不審死

国連の「児童労働プログラム」元主任顧問の退役軍人が児童性虐待で逮捕、人身売買との関連も

国連の腐敗、国連の反日
04 /26 2018
「国際連合」の訳語は、私たち日本を戦争で打ち負かして、戦後に占領した「連合国」と同じものであることは、ご存知の方も多いと思います。「国連は決して平和な機関ではない」と何度も言葉で言われても、私たちは長年にわたって強い印象操作をされているので、そのイメージを払拭するのがなかなかできていないと思います。

しかし、国連こそ、表向きは合法的に見せかけた「ハイレベルな国際的犯罪の温床」であることは間違いありません。そして、国連は「軍」を持っているからこそ、非常に危険な存在なのです。アメリカは、シカゴ市が市内の治安維持のために米憲法に違反してまでも国連軍を要請して、もう独立国としての体裁が崩れかけています。

chicago_un

国連主導の人類への犯罪行為として以前に取り上げたものに、国連のWHOの顧問をしていたモーリス・ヒルマン博士が生前、「自分ががん発症ウイルスをワクチンに混入した」という事実をインタビューで自ら暴露した件がありました。

また、「クリントン財団と夫妻の犯罪を証言する予定だったハイチの元政府高官が不審死」という記事の中で、大地震に見舞われた後のハイチでどさくさに紛れて、孤児ではない子供たちを正式な書類なしで国外に連れ去り、誘拐しようとしていたところを(つまり、人身売買)ハイチで逮捕されたアメリカ人のローラ・シルスビーの罪を軽くするために国連の肩書きを使ってクリントン元大統領がハイチ入りしたことがあります。

つまり、人身売買の犯人を助ける目的でハイチ入りしたわけです。

この時のクリントンの肩書きは、「国連特使」でした。

今、こう言った事実が「例外」ではなかったことが明らかになりつつあるのです。国連の化けの皮が剥がれつつある、とも言えます。

以下は、国連の「児童労働プログラム」の元主任顧問を務めた元陸軍大将の退役軍人であるジェームズ・グラジオプレーンが児童への性暴行で逮捕されたというニュースです。この記事によると、この人物は現在、6件の児童への性暴行で起訴されているということです。被害者の児童の中には、3歳児も含まれていました。この人物は、2012年から2015年にかけてDynCorpという民間企業の副社長という肩書きを持っていましたが、この企業は以前に米議会で児童人身売買と女性の人身売買に携わっていることを指摘されています。

国連と人身売買

http://www.collective-evolution.com/2017/04/20/ex-us-general-vp-of-military-contractor-with-ties-to-child-sex-trafficking-charged-with-rape-of-a-child/
「国連の児童労働プログラム元主任顧問の退役軍人が児童性虐待で逮捕される」
2018年4月21日

「国連」は、鬼畜な勢力にとって、格好のアジトであると言えます。国連を「平和を推進している国際組織である」と宣伝しておけば、世界中の人たちは国連がやっていることに、疑いを持たないわけです。ましてや元大統領や軍の元トップレベルのエリートの天下り先であり、本人が現場に出てくるのであれば「怪しいことはしていないだろう」と考えてしまい、巨悪を野放しにしてしまっていたのが、私たちなのです。

国連関係者が確実に
児童性虐待と人身売買に関わっていた


この事実は、真摯に受け止めなければならないと思います。

こちらは、昨年の記事です。
「元米軍大佐で児童人身売買と関連のある軍事請負業者の副社長が子供の性暴行で起訴される」
2017年4月20日
UN Retired general

「退役軍人が児童の性暴行の罪に問われる」AP通信の記事より
https://wtop.com/government/2017/10/retired-major-general-facing-court-martial-on-rape-charges/

この事実を受け入れることは、私たち日本人の善意が「悪」に利用されないためにも、必要なことです。日本の自衛隊も、実際に国連の平和維持活動に携わっているのですから。

先日、私は「虎ノ門ニュース」で軍事ジャーナリストの井上和彦さんが自衛隊の海外派遣についての取材をした際のことを話されていて、自衛隊がイスラエルとシリアの間の「一度国境を超えたら、二度と帰ってこれないくらい危険」だと言われているゴラン高原で「自衛隊が花嫁の護送を行なっていた」と述べていました。井上氏は、自衛隊が現地の女性の安全を守っている、という意味で「いい話」として取り上げておられました。(*私は、自衛隊の活動自体は国を守るためにも、国際社会でも必要だと思っているので、自衛隊自体への批判ではありませんので、誤解のないようにお願いします)



*2018年4月18日放送分です(1:14:19)

しかし、私はその話を聞いた瞬間に、吐きそうになりました。

もしかして、日本人は利用されている可能性もあると本能的に思ったからです。

国連自体が犯罪集団に乗っ取られてしまっていれば、自衛隊が「地元の女性や子供たちを守っている」と思って、国連にそう言われてやっていたとしても、最終目的地というか全体像を把握していなければ、知らないうちに犯罪に加担させられる可能性だってあるのです。

以前、米軍に拉致され虐待されていたという故・トリー・スミスさんの話を少し書きましたが、この方は世界中の子供たちが軍用機で移動させられ、最終的に超エリートのところへ虐待目的で届けられる、ということを証言されていました。

今、アメリカで起きている大企業トップや議員、企業役員の大量辞任が起きていることを書いた時に、2017年の2月にトランプ大統領が、「国際的な犯罪組織に関する連邦政府の法律の執行と国際人身売買防止」という大統領令を出し、その効果がアメリカ国内を中心にじわじわと効果が現れつつあることについて書きました。実は、この大統領令では、なんと「国家緊急事態(ナショナル・エマージェンシー)宣言」を勧告しているのです。今まで、人身売買を裏で行なっていた勢力が、これまで悪行を隠蔽できていたのが、もう今までと同じことができなくなっているのです。

国家緊急事態宣言

https://www.theepochtimes.com/president-trump-declares-national-emergency-over-global-rights-abuses-and-corruption_2393803.html

アメリカでは、今、国家緊急事態が起きているのですよ。

これから、国連を隠れ蓑にした人身売買などの犯罪が表にどんどん表に出てくると思いますので、日本人としては国連の犯罪に巻き込まれないように、国連を監督する機能を提案したり、国連関係者を告発できるようなシステムを作るようにしていかなければならないと思います。「命令されたら従うだけ」とか今まで通りのことなかれ主義でやっていたら、犯罪の片棒を知らないうちに担がされる可能性が非常に強いということです。

ちなみに、国連軍(アメリカ軍をはじめとする)こそ、韓国で慰安婦登録をしていたのですからね。国連こそ後ろめたい犯罪をたくさん隠しているのに、意図的に日本に責任転嫁しているのです。

国連軍慰安婦登録
(朝鮮戦争の前後に韓国語でUN国連軍向けの慰安婦登録を呼びかける記事。「相封」というのは「相対」で、「相対する」つまり「ための」という意味です。国連軍のための慰安婦です。)

関連記事
犯罪組織に飲み込まれた国連を再考
ガン発症ウイルスのワクチン混入を暴露したモーリス・ヒルマン博士
クリントン財団の犯罪を証言予定のハイチ元高官が不審死
クリントン財団の支援受けたリンキンパークのボーカル不審死
国連特使アンジェリーナが児童性虐待で逮捕のノーベル候補者を後援

本当に深刻なハリウッドの性虐待がやっと表面化、コスビーに性暴行で有罪判決

隠された巨悪について
04 /26 2018
今日は、アメリカに大激震が走っています。

アメリカの大物コメディアンで「コスビーショー」と言う「いいお父さん」的なイメージの家族をテーマにしたドラマにも長年出演していたビル・コスビーが性暴行で有罪判決を受けたことが報道されました。なんと、被害者は一人や二人ではないのです。これまで50名以上の被害者の女性たちがコスビーを性的暴行で告発していましたが、時効で実際に訴えることができませんでした。また、コスビーの共演者には未成年の俳優も多かったです。

日本で言ったら、そうですねえ…。例えば、西田敏行さんとか武田鉄矢さんのような味のある俳優というか、「この人は家庭的で、普段も絶対にいい人に違いない」と思われている人が「実はこんな事件を起こしていた」と知ったときのショックと同じような感じじゃないかと思います。

何か、イギリスのBBCで子供向けの番組を担当していたジミー・サヴィルを思い出しますね。生前は虐待の事実が隠蔽され、この件を調査していた女性記者が2名も不審死しました。サヴィルの場合は、450件以上の児童性的虐待事件で加害者として告発されながらも、イギリス王室はなんと「騎士」の称号まで与えていましたね。

「ビル・コスビー被告、性的暴行裁判で有罪判決」
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804270000037.html



コスビーの件は、アメリカのテレビ・映画業界における実態の中でも、氷山の一角ではないかと思います。

先日は、俳優のモーガン・フリーマンが義理の孫娘との「不適切な関係」が報道されていましたね。なかなか味があるいい俳優だと思っていたので、本当に残念です。

http://www.elle.co.jp/culture/celebgossip/mogan-freeman18_0424
「モーガン・フリーマン、義理の孫娘との性的関係が暴露される!」

フリーマンの記事

しかも、この孫娘は殺害されているのですが、その殺され方と言うのが、25回も刺されたという尋常ではない方法でした。殺人に関する訴訟関連の情報として、今回のフリーマンとの近親相姦を本人が述べていたことを弁護士が証言したということです。これは、かなり信頼できる情報と見て良いのではないかと思います。

しかし、ハリウッド関係者の中でも、今月は「超」がつく大物の黒人が槍玉に挙げられているのも、何か意図があるような気もします。

フィル博士が人身売買や児童性虐待の現実についてテレビで暴露したことがありましたが、その中に「そのような虐待パーティに顧客として政治家や著名人が出席している」と被害者の女性が語っていましたが、当然、ハリウッド関係者も絡んでいると見て間違いないでしょう。

関連記事
フィル博士が大手メディアで世界的な児童性虐待と人身売買を暴露
英王室、450件の児童性虐待加害者、サヴィルに「騎士」の称号
英アンドリュー王子の児童買春と服役した大富豪エプスタインとの交際
ローマ法王、神父による2000件以上の幼児性虐待事件を庇い続ける
CIAが公式サイトで「ハリウッド渉外担当部門」を公表

ライス元米国連大使がシリアの「白ヘル」の特集番組制作したネットフリックスの指南役に

国連の腐敗、国連の反日
04 /20 2018
シリアの問題について書く前に、私の地元であるアメリカのシリコンバレー(サンフランシスコ郊外のIT企業密集地)での大変興味深い人事について書いておこうと思います。「オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企みが表に」と言う記事で、アメリカのIT企業と前政権の危険な癒着について書きました。その癒着は、まだ続いていると言うことです。

オバマ政権時代にアメリカの米国連大使を務めたスーザン・ライスがネットフリックスの指南役(アドバイザー)に今年の3月末に就任しました。このライス元国連大使というのは、オバマ政権時代にトランプ候補をはじめとする民間人をイギリスの諜報機関を通じて監視させていた証拠を握る人物であり、アメリカ議会でも追及を受けたことがあります。(詳細は、ナポリターノ判事についての過去記事をご覧ください。)

スーザンライスがネットフリックスへ

ネットフリックスといえば、最近はドラマの制作費に映画並みの資金をかけているので、評判がいいですが、最近ではこのようなドキュメンタリーも作っているのです。



アメリカ政府やオランダ政府、イギリス政府などから資金提供されているシリアの民間団体「ホワイトヘルメット」(白ヘル)という名前の団体を美化するドキュメンタリーを作っています。つまり、シリア国民がやっている団体ではないし、シリアの安全や独立を守る目的の団体では必ずしもない、ということです。それなのに外国勢力が「シリアの民間団体」ということにして、善玉に仕立てあげて「いい仕事している」風に演出しているのです。

先日、シリアで「アサド政権が化学兵器を使った」と言うニュースが出て、それに対してアメリカが素早く空爆しましたが、この元ネタを提供したのがこの「ホワイト・ヘルメット」と言う団体だったのです。この団体ですけれどね、お金の流れを辿って行くと、国家転覆勢力のジョージ・ソロスやアメリカ政府、そしてイギリス政府にたどり着くのです。(資金源と後援団体については、後で詳しく書きたいと思います)

わかりやすく言うと、ネットフリックスは、すでにアメリカの戦争屋さんたちに乗っ取られているというわけです。彼らのプロパガンダ映画製作会社ですね。これからは、ニュースの捏造だけではなく、ドキュメンタリー映画の捏造にも気をつけないといけませんね。

シリアは、世界中で中央銀行が存在しない最後の数カ国のうちの一つです。国際金融勢力というか戦争屋は、潤沢な資金源でアメリカ政府の一部と大手メディア、そして非政府団体を掌握していますから、いうことを聞かない指導者は、独裁者とか「悪者」に仕立て上げられて、国をボコボコにさせられてきました。

イラクのサダム・フセイン大統領も、ブッシュ政権時代に悪者に仕立てあげられましたが、後になってから「大量破壊兵器はなかった」と判明しましたよね。(しかし、もうアメリカがボコボコにした後だったので、知らん顔でしたよね)

ニューサイエンティスト誌 「報告書は、イラクの隠された兵器は存在しなかったと述べている」
https://www.newscientist.com/article/dn4549-iraqs-hidden-weapons-did-not-exist-say-reports/



追記

アメリカの元国連の話題ということで、こちらも加えておきます。国連軍(アメリカ軍をはじめとする)こそ、韓国で慰安婦登録をしていたのですからね。国連(アメリカを含む連合国)こそ後ろめたい犯罪をたくさん隠しているのに、意図的に日本に責任転嫁してきたのです。

国連軍慰安婦登録
(朝鮮戦争の前後に韓国語でUN国連軍向けの慰安婦登録を呼びかける記事。「相封」というのは「相対」で、「相対する」つまり「ための」という意味です。国連軍のための慰安婦です。)


関連記事
英国シリア元大使が「シリアの化学兵器使用はフェイクニュース」
日本で戦争が起きている!自由な通行権が奪われる
米憲法違反を犯してシカゴが国連軍を要請、米は内から崩壊?
オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企みが表に
グーグル親会社を辞任シュミット氏、北朝鮮との協力現場写真浮上
オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企みが表に
人間のロボット化、「トランスヒューマニズム」の危険性について

CNNのタッパー氏が息子に「フェイクニュース」と呼ばれてると告白

逆に面白いCNNニュース
04 /20 2018
こちらも、昨年出した記事ですが、捏造はまだまだ続いているので、再掲載しておきます。

ー ー ー ー ー

2017年09月03日(日)

もう、CNN関連のおかしいニュースが止まりません…。

タッパーの記事

2017年3月にCNNテレビのジェイク・タッパー氏がテキサス州オースティンで「サウス・バイ・サウスウエスト・フェスティバル」に参加した際に、7才の息子から「フェイクニュース」と呼ばれていることを自ら暴露しました。



7才と言うと、小学校の1、2年生くらいでしょうか。このくらいの年の子供は、野生のカンのようなものが強いですから、自分の父親がジャーナリストの仮面を被った詐欺師だということ見抜いているのでしょう。

タッパー氏によると、息子に何か文句を言うと「フェイクニュ〜ス」と言い返してくるのだそうです。父親の威厳もあったものじゃありませんね。

まあ、でも嘘つきはドロボーの始まりだから、仕方ないですね。

どこの世界でも、子どもは素直なのです。

関連記事
元CIAのCNN解説者マッド氏が「政府は、この男(トランプ)を殺す」
米メディアが震えあがったポール議員が公開した捏造記者リスト
素人の政治パロディ動画製作者をCNNが脅迫
ロンドンでCNNによるイスラム教徒の抗議グループ捏造現場
CNNの元キャスターが捏造と米政府からの賄賂を内部告発
CNN看板キャスターはCIAのハリウッド対策要員だった
CNNがヒューストンの洪水現場生中継で救助活動を捏造

CNNが自社カメラマンを一般人のフリをしてヒラリー擁護させた捏造映像

逆に面白いCNNニュース
04 /20 2018
2017年08月08日(火)

最近、CNNの数々の捏造が暴かれ、「クリントン・ネットワーク・ニュース」、や「クライム(犯罪)・ネットワーク・ニュース」、「カウンターフェイト(偽造)ネットワーク・ニュース」などのあだ名がつけられ、実際に視聴率も下がり、アメリカの一般市民は、独立系のニュースサイトなどへ流れています。

トランプ大統領の当選が決まった時、CNNはトランプ大統領就任に抗議する一般人のフリをした白人男性を出演させ、「ヒラリーの方が投票数が多かったんだ。不公平だ」と言って激昂した様子を写しました。そして、この男性は「俺は、ルワンダの病院でヒラリーがどんなにいいことをしたか見てきたんだ!」と述べました。

ヒラリー擁護捏造

こちらは、その時の映像のスクリーンショットです。昨年、この記事を書いたときは、元ネタの映像を見ることができたのですが、今年に入って言論弾圧が加速していて、この映像はすでに削除されていました。

しかし、このインタビューの最後の方にスタジオにいるCNNキャスターのドン・レモンの声が聞こえ、「俺、この人知ってる。俺のカメラマンだ。アフリカに一緒に行ったんだ」と、この人物の正体を自ら暴くのです。

こちらの一般人のフリをしたカメラマンですが、映像を見ると、やたらと手を出し動かしてオーバーアクションな感じが不自然というか、ヤラセ感がいっぱいなのです。

関連記事
元CIAのCNN解説者マッド氏が宣言、「政府は、この男(トランプ大統領)を殺す」
米メディアが震えあがったポール議員が公開した捏造記者リスト
素人の政治パロディ動画製作者をCNNが脅迫
ロンドンでCNNによるイスラム教徒の抗議グループ捏造現場
CNNの元キャスターが捏造と米政府からの賄賂を内部告発
CNN看板キャスターはCIAのハリウッド対策要員だった
CNNがヒューストンの洪水現場生中継で救助活動を捏造

CNNがヒューストンの洪水現場生中継で救助活動を捏造

逆に面白いCNNニュース
04 /20 2018
昨年の秋に書いた記事ですが、捏造報道はまだまだ続いているので、再掲載しておきます。

ー ー ー ー ー

2017年09月07日(木)

先日、CNNのレポーターが自称「生中継」の間に、テキサス州のヒューストンで溝に車ごと突っ込んだ男性を救助する映像が流れました。ニュース画面には「レポーターが男性を救う」という字幕が出ました。しかし、このニュースの捏造があからさま過ぎて、大勢の視聴者に虚偽を見抜かれ、さらにCNNが信用度を落としました。

これまでのCNNによるさまざまな捏造報道に、「最低!」と怒っていた国民も、今回は「さらに酷い新しい最低の極致に落ちた(A new low)」と呆れ返っています。

基本的に、全世界の視聴者をバカにしているのでしょう…。



つい先日、洪水の被災者の黒人女性に無神経なCNNの女性レポーターがインタビューして、逆に思いやりのなさを指摘されて怒鳴られたため、名誉挽回しようとしたのだろうと思います。逆効果だって!!



このレポーターは「待て、今ロープを持っていく」と言って、小走りに車が溝に突っ込んだ現場へ向かい画面から一瞬消えます。この赤いジャケットにカーキのショーツにサンダルをはいているのがレポーターです。

洪水被害現場捏造
(記者の静止画)

そして、次の瞬間に男性を車から引き上げるのですが…。次の瞬間に

短パンの色が違う

ことに気づいた視聴者が続々と「ん? 着替えてるな、こりゃ」とコメントをしたりして、この映像が自称生放送でありながら、編集した捏造された映像だということに大勢の人が気づきました。

洪水被害現場捏造2

この写真を見ると分かるのですが、赤いジャケットを着ているレポーターは、紺色の長ズボンにブーツを履いているのです。右の青いシャツの人物が車にいた人です。そして、左にもう一人別の男性がいます。

また、救助された人がインタビューをしている姿もうつむいたりして、もう一人の助けた男性も下を向いて悪いことでもしたように画面から慌てて消える様子も不自然さが全開なのです。

関連記事
米メディアが震えあがったポール議員が公開した捏造記者リスト
素人の政治パロディ動画製作者をCNNが脅迫
ロンドンでCNNによるイスラム教徒の抗議グループ捏造現場
CNNの元キャスターが捏造と米政府からの賄賂を内部告発
CNN看板キャスターはCIAのハリウッド対策要員だった

サクラを雇ったフェイクニュースを流しすぎてブーメランを受けたCNN

逆に面白いCNNニュース
04 /20 2018
以下は、昨年書いた記事ですが、この記事と一緒に出した3本のビデオは、すでにユーチューブ上で削除されていました。CNNがニュース番組でサクラを使っていた事実を指摘すると、アメリカのメディアでは言論弾圧されてしまうという段階に入ってきています。

2017年03月22日(水)

トランプ大統領の誕生を予測できなかった大手メディアの信憑性が地に落ちていますが、その中でも「クリントン・ニュース・ネットワーク」とも呼ばれていたCNNテレビの捏造が酷すぎると話題になっています。

トランプ大統領がCNNを名指しで「フェイクニュース」と呼んでいるのは、これまでも今も捏造が酷すぎるためです。

また、CNNが過去に取材した違う事故やテロの現場に、同じ人物が映っていたことが明らかになったことがあり、それがニュース番組が雇ったサクラである可能性が指摘され、「クライシス・アクター(事故現場役者)という言葉まで生まれました。以下の女性は、違う事故現場で違う時期に同じ女性が事故の様子を証言したことが暴露されました。髪の毛の色が違うのですが、口の形が全く同じなので、同一人物だということがわかります。

しかし、こんな仕事があるとは日本人としては想像ができませんでしたが…。

しかし…演技がうますぎるのです。

CNNで報道された事件や事件の中には、CNNが一番最初に駆けつけて、その他のメディアが現場に行っていない場合も多く、ニュース自体の捏造が疑われている件も多いです。また、実際にあった事件でも、本当の犠牲者ではなく、役者がコメントに答える場合もあるようです。

関連記事
米メディアが震えあがったポール議員が公開した捏造記者リスト
素人の政治パロディ動画製作者をCNNが脅迫
ロンドンでCNNによるイスラム教徒の抗議グループ捏造現場
CNNの元キャスターが捏造と米政府からの賄賂を内部告発
CNN看板キャスターはCIAのハリウッド対策要員だった

湾岸戦争の時のCNNニュースの捏造が酷すぎた件(注:映画の撮影レベルです)

逆に面白いCNNニュース
04 /20 2018
昨年書いた記事ですが、まだ捏造報道は現在進行形で続いているようなので再掲載しておきます。

ー ー ー ー ー

2017年03月22日(水)

アメリカ大統領選で「クリントンが絶対に(98%の確率で)勝つ」と断言していたCNNやニューヨークタイムズ(慰安婦捏造を行い、日本軍が少女たちを誘拐し、監禁した上で売春を無料で強制したと海外に喧伝した日本の朝日新聞と提携)、ワシントンポスト、MSNBCなど大手メディアの信憑性が低下しています。

MSNBCの大統領選記事
MSNBC 「科学者は、99%の確率でクリントンの勝利を予測」2016年11月14日
http://www.msnbc.com/the-last-word/watch/scientist-predicts-99-chance-of-clinton-win-801634371744

大手メディアの捏造が酷すぎることは一般市民の常識となりつつあります。現在、アメリカでは大手メディアが攻撃する「ブライトバートニュース」や「ドラッジレポート」、「インフォウォーズ」などの独立系メディアが逆に注目を浴びています。



CNNニュースの捏造の中でも、湾岸戦争中のサウジアラビアでの攻撃に関するニュース映像が映画の撮影レベルの捏造であって「あまりにも酷い」というのもアメリカ人の間で常識になりつつあります。

トランプ大統領がCNNを「フェイクニュース」と呼んでいますが、最近の捏造ニュースは役者を使ったかなり手の込んだ作りになっています。

こちらのCNNニュースの映像ですが、チャールズ・ジェイコという記者が1990年に「サウジアラビアからの生中継」と偽って行ったものですが、途中でガスマスクを着けてみたり、背後に爆弾が飛び交う効果音まで聞こえます。

明らかに場所を偽っている
明らかに録画なのに生中継だと偽っている


のがわかります。撮影が終わると効果音が止み、記者が複数の室内スタジオのスタッフと笑っています。この記者は、最後に「ハンバーガーとコーヒー買ってこよう」と言っています。(注:この記事を書いた時に、以下に映像を貼り付けたのですが、削除されていたので、違うものをまた貼ります。)

こうなると、もう「このニュースの内容そのものが捏造である」という結論しか引き出せん。しかし、あまりに酷い捏造というものは、やはりバレてしまいます。日本でも、朝日新聞による慰安婦捏造報道がありましたね。

また、どの組織にも良心のかけらが残っている人が一部にいて、必ず後になって内部告発が出るのです。大手メディアが悪質な捏造を行っている裏で、本当のことを伝える人たちが脅迫されたり、不審死しているのが現在のアメリカです。

関連記事
米メディアが震えあがったポール議員が公開した捏造記者リスト
素人の政治パロディ動画製作者をCNNが脅迫
ロンドンでCNNによるイスラム教徒の抗議グループ捏造現場
CNNの元キャスターが捏造と米政府からの賄賂を内部告発
CNN看板キャスターはCIAのハリウッド対策要員だった

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。