水を最高にきれいに保つ器の形とは?

水、環境浄化テクノロジー
01 /28 2019
最近、電磁波対策のために作ってみたデバイス「オルゴナイト 」が水やスモッグを浄化するのを目の当たりにして、水の浄化についてあれこれと自宅で実験&体験していました。そこで知ったことや体験したことを、ちょっとずつ書いておきたいと思います。

私たちが住んでいる地球をきれいに保つためには、水や大気汚染をきれいにすることが大切だと思うのですが、「では実際に水はどうやったら浄化されるのか」ということを具体的な形や発明、道具、鉱石なども紹介しながら研究しているアメリカ人の科学者の女性二人が「ダンシング・ウィズ・ウォーター(水と共に舞う)」という本を書いていることを知りました。

こちらに英語ですが、ウェブサイトもあります。
https://www.dancingwithwater.com

水を綺麗にするニューテクノロジーは、様々あるのですが、まず水を浄化された状態で保存する方法について、述べたいと思います。過去に水を研究した世界でトップレベルの科学者の研究から、この女性科学者たちが割り出した最も理想的な形というのが、こんな形だったのです。



卵型です。

水を入れる容器

これは、ラミナー水晶というマイカなどを豊富に含んだ鉱石のパウダーを入れ込んで焼いた陶器の入れ物です。この方は、「水のゆりかご(ウォーター・クレードル)」と呼んでおられます。何か、ロマンがありますね。試しにこの容器を買って水を入れてみたのですが、日本人である私はあることに気づきました。

徳利の例

これは、徳利(とっくり)じゃないすか!

つまり、西洋の科学者が「水をキープするベストな器はコレ」という風に出した結論は、私たち日本人が大昔から普通にやっていたことだったんですよ。他の民族でも、水がめはこのような卵型をしていることが多いかもしれません。

アメリカは、西洋人がネイティブ・アメリカンを征服して出来た国ですから、アメリカでは徳利型の陶器のボトルはお店では売っていません。しかし、日本はデパートに行けば、酒用の徳利が売っているのです。これは、すごいことですよ。(安い陶器は、土が外国から持ってきたものだったり、有害物質が入っているので、危険なので注意が必要ですが)

この卵型の器ですけれどね、私は下に浄化作用のある鉱石を入れ込んだ自作オルゴナイト を敷いている相乗効果もあるかもしれませんが、12時間くらい経つと水がほんのり甘くなるのです。もちろん、砂糖とか入れてないのに!!とてもふんわりした優しいお水になるのです。

日本の酒呑みは、大昔から知っていて当然のこととして実行していたのでしょうね。酒(水)を美味くする方法とカタチを。私は、次に日本に帰省する時には必ず徳利を買ってきます。今から楽しみですよw

やっぱり、日本の伝統文化は凄い。
特に浄化力と旨味みUP力が!!



関連記事
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」とは?
感謝しながら生きる日本人

ビデオへの音波(雑音)埋め込みによるステルスサイバー攻撃の例

サイバーセキュリティ、IT犯罪
01 /28 2019
元ウクライナ大使の馬渕睦夫先生のインターネット番組を拝聴すると、世界の歴史を踏まえて現代社会の病巣の理由が的確にわかるようになり、視野が広がるので参考にさせていただいております。馬渕大使が数年前に続けておられた「和の国の明日を造る」と言うインターネット番組では、日本と世界をよくするために私たちが出来ることは、実は「米を食べること」(日本文化と経済、健康、命の土台である)だと指摘されていたのに感銘を受けたことを以前、書きました。「本当のことが知りたい」、「日本を守りたい」と思っている方々は、馬渕大使の番組を参考にされている方も多いのではないかと思います。

しかし、以前から私は大使の出演される番組にハイピッチの「妙な雑音」が入っていることに気づいていました。しかし、音なので、上手に隠されているので、何と形容したら良いのか分かりませんでした。何となく不快な音なのです。ワイヤレスのヘッドホンを使って特定のバンドの曲を聴いていた時に、頭に激痛が走ったため、「音波兵器」の存在を知った話を以前、書きました。そこまで酷くはない音ですが、確かに入っているのです。

最近、いろいろと電磁波対策を始めたせいか分かりませんが、頭がハッキリしてきた気がします。そして、不自然なものを見抜き、拒否する回路ができたのかもしれません。数日前に馬渕大使のチャンネル桜の番組を見ていて、やはり

明らかに不快な雑音が入っている

ことに改めて気づきました。



チャンネル桜といえば、田母神氏を訴えた水島聡社長です。以前から、この水島社長というのは、言っていることは「保守」でも、田母神氏を訴えたり、デモに参加した人たちの名簿が中国共産党に流れたという噂があったり、何か信用できないものを持っていると私は見ていました。

音波(音楽や雑音)によって、明らかに頭痛がしたとか、「激しい症状」のようなものが出れば、「これは良くないな」と認識できますが、雑音のようなものを認識するのは難しいと思います。しかし、私はこの雑音が嫌だったので、実は最近は馬渕大使がチャンネル桜でやっている番組を見ていませんでした。これは、私にとっては無意識に「なんか聞きたくないな」と思わせる効果はあったと言えます。実際に、この雑音を聞き続けてどういう副作用があるのかは、分かりません。落ち込んだり、怒ったりとか、特定の音によって、特定の感情を引き出そうとしている可能性もあります。つまり、音によるマインドコントロールです。

同じ馬渕大使のインターネット番組を見ていても、「林原チャンネル」の方には、そのような雑音は混入されていないのです。こちらの方は、安心して聞くことが出来ています。



特定の音波や音域が脳や体に与える影響を現在の私たちは、詳細に知ることが出来ていませんから、このようなステルス雑音による攻撃(?)というか仕掛けを明らかにすることが出来ません。しかし、「この番組には、そういう仕掛けがされている」という可能性が分かっていると、「ツツー」という音が聞こえてきて、それを認識できるようになってくるかと思います。知らずにやられているのと、知っててやられているのでは、大違いだと私は思います。

pokemon
*この記事の中で、「ポケモンショック」という言葉が、なぜか「ポリゴンショック」という言葉に置き換えられていました。

「ポケモンショック」の記事で特定のテレビ番組を見ていた日本の子供たちが一斉に病気になった事件のことを書きましたが、そのあと、米軍は電磁波パルスの開発を進めました。ですから、「テレビ(インターネット)を見ているだけなら、何もされないから安心」という時代ではもうないのです。

「真実が知りたい」とか「日本を良くしたい」と思って馬渕先生の情報を聞かれている方は、チャンネル桜を見る際には、そこを意識して視聴すると違ってくると思います。

この記事を書いた後に、水島氏が反グローバリズムの新しい保守政党を立ち上げるという話を知りました。これは、一癖も二癖もありそうです。もちろん、グローバル奴隷化ばかり進めている自民党に健全な反対意見が述べられる保守政党が欲しいところではありますが、親分が土壇場で人を裏切る水島氏…というところで、私は希望が持てません。また、チャンネル桜のインターネット番組に埋め込まれている「ステルス雑音兵器」、こういうことをする会社のトップを私は信用できないのです。

*念のためお断りしておきますが、この記事は馬渕先生への批判ではなく、チャンネル桜というインターネット番組制作側の問題だと思っています。また、このような不快な雑音は、英語のインターネット番組を視聴している中でも、保守的な内容、宇宙に関する内容人工知能支配モーゲロン繊維に関する内容でよく聞きます。ですから、日本国内だけで行われている手法ではないと言えます。

関連記事
田母神氏を裏切った「チャンネル桜」の水島聡と小沢一郎の改憲阻止計画
何をすれば世界と日本の役に立つか
NASAが内部文書で明記した「音楽兵器」
「ポケモンショック」の軍事利用

竹中平蔵批判の東洋大学生が実名入りで報道され吊るし上げられ言論リンチに

言論の自由
01 /22 2019
※今朝のニュースを見たら、JCASTニュースというところが東洋大学に問い合わせたところ、大学側はこの学生を退学処分にしないと表明して、この学生の実名が公表されてしまったことで学生の未来に与える影響を憂慮していると述べたそうです。案外、まともな対応です。つまりは、投資家の山本一郎氏のブログによる捏造と個人中傷であったことが明らかになりました。

https://www.j-cast.com/2019/01/23348676.html?p=all

- - - - - -

今日は、私が「これは逆の意味で面白い」と思った記事をご紹介します。Yahoo!ニュースで日本の東洋大学の四年生が元議員で元大臣にして、パソナグループ取締役会長やその他の企業の取締役、東洋大学教授を兼任する竹中平蔵氏の講義に反対するビラを撒いたとして、大学側から退学勧告を受けた、というニュースです。これは、

日本の大学における明らかな言論弾圧

ではないでしょうか。この記事ですが、投資家の山本一郎氏が書いているのですが、この記事の竹中平蔵氏にコバンザメのように寄り添う書き方が何といっても気味が悪い。この記事の中で、この一般大学生を実名を公表して、吊るし上げています。

平蔵批判で退学

「竹中平蔵の講義に反対」ビラ配った学生に東洋大学が退学勧告との報
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20190122-00112056/

この山本氏は、竹中平蔵を擁護したいのだとは思いますが、私はこの記事、逆効果な気がします。というのは、この方はこの学生のことを

短い記事の中で3回も「けしからん」と言って糾弾

しているのです。「実にけしからん誹謗中傷」とか「けしからん内容」とか。

平蔵批判

近年、数十年前とは時代が変わって、天皇陛下や皇族の方々に対する批判をする人がいても、「けしからん」、「不敬だ」などという人がほぼいなくなっています。しかし、元政治家の財界人を批判して「けしからん」という人が公の記事上で、一人の大学生を実名公開までして非難するってどういうことなんだろう、と思わずに入られません。政治家というのは、公人ですから批判に晒されるのは、当然です。現職ではなくても。財界人でもそうです。公人が批判に晒されることは、普通のことではないでしょうか。

逆に、竹中平蔵って何者よ?

と思いませんか。私は思いますよ。日本の中枢にいる人間を批判したというだけで、わざわざ一人の大学生を退学させて、実名を晒して名誉を汚して非難する必要性がどこにあるのでしょうか。

「正社員はいらない」“煽る人”竹中平蔵とは何者なのか?
http://bunshun.jp/articles/-/7957

竹中平蔵文春記事

なるほど、なるほど。

パソナの会長ね。人材派遣利権ですね。つまり、外国人労働者を政府がバンバン入れようとしているのも、この利権なんでしょうね。

日本経済を破壊する「民間議員」竹中平蔵氏が犯したこれだけの罪=三橋貴明
https://www.mag2.com/p/money/238834

日刊ゲンダイ 移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/243132

個人ブログ記事 竹中平蔵氏がめざす貧困大国アメリカ - 99%を食い潰す富裕層の富裕層による富裕層のための日本へ
https://blogos.com/article/84676/

そして、日本経済新聞までがこの人物を持ち上げていたということですね。

日本経済新聞系オンライン記事 竹中平蔵氏が語る 2018年度世界経済展望(前編)
http://ps.nikkei.co.jp/leaders/interview/takenaka1803a/

日刊ゲンダイ
竹中平蔵パソナ会長 TV出演で顔を真っ赤にして逆ギレ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150778

竹中は昨年3月の産業競争力会議の場で、「労働移動支援助成金」の予算大幅アップを主張。前年度の2億円が今年度は150倍の300億円に増額されたことを、先日、日刊ゲンダイ本紙は伝えた。再就職支援のための巨額の税金がパソナなど人材サービス会社に流れるような発言をしながら、よく言うよ、である。

「雇用について制度や法律を変えるほどの力があるのに、パソナ会長ではなく“有識者”として語るという状態が許されていることが問題なのです。民間議員選考のシステム是正が急務です」(ジャーナリスト・佐々木実氏)これ以上、竹中に大きな顔をさせてはいけない。



なるほど…。この大学生でなくても、竹中氏への批判は色々なところから出ているんじゃないんですかね。

しかも、この平蔵氏、政治家の弱みも握りまくってるんですかね。東京の麻布に「仁風林」というレストラン(パーティ会場?)がある事が「週刊フラッシュ」に報道されていました。

仁風林記事

週刊フラッシュ記事 「ASKAが通った“仁風林”に招かれた大物議員の名前」
https://smart-flash.jp/sociopolitics/1816

なるほど、ここは

パソナグループの迎賓館

でASKA容疑者がともに逮捕された愛人のT容疑者と出会った場所と言われている」とあります。この記事によると、パソナに有利な規制緩和賛成派(経済紙記者)の政治家たちがここで“接待漬け”にされたと書いてあります。このT容疑者というのは、パソナ・グループ代表の南部靖之氏に重用され、代表秘書だった栩内(とちない) 香澄美氏。

この記事には、次々と大臣クラスの政治家が出入りしていた事が書いてあります。

’08年6月にサプライズ結婚パーティを開いてもらったのは、山際大志郎前内閣府政務官。
そのパーティでは、同席した中川秀直元官房長官が祝辞を述べている。別のパーティに鴨下一郎元環境大臣も出席していた。5月28日、衆院厚生労働委員会で、田村憲久厚労相が「仁風林」に行った事実を認めた



なるほど…。絶句。

田村厚労相が“接待”されたのは昨年の2月28日。ジャーナリストの佐々木実氏が言う。

「田村厚労相はアウトですよ。厚労省は、従業員の再就職を推進した企業に支給する『労働移動支援助成金』を昨年の2億円から300億円に大幅に拡充させた。この300億円の恩恵を受けるのは、パソナなど民間再就職支援会社。関係が直接的すぎるのです。産業競争力会議で“雇用の流動化”を主張しているのがパソナ会長の竹中平蔵氏である点も問題です」



ASKAがここでシャブ漬けにされていたということは、政治家だってやられていたかもしれないですよね。日本の闇を見てしまった気がします。

違う週刊誌による取材でも、パソナ関係者が仁風林について「パソナの福祉厚生施設」と答えたと記載してあるので、パソナ所有の施設であることは間違いないようです。

ZAKZAK by 夕刊フジ
https://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140522/dms1405221535015-n1.htm

パソナの福利厚生施設

日本には、一応、言論の自由がある

んだから。日本は竹中平蔵ワールドじゃないんだよ。(←いま、政治家が弱みを握られてそういう方向に行っているものの、もう日本国民は目覚め始めてますから。)

ちなみに、パソナの社内におけるセクハラの内部告発記事は、削除されていました。(画像は存在するようですが)

http://news.livedoor.com/article/detail/9937005/

pasona.png

しかし、この竹中氏ですがハーバード大学にもいたのね。そして、ハーバード大学教授を務めていたジェフリー・サックスの誘いでハーバードの客員准教授になった事が公開されていますよ。このジェフリー・サックスさんは、確か雅子さまの教授だった人ですよ。確か、ご成婚の時にも日本のマスコミに写真付きでコメントを出していたはずです。記事を見た事がありますよ。こんなところにも、日本を破壊したいグローバル主義者たちの繋がりが見えてきますね。

南部靖之

ASKAと一緒に逮捕された栩内(とちない) 香澄美は、パソナグループ代表秘書だったわけですが、この時の代表は、南部靖之氏。そして、週刊新潮の過去記事によるとパソナの南部靖之氏が「香港で手を繋いでお買い物」していたと報道されたのが元香港国立バレエ団のプリマドンナの浮島智子さんという方だったわけです。そして、この元プリマの方は、なんと公明党議員となり、与党内で要職を与えられて環境大臣政務官などを歴任し、現在は文部科学副大臣(教育・スポーツ担当)兼内閣府副大臣(東京五輪担当)に就任しているのです。恐ろしい…。創価繋がりか。

日本を壊す政商

しかも、ウィキペディアによると、浮島氏の政策は「村山談話・河野談話を見直すべきでない。選択的夫婦別姓制度導入に賛成。」だそうです。反日にして家族制度破壊主義者ってことですね。

元バレリーナの浮島智子議員は、公明党
https://www.jiji.com/jc/giin?d=e800e8445265abf136d24767389976c1&c=syu&rel=ja

しかし、あまり有名ではない大学の一学生をビラを配ったりしただけで吊るし上げた、という言論弾圧はまずいと思いますよ。むしろ、竹中平蔵を批判した生徒がいたけれど、その生徒を「尋問」して退学勧告などせずに、言論の自由を守っていたのなら、東洋大学の評判は上がっただろうと思います。意見を持ったり批判したりする自由はあるのですから。今のままでは、「東洋大学なんて聞いたこともない三流大学だけど、やっぱり最低ラインの大学で、しかも言論弾圧するひどいところなんだ」っていう評判が定着するだけ。自分の頭で考えて発信できる人物を弾圧するバ●推進大学として悪名が高くなるだけですよ。学問には自由な思考が必須ですから、学問を志す人はこの大学を志望しなくなるでしょうね。

ゴーンもそうですが、日本を売り渡す国際主義者たちの正体がやっと表に出てき始めているのではないでしょうか。政治家の皆さんも、こんな人物に弱みを握られているようじゃ、次の選挙は勝てませんよ。本当に。一般人を馬鹿にするにも程がある!

今年の諏訪大社の筒粥神事、東日本大震災の時と同じ結果に

世界最古の縄文文明
01 /15 2019
今年(2019年)の諏訪大社の筒粥(つつがゆ)神事の結果が出ました。諏訪大社で行われるこの神事は粥占いとか「かいうら」などとも呼ばれていますが、釜で炊き上げた筒粥を割って、その結果をみて、その年の農作物の豊凶や世相を予見するというものです。東日本大震災が起きた年のこの神事の結果が史上最悪で、三分五厘であったことから「これは当たる!」と注目を浴びたと思います。三分五厘は「三行半(みくだりはん)」を意味する凶兆とされてきました。満点は五分だそうです。そして、災害が多かった昨年の結果も実は、三分五厘でした。今年も昨年と同じ三分五厘という結果が出たのです。

粥神事

長野日報の記事
http://www.nagano-np.co.jp/articles/43209

日本は、縄文前期の1万2000年以上も前からお米を育ててきましたから、米のプラントオパール(化石化した米)が出土しています。私たちが先祖から引き継いできた稲作文化とお米は稲作文化は、私たちにとって、助け合いの精神を象徴する文明の土台であり、祭祀という精神文化の中心でもあり、経済の基本であり、食べ物でもあり、健康と長寿の礎であり、国力を養う根本であり、最強のラッキーアイテムでもあります。

私たち日本人は、お米の言うことは、ホント、聞いておいた方がいいと思います。お米(筒粥)からの警告にしっかり耳を傾けて、心して一年を過ごしていきたいと思います。

関連記事
日本と世界を救うのは稲作文化を背負った頑固親父の精神
日本人にとっての一番のラッキーアイテムとは
縄文時代前期、1万2000年前の稲作の痕跡が鹿児島から出土
何をすれば世界と日本の役に立つか
国連や国際勢力が「日本叩き」をする本当の理由

5G電磁波対策用のデバイスを激安で手作りする方法

石、環境浄化装置
01 /14 2019
あけましておめでとうございます。あけましてかなり時間は経っていますが(笑)。

お正月は、アメリカでも私はおせち料理を作って、お餅を食べていましたよ。おしるこも。やはり日本人にとっておめでたいものというか、ラッキーアイテムは、私たちのご先祖様が縄文前期1万2000年以上前から育てていた米ですね。

縄文人

昨年の後半は、アメリカの自治体で5G通信塔が「発がんの危険性」を理由に住宅地で排除されたことや、5G通信技術がテロや軍事に簡単に転用できる兵器であることなどを書きましたが、年末には日本のテレビにもNHKだったと思いますが5Gが採用され始めました。「ポケモンショック」の軍事利用の記事でも書きましたが、電磁波パルスや電磁波の影響は、日本でもすでに日常生活に入り込んできています。この電磁波というのは、見えないので非常に厄介なのですが、ガンを誘発したりするだけではなく、人為的にうつ状態を作り出したり、便秘にさせたり、ということまでできるんですよ…。私たちの体に、知らない間にナノテクアイテムが入り込んでしまっていますから、現代人はほぼ全員が遠隔操作可能になってしまっているのです。まあ、自分の体調や気分が実は、電磁波によってコントロールされてるとは思わない人が大半だとは思いますが…。

びんちょうたんコムの電磁波についての説明がとてもわかりやすいので、リンクを載せておきます。
https://www.binchoutan.com/denziha/index.html

しかし、「やられるだけで自分には何もできない」と思っているよりは、何らかの電磁波対策はできる、という風に思えれば、前向きな気持ちになれるのではないかと思います。まずは、自分の体が有害な電磁波をキャッチしにくくなるように、体に溜まっている静電気を除去したり、重金属のデトックスを心がけたり、磁気療法で体内に入ってしまったマイクロダスト(機械化されたダスト)の機能を壊したり、できることはけっこうあります。

貝のオルゴ
(貝殻を使ったオルゴナイトの例)

電磁波除去や環境浄化の一助として、マイナスイオン発生装置であるオルゴナイトというデバイスについて書きましたが、今日は、オルゴナイトを格安で作る方法について書きたいと思います。以前から、私は可愛いタイプのオルゴナイトにはほとんど効果がない、と書いてきましたが、少し訂正があります。ちょっと前に私は日本に帰省して、日本でオルゴナイトを作ってみたのです。いつもと場所が違いますから、揃えられる材料が限られていたので、日本で調達したものを使いました。そこで実感したのは、私がアメリカで作っていたようなパワー全開の「マジなオルゴ」でなくても、

ちっちゃいものでも日本では効果があった、

ということです。私が日本で100円ショップで買った貝殻の中に100円のUVレジンと水晶、ヒマラヤ塩を入れたミニオルゴナイトをいくつか作っただけで、上空の雲というかスモッグのようなものが晴れたのが分かりました。「まさか、こんな小さいので?」と思いましたが、日本は電気の周波数もアメリカとは違いますし、土地が違うと効果も違うのだと思います。アメリカといっても、私の住んでいるシリコンバレーは軍需産業のお膝元ですから、電磁波汚染も日本よりひどいのかもしれません。ですから、皆さんも気負わないで作って試してみてください。

激安プチオルゴナイトの作り方

材料

1 UVレジン(100円)
2 貝殻セット(100円)
3 銅のたわし(100円)
4 砂
5 ブラックトルマリン(マイナスイオンを発生する鉱物)
6 ヒマラヤ塩(高品質の天然塩)



まず、UVレジンについて。100円ショップの手芸セクションにこのようなものが売っていると思います。染料には化学物質が含まれていますから、中には有害な染料もあるので、できれば透明なものの方が良いかと思います。晴れた日なら、数十分あれば固まります。

レジン

次は、容器について、オルゴは金属やミネラル(貝殻はカルシウムなどのミネラルでできている)の入れ物や枠を使うと、圧力のピエゾ効果によって生じる微量な電気の伝導率がアップするので、より効果が高まります。

貝殻

私は日本で、こんな感じの100円ショップの貝殻セットを使いました。オルゴの型は、卵が入れてあるプラスチックの容器とか、プリンやゼリーの容器も使えます。

そして、金属です。本当は鉄のパウダーを使うとパワーがアップするのですが、100円ショップの金属たわしを小さくカットして入れればOKです。確か、金色の銅たわしなどが安く売っていると思います。銅は伝導率が高いのでオススメの素材です。ニッケルやアルミなど、人体に有害と言われている重金属が入っているものは、使わない方がいいと思います。純粋な銅、鉄などがいいです。

銅のたわし

そして、オルゴに欠かせないのが水晶です。水晶デバイスなのでね。水晶は、実は砂場に使う砂に入っていますので、ガーデン用品などを扱っているお店に行けば、安く大量に手に入ります。以下の写真にある透明な石は、全部水晶なのです。

砂

それから、電磁波ブロック効果を高めたいのであれば、ブラックトルマリンやシュンガイトなどのパウダーを入れると、より効果があります。通販で手に入るかと思います。ブラックトルマリンは、マイナスイオン効果で有名な石です。ブラックトルマリンの粉はそんなに高くないはずです。1500円とか? さざれ石でもOKです。

ブラックトルマリン

石は、要らなくなったネックレスやブレスレットなどを解体してオルゴに入れてもいいです。「古くなったパワーストーンを捨てたいけど、どうやって処分したらいいかわからない」という場合がときどきあるようですが、電磁波対策アイテムに生まれ変わります。オブシディアンとか、黒い石は特にパワーがあります。

それから、火山灰なども効果大です。(パウダー状のミネラルは効果絶大です)日本は、火山国なので、日本でとれる石は火山岩が多いので、その辺の小石であっても結構すごいパワーがあるのではないかと思います。

あとは、マイナスイオンアイテムといえば、ヒマラヤ塩など、高品質な天然塩を入れると環境浄化力がアップします。死海の塩もミネラルが豊富でいいです。

私は、レジンを混ぜる時に左側に20回くらいかき回してから、右側に30回くらいかき回してます。こうすることで、何か渦効果が得られるようですよ。(しかし、日本ではそんな暇なかったのと、レジンの量が少なくてかき回せなかったのですが、それでもまあ効果はありました。)

オルゴナイト の例
(オルゴナイトの例)

浄化作用のあるオルゴを作る時の材料として、レジンの割合に対して金属(半分以上入れる)、水晶、マイナスイオンアイテム(ブラックトルマリン、ヒマラヤ塩など)が必須ですが、よもぎパウダーやプラチナパウダー、金粉などを入れると、効果がさらにアップするようです。浄化作用のあるオルゴは、材料に黒いものや色の濃いものが多いので、どうしても見かけの「可愛さ」はありませんので、そこは諦めてください(笑)。

コンセントカバー

出来たオルゴは、ブレーカーの側、パソコンの側や電子レンジの側などに置くと電磁波対策になります。それから、オルゴの裏にコンセントカバーを接着剤で貼り付けると、オルゴをコンセントに差し込むことができます。これも、電磁波対策になります。100均で売ってました。まあ、理想をいえば、「雷サージ保護デバイス」にオルゴをつければ完璧です。

サージ保護

もともと、偶発的なサージ(雷などによって異常な高圧電流が流れる)対策のものですが、5Gの時代に突入してますから、分かりませんよ。「家電が壊れちゃった」と思っていたら、それはその家電の寿命ではなくて、高圧電流を流されたから、って時もあるでしょうからね。

環境浄化装置は、オルゴのように固めなくても、バケツに水を張るだけで、実はできることを書きました。私は、バケツに水を張った中に特大オルゴを何個か入れ込んで、そこに銅のパイプを入れるのですが、パイプが向いてる方向の空はすぐ浄化されていくのが分かります。

青空2

オルゴは、水の中に入れると、オルゴのパワーを倍増してくれるようです。そして、その水を庭に撒くと、植物の育ちが格段によくなります。私の家のトマトも、冬になった今でもすごい勢いですよ。

ま、そういうことで。日本では、100円ショップで買った材料でちっちゃなオルゴを作っても、結構なパワーを発揮してくれる、というお話でした。

赤い鉄分入りオルゴナイト (ケムバスター)
(赤い鉄分入りの機能重視のオルゴナイトの例)

過去記事

大気浄化と電磁波対策と水晶デバイス
カリフォルニアは、森林火事で「バルサン」されました
地球の自浄作用を高めるオルゴナイトと注意点
黒いヘリコプター、キタ━━━!!!
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」
水+石+金属+太陽光+祈り=イヤシロチの創造


渦巻き

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。