FC2ブログ

アップル社の正式フリーダイヤルからの電話が「巧妙な罠」だった件

サイバーセキュリティ、IT犯罪
05 /28 2019
先日、りんご社絡みであまりにひどい事件があったので書いておきます。

あいぽんにアメリカ国内のフリーダイヤルの番号から電話がかかってきました。通常、この電話番号は1ー800番かあら始まるのですが、受け取る用ではなく、無料でかけるものです。

フリーダイヤルから電話がきたのは初めてだったので、そのままにしておいたところ、メッセージを残すわけでもない。

「何だろう?」と思って、その番号をググってみたところ、それはりんご社のカスタマーサービスの番号でした。しかも、「その番号からかかってくる電話は巧妙な詐欺である」という英語の記事がいくつか出てきました。調べたら日本語でも出てました(電話に出なくてよかった!)

アップルからの不審電話

https://iphone-mania.jp/news-246909/

りんご社といえば、昨年にクラウドのデータ管理場所がアメリカ国内から中国に移っています。

やりたい放題です。でも、国内じゃないから、自社のオフィシャル番号を悪用されても、知らんぷりしてるんでしょうね。
スポンサーサイト



大相撲の「アメリカ大統領杯」設置は日本の皇室破壊への布石

日本の国益を守る
05 /28 2019
日本の国技であり伝統的には神事でもある大相撲に「アメリカ大統領杯」の設置という前例のない大事件が起きました。相撲協会の発表によると、アメリカ大統領杯は来年以降も続くということです。これは一大事です。

というのも、大相撲という日本の文化の存在は、ある意味で皇室と同じくらい古い日本の伝統文化であり、世界で他にはみられない「負けても尊敬される」という日本オリジナルの文化の象徴でもあります。

Sumo.png

大相撲の伝統破壊は、最終的には皇室の破壊

をもたらします。

Sumo2.png

まだ話が見えない方々も多いと思います。私自身、昨日の記事を書いた後にことの重大さに気づいたのです。

アメリカの大統領も副大統領にも、女性はまだなっていませんが、

近い将来、必ず女性の米大統領か副大統領が誕生

します。その際、女性の大統領(または女性の副大統領が大統領代理として)が大統領杯を優勝力士に手渡しすることになります。

その際、女性であることを理由に大統領を土俵に上げなかったら、日本と日本文化は女性差別として国際的に批判を受けるはずです。国連も介入するでしょう。アメリカ国内では、連邦政府の資金をうけている役所や組織は人種や性別で待遇を変えて

差別したと判定されると違法行為となる国

です。(まだアメリカにも偏見は強くて残っていますが、そのために法制化しているということです)

また、ケネディ大使は女性でしたが、大使が大統領の名代として杯を贈呈する場合もあるでしょう。今後、女性の大使が赴任してきて、大統領杯を力士に渡すときに「土俵に入るな」と言えない既成事実を作られてしまったのです。

これは、まだ起きていませんが、近い将来に必ず爆発する時限爆弾のようなものです。

そして、女性を土俵内に入れてしまうと、結果的に日本は、「女性差別だ」という外圧に負けて、日本の伝統文化を自ら破壊するという実績が出来ます。

そうなれば、日本を破壊したい勢力が二千年以上続いてきた揺るぎない日本の皇室の男系継承の伝統を、国連にも参戦させて

「女性差別撤廃」を理由に壊す

のは難しくないでしょう。

これは、日本人ひとりひとりが日本文化は世界で唯一無二、オンリーワンのものだということに気づいて、理論武装した上で、ご皇室の伝統を命がけで守る気概を見せないといけないと思います。

そうでないと、私たちの日本はいつのまにか違うものに乗っ取られて、大袈裟に言うと「小室天皇」のようなことになってしまいます。


書物に記録されている中では最も古い相撲とされている垂仁天皇の御前で負けた当麻蹴速(たいまのけはや)を祀る「蹴速塚(けはやづか)」には、このような案内文が書いてあります。

「勝者、必ずしも優ならず。
ときには勝機や時運に恵まれず、敗者とな ることもある。

勝者に拍手をおくるのはよい、だが敗者にもいっきくの涙を
そそぐべきではないか」

「蹴速塚(けはやづか)」




関連記事
国連が日本叩きする本当の理由
相撲に「大統領杯」強引設置は米の文化侵略の誘致
アメリカにとって日本は北朝鮮と同列?
負けても尊敬される世界でも珍しい日本文化
天皇陵の世界遺産登録勧告 = 墓荒らし + 罰当たり = 日本潰し

神事である相撲に「大統領杯」強引設置はアメリカの文化侵略の誘致

日本人としての誇り
05 /26 2019
相撲は日本の国技であり、神事です。

それが戦勝国であるアメリカの大統領の要望で「大統領杯」まで作ってしまいました。今回だけならまだしも、相撲の夏場所を大統領杯にしてしまったとは、なんたる売国行為でしょうか。まるで

日本が文化的にもアメリカの属国になってしまった

ような振る舞いです。

安倍首相の外交はある程度支持していましたが、もう失望しました。

これは、アメリカに文化侵略を「どーぞどーぞ」と招き入れる行為です。こんなことで、日米関係が良くなることはないのに。(アメリカのマスコミでは日本は北朝鮮と同列の扱いだった事実についての過去記事はこちら

むしろ、日本の文化の純粋さが損なわれます。また、相撲は日本の国の在り方を反映する神事であり、神々に奉納するものです。

Sumo2.png

古くは当麻蹴速と野見宿禰が垂仁天皇の御前で相撲を取ったことが記録に残っているように、昔は天皇陛下の御前で行われたもの。(過去記事「負けても尊敬される、世界でも稀な日本の精神」を参照)

Sumo.png

それを

アメリカ大統領に奉納するとはどういうことじゃ!!!

わしゃ、怒りが収まらん💢

アメリカに長年住んでアメリカを表から裏から見てきた私が知っていることの一つに、アメリカの支配層の狡猾さと原住民の精神性や伝統が持つパワーをハイジャックして、自らの力としてきたことがあります。

一つ、分かりやすい例を挙げます。アメリカの国の象徴として鷲を使っているのですが、これは元々はネイティブアメリカンの団結と権威の象徴です。アメリカの支配層はこれをパクって我が物としたわけです。他にもいろいろありますが、それはまたの機会に。(大東亜戦争中も、後半に日本人が解読不能だったナバホ族の暗号部隊を作ったことで、戦争における情報戦を勝ち抜きました。)

相撲の夏場所にアメリカ大統領杯を設けることは、日本の文化的なアメリカの属国化を意味するだけでなく、神事である相撲の特性からいって、アメリカに日本の国運を吸い上げられる(吸わせる)ということを象徴しています。

相撲協会も安倍首相もなにやってんねん!!

自民党もいい気になるなよ‼️ こんなことばかり続けて、

日本の土台を蔑ろにしたら、次の選挙で痛い目にあうからな‼️

書物に記録されている中では最も古い相撲とされている垂仁天皇の御前で負けた当麻蹴速(たいまのけはや)を祀る「蹴速塚(けはやづか)」には、このような案内文が書いてあります。

「勝者、必ずしも優ならず。
ときには勝機や時運に恵まれず、敗者とな ることもある。

勝者に拍手をおくるのはよい、だが敗者にもいっきくの涙を
そそぐべきではないか」

「蹴速塚(けはやづか)」



関連記事
国連が日本叩きする本当の理由
アメリカにとって日本は北朝鮮と同列?
負けても尊敬される世界でも珍しい日本文化
相撲の「アメリカ大統領杯」は日本の皇室破壊への布石
天皇陵の世界遺産登録勧告 = 墓荒らし + 罰当たり = 日本潰し

ドリーン・バーチューが「タロットの悪魔教繋がり」を意図的に隠ぺいした過去に後悔

脱スピ、脱洗脳
05 /23 2019
2017年にキリスト教に改宗し、「私は今まで悪魔に騙されていた」、「ニューエイジ(スピ)は悪魔が運営している」と公言して、ボトックス注射をやめて外見も年相応に変わり、過去の著書も出版停止したドリーン・バーチューさんについて。

私自身はドリーンさんの動向にあまり興味はないのですが、「タロットカード自体に罪はない。作者のドリーンが悪魔のものだと言おうが使い続ける」という判断をした人もいらっしゃると思うので、書いておこうと思います。



何週間か前にドリーンさんは、ユーチューブのビデオで、過去に自分がタロットを作ったり、本を書いた際に、現代タロットの起源にオカルト主義者(悪魔教リーダー)の英国人、アレイスター・クロウリーが関わっていたことを知っていて隠ぺいしたことを思い出し、当時の記憶がフラッシュバックして怖い思いをしたと語りました。

ドリーンさんによると、本人が書いたタロットについての著書の中でも、あえて悪魔教の指導者アレイスター・クロウリーが現代タロットの開発に関わり、大々的に世間にひろめたことを敢えて省き、今ではそれをドリーンさんは後悔している、と述べました。

バーチュー
(「ボトックスをやめた」と公言した後の画像)

アレイスター・クロウリーという悪魔教の指導者は、一説にはバーバラ・ブッシュ大統領夫人の実父ではないかと言われており、サイエントロジー創始者のロン・ハバードも一緒に悪魔教の儀式をしていました。(その流れを汲むのが、元サイエントロジー信者が創始者アクセスバーズ。詳しくは過去記事参照)

クロウリーは悪魔教の布教道具としてタロットをアップグレードして、広く世に広めたのですが、現在売られているタロットの定番であるライダーウェイトタロットの作者もクロウリーの団体「黄金の夜明け団」に入っていたとドリーンさんは述べています。(ドリーンさんは、ちゃんと教団名を言ってますから、当然、詳しく知っていたんですよ!それに、ウェイト博士がメイソンだったこともググったら出て来ました。)

ドリーンさんは、「クロウリーのカードには怖い悪魔の絵とかがあるから、自分は怖くない天使のカードを作った」と言ってました。そして、それまでタロットを異教のものとして警戒していた人たちが、「天使のカードならいいだろう」とキリスト教系の文化にいる人たちが安心して彼女が作ったカードに飛び付いたわけです。(お花畑脳の日本人もついでに飛び付いたけど)

現代タロットカードの起源そのものに悪夢教が関わっていることをドリーンさん自身は知っていて隠し、タロットに関する自著にも、その事実を意図的に除外して書いた。クロウリーの関与を知った上で読者や利用者を騙し、天使のタロットを広めてしまったことを今になって告白しているというわけです。

タロットの悪魔教関与を知っていて隠した

ということ。しかし、ひどい点は、本人はキリスト教に改宗してすっかり棚に上がってしまって、過去に自分が現代タロットの悪魔教の出自を隠すという重大な嘘をついたことで、自分にダメージは一切ないと思っていることです。また、クロウリーのことも「ディープな悪いオカルト」と言ってはいますが、本当は悪魔教だったことも言ってません。

ビデオの中で「私の魂はもう救われてるから」と何度も繰り返していました。

つまり、タロットに付随する黒い部分を隠ぺいして、意図的に可愛くて夢があって、ネガティヴ要素がない無害なものとして宣伝する悪の隠ぺい工作に自分が関わって後悔しているんだけども、キリストのパワーで自分の魂は今は

(自分の過去の黒歴史をまだ信じちゃって
地獄行き確定な人達と違って)


救済済みだから、大丈夫なの!

というようなことですかね。これは、酷すぎやしませんか? このカミングアウトの仕方も、「上げて落とす」手法というか、完全にクロだと思いました。

トランプ大統領、本当に日米対等なら靖国神社参拝で証明を

日米関係、日米同盟
05 /20 2019
元ウクライナ大使の馬渕睦夫氏が

「トランプ大統領が安倍首相と一緒に靖国神社に参拝

すれば、本当の意味で戦後体制が終わる」と仰っていました。



戦後、日本は経済の面でも国防の面でもアメリカに従属させられて敗戦国として様々な工作というか弱体化をさせられてきました。「アメリカの日本に関する本音」という過去記事でも書いた通り、アメリカにとって日本はいまだに対等な同盟国ではなく、アメリカ国内ではそのように扱っていないという事実があります。

首相の靖国神社の参拝にしても、パパブッシュの時代に靖国参拝しようかという打診があったにも関わらず、日本側がそれを阻止。そして、安倍総理はオバマ大統領政権下でアメリカから靖国参拝を止められました。そして、2013年に安倍首相が靖国神社に参拝したとき、完全に左傾化して反日化してほぼ中韓と一心同体のようになっていたアメリカの国務省は「がっかりした」などという声明を出しました。あの時、キャロライン・ケネディ大使が「日本には失望(がっかり)した」という声明を出しましたね。恋ダンスまでして日本人に媚を売っておいて、退任後は日本にアメリカの兵器をもっと売りつける為にボーイング社の取り締まり役に就任した方ですよ!

【靖国参拝】アメリカ国務省、我々の「失望」メッセージは明確
https://www.huffingtonpost.jp/2013/12/31/yasukuni-us-department-of-state_n_4522937.html

世界には「ウエストファリア体制」といって、他国に内政干渉しない、という前提があるはずなのに、アメリカはこれを無視して日本に干渉してきました。私たち日本人が「アメリカの大統領を女性にしろ!」とか「アメリカ大統領執務室に日本人を硫黄島で大量に殺したシンボルの彫刻をおくな」とか、「原爆を落とした米軍の墓地に大統領が行くべきでない」とか言ったことは一度もありません。

「大統領が聖書に手を当てて宣誓するのは、
政教分離に反している」


とか「アメリカ議会で議員が聖書に手を当てて証言するのはおかしい」とも言ったこともありません。また、「ローマ法王が女性じゃないのは差別だ」とか言ったことはありません。国際勢力は今でも日本に干渉し、日本の伝統をあの手この手で破壊しようとしています。

さらに、オバマ政権から慰安婦合意をさせられたのも、韓国の意思だけではなく、アメリカの意思があったから。日本は国防をアメリカに握られていますから、アメリカに逆らうことができなかったわけです。

トランプ大統領になってから、トランプ大統領のスピーチでは「日本の長い長い歴史尊重する」と述べ「日米対等」とする発言があったにも関わらず、実際にはトランプ大統領の来日の際は、大統領専用機で米軍基地に乗り付けて、占領済みの国に降りたつようでした。

また、前回はトランプ大統領が訪日する直前には真珠湾に立ち寄り、「ここで亡くなった米軍兵のこと忘れないからな」というアピールをしました。そして、その後は、大東亜戦争時に米軍の暗号部隊にいたアメリカ先住民のナバホ族の人達をホワイトハウスに招待して、一緒に日本軍をやっつけたことを語らせました。

アメリカにとっての日本の立ち位置について、以前書きましたが、

本当に日米が対等

であるなら、トランプ大統領は靖国神社に参拝して、私たち日本人と私たちのご先祖に敬意を表することが必須です。

安倍首相は訪米した際に、アメリカの軍人の国立墓地であるアーリントン墓地に参拝し、ハワイでは真珠湾基地にあるアリゾナ記念館も訪れています。

アメリカの軍人を弔う施設にアメリカの大統領が行くことに、当然ですが日本は反対したり、世論工作したりしたことはありません。しかし、アメリカは中韓と日本の左翼メディアと一緒になって、それをやってきました。(アメリカの大手メディアでは、保守系のフォックスでも北朝鮮がらみのニュースの際に日本が引き合いに出されて、日本は北朝鮮と同列に扱われて報道されていました。「アメリカにとって、日本はまだ元敵国」という過去記事を読んでね。)

そろそろ、日本の首相が当たり前のことをしてもいい時期ではないでしょうか。また、天皇陛下は政治的な決断はできないことになっているので、この件が政治的な案件と思われている現在では、陛下の一存で首相がしていない靖国参拝を敢行するのは難しいでしょう。

まず、首相がトランプ大統領と靖国に行かないと。今回、トランプ大統領が靖国に参拝しないようなら、私はやはりトランプ大統領も今までと同じくディープステートの手下であり、日米対等は嘘っぱちであると確信します。(現在、旧勢力というか腐敗勢力が一掃されつつあることを書きましたが、それが本当であるかが、ここでわかります。)

靖国参拝で時代が変わったことを証明

してもらわないと。

アメリカは自国の戦没者は手厚く葬り、国民や社会全体で軍人を優遇しています。軍人や元軍人には、公立大学の学費が安くなったり、政府から手厚い福利厚生があるだけでなく、お店やレストランで割引きが貰えるところもあります。

アメリカも、日本に憲法改正させて、日本に本当の意味で影響力を与えたいなら、そのくらいしないとね。アメリカの代表である大統領が靖国神社に来たら、私はアメリカは本当に根底から変わったんだ、と納得します。

トランプ大統領が本当にデキる人間か

どうか、言われているように本当に型破りで大胆な人間なのか、静観したいと思います。

仁徳 ← 徳仁 ← 世界遺産登録国連勧告 = 墓荒らし + 罰当たり = 日本潰し

国連の腐敗、国連の反日
05 /16 2019
昨日のネタの続き。

国連による日本潰し。また来ましたね。

仁徳天皇の御陵(お墓)の
国連ユネスコ世界遺産登録には
絶対反対です。


国連は、これまで数々の反日活動を行ってきただけでなく、朝鮮戦争時には国連軍向けの慰安婦を募集していました。また、元国連職員の内部告発者によると、国連関係者の犯罪数は6万件以上で、虐待に関わった犯罪者の数は3000名以上です。

国連は、犯罪組織に乗っ取られており、信頼できる団体ではありません。アメリカのシカゴなどでは憲法違反までして治安維持に国連軍を招き入れたり、アメリカの一部は国連軍に占領されて一部主権を失った状態です。

先祖のお墓を荒らすことが、非常識で罰当たりな行為であることは、一般人のお墓でも言えます。日本国と日本人の代表であり象徴である天皇陛下のご先祖様の御陵(お墓)は、なおさらです。

「仁徳」というおくり名の天皇の名前を逆にした「徳仁」という名の天皇陛下の御代に、

国連ユネスコの勧告で墓荒らし

をさせるのはいけません。

私たち日本人が自ら自分たちで世界遺産登録という偽ブランドを手に入れようとして、自分たちの祖先の墓を荒らして、自らにバチが当たるように仕向けようとしているとしか思えません。

ご先祖様のお墓を荒らすことについて、私は考えさせられたことがあります。お墓を荒らした後に酷い目に遭ったことのある知り合いの実話です。

Aさんという超エリート男性は、お嫁さんに言われるまま親戚の大反対を押し切って、読経もなにもせずにお墓を開け、中身のお骨を取り出して宅急便で新しい場所送りつけて、お墓の移動を強行しました。

その後、Aさんはガンになり食事が喉を通らなくなって弱っていきました。奥さんは、病院に毎日看病に行ったそうなのですが、何を思ってか病室に自分が食べる用のご馳走を持ち込んで、流動食しか食べれなくなったAさんの食欲を刺激しました。しかし固形物を食べられない状態のAさんは地獄の苦しみを味わうことを余儀なくされたのです。そして、数ヶ月ずっと飢餓状態で幻覚を見るほど苦しんでなくなりました。

その後、Aさんの奥さんは、子どもたちにご主人への酷い仕打ちを見られて、子どもたち全員から嫌われてしまいました。そして、奥さんは罪悪感を取り除くために自分がいかに夫の看護を頑張ったかを綴った手紙を知り合いや縁者全員に送りつけたそうなのです。(その他にも、この奥さんには様々な事故や困りごとが起こり、精神を病んだそうです。)

この家族に起きたことが周囲の反対を押し切ってお墓を荒らしたことと関係があるかは分かりませんが、お墓の件があるまではAさん一家はエリートとして地位もお金も名誉も手に入れて、子育ても立派にこなして、人生は順風満帆で表向きは幸せを絵に描いたような家族だったということです。

ご皇室のお墓である

仁徳天皇御陵のユネスコ世界遺産登録には、絶対反対

です。

また、今上陛下は皇太子時代に皇室のお宝が売りに出されるという「ヤフオク事件」が報じられています。そして、皇后陛下のお父上の小和田氏は元国連大使であり、皇后陛下は皇太子妃時代に国連大学の個室に出入りしていたという報道もありました。

皇太子に受け継がれたはずの守り刀「壺切の剣」は、なぜか数年前にプーチン大統領が安倍首相に返してくれた件を覚えていらっしゃるでしょうか。プーチンさんはソ連時代は秘密警察のトップでしたが、そのころ小和田氏はソ連に駐在。ロシアとのコネを持った人物な訳ですが、この剣は旧ソ連のウクライナから出たと言われています。

御陵が世界遺産登録されてしまえば、国連が調査に介入しますから、出土した

土器やお骨など日本のお宝を国連がコントロールする

ことになるのですよ。一貫して日本叩きを行なってきた国連が。

これを許すことは、天皇陛下の周囲の国連人脈をさらに図に乗せて、日本の国宝を売り渡すことと同じです。

絶対に許してはいけません!

自分を貶める「高次元」、「ハイヤーセルフ」教の罠

脱スピ、脱洗脳
05 /15 2019
最近、スピリチュアルな商売をしている方達がよく私のブログの読者登録をされているようなのですが、私は首をかしげずにはいられません。多分、あまり人のブログの内容を読まずに、とりあえず登録しているのかもしれません。まったく話が合わないと思うんですけどね。

私はお金がかからず自分だけでやる完全自立タイプのスピ活動は良いと思いますが、お金がかかるものや人と一緒につるんでやるタイプのものや指導者やテクニックが必要なものにはロクなものがないと思っています。スピリチュアルとは、自分の精神や心のこと。どうして自分の精神を鍛えたり、心を鍛えるのに、お金をかけたり、人とつるまないといけないんでしょうか。さっぱりわかりません。また、外国人が横文字で何かすごそうなテクを教えてくれるようなスピも私は無意味だと思っています。鑑定やセミナーなどでお金をがっぽり取られた上に、何か精神が逆に蝕まれている人が多い気がします。

ひとつ分かりやすい例を挙げます。

ここ十年くらいでしょうか。「ハイヤーセルフ(高次元の自己)の声を聞く」というようなことをいっている人たちがいます。人によっては、霊能者やヒーラー(他人)から「あなたのハイヤーセルフはこういっている」とかお金を払ってハイヤーセルフからのメッセージを通訳してもらう人もいるそうです。アホか!!「セルフ(自己)」という言葉がついてるってことは、

ハイヤーセルフは自分の一部

なんですよね。自分の一部と離れてしまっていて、他人に聞かないと、自分が思っていることがわからないって、人間として末期症状じゃないですか!

これは私の見方ですが、自分自身の中で分裂を起こして、本当の自分や自分の本心をわからなくするために何者かが「ハイヤーセルフ」なる考え方を編み出してそれを商売に利用している勢力がいるんだと思います。自分自身を「高次元の自分」と「低次元の自分」に分けて、自分自身で自分を差別しているような感じがします。そして、高次元の自分(ハイヤーセルフ)にアクセスできていないと感じる人が多いということは、自分自身が高次元の自分を所有できておらず、低次元の自分に支配されちゃってる、と思い込んでいるわけです。これって、おかしくね?

これは性善説で「お天道様がみている」という感覚を培ってきた日本人には必要がない考え方だと私は思います。というのは、アメリカで長年暮らしてきて、西洋人とつきあって思ったのは、こっちの人は常に自分の中にある天使と悪魔と戦っているような考え方をする人が多いということです。犯罪も人が見ている場所ではあまり起きないけれど、人が見ていない場所ではものすごく起きる。つまり、証人がいたら犯罪がバレるから。物だって、人が見ている場所に置いておいてもあまりなくなりませんが、人目がつかないところに数分おきっぱなしにしておくと、すぐになくなります。

西洋人のマインドの中では、常に「人が見ていないなら盗っちゃおうかな」という低次元の自分と「いやいや、そんなことしたらいかん」という高次元の自分が戦っているような印象を私は受けました。ハロウィンのマインドで彼らは鍛えられていますからね。

その点からいうと、日本人の心が善悪の二元論に侵されているとは私には思えないのです。そして、私たち日本人は性善説で人を疑うことを知らない人が多いので「ハイヤーセルフ」とか横文字でそれっぽいことを言われると「私は高次元の自分のマインドがわかっていないんだ。繋がりたい!」などと洗脳されて嘘を信じこまされてしまうのではないかと思います。

自分は自分だから元から繋がってます

当たり前のことだけど。もし、「ハイヤーセルフ教」にはまっている人が身近にいたら、教えてあげてください。これは、二元論で育った西洋人のマインドの中はそうなっているかもしれないけれど、日本人の意識にはマッチしておらず、

自分自身を貶めて、自分の中で分裂を作り出す考え方

であると。

それに、ハイヤーセルフ=守護霊とも私は思っていません。守護霊が存在するかしないかは私には分かりませんが、もしも守護霊にベラベラ話しかけられたら怖いし、いちいち人生に介入されたらウザいですよね。もし、守護霊が存在するとしたら、私たちの選択や意志を尊重して、いちいち介入するようなことはしないと思います。どうしても危険な時だけ守ってくれるんじゃないでしょうか。(あっちの世界にも、おそらく不介入ルールがあるだろうし、そうじゃないと怖いですから、守護霊にルールを破らせて色々聞き出す行為はそもそもアウトなのではと思います。)

「高次元の存在のチャネリング」とかもそうだけど、「高次元って誰が決めるの?」って話。見えない存在で「自称高次元」なら、善玉なんでしょうか? 私たち人間より優れているんでしょうか。どうして彼らの言うことを聞かないといけないのでしょうか。

「高次元の存在」とか「ハイヤーセルフ」とか、自分を貶める考え方はそろそろ終わりにした方がいい時代になってきていると私は思います。

自分が自分であることが当たり前でありがたい

私はそう思ってます。

仁徳天皇のお墓を徳仁天皇の時代に国連ユネスコ世界遺産を使って墓荒らしは不敬です

国連の腐敗、国連の反日
05 /15 2019
ちょっと時間がないので、要点だけ書いておきます。

国連がいかに犯罪勢力に乗っ取られてきたか国連の反日活動その理由についていろいろ書いてきましたが、仁徳天皇の御陵(お墓)を国連傘下のユネスコが世界遺産登録するように勧告した件について。

日本の古墳は、現在も生きておられるご皇室という日本の総本家のご先祖にあたる方々のお墓です。ユネスコ世界遺産登録されてしまえば、国連から日本の伝統を尊重しない人たちが調査にやってきます。国連がしようとしていることは、墓暴きであり、墓荒らしです。大阪がこの勧告を受け入れてしまえば、

「どうぞ私たち先祖の墓を荒らしてください」

といっていることになってしまいます。

しかも、徳仁というお名前の天皇陛下の御代になった途端に、その漢字を逆さまにした仁徳天皇のお墓を暴こうとするとは。

これは、絶対にあってはならないです。これは、私たち日本人のご先祖さまへの不敬です。

万が一、国連ユネスコの世界遺産登録を許してしまえば、送られてくる調査員たちは日本人ではないだろうし、調査は宮内庁や日本の政府が仕切ることはできません。国連のコントロール下に置かれるのです。国連は前々から日本叩きを続けており、日本の伝統や利益、名誉を守ろうとする団体ではないのです。

仁徳 ⇄ 徳仁

これを良く考えないと。日本を狙ってる連中はアナグラムという言葉遊びが大好きなのかも。

世界遺産登録は、国民が一丸となって止めないと

いけません。

大昔から「墓荒らし」は罰当たりな行為だとされています。一般人のお墓でもそうなのですから、天皇の御陵はなおさらです。しかも、このお墓は、「民のかまど」の逸話で有名な民に尽くした天皇であった仁徳天皇のものです。

これを止めないと、今上天皇の身にも、日本国全体にも影響が出てしまうかもしれません。

取り急ぎ。

国連による犯罪と反日

日本の漫画を攻撃していた英国人国連幹部が服役
カナダ人元国連代表がネパール警察に逮捕
元職員が国連に蔓延する虐待を告発、虐待者は3300名
国連とEUがオウム処刑で日本を批判
国連が日本叩きする本当の理由

アメリカで慈善団体に関わる人たちのちょっぴり怖い話

どうなってるの?アメリカ
05 /07 2019
今日は、少し昔の話ですが、実体験から一つ。物凄く怖い話ではないけれど、ちょっと怖い話。以前、「世の中を良くしたかったら、いいと思ってやっていたことを今すぐやめて」という記事を書きました。

過去二年くらいの間に信じられない数の国連職員慈善団体関係者、マザーテレサの教会の修道女やカトリック教の神父、ダライ・ラマ関係者が逮捕されたニュースも取り上げました。このように今では慈善団体や活動を隠れ蓑に犯罪行為を働いていたものたちが、公に大きな事件となって炙り出されています。

しかし、私自身、慈善団体や非営利団体、環境団体などこそが悪の巣窟になっていることに気付くのに長い長い時間がかかりました。私はアメリカに住んでいても、ずっと性善説の典型的なお人好しの日本人でした。

アメリカの大都市に住んでいたある時、私は慈善団体や非営利団体でイキイキと働くちょっとだけヒッピー気分が入ったインテリ系アメリカ人数人と親しくなりました。その時は、私は若かったので「すごいイケてる人たちの仲間入りした」と思っていました。実際、その人たちは悪い人たちではなかったし、一緒に行動していて楽しい人たちでした。

しかし、ある時、私はアフリカにルーツをもつアメリカ人のご夫婦と知り合いになってから、自分が「素敵だ」と思っていた友達に実は後ろ暗い秘密があるだろうことを知ってしまったのです。

そのご夫婦はコアなスピ実践者で私の仕入れてくる技やスピ情報が面白いと思ったのか、色々と興味をもってくれてお互いに深い話をしたり、癒し技や意見交換をしていました。

ある日、そのご夫婦から「あなたが仲良くしている白人のお友達たちだけどね、あの人たちが関わってる向かいのコープ(共同経営で野菜などを売る店)」の屋根の上を見てごらん」と言われました。

すると、そこにはお人形の首の部分がちょこんと鎮座していました。それは通りの方をみていました。

ご夫婦は「人形の頭部は黒魔術で使われるアイテムなんだよ。(注:日本だったら藁人形があるのと同じ感じ)きみの友達にこのことを聞いてごらん。絶対、取り乱すから」と仰ったのです。

素直だったw私は早速、その店で買い物をしたついでに、そのことをレジの顔見知りの女の子に聞いてみました。その子も私の「クールな友達の仲間」でした。すると、「ただのドールヘッド(人形の頭)よ!!それだけ!!」とキレ気味に言われました。

何かしっくりしない感覚を残したままだったので、次に私の「素敵な友達ら」がほぼ全員集合した時に、また店の屋根の上にある人形の頭部について聞いてみました。

すると、彼らの反応がおかしかったのです。「何が問題なんだ!いいじゃないか、置いたって」とやたらと庇うのです。それなのに、そんな変わった物をそんな変わった場所に置く理由についてはダンマリで「意味なんてないに決まってる」と言い張るのです。

私は「ああ、これはこの人たち、何か知ってるな」と思いました。おそらく、何か胸を張って言えない儀式がそこで行われていたのを知っていたのでしょう。(バレると魔術が解けるから秘密だったのかも)

そして、前述のご夫婦は「きみの友達みたいに、自らを変えたり内省することは一切せずに、自分が地域を変えてやろうという傲慢な考えの人たちは、逆にその土地に変えられてしまう。だから土地の真の恩恵を頂いてそこに根付くこともできない。きみの友達は多分、ここには長くはいられないよ」と言いました。

その時は、友人達は、全員がそこに定住するように見えましたが一年もしないうちに、一人ずつ違う土地へ移っていき、ご夫婦の予測通りの結果となりました。

確かに私の「素敵な友達ら」は私がそのご夫婦と親しくなったこと自体を苦々しく思っていたようで、それが差別だったのか、なんだったのか分かりませんが、会ったこともないご夫婦の悪口を言っていました。インテリで自信家で性格もいい人たちでしたが、自分たちの中にある偏見を省みようとか、反省や内省するというような意識はないのでした。

今になって、「かなり前から、慈善団体や非営利組織に関わる人たちの中には、なんらかの黒魔術に関わっていた人がけっこういたのでは」ということに気づきました。

「人を呪わば穴二つ」と言いますからね。今はもう、慈善団体や慈善活動を免罪符にしてやりたい放題やってきた連中も、もうそろそろ年貢の納め時みたいですね。

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。