FC2ブログ

花粉症対策と予防としての「そば蜂蜜」

デトックス、健康法
06 /01 2019
今日は「蕎麦の蜂蜜」を買ってきたので、そのお話です。私の住んでいる地域の近くの町で手作りしているということでした。

そば蜂蜜

病気や体調不良になると治療で痛い思いをしたり金もかかるので、やはり未然に防いで健康でいるのが良いですよね。しかし、治療法が確立されていない花粉症などは厄介ですよね。

私はアメリカ国内を何回か引越ししたことがあるのですが、やはり同じ大陸でも違う地域に行くと気候も違うし、生えている植物も地中に埋まっている鉱物さえ違います。そうすると、体が慣れるまで、ちょっと大変な時があります。

ある時、極端な気候の場所に引っ越した時に、地元の人スーパーのハチミツのコーナーに手書きで「花粉症には地元産のハチミツを」と書いて売っているのを見つけました。周囲のアメリカ人に聞いてみたところ、その地域では新しく引っ越してきた人は特に花粉症になりやすいことが良く知られているということでした。

地元の人たちは、自分が住んでいる場所のハチミツを食べることの効能を知っていて教えてくれました。特に、蕎麦の花からとれたハチミツは、花粉症やアレルギーに効いたという体験談をききました。(蕎麦アレルギーの人は別ですが)

私自身、その土地の「地ハチミツ」を積極的に食べていたせいか、アレルギーや花粉症に悩まされたことはないです。

日本では蕎麦のハチミツはけっこうとれるようですね。ちょっと苦くて黒糖のような独特の甘みがあります。美味しいかといえば、微妙ですが。

なぜ地元のハチミツでなければならないか。おそらく、私たちが花粉症になるとき、地元で自生している植物の花粉が体に入ってきて、体が異物として過剰に反応して排除するわけです。

その際に、体が「この花粉は食べ物なんだ」と認識できればいいわけですが、おそらく一度、ハチが花粉の情報をハチミツと一緒に食べられる状態にしてくれていますから、それを食べ続けることで、体が花粉は危険物質でないことを認識できるのでしょう。

何にでも解決法があり、自然界の中には必ずいつも解決方法や改善方法があるというのを実感します。

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。