FC2ブログ

電磁波ハラスメントとモーゲロン病(むずむず病)の徹底対策について

電磁波対策など
12 /06 2017
先日、モーゲロン(モージェロン)病(むずむず病)についてと、世界の富裕層は日本の伝統食である玄米食を実践して、これを予防していることを書きました。

稲穂


モーゲロン病とナノテクノロジーのひとつであるモーゲロン繊維については、体内でカビのような広がり方をするのですが、知れば知るほど不気味で厄介そうな内容なので、私はまずは徹底的な対策を述べている方々の意見を先に公開してから、病気の詳細について書いていこうと思っています。

私たちが怖くなって思考停止したり、マルバツ思考に陥って解決法を考えるのを忘れたり、文句や怒りだけでいっぱいいっぱいで対策を実行に移す余裕がなくなってしまったり、絶望してしまうのが、一番危険なのではないかと思うからです。

基本的には、先日書いた玄米食などで体をアルカリ性にして、病気が広がらない健全な体質にすることなのですが、食べ物だけではそこまで行くのに半年とか一年とか時間がかかるかもしれませんので、以下のような徹底した方法を数ヶ月実践して快癒(または予防)できたという体験談は参考になるかと思います。



このビデオは、アメリカ人の男性の体験談です。この方は、モーゲロン繊維を吸い込んで、いわゆる「電磁波ハラスメント(電磁波過敏症)」のような状態を経験していたのですが、徹底的な体のデトックスによって、現在はまったく影響を受けていないと語っています。

この方は、「人間を電磁波で操ったり、影響を与えたりするのにマイクロチップの埋め込みは必要なく、私たちの体内にナノテクノロジー(スマートダスト)と電極として作用する金属(注:チタン、マンガン、バリウムなど)が二種類以上すでに存在する。自分がデトックスして、有害電波や影響をキャッチしない体にするだけ。自分はハラスメントがあるとは思っていない」と述べています。

以下は、この方が語っている内容のまとめです。(カッコ内は、私が付け足した注意書きです)

1)硫酸マグネシウム(エプソムソルト)
できるだけお風呂を熱くして、4、5カップ入れて、毎日入ってください。マグネシウムは、バリウム中毒に使われます。(注:ケムトレイルには、高濃度のバリウムが含まれている場合があります)これによって、重金属を皮膚からデトックスします。一、二週間続けると、皮膚が剥けてくることがあります。これは、バイオフィルム(菌の皮膜)が皮膚からはがれてきているということです。

2)ホウ砂(ボラックス)
ホウ砂は、カビを殺すので、これを溶かした水をスプレーする人もいます。合成洗剤をやめて、ホウ砂を洗剤の代わりに使ってください。そして、洗濯物は外に干さないで、必ず乾燥機を使ってください。それから、ホウ砂はボロンというサプリがありますから、少量をサプリとして飲んでいる人もいます。イメージ的に怖がる人もいますが、私はかなり大量に飲みましたが、食塩より毒性は低いのでこの通り大丈夫です。また、これは体から、フッ素を抜いてくれます。

3)ベントナイト泥(モンモリナイト)*サプリ用のが売っています
これを飲んでください。重金属などをキャッチして、体外に排出してくれます。これを飲んで、下痢をする人もいるし、吐く人もいるかもしれません。

4)石灰硫黄合剤をお風呂に入れる
これは、真菌対策です。(注:アメリカでは、主にペットの防虫に使われます。日本では、家庭で温泉気分が味わえると使う方もいらっしゃるようですが、風呂釜を傷めるかもしれないので注意が必要です。強いアルカリです。)

5)カリウム
6)マグネシウム
7)オレガノオイル(注:強いので、必ずオリーブオイルなどで薄めてカプセルに入れて摂ったほうがいいです。原液はヒリヒリするほど強力ですので。)
8)ガーリック
9)ヨウ素
10)砂糖を断つ
白砂糖をとると、悪化するので白砂糖は一切取らないようにしてください。



この方によると、モーゲロン病患者の全員が電磁波ハラスメントに遭っているわけではないが、電磁波の問題を経験している人の全員にモーゲロン繊維が見られる、と言っています。そして、ある人が病院に行ったところ、良心的な医師の方が(「妄想だ!」などと言わずに、きちんと対応してくれた)皮膚のサンプルを検査したところ、カビ(真菌類)と未知の黒いドロドロの液体が見られた、と述べていました。

ちなみに、私自身は健康増進のために、以上のデトックス方法のうち、「ホウ砂」以外は全て試したことがあります。どれも一回で効果が出るわけではないので、根気強く継続することが大切だと思います。また、デトックスをすることは、結構、気力と体力を消耗したりして、グッタリする場合もあるので、ある程度の覚悟は必要です。睡眠を十分取って、水分を補給をしっかりしながらやってください。

また、酸性になってしまっている体に強力なアルカリを急に導入すると、吐いたり下痢をすることもあるので、まずは週末などに試してみると良いのではないかと思います。また、一番最初は量を控えめにしてだんだんと増やしていくと、身体に負担が少ないです。


パッションフラワー


それから、市販のサプリメントには、体にいいと思って飲んでも「酸化チタン」や「マンガン」など、電磁波に反応するミネラルが添加物として入っている場合があります。小学校の理科で電池の中身は「二酸化マンガン」と習いましたよね。デトックスや健康増進しているつもりでも、逆に自分の体を重金属で汚染して、

電磁波に反応しやすい体にしてしまっている

場合がありますので、ラベルをよく読んでくださいね。

私も、体にいいサプリを飲んでいると思っていたら、「酸化チタン」が添加されていて、後で気づいて捨てましたよ。それから、私の親類で「鉄分」が入った薬を飲んでいたときは、よく「耳鳴りがする」と言っていましたが、飲まなくなってから症状がなくなった人がいます。

以前にも少し書きましたが、カルシウムなどのミネラルは天然起源であっても、貝の殻やたまごの殻から作られたものは、消化吸収が悪く逆効果なので、海藻や砂糖大根などが原料の植物ベースの吸収のいいカルシウムを探して下さい。

「電磁波ハラスメント(電磁波過敏症)」についてですが、私自身はまだこの件について詳しくは調べていないのでよく分かりません。

先日、「音楽兵器」のようなテクノロジーを体感し、電磁波を吸い取る石(シュンガイト)を使って乗り切ったことを書きました。その中で、以前、こちら(アメリカ)の射撃場で銃を撃ったときに、歯の金属の詰め物が反応して痛くなったことを述べましたが、電磁波や音波というものは体内にある重金属と反応することは推測できます。

上記のデトックス方法は、体をアルカリ性にして菌の繁殖を抑えるとともに、体内にすでに入ってしまって電極のような働きをしている重金属を体外排出して、電磁波に反応しにくいタイプの良質のミネラルに体内で置き換えているから、効果がでているのではないかと思われます。

最近は周囲にいる人や近所の人が立て続けに深刻な事故に遭ったりしているので、もしかすると私も自宅付近がターゲットにされているのかもしれません。しかし、私はデトックスを長年心がけてきて趣味なので…。反応するものが体内に少ないせいか、あまり感じませんね…。「性善説」と「ありがとうの言霊」と「真心」パワーのおかげかな? 日本人万歳!(👈なんとなく言ってみたw)

過去記事
電磁波ハラスメント、うつ病に効果的とされる磁気療法についての考察
チキンマックナゲットを顕微鏡で見ると、不気味なナノテクノロジーが
NASAの内部書類が記述した新しい戦争の武器はスマートダスト、音楽など
世界の富裕層は自分たちだけモーゲロン病(むずむず病)をあれで予防していた
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。