FC2ブログ

米大手メディアが震え上がったポール元議員が公開した捏造記者とメディアのリスト

捏造報道
12 /23 2017
2017年03月27日(月)

アメリカの左翼学者が200以上の独立系のニュースサイトを「フェイクニュースのリスト」として発表し、それをワシントン・ポスト紙が報道してから、逆に「ブライトバートニュース」やフェイクニュースとして攻撃を受けている「ドラッジ・レポート」、「インフォウォーズ」、「ナチュラルニュース」などの独立系のメディアに対する注目が高まっています。

そして、CNNなどの大手メディアも逆に「フェイクニュース」を流しているかどうかが検証され、過去の捏造やニュース番組での「事故現場役者(クライシスアクター)」と呼ばれるサクラの存在などが暴かれるようになり、むしろ大手メディアに対するブーメラン現象が起きています。

そして、米大手左翼メディアが震えあがったのが、ロン・ポール元議員が公開した「フェイクニュース・リスト」でした。

ロン・ポール
http://www.ronpaulinstitute.org

これは、大統領選挙の際にクリントン陣営と共謀したジャーナリスト名と媒体名のリストです。主にウィキリークスから流出したメールの内容をもとにしていますが、この内容がすごいのです。

マダム・プレジデント

(「マダム・プレジデント」と事前に印刷されていたニューズウィーク誌の表紙に大統領選の前日である11月7日にサインするクリントン元候補。当然、自分が勝つと決め込んでいたことが分かります。こちらは、デイリーコーラーの記事より。)http://dailycaller.com/2016/11/14/heres-a-photo-of-hillary-signing-copies-of-newsweeks-madam-president-issue/

クリントン勝利を確定

MSNBC 「科学者は、99%の確率でクリントンの勝利を予測」2016年11月14日
http://www.msnbc.com/the-last-word/watch/scientist-predicts-99-chance-of-clinton-win-801634371744

クリントン元大統領の報道官を務め、テレビ解説者となったジョージ・ステファノプロスは「そちら側の人間」なので分かりますが、その他の記者の数が多すぎて笑えません。中には有名なダイアン・ソーヤーなどが入っています。大手メディアなどがロン・ポール元議員を「ロシアのスパイ」などと貶める報道をしていますが、大手メディアとその所有者やスポンサー勢力がここまで暴露されてしまって、躍起になっているのがわかります。

この「フェイクニュース」という言葉は、国を取り戻そうとしているトランプ大統領を失脚させようとするグローバリスト勢力に作られた言葉だったのですが、トランプ大統領が「CNNはフェイクニュースだ」と逆手にとって、大手メディアの捏造を逆に暴いてしまったので、今度はCNNのクリス・クオモが「フェイクニュースというのは、黒○ぼ(エヌワード)を言うのと同じようなものなので、やめましょう」というニュースを出してきました。

しかし、「捏造」を「捏造」と呼べなくなったら、もうその国には自由はなく、民主主義は終わりです(実はとっくに終わってるかもしれないにしても)。アメリカという国が民主主義国家であり続けることができるかどうかは、ほぼ「言論の自由」が保たれるかどうかにかかっていると思うのですが、事実を指摘する独立系のジャーナリストが脅迫されたり、医療メディア経営者や医療関係者などが大量不審死するなど、アメリカの「言論の自由」は非常に危険なところまで来ています。

日本はこれまで、アメリカのグローバル勢力から属国として見えない形で搾取されてきましたが、トランプ大統領が就任した後にアメリカから「金(防衛費なり)を出せ」という要求がなかったために日本側がびっくりしました。現在、日本を搾取し、アメリカ国民も健康保険などを通じていいように搾取してきたグローバル勢力は、トランプ大統領が誕生した今、トランプ潰しに躍起になっているので、ひとまず「日本の搾取は休止している」というような状態ではないかと思います。

日本も、日本の真の独立を目指すいいチャンスとしか言いようがありません。しかし、トランプ大統領が失脚したり、暗殺されたりするようなことがあれば、アメリカの属国状態を続けてきた日本は、またいいように利用される隷属状態に戻ることは間違いありません。

ヒラリー・クリントン陣営と共謀したジャーナリスト名と媒体名のリスト

セシリア・ヴェガ(Cecelia Vega ABC)
デヴィッド・マイヤー(David Muir ABC)
ダイアン・ソーヤー(Diane Sawyer ABC)
ジョージ・ステファノプロス(George Stephanopoulos ABC)
ジョン・カール(Jon Karl ABC)
ジョン・ヘイルマン(John Heillman Bloomberg)
マーク・ハルペリン(Mark Halperin Bloomberg)
ノア・オードネル(Norah O'Donell CBS)
ヴィッキー・ゴードン(Vicki Gordon CBS)
ジョン・ハーウッド(John Harwood CNBC)
ブリアナ・ケイラー(Brianna Keilar CNN)
デヴィッド・カリアン(David Chalian CNN)
ジョージ・ボーガー(Gloria Borger CNN)
ジェフ・ゼレーニー(Jeff Zeleny CNN)
ジョン・バーマン(John Berman CNN)
ケイト・ブルダン(Kate Bouldan CNN)
マーク・プレストン(Mark Preston CNN)
サム・ファイスト(Sam Feist CNN)
ウルフ・ブリッツァー(Wolf Blitzer CNN)
ジャッキー・クチニック(Jackie Kucinich デイリー・ビースト)
ホイットニー・スナイダー(Whitney Snyder ハフィントン・ポスト)
ベッツィー・フィッシャー・マーティン(Betsy Fisher Martin MORE)
アレックス・ワグナー(Alex Wagner MSNBC)
ベス・フイ(Beth Fouhy MSNBC)
チャック・トッド(Chuck Todd MSNBC)
フィル・グリフィン(Phil Griffin MSNBC)
レイチェル・マッドウ(Rachel Maddow MSNBC)
レイチェル・ラクーセン(Rachel Racusen MSNBC)
サヴァンナ・グセリー(Savanna Gutherie NBC
ジャミル・スミス(Jamil Smith ニュー・リパブリック)
エイミー・チョジック(Amy Chozik ニューヨーク・タイムズ)
ゲイル・コリンズ(Gail Collins ニューヨーク・タイムズ)
ジョナサン・マーティン(Jonathan Martin ニューヨーク・タイムズ)
マギー・ハバーマン(Maggie Haberman ニューヨーク・タイムズ)
マーク・レイボック(Mark Leibovich ニューヨーク・タイムズ)
パット・ヒーリー(Pat Healey ニューヨーク・タイムズ)ニューヨークタイムズ紙とクリントン選挙対策陣営の共謀がメールの流出で明らかになりました。送り主氏は、ジョン・ポデスタやヒラリーの側近であったフマ・アベディンなどの名前があります。https://wikileaks.org/podesta-emails/emailid/9007
ライアン・ライザ(Ryan Liza ニューヨーカー)
サンドラ・ソビエラジ・ウエストフォール(Sandra Sobieraj Westfall People)
グレン・スラッシュ(Glen Thrush ポリティコ)
ケネス・ヴォーゲル(Kenneth Vogel ポリティコ)ポリティコ誌のジャーナリストであるヴォーゲル氏はが大統領選前に書いた記事の原稿を編集部に送る前に、クリントン陣営である民主党に送ったことが発覚しました。https://www.wikileaks.org/dnc-emails/emailid/8799
マイク・アレン(Mike Allen ポリティコ)
ジェシカ・ヴァレンティ(Jessica Valenti ザ・ガーディアン)
モニシャ・ラジェシュ(Monisha Rajesh ザ・ガーディアン)
セイディ・ドイル(Sady Doyle ザ・ガーディアン)
ブレント・ブドウスキー(Brent Budowsky ザ・ヒル)
アリッサ・マストラモノコ(Alyssa Mastramonoco VICE)
ジョン・アレン(Jon Allen VOX)
カレン・タマルティ(Karen Tumulty ワシントン・ポスト)ヒラリー・クリントンの選挙対策をしていたジョン・ポデスタと、ポデスタがオバマ大統領の側近であった時代に「他の人の情報を流さないで(こちらへ)」と述べた2014年のメールが発覚。



https://wikileaks.org/podesta-emails/emailid/47602#efmAA7ABpAE8AIh

■ロン・ポール元議員のサイト「ロン・ポール リバティ・レポート」
http://www.ronpaullibertyreport.com
http://www.ronpaullibertyreport.com/archives/revealed-the-real-fake-news-list
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。