FC2ブログ

イオン・フットバスによるデトックスについて

デトックス、健康法
12 /06 2017
チキンマックナゲットに入っている不気味なナノテクノロジーモーゲロン病(むずむず病)ワクチン汚染の問題、ケムトレイルなど、現代社会では様々な汚染物質が食品添加物や調味料や空気中や予防注射などから私たちの体に入り込んでいます。私たち現代人の体は、何も悪いことをしていないつもりでも汚れてしまい、知らないうちに意識が曇り、騙されやすい体質になってしまっています。 

私たちが健康的で人間らしい生活を守り、深いところで進行している人間のロボット化を阻止し、平和を守るためにも健康増進とデトックスがこれから私たちが生き残るために必須になってきます。そこで、食べ物によるデトックスひまし油湿布やオイルプリング、「美魔女もやっている血液クレンジング、オゾン療法」など様々なデトックス法をご紹介してきましたが、もう一つ簡単で実に効果的なデトックス方法をご紹介したいと思います。

イオン・フットバスによるデトックスについてです。これは、水にマイナスの電極を流して、体内でプラスに帯電している老廃物を足の裏から吸い出すという方法です。これはですね、人によって出てくるものが違うのです。色も形状も違います。まれに、寄生虫などが足の裏から出てくる人もいるようです。



これは、一般論ですが、日本人はご飯がメインの比較的軽い食生活をしている人が多いので、出てくる老廃物はうす茶色の人が多いと思います。つまり、割ときれいな人が多いようですよ。私も、これをアメリカでやりましたから、他のアメリカ人と比べられて「あら、きれいだわね」と言われました(笑)。それなりに毒素は出ていたのですけれど。

アメリカ人の方たちが実践したビデオを見ると、日本人の私たちはいかに体がキレイか分かりますよ。大量のハンバーガーとフライドポテトを40年とか食べ続けるわけですから、血液はドロドロなんでしょうね。肥満気味の中年の方が試した映像などを見ると、足湯がタール状の泥沼と化している場合がよくあるようです。

足から出る物質は、人によってどこの臓器にどの毒素が溜まっているか違うため、色も違うし、形態も違うのです。私自身は、最初はリンパ液の汚れが一気に排出されたようで、泡がたくさん出ました。その後、自分の唾液が前よりもサラサラになった実感があり、軽い鼻炎のようなものが解消されて鼻水があまり出なくなりました。それから、水銀などの重金属が溜まっている場合は、黒いススのようなものが出ると言われていますが、私もこれが出てくるのが見えました。一回ではすべての毒素を出し切れないので、何回かにわたってやると効果的なようです。

日本人の知り合いで、とても美人で素敵な方がいたのですが、私が「イオン・フットバスは良かった!」と言ったら、その方も試しにいったそうなのです。その方は、受けている最中にずっとテレビを見ていたそうなのですが、30分後に足元を見たら、そこが泥沼になっていて非常にショックを受けていました。よくよく聞いてみると、実は重い持病があるとのことでした。

私がフットバスをしたサロンで担当者のうちの一人だったアメリカ人が「うちの家族がガンで、ずっとフットバスをしてたんだけど、真っ黒なタールみたいなものが数ヶ月は出てたよ」と言っていました。

このイオン・フットバスについてですが、体内のミネラル分が大量に体外に排出されると言われているので、カルシウムやマグネシウムなど、良質なミネラルを補うことが大切なようです。カルシウムは、牡蠣の殻や卵の殻など体が消化できないものは逆効果ですので、必ず海藻や大根など植物から抽出した消化の良いタイプを選んでくださいね。

たまに思ったほど老廃物が出ずに「騙された!」と思う方々がいらっしゃるかもしれませんが、機材にいろいろあるのかもしれませんので全てのマシンが効果的かどうかは分かりませんが、普通に機能しているタイプのものを使えば、出てくるものに個人差があるのが一目瞭然なのです。ちょっと茶色い水しか出なくて「何も出ないじゃないか!」とがっかりした人は、おそらく「そんなに毒素が溜まっていない方」なのだと思います。

アメリカではイオン・フットバスは、機材を置いているサロンに行けば1回で20ドルとか30ドルとかでできますが、日本の方が足裏マッサージのサロンなどのメニューが充実しているので、もっと安いのではないかと思いますよ。

この方法は、見た目はグロいデトックス方法でときにショックを受けることはありますが、その分、体からグロいものがするりと出ていく素晴らしい方法だと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。