FC2ブログ

上智の姉妹校、ジョージタウン大学が奴隷売買を反省、イエズス会の過去の悪事バレる

人身売買、児童虐待
01 /25 2018
2016年の9月、米ワシントンDCにある名門私立大であるジョージタウン大学が1838年に運営母体であるローマ教皇を最高位とするカトリック教に属する「イエズス会」が所有していた黒人奴隷272人を大学の財政難解消のために売却し、現在の価値で約330万ドル(約3億4千万円)の収入を得たことを認めました。

ジョージタウン大が奴隷使役を反省

https://www.nytimes.com/2016/09/02/us/slaves-georgetown-university.html
2016年9月2日ニューヨークタイムズ記事 「ジョージタウン大学が奴隷使役の過去を償う処置をとる計画」

イエズス会といえば、1534年にフランシスコ・ザビエルらによって創設されたカトリックの世界布教を目的とした「精鋭部隊」です。日本にもカトリック系の大学や高校の中にイエズス会の経営の学校があります。有名なところとして、上智大学があります。

大学のオフィシャルサイトを見れば、この大学がカトリックのイエズス会によって設立され、現在でもその傘下にあることが明記してあります。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/aboutsophia/sophia_spirit/sophia-idea/spirit-of-sophia/spirit1.html

ジョージタウン大学は、運営母体のイエズス会がメリーランド州の農園で奴隷を働かせて農産物を得ていたことなども確認し、1838年の奴隷売却を監督した学長の名前がつけられた2つの建物の名前を変えることを発表しました。ハーバード大学やプリンストン大学など、過去に奴隷売買などのビジネスに関わっていたことを認めた大学はほかにもありますが、元奴隷の子孫の入学優遇措置を公式に発表したのはジョージタウン大学が初めてです。

日本の歴史では、豊臣秀吉がいきなり罪もないキリシタンを弾圧したように歪曲されていますが、そもそもキリスト教(カトリック)がキリストの教えだけを説いていたならば、弾圧していなかったでしょう。(おそらく、当時からすでにキリスト教を牛耳っていた勢力は悪魔教のようなものに乗っ取られていたのでしょう)しばらく経って、商人やキリシタン大名と結託して日本人を奴隷として売り飛ばしていた事実が判明したからの判断と言えます。

キリシタン大名の甥たちが「天正少年使節」としてローマ法皇の元へ旅した時の報告書に、ヨーロッパ各地に日本人女性が奴隷として売買されていた様子が記述されていました。

行く先々で日本女性がどこまでいってもたくさん目につく。ヨーロッパ各地で50万という。肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。

鉄の伽をはめられ、日本人をこのような遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、白人文明でありながら、なぜ同じ人間を奴隷にいたす。

ポルトガル人の教会や神父が硝石(火薬の原料)と日本人を交換し、インドやアフリカまで売っている。

山田盟子『ウサギたちが渡った断魂橋』



しかも、当時のイエズス会の神父はキリシタン禁止令発布の後、「できる限り残酷な方法で日本人キリシタンを殺してくれ」と日本側に頼んだというのですから本当に恐ろしい。つまり、できるだけ悲劇的な方法で殺された方が、キリストの受難のようにドラマチックな宣伝効果が得られると見て、最終的に日本で信者がもっと増えると考えたのです。

もう、日本人にはその腹黒さは理解できないほどです。

江戸時代中期に日本に来たスウェーデンの医学者で植物学者のツュンベリー博士は、
当時の日本人が奴隷売買などの非人道的な人種差別を忌み嫌っていた事実について、以下のように述べました。

日本人は、オランダ人の非人間的な奴隷売買や不当な奴隷の扱いをきらい、憎悪を抱いている。日本人は、身分の高低を問わず、法律によって自由と権利は守られていて…。

ツュンベリーの記録――江戸参府随行記(オロモルフ)



しかし、人相というものは嘘をつかないというか…。そういった人権侵害の積み重ねを何世紀に渡ってやってきた組織のトップというのは、人相がよろしくない方が多いですね。特に、しばらく前に退位したベネディクトというローマ法皇が一番強烈な気がします。何か、非常にありがたくないものを感じます。

Pope_fox.png

http://www.foxnews.com/world/2017/05/14/pope-francis-acknowledges-2000-case-backlog-in-sex-abuse-cases.html

また、現在のローマ法皇はカトリック神父による児童の性虐待を2000件も容認しており、右腕の枢機卿に至っては本国のオーストラリアで児童虐待の訴訟を抱えているというのが実情です。

ちなみにキリスト教社会における人身御供の考え方西洋人の人種差別の根底にある考え方については、過去記事をご参照ください。西欧社会において、なぜ彼らが長い間、アフリカやアジア、南北アメリカの有色人種を虐殺したり奴隷化しても、全く罪悪感を持たなかったかと言えば、それは有色人種を自分たちと同じレベルの「人間」として見ていなかったからです。つまり、彼らは有色人種を「白人とサルの間」の動物と解釈し、そのため、白人には有色人種を家畜のように扱っても、何の矛盾も起きなかったからです。

一つ具体的な例を挙げますと、テレビドラマで「大草原の小さな家」という開拓時代のアメリカを描いた自伝的小説があります。この中に当時の白人がアメリカの原住民を人間とみなしていなかったことがはっきりと書いてあるのです。

大草原の小さな家の記述
「大草原の小さな家」の記述 「西部にいるのはインディアンだけで、人は誰も住んでいない」
http://www.afpbb.com/articles/-/3180016
AFPニュース記事

彼らが「有色人種のサル度を測定してきた」ことを知ると、「そういう理由だったのか」と納得すると思います。私たち日本人は有色人種なので、そんなことは思いつきもしないし、この内容は衝撃的ではありますが…。

西欧世界での人種差別の証拠

人種平等の世界を築いたのは日本

過去記事
鬼畜なローマ法王、神父による2000件以上の幼児性虐待事件を庇う
英王室、450件の児童性的虐待事件の加害者に「騎士」の称号付与
グローバリスト勢力が壊滅状態にある理由。財源の人身売買が次々と摘発
フィル博士が大手メディアで世界的な児童性虐待と人身売買の現実を暴露
(閲覧注意)キリスト教内部告発者が西洋文化の「人肉食」と人身犠牲を暴露
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 引用させて頂きました

コメントありがとうございます。
ぜひ、拡散してください。

ミーツーは、セクハラ問題があるあると言って、もっと非道な乳幼児の虐待や人身売買などの深刻な問題を隠すためにやっている気がします。日本もそうですが、アメリカでも芸能界やテレビ界に枕営業があるのは常識なので、それを「私もやられた」と言っても、実際に美貌や若さを差し出すことで、役や役職をもらえた女性たちがいたことは確かだと思います。大人の世界のそういう問題と、非力な乳幼児の売買は全く別の問題なのですけれどね。ハリウッドの映画業界の人たちは、むしろ人身売買に協力しているか、自分たちも関わっている可能性が強いです。

> 初めてお便りします。
> 米国の状況=大量辞任を日本人に分かり易く説明頂いているので、Twitで引用させて頂きました。日本人の覚醒に繋がる情報、今後もお願いします。
>
> 所で、ジョージタウン大学反省の背景が気になります。ミーツー運動はトランプ攻撃の道具として発令されたと理解していますが、これは純粋に人身売買反対の先導として出てきたものですか。
> もう一点、前法王の事を書かれていますが、流れている事実関係を見ると現法王の方がイエズス会士でも有り、問題が多い様に見えます。おっしゃる通り顔から悪意が読み取れないのですが、トランプ当選時の攻撃は表・裏とも強烈なものでしたし、過去の聖職者の小児虐待を清算出来ないと言う事実関係から判断すべきと考えます。

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。