FC2ブログ

去年は、建国記念日に安倍首相が日本の靖国に相当する「アーリントン国立記念墓地」に参拝

日米関係、日米同盟
02 /23 2018
以下は、2017年2月14日に出した記事です。ご参考に。

総理の訪米について、安倍首相とトランプ首相の共同記者会見と会談ばかりが強調されていましたが、記者会見の前に安倍首相はアーリントン国立墓地に献花しました。これは、日本ではほとんど取り上げられませんでしたが、非常に重要なことだったと思います。お互いの国の戦没者のご供養は、誠意と実行の積み重ねが大切です。



私は個人的には、建国記念日にわざわざ首相がアメリカにいて属国宣言をしたのはいかがなものかと、未だに残念ではありますが…。(安倍首相は、一応、現地の日本大使館で建国記念日の記帳をされて、官邸からも国民に向けて建国記念日のメッセージは出されておりましたが。)

しかし、これはもっと日本で報道されても良いのではないでしょうか。勝った国の戦没者のご供養を負けた国の指導者が自国の建国記念日にする。そして、日本は負けたから、国民のために戦った自国の戦没者を貶められて、総理が靖国神社に参拝すらできない。何かおかしくありませんか。

以前、安倍首相が靖国参拝した際に、ケネディ駐日大使が「がっかりした」とコメントしたり、その後もオバマ政権は中韓と一緒になって終戦記念日の靖国参拝を止めるように働きかけてきました。これは、明らかな内政干渉であり、対等な関係ではありませんでした。話を逆さまにすると分かるのです。もし、日本の首相がアメリカの大統領に対して、「日本国民は今でも原爆と空襲で殺された大勢の民間人の虐殺を悼んでいるので、アメリカ大統領も日本人に配慮してアーリントン国立墓地に参拝して欲しくない」と言えるでしょうか。逆は、絶対にないということです。

アメリカも政権が変わったので、これからは日本も自虐史観と占領下で行われた国際法違反の東京裁判史観を脱却したいものです。

■Japan's PM Abe pays respects at Arlington National Cemetery
http://www.reuters.com/video/2017/02/10/japans-pm-abe-pays-respects-at-arlington?videoId=371099466

以下は、2017年2月11日に出した記事です。

たった今、ワシントンで行われた安倍首相とトランプ大統領の共同記者会見が終わりました。

私がテレビの生中継を見ていて象徴的だと思ったのは、トランプ大統領の演説の方は、mutual leadership (相互的なリーダーシップ)とか、fully engaged partner(完全にタッグを組んだパートナー)というような言葉で日米が「対等」なパートナーであることを強調していたのに対して、日本側は少し違うように聞こえました。

安倍首相の演説の中では、「まだ将軍に支配された日本にアメリカが来て、日本は民主主義に開眼した」(英文を訳すとこうなった)と述べていたのが、まるで「日本はもともと民主主義国家ではなく未開の独裁国家であった。アメリカに教えてもらって民主主義になれた」と聞こえたのが残念でした。せっかく、アメリカの方は「アメリカは日本の伝統を深く深く尊重している」と言ったのに。

Jimmys BD

今日は、こちらでは2月10日ですが、日本では建国記念日。安倍首相がわざわざ建国記念日にアメリカに行って、「民を第一に考える」日本にもともとあった日本ならではの民主主義を忘れてしまっているようで残念でなりません。アメリカは、「記念日の狙い撃ち」を昔から得意技としていたのですが(これについては、後で書こうと思います)、日本人もそろそろ、気づいた方が良いのではないかと思います。

アメリカの大統領がアメリカの国民的な祝日である独立記念日に外国に行って、同じようなことをしたら絶対に国民に受け入れられないです。誕生日のパーティーに主賓が欠席するようなものですから。アメリカには、大統領が自分の国の誕生日を欠席してまでも駆けつけなければならない国はないです。仮にそんな国があったとしたら、その国とは「対等」ではないはずです。

「記念日を狙い撃ち」されても、幸い日本には長い長い伝統があるので、政治のトップが外国に行くくらいで国の基礎が揺らいだりはしませんけどね。しかし、この日程を決めた人物が日本側だったのか、アメリカ側だったのか、気になります。日本の弱体化を狙う国内勢力があえて建国記念日に首相をアメリカに送り出している可能性もありますから。日本の官邸に「国益や歴史を踏まえて日程を決める」習慣が必要だと思います。

安倍首相の演説には「尖閣諸島が日米安全保障の適用範囲内だと確認した」など細かいことも演説に入っていて、アメリカのニュース解説者も、「戦後、日本はアメリカの軍事力に守ってもらっていたから、そこが不安で強調したのだろう」と解説していました。

アメリカの方は、「対等で行こう」と(表向きは)言っているのに、日本の方はまだ属国根性というか「守ってください。よろしくお願いします」感が満載なのです。

トランプ大統領に対する記者からの質問は、ほぼアメリカ国内問題ばかりで、「今の質問は、この記者会見の目的とは違うけれど答えよう」と言って長々と回答して、ほぼ日米関係に関しての質疑に対する答えはありませんでした。アメリカ・ファーストなのは分かっていましたが、ここまでとは(笑)。日本の首相が隣にいるのに、そっちのけな内容でした。

そして、中国に関しての質問に答えた際には「中国と日本とアメリカ、うまくやっていけると思う」と答えていましたが…。

トランプ大統領は「アメリカの利益」のみを追求していくと思われますが、アメリカの国益に適えば、誰とでも組むし、何でもするということです。日本も、「対等」になれるように努力しないと…。

しかし、全体的には安倍首相はこちらでは物腰も洗練されていると好感度が高く、一般のアメリカ人の間でも「なかなかハンサムな首相じゃない?」と評判でした。今までの日本の首相にはなかった圧倒的な存在感があります。今までの日本の首相は、アメリカのテレビに映ることもほとんどありませんでしたし、名前も覚えてもらえていなかった。「アメリカの大統領と日本の首相がゴルフをするのはアイゼンハワー大統領以来だ」とこちらのテレビでは解説がありました。全体的には、アメリカでの安倍首相は評判が良く、「日米関係はより強固になるのではないか」という見方で一致しているようです。

とにかく、「日本人は建国記念日を祝わないと!!!」というのが今回の共同記者会見の感想でした。 

過去記事
羽生結弦、米国が中韓を利用し日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
国家の「記念日の狙い撃ち」が国民に与える心理的ダメージ
「国のために戦う」11%で日本は世界最低、カルタゴ滅亡直前と酷似?
米国は「中国人や朝鮮人が核を持つのOK、日本人だけは絶対ダメ」

戦争犯罪
反日中韓を操るのはアメリカ
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。