FC2ブログ

アメリカの記念碑が黒いドロドロの液体「バイオフィルム(生物学的皮膜)」によって浸食されている

電磁波対策など
12 /06 2017
先日、「ナ○スが大量に所有した黒いドロドロの液体がパラグアイにも埋蔵、ブッシュ家とメルケル首相が土地所有」という記事を書きました。「黒いドロドロの液体」と言われても、さっぱり実感が湧かないかもしれませんが、近年、アメリカでは不気味な黒いものや正体不明のドロドロの存在が報道されているのです。

アメリカの記念碑

2016年頃から、アメリカの首都であるワシントンDCにあるリンカーン記念堂やワシントン記念塔などがどす黒いドロドロの「バイオフィルム(生物学的皮膜)」によって浸食されている、と報道されています。

こちらは、「ワシントン記念塔に黒いドロドロ(ブラック・グー)が繁殖している」というタイトルの映像です。記念堂がある場所は、ナショナル・パーク・サービスという国立公園の管轄下なので、ここのスタッフが清掃しても、取れないのだそうです。そして、科学者を集めてこれを解決しようと試みたそうですが、まだ解決できないでいるのです。

通常の黒カビであれば、熱湯をかけながらスチーム清掃すれば、カビは死にますが、これは通常の方法ではきれいにならないようです。これが、偶然現れた今までにないタイプの強力なカビなのか、バイオテロなのかはわかりません。

そして、ミシガン州では、「空から黒いドロドロの液体が降ってきた」と地元のテレビ局が報道しました。以下のビデオは、ミシガン州ハリソン・タウンシップの朝のニュースです。



そして、こちらはフロリダ州の海岸線にあるインディアン・リバー・ラグーンという場所について地元のテレビ局が取材したものです。こちらは、水辺に黒いドロドロの液体が溜まっています。


「へえ、アメリカさんは、大変っすな」と思われる方々もおられると思います。一体、アメリカで何が起きているのか…。しかしですね、この不気味な話は、日本とも繋がってくるのです。

2016年に新宿で黒いドロドロの液体が地面から吹き出してきたというニュースがありましたよね。

新宿で

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/20/news115.html
「新宿駅の地下街に謎の黒い水があふれる」

この記事によると、「液体が一体何で、原因は何なのかは調査中」とあり、この物体が何なのか見当もつかないようです。何か、アメリカの状況と似ていますね。誰も、これが何であるかが分からない。

しかしですね、英語圏の一部の人たちは、この新宿の黒いドロドロの液体について「ほら、ハリウッド映画とかに出てくるアレじゃない?」と言っているのです。

以下の英語の映像は「トーキョーの地下からミステリアスな黒いドロドロの液体が溢れる」というタイトルです。まあ、このビデオは、ナレーションの感じが人工知能にイギリス英語を話させている感じなので、自動的にあまり手間をかけずに作られたものであるとは思います。

近年、ハリウッド映画には、やたらと黒いドロドロの液体に侵されて、それから悪い奴に突然変異してしまったり、捕食されてしまうというようなプロットが多かった気がしますね。映画「スパイダーマン」にも出てきました。昆虫です。

スパイダーマン

玄米食のマドンナも、なぜか最近のアルバム写真では、モーゲロン繊維のような黒いものにがんじがらめにされていましたね。

マドンナ

日本でも、スーパーフライという奇妙な名前のアーティストが「悪の雫」という曲を出していましたね。スーパーフライという言葉なんですが、英語に訳すと「超ハエ」という意味なんです。またしても、昆虫です。

スーパーフライ

不気味な現象ではありますが、これがナ○スが大量に所有していた黒いドロドロの液体やメルケル首相やブッシュ家が所有している土地に同じ物質が埋蔵されていることと関係しているかどうかは分かりません。

「どうしても黒いドロドロの液体を調査してほしい」と頼まれて調べ始めたドイツ人の科学者、ハラルド・カウツ・ヴェラ氏によると、この物体はプログラム可能な鉱物の液体であり、地球外起源の隕石に含まれるタイプと地球起源の天然タイプがあり、地球起源のものは地球の意識を宿した「善玉」だと述べています。

今、起きている不可解なことと、ハリウッドや音楽業界がやたらと出している情報がどこまで繋がっているかは分かりません。しかし、アメリカの諜報機関であるCIAには「ハリウッド渉外担当部門」というのが存在することをオフィシャルサイトで述べていることからも、ディープ・ステート(闇政府)がハリウッドに影響力を持っていることは間違いありません。

私の中で、「黒いドロドロ」といえば、「黒ごまペースト」とか、健康にいいものを思い浮かべます(笑)。また、黒いものといえば、竹炭パウダーとか黒米とか海苔とか、いい物やヘルシーなものしか思いつかない。「黒い石」といえば、水質浄化にも使われるシュンガイトやヌーマイトなどの石には、いつも助けてもらっているので、いいイメージしかありませんね。

パワーストーンが壊れた時

私自身は、黒いものに対して偏見がないのですが、アメリカの空港などで税関の荷物検査を受けると、海苔を巻いたおにぎりとか昆布巻などが入っていると、アメリカ人は「黒=爆弾」という風に危険物を思い浮かべるらしく、後ずさりする検査官が多いです(苦笑)。

しかし、黒いものにいつもお世話になっているので、黒いものを恐れずに、むしろ感謝の気持ちや敬意を持っている私たち日本人は、最強のような気がしますね。

「黒いドロドロ」については、分からない部分がまだまだ多いようなので、これから注意して調べていこうと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。