FC2ブログ

トランプ大統領支持の黒人ユーチューバーに言論弾圧の手が!

言論の自由
03 /02 2018
2017年08月16日(水)

昨年の大統領選の時からトランプ大統領支持を述べていた黒人女性のユーチューバーであるダイヤモンドさんとシルクさんに言論弾圧の手が伸びています。



ダイヤモンドさんとシルクさんは、面白い語り口で視聴者を魅了する黒人の女性二人組でユーチューブで絶大な人気を誇っています。二人の掛け合いがちょっとラップが入ったリズミカルな漫才みたいで政治という真面目な内容を扱っているにも関わらず飽きさせないのが人気の理由かもしれません。(このお二人の畳み掛けるようなしゃべりは、韻を踏んでいて頭にスッと入ってくるので英語を勉強している人にはすごくいい教材となります。)

アメリカ国内での人種間の対立を煽って、内戦やいざこさを起こして国力を弱めて乗っ取りたいグローバル勢力にとっては、保守でありトランプ支持者のこの二人の存在はまさに目の上のたんこぶ。トランプ大統領の暗殺や失脚を画策している勢力にとって、有色人種にもトランプ大統領の支持者が大勢いることを知られたくないのです。

先日は、ダイヤモンドさんとシルクさんがアメリカ商務省を訪問し、トランプ大統領と会談し、その時の写真をトランプ大統領がツイッターに掲載したところ、この写真がツイッターから消されるという事件が起きました。

お二人は、もともとは民主党支持だったのにトランプ大統領が出馬するということで共和党に転向しました。大手メディアではトランプ大統領の支持者が白人至上主義者のような言い方をされていますが、それに反論しています。

「トランプ大統領の支持者は、黒人、白人、アジア人、ヒスパニックのアメリカ人で、私たちの大統領や共和党をヘイト組織と一緒にしないでください。中でも、KKK(クークラックスクラン)はそもそも民主党が始めたものです。」

ダイアモンド&シルク フォックスニュースのインタビューより



そして、グーグルが親会社であるユーチューブがダイアモンド&シルクが製作したビデオの90%を「広告に不適切」として広告料を入らないようにしたことを指摘しています。

以前に民主党の大統領候補であったヒラリー・クリントンこそが白人至上主義の元KKKの指導者であったバード上院議員(下の白装束の人物)を「私の助言者であり友人」と公言しました。また、日本人の少子化の裏の仕掛け人であり、KKKの女子部で講演を行ったマーガレット・サンガーについて、中絶推進団体でのスピーチとして「大いに賞賛する」とヒラリー・クリントンは言ったのです。

クリントンとバード議員

マーガレット・サンガーについては以前に書きましたが、日本人の私たちも知らなければなりません。

「すべての白人のアメリカ人は、もしも黒人が根絶させられるとしたら、個々の黒人を傷つけなくてもいいように、その根絶はゆっくりとなされなければならないことに同意するでしょう」

「一番黒人に効果的な方法は、宗教を利用することです。われわれが黒人を根絶したいということを知られてはいけません。黒人の牧師を起用することで、そう言った考えが出てきた場合に、打ち消してくれるのです」

「有色人種は、人類の雑草のようなものであり、根絶されなければならない」
*私たち日本人は忘れがちですが、白人にとって、日本人は「有色人種」です



サンガーの講演

*白人至上主義者で産児制限推進のマーガレット・サンガーがKKKの女子部で講演した時の画像

トランプ大統領は、サンガーが作った「アメリカ産児制限連盟」の後身団体である「家族計画(プランド・ペアレントフド)」に政府の助成金を凍結したのです。(現在の「プランド・ペアレントフド」は中絶の際に生きたまま取り出されてしまった赤ちゃんを臓器売買のために殺さなければならなかった看護婦などの議会証言や、役員が胎児の臓器売買を認めた発言が公になり、アメリカで大問題になっている団体です。)

アメリカの政治家の中でも、「この人は腐敗していない」と断言できる人が数名いる中に、黒人でイェール大学卒の元脳外科医のベン・カーソン議員がいます。

カーソン議員


アメリカの政治家の大半が国家転覆歴を持つ投資家のソロスなどのグローバリスト勢力に買収されている中、「まだまだ良心を持った人がいるもんだ」と希望を見せてくるのがカーソン博士の存在なのです。

脳外科医というのは、医師の中でも、一番優秀な人たちでないとなれないものではないでしょうか。黒人にして、超インテリ、そしてトランプ支持者。これに、アメリカの国境を破壊したい腐敗勢力は、逆上しているようです…。カーソン博士は、大統領選の時から、トランプ大統領を支持する応援演説を行っていました。

なんと、カーソン博士の自宅が襲撃されたこともあるのです。

カーソン博士は、政府機関のHUD内の詐欺についても指摘しました。

アメリカで国境を破壊して国力を弱めて国を乗っ取りたい勢力は、アメリカ国内で人種間の対立を引き起こしたいので、カーソン博士のように黒人でトランプ支持者がいるのが邪魔なのです。黒人の人気ユーチューバーのダイヤモンド&シルクに言論統制をグーグルが行ったこととも関連しています。

そして、今、グローバル勢力の恐ろしい逆差別が起きているのです。トランプ大統領へのデモに参加した白人女性が明らかに黒人であるカーソン博士をなんと呼んでいるかというと…。

「彼は、黒人じゃない」

黒を白に変えても何とも思わないのです。また、その人の人種を否定することほど、人種差別的な発言はありません。しかし、こう言った発言は問題視されていない。

しかし、ここで驚いてはいけません。グローバリスト勢力は共産主義者と同じで目的のためなら、手段を選ばないし、手を組む相手を選ばないし、趣旨や所属団体を変えたり偽ります。嘘や虚偽は厭わない。そして、それを隠すためにどんな手でも使うという恐ろしい性質があるからです。

関連記事
トランプ勝利予測できず大損失のジョージ・ソロス、保守派の言論弾圧に必死
元ナチス協力者の投資家、ジョージ・ソロスの国家転覆歴。今、標的はアメリカ
有色人種根絶主義者サンガー賛美のヒラリー・クリントン
公明党が推した「子宮頸ガンワクチン」という日本人撲滅計画
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。