FC2ブログ

羽生選手のお陰で反日パヨクとまだGHQ洗脳が解けてない人たちが明らかに

言論の自由と言論弾圧
03 /06 2018
いやあ、それにしても、スケートの羽生結弦選手のおかげで、日本人にかけられた「自国嫌い」の呪いは解けるは、「日本人らしさ」ってなんだろう、日本人として誇りを持っていいんだ、というようなことを考えていいんだ、という気持ちが私たち日本人の中に芽生えたということは嬉しい限りです。




「日本人として誇りに思う」

という安倍首相の極めて常識的な発言に、過剰に反応をしている人たちがいましたよね。まるで、「日本人としての誇りなんか持つんじゃねえ!」といわんばかりの。なんか、おかしいよね。

ある意味、羽生選手の存在は、「バルサン」みたいなもんなんじゃないかな? 喩えが悪いけど(笑)。日本を貶めたい悪い虫が隠れていたのがうじゃうじゃ表に出てきてますよね。他の国々の工作員の方々であったり、日本を嫌う反日パヨクであったり、GHQ洗脳から覚めてない人たちなのだと思います。「日本人としての誇り」という言葉を聞いて、「なんか違和感を感じる」という感覚は、ねじ曲がった心理なのですが、言い換えると、こういうことです。

今までどおり日本人を貶めてもらった方がしっくりする

つまり、自虐史観です。「日本人としての誇り」と聞いて、「なんだそりゃ!しっくりこないな!」という人は、まだ戦後レジームの洗脳が解けていないからですよ。



私が住んでいるアメリカなんて、"God bless the USA" (神よアメリカを祝福したまえ)という有名なカントリー音楽の曲があって、その歌詞に「I'm proud to be American (私はアメリカ人であることが誇り♬)」という内容がありますけど、私はその言葉に「それってどうよ?」というような意義を唱えるアメリカ人に一人も出会ったことがありませんし、そういう英語の記事などにもお目にかかったことがありません。この曲は、大統領就任式なんかでも思いっきりかかっていました。



まあ、基本的にアメリカでは、自分が自分であることに誇りとか自信を持ってない人間は軽蔑されるのですよ。だから、アメリカ人がアメリカとしての誇りを持つことは当たり前のことなんです。私が、自分が戦後の日教組教育でGHQ洗脳されて自虐思想を植え付けられていたことに気付けたのも、アメリカに住んで普通のアメリカ人に囲まれていたからなんです。こっちの人は、みんなとりあえず自分に自信を持つことを教えられるんです。何かしたからとか何かを才能や美貌など特長を持っているから自信を持つんじゃなくて、とにかく最初に自分が自分であることに誇りを持ち、自信を持つように教えられて育つようなんですね。(まあ、それがいいか悪いかは置いておいて、最初に自己肯定ありきの考え方なんです)

中には、能力がある人もいれば、容姿に恵まれた人もいれば、お金がある人もいます。そういったものをあんまり持ってない人もいます。でも、なぜかアメリカ人であることを誇りに思っていない人なんてほとんどいなかったし、仮に自分に自信がない人がいたとしても、それを見せると軽蔑されるので、ほぼ全員が自分に自信を持っているように振る舞っていました。

私たちは、もともと「日本人としての誇り」がなかったわけではないし、もともと名誉を重んじて、誇りを傷つけるような言動を恥じ、私たちの先祖は名誉を保つために「切腹」までしていたわけです。そのことを考えると、私たち日本人の中で自分の誇りや名誉というものが、「命よりも大切だ」という考えまであったということを意味しています。また、日本こそ、国際会議で世界で初めて人種差別の撤廃を提唱した国です。

人種平等の世界を築いたのは日本

ですから、「日本人としての誇り」という言葉を聞いて、「なんだかしっくりこない!」、「実感わかない!」という人は、もともと私たちの中にあった誇りや名誉心というものが退化してしまっていて、あるんだかないんだかよくわからないし、それが必要なのか必要でないのかもよくわからない、という状態になってしまっているのです。まあ、あまり極端なのは現代には当てはまりませんが、「胸を張って生きる」とか「私は正々堂々としていていいんだ」という基本的に自分の命や人生を肯定する感覚は、根底に持っていていいものではないでしょうか。

「日本」と言われて「政府」などを思い浮かべて複雑な気持ちになってしまうのなら、「日本の土地」や大地、海を思い浮かべたらいいと思います。私たちは、日本の大地で育った米や野菜を食べ、水を飲んで生きてきたんです。日本という島々がなければ、私たちは存在しないから、その根源を認めて感謝するという話なんですね。

過去記事
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
日本人の美徳が、世界の人たちの美徳を目覚めさせた
GHQの日本人洗脳が解けた!
羽生結弦、米国が中韓を利用し日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
日本と世界を救うのは、縄文文化を背負った頑固オヤジとその精神!
縄文時代前期、1万2000年前の稲作の痕跡が鹿児島から出土
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。