日本人は、名誉を重んじる誇り高き民族だった! 今は…

日本人としての誇り
03 /06 2018
1549年に日本に西欧経由のキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルは、日本人について、以下のことを書き、イエズス会に報告しました。

私たちがこの国の人たちとの交際によって知りえた限りでは、この国の人たちは今までに発見された国民のなかで最高であり、日本人より優れている人びとは、異教徒のあいだでは見つけられないでしょう。

彼らは親しみやすく、概して善良で、悪意がありません。驚くほど名誉心の強い人びとで、他の何よりも名誉を重んじます。大部分の人びとは貧しいのですが、武士も、そうでない人びとも、貧しいことを不名誉とは思っていません。

フランシスコ・ザビエル



昔の日本人は、名誉のために切腹も辞さない誇り高い民族でした。

西洋人が日本に来た際にも、黒人を「奴隷」として連れているのを非常に嫌いました。西洋回りでキリスト教が入ってきた時、日本人は最初は積極的に学びましたが、後にキリスト教の宣教師を最初に送って、それから奴隷化して植民支配するということを、すでにアフリカやアジアの国々に対して行い、日本も狙っていた事実を知った織田信長や豊臣秀吉は、激怒しました。

日本人の奴隷売買と日本の植民地化を防ぐためにも、まず豊臣秀吉は、「バテレン追放」をしてキリスト教を禁じました。これは、昔から日本人が自分たちの名誉と尊厳、独立を重んじていたからです。そもそも、日本は有色人種の国で最初に近代化を成し遂げた国であるとともに、「人種差別撤廃」を国際会議で主張した世界初の国です。



しかし、現代の私たちはどうでしょうか。GHQ主導の教育によって、すっかり罪悪感を植えつけられ、それが当たり前の状態になってしまい、日本人としての誇りと名誉、人間としての尊厳を失いかけているのではないでしょうか。

「日本人の誇り」

朝日新聞や毎日新聞などは、故意に日本人を貶める内容を発信し続けていますが、それでも続いています。外国人に対してのヘイトは許さないが、日本人へのヘイトは許される、というのは、それこそ逆差別というものです。

そして、日本人を貶める内容や捏造は、日本語で日本で発信されたとしても、外国語に翻訳されて海外に伝わり、結局は海外からの日本人蔑視や日本人差別、日本人イジメという形で何倍もの大きさとなって私たち日本人に返ってくるのです。

日本と日本人を捏造によって名誉棄損することや日本人へのヘイト、日本人差別も、法律で取り締まらないと不公平です。

関連記事
羽生結弦、米国が中韓を利用し日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
GHQの日本人洗脳が解けた!
完全に狂ってるサンフランシスコ市と姉妹都市解消は正解、住民見殺しにする市
日本人の美徳が、世界の人たちの美徳を目覚めさせた
日本と世界を救うのは、縄文文化を背負った頑固オヤジとその精神!
日本は「人種差別撤廃」を国際会議で主張した世界初の国
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした画像や過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。