FC2ブログ

日本人を変態扱い、英語で発信の毎日新聞、言葉狩りで「侍、なでしこ言うな!」

日本人についての誤解を解く
03 /08 2018
2017年02月08日(水) 

以下は、去年の今頃出した記事ですが、反日マスコミの捏造による倒閣の動きが酷すぎるので、再掲載しておきたいと思います。彼らは、まったく反省していませんからね。

ー ー ー ー

毎日新聞の消された記事

毎日新聞の言葉狩りがひどいですね。在日朝鮮人の詩人に長々とインタビューして、「侍ジャパン」や「なでしこ」という言葉を現代の日本で使うことが軍国主義を思い起こさせるから「日本は危うい」という内容でした。この二つの言葉に対する日本の歴史のほんの一時期の使われ方、つまり個人的な捉え方をとって、「危険な傾向だ!」という扇動する内容は病的としか言えません。「侍」も「なでしこ」も日本では近代以前の大昔からあった言葉なのに。

「大和なでしこ」は、単に「日本の女性」という古い言い方であるだけ。平安時代などに、女性は「撫でし娘(子)」であり、「撫子の花」にも喩えられました。だから、「自分が可愛がった子や娘」とか「なでしこの花のような可愛い子」という意味です。おそらく、そういうことは「詩人」でも、学んでいないのでしょうかね。

「言葉自体を使うことが危険」というのは、立派な言葉狩りであり、日本語を使う日本人への嫌がらせです。

毎日新聞の過去記事
http://mainichi.jp/articles/20161015/ddl/k39/040/636000c
(このリンクを2018年7月現在クリックしてみたところ、消されていたので、上に画像を貼りました。毎日新聞は、この記事の存在自体を消し去りたいようです。)

しかし、毎日新聞は、このようなインタビュー記事を大々的に掲載し、非常識な言葉狩りをしても、誰も内部に疑問を持つ人がいないのを見ると、日本語がよくわからない人物がトップにいることが分かります。

日本人がいかに変態かという捏造記事を英語で何年にも渡って垂れ流していた毎日新聞は、「変態毎日新聞」とも呼ばれているようです。毎日新聞が日本について英語で海外発信していた「ワイワイ」の内容は、聞くに堪えない内容なのでここには書きませんが…。

毎日新聞ワイワイ2

このような記事が日本の大手新聞から英語で発信されてしまうと、何が起きるかというと…。海外の人が日本人(特に女性)を見て「日本人はどうせ変態なんだから、このくらいのことやっても平気だろう」と思われて、性犯罪などに巻き込まれやすくなってしまいます。

私自身は服装などには一応、気をつけているのでアメリカで危険な目にはあったことはありませんが、例えば日本人の女の子はニーハイブーツを履いて太ももを出すことがあります。このファッションは映画「プリティ・ウーマン」でもそうでしたが、売春婦のファッションです。ですから、そういう格好をしているだけで「その筋の人」と思われ、それなりの見られ方や扱いをされてしまうのです。

偏向ざんまい

また、日本人男性もそのような偏見を持たれやすく、海外で仕事をしたりする場合に、不利に働きます。これは、アメリカで生活していて私も感じたことですが、アメリカ人の人の中に「日本人男性は変態だ」という考えを持つ英語圏の人たちが結構、多いことです。印象操作されているのです。

毎日新聞ワイワイ
(毎日新聞のワイワイ英文記事に関する謝罪文。しかし、なぜか謝罪は日本語。)

日本叩きによって、海外の人たちにこのような偏見を先に持たれてしまうと、本人が努力して「そうではない」ということを身を持って証明していかなくてはならないのです。そして、そうやって努力したとしても「○○さんは、日本人にしてはいい人だね」とか「日本人だけど奥さんを大切にするね」などと言われてしまいます。長年アメリカに住んでいると、仲良くなったアメリカ人に、それっぽいことを言われて、ガックリすることがよくあります。まあ、いちいち気にしてられませんが。

毎日新聞、変態なのに昇進

これは、日本人全体にとって非常にマイナスに働いています。つまり、毎日新聞の記事は、海外での日本叩きや日本人差別を助長したということになります。

また、別の問題もあります。「ほんまでっかTV」にも出演されている科学者の武田邦彦氏は、「意図的な誤報をする毎日新聞は読まないほうがいい」と述べています。

最近では、インターネットテレビ上で百田尚樹氏と石平氏が毎日新聞を批判したことに対して、訴訟の脅しをかけたことが知られています。しかも、「このことは公開するな」と圧力をかけたのにも驚きます。これは、言論弾圧ですよね? (そして、この映像は又しても削除されていました)

逆に毎日新聞が起こした「西山事件」などに再び注目が集まってしまいましたが。

過去には、毎日新聞の記者が手榴弾を持っていて捕まった事件や、盗撮で捕まった毎日新聞記者もいましたね。

なぜ、このような新聞が日本では存続できているのか? 逆にそこが知りたいですね。



人種平等の世界を築いたのは日本

関連記事
朝日新聞の捏造によって海外から蔑視される日本人
アメリカにとって日本はまだ元敵国で「北朝鮮と同列」
羽生結弦、米国が中韓を利用し日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
日本と世界を救うのは、縄文文化を背負った頑固オヤジとその精神!
国連が「日本叩き」をする本当の理由
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

創価学会の広告収益でもつ毎日新聞

毎日新聞は、倒産しそうになり、創価学会に実質的に買収されたのでした。それ以来、毎日新聞の中に朝鮮人が増え、海外に向けた反日報道を熱心にやっているのです。 毎日新聞の報道内容は、中韓両国の対日政策と同一です。

Re: 創価学会の広告収益でもつ毎日新聞

> 毎日新聞は、倒産しそうになり、創価学会に実質的に買収されたのでした。それ以来、毎日新聞の中に朝鮮人が増え、海外に向けた反日報道を熱心にやっているのです。 毎日新聞の報道内容は、中韓両国の対日政策と同一です。

なるほど、そこから金が出ていたのですね。

あまりに嘘と反日、捏造ばかりするのに倒産しない理由がわかりました。

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。