軍事評論家・井上和彦が「沖縄ヘリパッド反対過激派」の日当を暴露!

沖縄を守る
03 /11 2018
2017年1月2日に放送された東京新聞MXテレビの「ニュース女子★タテマエや綺麗ごとは一切なし!」で軍事ジャーナリストの井上和彦氏が、沖縄の高江で過激なヘリパッド反対運動を展開している活動家たちが日当をもらっていることを暴露しました。ついでに、沖縄反基地運動家が週休二日で土日が休みだということまでも暴露。

地元ラジオDJのボギー手登根氏が井上氏とともに登場し、東京で配られた「のりこえネット」という団体による反対運動家募集のチラシを見せてくれます。

そこには、「往復の飛行機代相当、5万円を支援します。あとは自力で頑張ってください」の一文が。つまり、反対運動家の一部は、沖縄県民ではなく、謝礼をもらって沖縄以外の場所から来るよう募集をかけている団体がいて、そう言った集まりがあるという事実の物的証拠です。



さらに、そのチラシには、韓国語の名前が書いてあり、そして現職の衆議院議員である福島みずほの名前が写真つきで掲載されていました。

以前、福島みずほについては、「沖縄ヘリパッド建設妨害で逮捕の元しばき隊・添田充啓、福島瑞穂議員らと接点」という記事にも書きましたので驚きませんが、ヘリパッド過激派の募集に関与していることが確定しました。

しばき隊と福島瑞穂

産経新聞「沖縄・北部訓練場の暴行で逮捕 容疑者は社民・福島瑞穂議員らと接点」
http://www.sankei.com/affairs/news/161004/afr1610040013-n1.html

福島みずほ議員といえば、「普天間レーザー照射男、社民党・福島瑞穂氏と意外な接点 インリンとも…」という記事が夕刊フジのzakzakに掲載されていましたね。レーザーを照射することによって、オスプレイなどの飛行機の墜落事故を誘発させることが知られており、これは立派なテロ誘発行為です。

福島みずほとレーザー男
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151211/dms1512111140012-n1.htm

さらに、手登根氏がテレビカメラに見せてくれたのが、普天間基地周辺で見つかった茶封筒。表には「光広」と書いてあり、「2万」と書いてあります。そして、似たような記述のある別の封筒がもう一枚カメラに映し出されました。

この情報は、反対運動をバックアップしている勢力にとってよほど都合が悪かったのか、この番組のスポンサーである化粧品会社、DHCへのボイコット運動にまで発展しています。



むしろ、DHCの評判が上がったような気がしますけどね…。

ー ー ー ー ー

東京新聞は、やっぱり反日でしたね。

先日、MXテレビの「ニュース女子」という番組で、沖縄で米軍基地反対運動をしている活動家たちが、沖縄県民ではない人が大勢存在している事実と、日当をもらっていること、そしてその金額、活動家募集のチラシには韓国語(*過去に韓国国籍の活動家が沖縄で逮捕されている)の名前が印刷されていたことなどが軍事ジャーナリストの井上和彦氏の現地取材によって暴露されました。

この内容は、反対運動を展開する勢力にとって、よほど都合の悪いものであったようです。実際に現地取材を行った井上氏にではなく、この番組に東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が出演していたことから、東京新聞が「他メディアで起きたことであっても責任と反省を深く感じています」と異例の謝罪文を掲載しました。

しかしまあ、よくもこのような言論弾圧ができますね。別媒体であるし、実際に報道していたのは井上氏なのに、「ウチの長谷川が出演していてゴメンなさい」って意味がわかりません。

「のりこえネット」という団体による反基地活動家募集のチラシには、実際に韓国語の名前が掲載されており、事実には違いないのに、なぜかそれが「差別」にすり替えられています。

■中国の沖縄での秘密工作とは その5 沖縄独立を煽る アメリカの議会機関が指摘する中国の日韓離反工作
http://japan-indepth.jp/?p=29620

■産経新聞(2015年12月8日)
「米軍機にレーザー照射 『目的は一体何なのか』ミス誘発で大惨事の恐れ」
http://www.sankei.com/affairs/news/151208/afr1512080009-n1.html

関連記事
「過激派の私的検問に文句を言って罰金」で、自由な通行権が奪われる
軍事評論家・井上和彦が「沖縄ヘリパッド反対派」の日当を暴露
東京MXテレビが「ニュース女子」の沖縄特番をオンエア禁止に
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした画像や過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。