FC2ブログ

ケムトレイルが存在する証拠、米空軍士官学校で行われるケムトレイルの講義とマニュアル

電磁波対策など
12 /06 2017
先日、ドイツ人科学者のハラルド・カウツ・ヴェラ氏による過去の講演を見ていて、非常に興味深い事実を知りました。この方は、地質学と物理学と学び、メディア管理学を修め、ジャーナリストとしても活動したこともある科学者であり、民間の企業や非営利団体の研究者をされてきました。

ハラルド・カウツ・ヴェラ


この方の講演の中で、「ケムトレイル(飛行機からの化学物質の散布)」についての話題が出たのですが、「ケムトレイルなのか、ただの飛行機雲」なのかを論じても何もわからない、ということを述べていて、「この言葉の語源にこそ注目すべきである」と語っているのを聞きました。

ケムトレイル


そもそも、どこから「ケムトレイル」という名前が出てきたのかといえば、これは民間人の造語ではなく、「アメリカ空軍の大学レベルの高等教育機関である米国空軍士官学校(エア・フォース・アカデミー)にケムトレイルの講義とマニュアルが存在するから」ということでした。そして、カウツ・ヴェラ氏は「この事実から、ケムトレイルは軍隊のテクノロジーであると結論できる」と述べていました。

これは、私もなるほどと思って調べてみたのですが、マニュアルを公開している元軍人の方々がおられます。「ケムトレイル アメリカ空軍アカデミー(士官学校)」と記されたマニュアルのコピーtpケムトレイルの講義マニュアルの目次のページです。

ケムトレイルマニュアル目次


講義に使われたマニュアルは、ケンタッキー大学にも、マイクロフィッシュ(文書をコピーしたものを小さなフィルムとして保存した資料)形式で保存されています。ここには、「題名:ケムトレイル、化学131 マニュアル 1990」と明記してあるのが分かります。

ケムトレイル


いくつかクラスがあるようで、こちらは、「ケムトレイル:化学141&142、第4版(化学における使用と概念)」と明記してあります。こちらは、上のものよりも新しく、1998~03年と書いてあります。

ケムトレイル2

そして、以下はアメリカの政府機関であるNASAの資料です。こちらに、ケムトレイルという言葉が書いてあることからも、ケムトレイルが存在する確証となります。

けむ


そして、以下はケムトレイルの特許書類です。内部告発者の方々がすでに公開してかなり時間も経っているので、このような事実や資料はすでに公の知識となっています。

ケムトレイル特許

政府機関は国防上の機密としているせいか、「ケムトレイル」についての詳しい情報を公表せずに否定していますが、内輪では講義して、マニュアルまで作っておいて「知らぬ、存ぜぬ」じゃ済まないですよね! 

ケムトレイルがどのように使われているかや目的はわからないにしても、ケムトレイルの存在自体を否定して、陰謀論だとして情報操作し、事実を闇に葬り去ろうとしているマスコミや科学者たちは、「共犯者である」と断言できます。

アメリカの軍隊は、入隊すると機密を守る誓いをさせられますが、どこの世界にも心のどこかに良心が残っている人たちというのは少数いて、途中で自分が撒いているものの内容物を知って、「こんなものを撒き続けていいのだろうか」と悩み、除隊する人たちもいたようです。また、後で事実を公表している内部告発者も大勢いるのです。

亡くなったミュージシャンのプリンスですが、この方はお亡くなりになる前にケムトレイルに関して、テレビやインターネットテレビなどで活発に発言していましたね。

ちなみに、私が住んでいる場所は、かなり頻繁に起きてほぼ数日おきに見えます。健康増進とデトックスが趣味なので、今のところ体調に変化はありませんが...

過去記事
NASA内部書類が記述した新しい戦争のターゲットは人類
人間のロボット化と人体に組み込まれつつある人工知能への警告(1)
「ポケモンショック」の軍事利用、核兵器よりも身近で恐ろしい兵器とは? 
体の帯電、静電気を取る「葉っぱ療法」と体の極性について
チキンマックナゲットを顕微鏡で見ると不気味なナノテクノロジーが
電磁波ハラスメント、うつ病に効果的とされる磁気療法について
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。