FC2ブログ

新燃岳で七年ぶり噴火、東日本大震災はその直後に起きていた…

言霊の力
03 /13 2018
明治天皇の玄孫で憲法学者の竹田恒泰氏が「新燃岳七年ぶり噴火」について語っておられるのを聞いて、ハッとしました。何と、前回、大噴火した数日後に東日本大震災が起きていたこと…



竹田恒泰氏が新燃岳は、天孫降臨の山である「高千穂の峰」にあるということで、日本という国や私たちの先祖の土台となる要である場所であり、「ここが爆発する」ということの意味について解説されています。

古事記を学んでいれば、新燃岳が噴火するということは、

日本が根底から揺り動かされている

これは、わかりやすい言葉で言うと「今、かなり日本がヤバい」ってこと。

こちらは、宮崎県の高千穂神楽「御神躰(ごしんたい)」の舞で、 伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)二柱の神様による国産みの様子を神楽にしたものの映像です。本来は新穀に感謝する祭りである新嘗祭(にいなめさい)を祝うために男女の神が新穀で酒をつくり、神前に捧げるお神楽で「酒おこしの舞」ともいわれるそうです。



やはり、私たちは今、私たちのご先祖様が守ってきたものを強く思い起こさなければならない時期にきているのかもしれません。「国産み」は「命を生み出す」ということです。

命を繋いでいくこと。

私たちのルーツである12000年前から続いてきた米作り縄文時代から続いてきた酒造り、そこから培われた私たち日本人の「感謝しながら生きること」、「金で買われない純粋な心」そして「助け合いの精神」。

新燃岳の噴火は、私たち日本人に原点に立ち還るように促しているのではないでしょうか。スケートの羽生結弦選手がオリンピックで「米国が中韓を利用し日本人にかけた自国嫌いの呪いを解いて」くれましたが、大勢の日本人が改めて「日本人らしい人間」や「日本人らしさ」って何だろう、と考えましたよね。

羽生結弦選手は東日本大地震で被災された際にスケートリンクが壊れてしまったと聞きましたが、羽生選手の英語のメッセージには周囲で支えてくれた人たちと世界中から応援してくださった方々への感謝も述べられていました。そして、ニューヨークタイムズ紙のインタビュー記事では、「怪我をした自分の足に感謝する」と言う内容がありました。

羽生結弦、足に感謝

「自分の足に感謝したいです。君は、よくやってくれました」羽生結弦
NYタイムズ記事
https://www.nytimes.com/2018/02/16/sports/olympics/figure-skating-yuzuru-hanyu.html



新聞記事には「冗談で(ジョーキングリー)」と書いてありますが、アメリカ人ですから「お茶目な表現」くらいに受け取ったのでしょう。私は、これはマジだと思いますね。だから、怪我を乗り越えられたのではないでしょうか。よく、「ガン細胞に感謝して感謝して感謝し続けていたら、消えてしまった」なんて言う話を思い出します。「心からの感謝」は、奇跡を起こすし、無限のパワーがあります。

感謝の無限パワー
http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/53269652.html

この「感謝とともに生きる」と言うことは、私は一番、日本人らしいのではないかと思います。

すべてが繋がっていて、すべてがありがたい‼️

と言う意識。私たちがご飯を食べるときに「いただきます」とか「ごちそうさま」というときに相手を誰か指定しないで感謝することの意味は、みんなに、すべてに感謝しているからなのです。(*英語など西洋の言葉では、必ず食事を作った人とか神など、感謝する相手を指定しますよね)

稲を育んでくれた太陽と大地(祖国)への感謝
稲作を縄文の昔から絶えることなく引き継いでくださったご先祖さまへの感謝
お米を育ててくださった農家の方々への感謝
精米して下さった方々への感謝
運んで下さった方々への感謝
お箸お茶碗を作ってくださった方々への感謝
お米を買ってごはんを炊いてくれた両親への感謝
ごはんを美味しく頂いて消化できる自分の身体への感謝などなど…



稲作を引き継ぎ、私たちの命を繋いでくれたご先祖と大地(祖国)の大切さ、そして私たちの命の土台に感謝することを、忘れかけていたのではないでしょうか。これまで私たち自身が、人の命や国土を大切にしないマスコミのいうことを信じたり、そう言う人たちを代表に選んで、好き勝手させてしまったのです。(または、祖国を守る人が出てきても、引きずり下ろしてしまった)

公明党が推した「子宮頸ガンワクチン」という日本人撲滅計画
反日マスコミと議員が麻生大臣を引き摺り下ろしたい理由は、「日本の土地を守る」方針
日本を守ろうとした稲田朋美大臣を辞任に追い込んだ日本
北朝鮮の核はクリントン・オバマ政権下でアメリカが育てた



馬淵睦夫元大使も仰っていますが、やはり日本人はお米を食べることによって、私たちの中にある

「感謝」という無限のパワーにスイッチを入れる

ことから、すべてが始まるような気がします。 

味(たな)つもの百(もも)の木草も天照(あまてら)す
日(ひ)の大神(おおかみ)の恵(めぐみ)得てこそ

美味しく味わうもの、頂くすべてのものも
私たち日本人の祖先であり、天皇のご先祖である
天照大神(あまてらすおおみかみ)
太陽の神様のおかげです

本居宣長の和歌



関連記事
縄文時代前期、1万2000年前の稲作の痕跡が鹿児島から出土
酒に強いDNAを持つ縄文人、酒造りは縄文時代に行われていた!
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
羽生結弦、「日本人らしい人間」のあり方を示す
羽生、米国が中韓を利用し日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。