FC2ブログ

「ムダ遣い」をやめるための言霊

心身を鍛える、心が軽くなる話
03 /26 2018
政治の話題が続いたので、ちょっと小ネタを(笑)。

今日は、「ムダ遣い」をやめるための言霊についてです。なんと、そんな魔法の言葉があったなら、10年前に教えてくれれば今頃、お金が貯まっていたのに…。そうなんです。しかし、私がこれを思いついたのは、つい最近のことなんです。やり方は、かなり単純ですがご説明したいと思います。要は、自分が今、買おうとしているものが本当に必要なのか、本当に欲しいのかを考えて、最終的に買うかどうかの決断を下すときに、自分が使っている言葉を意識して見ると、本当に欲しいものがはっきり見えてくるということです。

お買い物をするときに「これ、ちょっと可愛いな」とか「これ、ちょっといいかも」、「ちょっと家に欲しいな」などと思いますよね。そこで、「これ、買っちゃおう」と思って買ったりしますよね。でも、後でよく考えて見ると、そんなに良くなかったり、必要でもなかったりすることがあります。そういう時に、自分の頭の中に浮かんだり、言葉に出して言った「ちょっと」という言葉をよく考えて見てください。「ちょっと」と自分で言っているということは、実はですね…。

「ちょっとしか可愛くない」
「ちょっとしか欲しくない」

買い物


これはを思いついたのは、昔、知り合いの先輩のバッグを見て、私が「これ、ちょっと可愛いですね」と言ったら、先輩とその友人が私をからかって「◯◯さん、sacredokinawaちゃんがバッグをちょっとしか可愛くないって言ってるよ」と言ったのです。

確かに!

もし、「すっごく可愛い」とか「とっても可愛い」などとと言っていないということは、「ちょっとだけ可愛い」としか言っていないわけです。ですから、その考え方を買い物に応用するんです。自分が「ちょっとしか可愛くない」と思っているものを衝動買いしてしまうと、多分、後で「買って本当に良かった」などと思わないですよね。

自分が「これは、絶対欲しい!」とか「めっちゃ可愛い!」と思ったら、買う。「ちょっとだけ」だったら、買うのはやめる。それだけです。「これ、ちょっと可愛いな〜」とか「これ、ちょっとお買い得かも」などという考えが巡ってきたら、

「ちょっとしか可愛くない」から、いらないかw
「ちょっとしかお買い得じゃない」から、いらないかw
「ちょっとしか便利そうじゃない」から、いらないかw


という感じで打ち消していくんです。

以前、私はデザインと素材が気に入ったものすごい高価なブーツを買ったことがあるのですが、「たかが靴にこの値段は…」と思ったのですが、10年以上経って見たら「あれは本当にいい買い物をした」と思いました。一万円くらいのブーツというのは、頑張っても2、3年しか持ちませんが、それは何年経っても使えるんです。ちょっとメンテはしましたが。値段を使った年数で割ると、実際はものすごく安くなっているので、後で考えたら実は非常にお得なわけです。

確か、イギリスの元首相が4万円くらいの高級靴(現在は7万くらい)を靴底を張り替えて確か15年以上使っている、という話を読んだことがあります。安い靴を履き潰すよりも、高くて長持ちする靴を長く使った方が実際はお得だし、見栄えも良かったりします。

本当にいいもの、本当に欲しいものを見極めて行きたいですね。

過去記事
何をすれば世界と日本の役に立つか
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
日本と世界を救うのは、縄文文化を背負った頑固オヤジ
自分の潜在力を最大限に生かす脳の使い方
新燃岳で七年ぶり噴火、東日本大震災はその直後に
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。