FC2ブログ

「ありがとうの力」は物質を変える、小学生の実験が「言霊パワー」を実証

一円もかからない不思議な話
12 /06 2017
江本勝氏の著書、「水からの伝言」に触発されて、ある小学生が実験をしたという写真が掲載されていました。それは、二つの瓶にご飯を入れて、一つの瓶に向かって「ありがとう」と毎日声をかけ、もう一つの瓶には「ばかやろう」という声かけを一ヶ月行ったのです。その結果、「ありがとう」のほうは、いい感じに発酵して白っぽくなったのに比べて、「ばかやろう」のご飯は真っ黒な黒カビが生えて、臭いも悪臭がしたということでした。

この実験からヒントを得て、今では日本各地の小学生(だけではなく大人も)が「言霊パワー」を実証する実験を行っているようです。「ありがとうの力」は物質を変える、ということがわかります。





「ばかやろう」の瓶に入ったお米が真っ黒になるのがすごいですね。





言葉を変えて実験している人もいます。手書きの字が心がこもっている感じがして、とても愛らしいですね。





以前、「パワーストーンで逆に運が悪くなる科学的な根拠」、「インディアンの奥義、まずはパワーストーンを癒して」という記事を書きましたが、水晶はエネルギーや情報を保存して拡大する性質があるので、持っていると悩みやストレスがある人などは逆に悩みごとが拡大する場合があることを書きました。楽しい気持ちの時は、それが拡大するので、パワーストーンが効く人と効かない人が出てくるのは、それが理由だということで。

そこで、水晶やパワーストーンを「前向きにプログラミングしてから使いたい」という場合、この小学生が行った「ありがとう」の声かけと同じことをするのが私は一番簡単で確実な方法ではないかと思っています。

つまり、宝石箱に向かって毎日、自分の声で「ありがとう」と声かけをする。これだけです。一ヶ月もすれば、ありがとうのエネルギーがしっかりと記憶されているはずです。私は、宝石を入れている箱を開けて、1日に一回は「ありがとう」の声かけをするようにしています。自分の持ち物は、最高のエネルギーでプログラミングしておきたいですからね(笑)。

関連記事
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
あなたの波動を爆下げするものとは?
日本人の遺伝子をスーパー活性化するのは、「ソーラン節」だった
羽生結弦、米国が日本人にかけた「自国嫌い」の呪いを解く
朝日と夕日を見るだけの「お天道さま健康法」で心身を進化
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。