FC2ブログ

国際的な日本人を目指すなら、まずは「誇りが持てる日本史」を学べ

子供を守る、教育
03 /30 2018
海外に住んでいると、「日本人とは何か」というのを説明できないとバカにされるので、実体験から日本の歴史を学ぶようになりました。色々と勉強しているうちに、日本は世界最古の国家であり、鹿児島で発見された1万2000年前のプラントオパール(稲の痕跡)という科学的根拠や当時から漆細工が存在していたことなどから見ても、縄文時代にすでに進んだ文明があった、ということを知り、自分の中でコペルニクス的な変化が起きました。「貝紫」という紫の染色技術にしても、日本では縄文時代にすでに作っていた痕跡があり、酒づくりでさえも縄文時代に始まっていたのです。

そもそも、日本にあった文明が先で、それが世界に伝播していった可能性の方が高いということです。古神道を研究しておられる方々は、日本に一万二千年以上前から文明があり、そこから世界中に散らばっていた人たちがまた渡来人(本当は帰国人というか先祖の故郷に帰ってきた人たち)として、再び日本にやってきた、という説をとっている方がいらっしゃいます。

竹内文書を継承してきた竹内家の末裔であり、 第七十三世武内宿禰(たけのうちすくね)の竹内睦泰(たけうちむつひろ)氏のビデオは面白い上にとてもわかりやすいです。この内容を知ると、世界最古の文明を持つ日本人として、本来持つべき誇りを取り戻せると思います。(予備校の元講師ということで飽きないような話し方をされるので娯楽を兼ねた学習になります。時々、酔っておられる時もあるようですが、酔った方が話がノッている時もあるようなので、それもありがたい気がします。)

日本を知らない奴は、海外に行くな!

というか、本当の日本を知ってから海外へ行け、というのがこの方の持論です。



竹内氏は、「海外に出て行くこと時代は悪いこととは思っていませんが、日本とはどういう国でどういう歴史でどういう文化なの、と聞かれた時に答えられないとバカにされる」と仰っています。

「武内宿禰」というのは、古代から天皇に仕えた外務大臣(大使)のような役割も持っていたことから、現在もその役職をこなしている竹内氏は、20名以上の各国の大使に会ったことがあるけれど、全員が日本の情報分析をするために日本語を勉強している、ということを述べていました。そして、海外の人が日本人に歴史や文化を聞いても語れない、着物を着ることができない、天皇名を言えない、というのはアメリカで言ったら初代大統領の「ワシントンの名前を言えない」レベルであると。

これは、私自身、実感していることです。私はアメリカに来た頃は神武天皇の名前を言えなかったと思います。それが、重要だとは思っていなかったからですが、例えばアメリカ人だったら小学生でも初代大統領の名前くらい言えるわけです。日本人の場合、歴史が長いのと、最近判明したことも多い分、かなり勉強しないといけませんが…。

海外に出る前に一通り日本のことを学習したつもりになっていましたが、実際にアメリカに来てみたら、私自身が日本を悪い国だと思っていたので、周囲のアメリカ人に日本の悪いところばかり言ってしまい、逆にバカにされていましたね。当たり前ですが。(知らないことをバカにされるというのもありますが、主に「自国や自分の文化に対する誇りのなさ」が一番低く見られると思います。)

竹内氏が

日本を知らない、日本に誇りを持てない
日本人が海外に行くから、日本人は舐められる


と述べていましたが、まさにその通りだと思います。私もつい最近までナメられて、日本の評判を落としていた海外在住者の一人だったと思います。

戦後の自虐史観を植え付けられていましたから、自分が「日本はひどい国」という風に洗脳されていると自覚してから、自分で調べたり何十冊も本を読んで本当の日本の歴史を知って、日本が人種差別撤廃を国際会議で提唱した最初の国だったことなどを知りました。



知的武装した今は、何か「日本人であることの誇り」がオーラとして出ているせいか、周囲の人たちにバカにされたり見下されたりすることはほぼないです。

しばらく前にロシア周辺国(ロシアから独立した国の一つ)から来た人が上役にいました。その方は、何を思ったか「日本人って、真似が得意なんでしょう? やっぱりそうなの?」と聞いてきたので、「日本は西洋人が日本に鉄砲を持って来たときに、鉄砲を見よう見まねで大量に作って、奴隷化と植民地化を防いだ(秀吉の時代ね)」と言い返しておきました。(昔は、特許とかなかった時代だし、日本人の持っていた技術力が私たちを救ったということでw)

人種平等の世界を築いたのは日本

しかし、アメリカの会社ではこう言った会話は、「人種に関すること」であり、上役や人事担当者が社員にいうと、自動的にクビになる内容なんです。つまり、日本人である私に「創造性がないじゃないか」とか「人真似するんだろう」と決めつけて仕事の評価を不当に下げているとみなされる内容なわけです。まあ、しかし私もいちいちこの程度のことで大問題にはしませんでした。(これは、一言、人事に「こういう発言をされました」と言えば、本当にその人が解雇されるんですけどね。そういう不用意な発言を職場で部下に対してして、即解雇された人を何人か知ってます。)

しかし、その方が来た国というのは、日本兵がシベリア抑留で奴隷のように強制労働させられていた場所の一つなんです。私の遠縁の方にも、そういう方がいらっしゃいました。当時の日本人は、寒くてもひもじくても、「日本人としての誇りを忘れず、強制労働だからと言って手抜きはしない」と言って働いたと言います。だから、日本人捕虜がシベリアで建てた「ナヴォイ劇場」だけは、地震が起きても崩れなかったわけです。



シベリアに強制連行されて捕虜となった日本人は60万人(本当はもっといたはず)とも言われています。

旧ソ連の人たちは、日本人捕虜のタダ働きによって、地域のインフラを整えることができたんです。そういう国から来た人が、日本人に対して偏見に満ちた考えを持ってそういう言葉を吐くことの理不尽さ…とまでは考えていなかったのですが、私はその上役の言葉にモヤっとしたのです。

以前に「正直者が報われる時代が来ました」という記事を書きましたが、どうも今はそういう時代になっているらしいのです。

私に嫌味を言ってきたその方は、数週間後にリストラにあっていなくなってしまいました。



関連記事
正直者が報われる時代が来ました
日本と世界を救うのは、縄文文化を背負った頑固オヤジ
羽生結弦、米が中韓を利用し日本人かけた呪いを解く
縄文時代前期、1万2000年前の稲作痕跡が鹿児島から出土
酒に強いDNAの縄文人、酒造りは縄文時代に!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。