FC2ブログ

騙されるな日本人! 子宮頸がんワクチンの説明書には「効果なし」と明記してある

ワクチン汚染、医療の闇
04 /02 2018
私が医療の闇や政治や歴史について調べるようになり、このブログを書くきっかけとなったことは、アメリカを中心に2015年くらいから数百人単位で立て続けに起きた代替療法の医者やガン研究者の大量不審死でした。

下に貼った写真をご覧になると分かりますが、皆さん、人の為に生きていた充実感がお顔に溢れているような方々ばかりでした。

調べて行くうちに、不審な死に方をされた医師の方々は、ほとんどが製薬会社の薬を使わない他の治療法を推進したり、製品や療法を確立した方ばかりでした。銃で背中から数発撃ち込まれて川に浮かんで発見されたフロリダ州のジェフリー・ブラッドストリート博士はワクチンに添加されている生前にワクチンに添加されている「酵素タンパク質(ナガレース)」が自閉症を起こしていることを突き止めるとともに、免疫系を保護するGCマクロファージ活性化因子(GcMAF)を使った治療を開発し、2005年に製造を開始していました。

コラージュ

女優のスザンヌ・サマーズのガン克服に役立ったとして全米で脚光を浴びたニューヨークのニコラス・ゴンザレス博士は「心臓麻痺」と発表されたのに、検死の結果は心臓麻痺の痕跡が見られなかったとオフィシャルサイトで公開されています。博士は、通常の治療ではほぼ完治しないとされている膵臓ガンの患者をコーヒー浣腸と食餌療法で治した実例を多数持っていた方です。

この現象は、アメリカだけではなく、2016年12月6日に日本における著名な免疫学者であり、「病気にならない生き方」、「免疫を高めると病気は勝手に治る」、「薬をやめると病気は治る」、などの著書を持つ医学博士の新潟大学名誉教授、安保徹氏がお亡くなりになりました。教授は生前からオフィスが荒らされることがあり、「自分が死んだら、殺されたと思って」ということを仰ってことが知られています。

松あきら

日本では、公明党の松あきら議員が国会で推進した「子宮頸ガンワクチン」の副作用で深刻な症状に陥った大勢の少女たちと家族による訴訟が起きましたね。「子宮頸ガンワクチンはイラクサギンウワバという「蛾」の細胞で培養された」と精神疾患の女性の中絶胎児から作られたワクチン原料「MRC-5」という記事を書きました。

ちなみに、「子宮頸がんワクチン」というのは、日本語に意訳したもので英語ではHPV Vaccine(ヒトパピローマウイルスワクチン)と呼ばれていますが、商品(薬物)名のワクチンは、「ガーダシル」や「サーバリックス」として出回っています。



ワクチンについて調べていると、目を背けたくなる現実が次々と明らかになりますが、私が一番危機感を持っているのは、私たちがワクチンの説明書にハッキリと明記してあることに目を背けてしまっていることです。サーバリックスの添付書類には、

「子宮頸がんの予防に効くなんて一言も書いてない」

ことです。むしろ、「効果ない」と繰り返し明記してあるのです。以下のようにはっきり書いてあるのです。

予防効果は確認されていない
進行予防効果は期待できない



説明書サーバリックス2

https://blogs.yahoo.co.jp/i1hito/34943001.html

これは、法律的な解釈をすると「事前告知了解」であると言えます。ただ、ワクチン製造している製薬会社がワクチンに「子宮頸がん」という名前をつけてみただけで、

「最初から誰も子宮頸がんを予防する効果ある、なんて言ってないからなw」

という予防線を張っているわけです。製薬会社さんの言いたいことを、言い換えると、こういうことですよ。

日本語でわざわざ書いてやってる説明書が読めない(読まない)
お前が勝手に「効く」と信じ込んでるだけ。
情報弱者は、自分が滅びて人口削減に貢献してください。
ビル・ゲイツも言ってるように)



日本人がゆっくりと根絶させられている:日本少子化とマーガレット・サンガーの計画」という過去記事でも書きましたが、日本人は有色人種であり、狙われて来ました。

今こそ、本来の情報の読み方(素直に説明書や公文書に書いてある事実を読んで理解するだけです)を取り戻し、未来の日本人の命を産み、日本人の未来を担う「子宮」を守るために行動していきましょう!

*ちなみに、タイトルに「騙されるな日本人」と書きましたが、オーストラリアなどでも集団訴訟が起きましたから、他国でも同じような薬害は起きています。アメリカでは、ワクチンの副作用で製薬会社を訴えることができない判例ができてしまい、訴えることができなくなってしまっています。医療業界の意向を受けた人たちが躍起になって、これを売ろうとしていますが、今はこのワクチンを娘に打たせる日本の親は非常に少なくなっているので、私たちは賢くなって来ていると思っています。今回は、説明書にハッキリ「効果ない」と明記してあるのが分かりやすいので、取り上げました。

関連記事
日本少子化とマーガレット・サンガーの計画
ビル・ゲイツが「ワクチンで人口削減が可能」と発言
精神疾患の女性の中絶胎児から作られたワクチン原料
子宮頸ガンワクチンは「蛾」の細胞で培養された
公明党が推した「子宮頸ガンワクチン」日本人撲滅計画
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。