FC2ブログ

「許さない」という言葉を連発する朝鮮文化、日本人の考え方とは明らかに違う!

中・韓半島、アメリカの連携
04 /16 2018
最近、「許さない」という言葉が特定の人たちから、繰り返し聞こえて来ませんか。

でも、日本語で「◯◯を許さない」って、あまり気軽に使う言葉ではないと思いませんか。日本語には「水に流す」という言葉があるように、私たち日本人にはその考え方が根底にあるような気がします。例えば、「元寇」のとき、モンゴルが高麗軍(朝鮮半島)を引き連れて壱岐や福岡の沿岸に上陸してました。壱岐では千人以上の民間人が殺されましたが、それを理由に現代の日本人が「モンゴル許さない!」などと考えるということがありません。

韓国の前大統領の朴槿恵さんは、大統領就任中に「日本を1000年恨み続け、許さない」ということを述べていましたね。それから、就任中に「いかなる汚職も許さない」と強調していたことがロイター通信などで報じられました。今は、汚職で二十年以上の判決が出ましたが、ご自分にブーメランが返ってきたとしか言いようがありません。

朴槿恵許さない
「朴大統領、現職の首相の収賄容疑で、いかなる汚職も許さない、と強調ー米メディア」

この「許さない」という言い方、その考え方が私は日本人の考え方とは明らかに違う、と思います。「◯◯を許さない!」とお題目を唱えたところで、現実は変わらないことを私たちは知っているからです。現状に不満があるなら、現状のどこを変えればいいのか考えて、それを実行すればいいわけです。

私たち日本人はそもそもハッキリと白黒をつけるのを好みません。「嫌だな」とか「まずい」思った時でさえ、「微妙」とか「これって、どうよ」とかオブラートに包んだ表現をすることが多く、ストレートに言うことが少ないと思います。物事には、いい面と悪い面が同時に存在することだってあることを私たちは知っているからです。特に人の前では。例えば、日本では知り合いで

「◯◯を、許さない!」とか言ってくる
同僚とか友達とか、ほぼいないですよね。


日本人でいたら怖いですよ。ストーカー予備軍のような。

英語でも、こう言う表現はあまりしないです。英語の歌とかで浮気した後に謝ると言う意味で「許す」(forgive)という言葉を聞くことがあります。また、宗教の祈りなどで「罪を許してください」と祈る場合はあるかと思います。しかし、長年にわたって英語圏の人たちと付き合って来て、「◯◯を許さない!」(I won't forgive you.) と言う表現をした人に私は会ったことがないです。

しかし、文化が変わると、「許さない!」と言う表現を気軽に使うようです。

韓ドラ許さない

こちらは、「あなたは贈り物」と言う韓ドラのエピソードの一つです。

第12話のタイトルは「絶対に許さない」です

(笑)。なるほどね!

それを念頭に置いて、あの「アベ政治を許さない!」というフレーズを見てみると、日本に強くなって欲しくない勢力の文化背景が見えてくるのです。「安倍総理」と書かずに「アベ」とカタカナで書く意識です。以前の反政府デモでは、「安」の漢字が間違っているのがありましたね。確実に日本人ではないですね。

安倍を許さない

「安」という漢字は、日本では小二くらいで習う漢字ですから、間違いようがない。

安の漢字

先日の国会前で行われた政権に退陣を求めるデモの人数について毎日新聞は「3万人」と報じ、TBSは「5万人」と報じていたそうですが、警察発表は4千人でした。「そこまで盛って、掛けなくても…」とネタになっているらしいですがw

https://mainichi.jp/articles/20180415/k00/00m/010/032000c

国会前デモ 毎日新聞

こちらは、パリで行われた憲法改正反対デモの風景ですが、白い垂れ幕に英語で Down with Abe, Live together with Korean and Chinese people と書いてあります。Down with Abeっていうのは、厳密には「アベと一緒に堕ちろ!」という意味です。総理と一緒に日本を堕としたいのか、どこへ堕としたいのか、何なのか意味不明です。その後には、「韓国人と中国人と一緒に生きろ」と書いてありますね。最初に「韓国」を入れるところが、「なるほどね」な気がします。

パリでのデモ

反安倍勢力の中には、中国勢力がいる、ということも確認できますね。中国語の簡体字ですかね。しかも、英語もひどい。アイム・ノット・アベってw そりゃあ、君はアベじゃないだろうよ。なんか、日本人がやっていると思われると日本人がバカだと思われるから、やめてほしいですね。

反安倍勢力の漢字

反戦の「戦」も違うし…

反安倍

政権の政策についても、「この政策には賛成するけど、この政策は賛成できない」ということがあります。マルバツ思考に当てはめさせられると、私たちは洗脳されて操られやすくなってしまいます。人間らしい自由で多面的な思考を取り戻さなくてはと思います。



関連記事
「私的検問に文句で罰金」判例で、自由な通行権が奪われる
韓国が「漢字を廃止した理由」と歴史捏造を信じる理由
日本を守ろうとした稲田朋美大臣を辞任に追い込んだ日本
「トランプ氏」、「アベ」表記は、政権を倒すための印象操作
マルバツ思考が愚民を作る、「最強の国民」になる方法
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。