FC2ブログ

ライス元米国連大使がシリアの「白ヘル」の特集番組制作したネットフリックスの指南役に

国連の腐敗、国連の反日
04 /20 2018
シリアの問題について書く前に、私の地元であるアメリカのシリコンバレー(サンフランシスコ郊外のIT企業密集地)での大変興味深い人事について書いておこうと思います。「オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企みが表に」と言う記事で、アメリカのIT企業と前政権の危険な癒着について書きました。その癒着は、まだ続いていると言うことです。

オバマ政権時代にアメリカの米国連大使を務めたスーザン・ライスがネットフリックスの指南役(アドバイザー)に今年の3月末に就任しました。このライス元国連大使というのは、オバマ政権時代にトランプ候補をはじめとする民間人をイギリスの諜報機関を通じて監視させていた証拠を握る人物であり、アメリカ議会でも追及を受けたことがあります。(詳細は、ナポリターノ判事についての過去記事をご覧ください。)

スーザンライスがネットフリックスへ

ネットフリックスといえば、最近はドラマの制作費に映画並みの資金をかけているので、評判がいいですが、最近ではこのようなドキュメンタリーも作っているのです。



アメリカ政府やオランダ政府、イギリス政府などから資金提供されているシリアの民間団体「ホワイトヘルメット」(白ヘル)という名前の団体を美化するドキュメンタリーを作っています。つまり、シリア国民がやっている団体ではないし、シリアの安全や独立を守る目的の団体では必ずしもない、ということです。それなのに外国勢力が「シリアの民間団体」ということにして、善玉に仕立てあげて「いい仕事している」風に演出しているのです。

先日、シリアで「アサド政権が化学兵器を使った」と言うニュースが出て、それに対してアメリカが素早く空爆しましたが、この元ネタを提供したのがこの「ホワイト・ヘルメット」と言う団体だったのです。この団体ですけれどね、お金の流れを辿って行くと、国家転覆勢力のジョージ・ソロスやアメリカ政府、そしてイギリス政府にたどり着くのです。(資金源と後援団体については、後で詳しく書きたいと思います)

わかりやすく言うと、ネットフリックスは、すでにアメリカの戦争屋さんたちに乗っ取られているというわけです。彼らのプロパガンダ映画製作会社ですね。これからは、ニュースの捏造だけではなく、ドキュメンタリー映画の捏造にも気をつけないといけませんね。

シリアは、世界中で中央銀行が存在しない最後の数カ国のうちの一つです。国際金融勢力というか戦争屋は、潤沢な資金源でアメリカ政府の一部と大手メディア、そして非政府団体を掌握していますから、いうことを聞かない指導者は、独裁者とか「悪者」に仕立て上げられて、国をボコボコにさせられてきました。

イラクのサダム・フセイン大統領も、ブッシュ政権時代に悪者に仕立てあげられましたが、後になってから「大量破壊兵器はなかった」と判明しましたよね。(しかし、もうアメリカがボコボコにした後だったので、知らん顔でしたよね)

ニューサイエンティスト誌 「報告書は、イラクの隠された兵器は存在しなかったと述べている」
https://www.newscientist.com/article/dn4549-iraqs-hidden-weapons-did-not-exist-say-reports/



追記

アメリカの元国連の話題ということで、こちらも加えておきます。国連軍(アメリカ軍をはじめとする)こそ、韓国で慰安婦登録をしていたのですからね。国連(アメリカを含む連合国)こそ後ろめたい犯罪をたくさん隠しているのに、意図的に日本に責任転嫁してきたのです。

国連軍慰安婦登録
(朝鮮戦争の前後に韓国語でUN国連軍向けの慰安婦登録を呼びかける記事。「相封」というのは「相対」で、「相対する」つまり「ための」という意味です。国連軍のための慰安婦です。)


関連記事
英国シリア元大使が「シリアの化学兵器使用はフェイクニュース」
日本で戦争が起きている!自由な通行権が奪われる
米憲法違反を犯してシカゴが国連軍を要請、米は内から崩壊?
オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企みが表に
グーグル親会社を辞任シュミット氏、北朝鮮との協力現場写真浮上
オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企みが表に
人間のロボット化、「トランスヒューマニズム」の危険性について
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。