FC2ブログ

ユリ・ゲラーがCIAとモサドのサイキック・スパイだったことを告白、日本もやられていた

政治と宗教の癒着と腐敗
12 /07 2017
若い皆さんには、「このジイさん誰!?」という感じだと思いますが、70年代後半から80年代前半に日本でスプーン曲げを流行らせたユリ・ゲラーという人物がいます。この方は超能力者ということでしたが、数十年後に「あの人は今」的な日本のテレビ番組を見て、その後は石油採掘の際に場所を割り出すコンサルティングをして大金持ちになり、マイケル・ジャクソンなどの有名人にチャネリングをしてメッセージを伝えているとも語っていました。

ゲラー

インディペンデント紙「ユリ・ゲラーがモサドとCIAの超能力スパイとしての二重生活を語る」
http://www.independent.co.uk/news/people/uri-geller-discusses-his-double-life-as-a-psychic-spy-for-mossad-and-cia-10492978.html

この方は、2017年1月にCIAとモサドのサイキック工作員だったことを告白しています。離れている場所にあるものを透視したり、政治家などの考えを変える工作にも携わっていたそうです。これは、どういう風に機能していたかというと、ユリ・ゲラーがターゲットとなる人物のすぐ後ろに飛行機などで座り、その人の脳に向かって「こうしろ」と念じて、政策や考え方を変えさせる、ということも含まれていたと述べてありました。

ユリ・ゲラーは日本にもちょくちょく来ていましたから、モサドとCIAのスパイだったということは、アメリカ政府に巣食う闇の勢力に日本人の税金をいいように運用するために使役されてきたのだろうと思います。

CIAといえば、以前に元CIA高官で現在はCNNの解説者がテレビで大統領暗殺をほのめかしたことを書きましたが、自殺や薬物の過剰摂取に見せかけた「殺し」などは普通にやる組織なので、おそらくついテレビに出た時に自分ではたいしたことを言っているつもりはなくて、ぽろっと口走ったのだと思われます。

ゲラー2

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/01/18/uri-geller-convinced-cia-psychic-warrior/
ザ・テレグラフ紙「ユリ・ゲラーが超能力兵士だったことをどうやってCIAに証明したか」

確か、私も子どもの頃にテレビを見て、スプーン曲げをやろうとしたのですが、ひどい頭痛がしたので、やめたような記憶があります。しかし、考えてみると、私は守られていたのだと思います。ユリ・ゲラーは、明らかに戦争の道具であったということは、日本人に対して善意でスプーン曲げを教えてくれていたわけではなかったことが確実にいえるのです。どのような洗脳をされていたかは、分かりません。

先日、NASAの内部書類で新しい時代の武器として、「サイキック(霊的)な戦争」が武器として挙げられていたことを書きました。また、アマゾンの社長がCIAから巨額の契約金をもらっていることを知って、私はアマゾンで買い物をすることをやめたことを書きました。

最近、ユリ・ゲラーのサインがついたパワーストーンをチャージするコースターのようなものがインターネットで売っているようですが、これは「もう洗脳しちゃってください」と自ら言っているような愚民アイテムというか自滅アイテムですね…。

日本人は、言霊の力を持っていますから、ぜひパワーストーンをお持ちの方は、自力でパワーストーンをチャージというかプログラミングしてくださいね。

過去記事
インディアンの奥義、「まずはパワーストーンを癒して」
日本人に合った開運法とパワーストーンの浄化の仕方
ありがとうの力は物質を変える、小学生の実験が「言霊パワー」を実証
日本と世界を救うのは、稲作文化を背負った「むしろ職人」とその精神
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。