FC2ブログ

米アップルのアイクラウドの中国移転に懸念の声、私への嫌がらせ電話も英語から中国語に移行(察し)

人工知能、AI、ロボット化
05 /21 2018
世界は、私たちが知らない間に非常に深刻なことになっております。

まずは、事実の確認から。アメリカのアップル社がアイクラウドのデータキー(情報管理機能)を中国に移転させた、というニュースをご存知でしょうか。

アイクラウドは、情報の銀行というか、いわば「蔵」であり、それをコントロールする要の場所を中国に移したということです。

あいぽんとマック持ってる人は、全員、当事者なんですよ

iCloudが中国へ移転

ロイター記事 2018年3月2日 「米アップルのiCloudデータ、中国移行に懸念の声」
https://jp.reuters.com/article/china-apple-icloud-idJPKCN1GE0UZ

あの朝日新聞も、この様な記事を出しています。

https://www.asahi.com/articles/ASL1J5TSWL1JUHBI01G.html
「中国のiCloud暗雲 アップル、中国企業に運営移管」

以前から、アメリカのハイテク企業密集地域であるサンフランシスコ周辺のシリコンバレーにある企業は、儲けを出す意味で中国での安い労働力に頼って来ました。なぜサンフランシスコ周辺に捏造の慰安婦像が建てられなければならなかったかというと、中国との利権がズブズブの土地柄であり、突然死した市長は中国系でした。2016年だけでもアメリカ国内で起きた凶悪犯罪などを犯した者を1万9723名も釈放した、いわば国家破壊勢力であったオバマ政権と癒着して軍事関連の下請け会社として北朝鮮を援助していたのがグーグルなどのアメリカの大手ハイテク企業であったのでした。

北朝鮮にいるエリック・シュミット
(赤いマフラーの男性が、元アップル社長でグーグル親会社会長であったシュミット氏)

これは、どういう意味なのか。昨日、私が気に入っているアメリカ人のB君(と勝手に呼んでいる)のニュース解説を聞いていて、「中国にアイクラウドの鍵が移転した」ということの意味について、ツラツラ考えているうちに、脳内の回路が繋がって、

とんでもないことに気づいてしまった

のです。

先日、私のアメブロサイトがフェイスブックとツイッターから「シャドーバン(隠れ禁止)」されていることを書きました。先日の記事の中でも少し書きましたが、昨年の11月に「西洋文化の根底にある人身犠牲を暴露」という記事を出した後から、私のあいぽんに英語で嫌がらせ電話がかかり始め、それが安定して一日おきくらいの割合でかかって来ていました。最初に出た時には、「あなたの◯◯がもうすぐ切れます。更新してください」とか「◯◯料金を支払わないと、訴訟される可能性があります」などのアメリカではありがちな脅しが英語で留守電に入っていました。(オレオレ詐欺のもっと悪質でアメリカ版みたいなの)その後は、もう番号に覚えがない場合は、嫌がらせ電話であること認識して、一切、電話に出ていませんでした。

しかし、今月になって、またいつもの様な迷惑電話がかかって来た後に、その番号からメッセージが残っていたのです。いつもは聞かずに削除していたのですが、その日はなんとなく聞いて見ようと思い、メッセージを聞いて驚きました。

迷惑電話のメッセージが中国語に変わっていた

のです。私が住んでいるのはアメリカなので、当然のことながら、迷惑電話もすべて英語でかかって来ていたのです。しかし、いきなり中国語に変わったというのは、

あいぽんへの迷惑電話の実行チームも中国に移転した

という意味であることが推測が成り立つわけです。

「迷惑電話」だけなら、困るけれども、私は生きていけるということで、なんとか我慢できるかもしれません。しかし、あいぽんの中には、住所が入っていますから、個人情報が得体の知れない勢力に渡ってしまうということは、得体の知れない連中に「お前の家はわかってるからな!」って言われて脅されているのと同じなんですよ。

それに、あいぽんの中には間違いなく地図とナビが入っていますから、そこに「ポケモンショック」的な電磁波とか送られると、人身事故なんて簡単に起こせますよね。以前、米軍が電磁波パルス兵器について述べた際に「1997年12月16日に日本のテレビで放送された人気アニメによって、光で発作の症状が誘発されることは明らかに証明されている」と記したことを思い出してください

pokemon

https://www.cinematoday.jp/news/N0046466

先日の記事でも「暗殺スタイルの言論弾圧」の可能性について書きましたが、なぜ私がこの記事を出した数日間の間に私の隣人が交通事故で死亡し、私の車とそっくりの色と形の車が追突されなければならなかったのか。電磁波については、見えないので調査がしにくいものではありますが、私が受けていた迷惑電話が言語だけが英語から中国語に変わったというのは、紛れもない事実です。

私は、ぜひ良心的な日本企業に安心で安全なスマホを作ってほしいです。今、パソコンも買い替えを検討しています。

関連記事
グーグル親会社を辞任したシュミット氏、北朝鮮との協力現場
オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助
「偽ニュース対策」という名のナチス方式の言論弾圧
NASA内部書類の戦争のターゲットは人類、武器はスマートダスト
電磁波ハラスメント、うつ病に効果的とされる磁気療法
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。