FC2ブログ

クリントン支援の大富豪ブロンフマンが2名起訴の「児童の性奴隷団体」の支援者

人身売買、児童虐待
05 /25 2018
「ヤング・スーパーマン」という海外ドラマ(アメリカの原題は「スモールヴィル」)の脇役として出ていたアリソン・マックという女優

14歳以下の児童の人身売買と虚偽による売春強制

などの罪で起訴されています。この女優は、ネクシウムという名前の団体のナンバー2として活動しており、創始者でトップのキース・ラニエールという男が同じくメキシコで児童の人身売買で逮捕され、起訴されています。この団体の下には、なんと90社もの企業や団体があり、その中には南太平洋のフィジー島にリゾートを経営やロンドンでの高級託児所を運営、メキシコ支部、不動産業の経営、数々の人道団体の運営がありました。

つまり、それらのビジネスや非利益団体は、すべて隠みのであったということです。

ダライ・ラマと面会中

それにしても数が多すぎますよね。一人の指導者の男とあまり知名度のないC級女優にこんなに沢山のビジネスや団体を作り、回すお金や力量があるでしょうか。バックに「お金」がないとできないことです。指導者のラニエールに寄付をしていた、いわば「金づる」のブロンフマン姉妹と一家について調べていて、大きな繋がりが見えてきました。

姉妹

こちらの姉妹です。

ブロンフマン姉妹

ブロンフマン一族について調べてみて、初めて事の大きさというかこの児童心身売買組織のスケールの大きさがわかってきました。現在のブロンフマン家で有名なのは、元ワーナーミュージック社長のエドガー・ブロンフマン・ジュニア氏です。もちろん、腰掛け社長ではなく、ブロンフマン家が買収したからです。

エドガー・ブロンフマン

もともと、ブロンフマン家は禁酒法時代に蒸留酒を作り財を成しました。現在は、「シーグラム」というウイスキー製造会社があります。すでに亡くなっていますが、ジュニア氏の父であるエドガー・ブロンフマン・シニアは長年、

世界ユ●●会議のという国際組織の議長


を長年務めていました。「ユ●●人の作り方」という著書も出しています。

ユ。。人の作り方

なんか、随分、堂々と「違う民族に背乗りしました」ってことを公言したような題名ですね。元から聖書の民ではなかったことをご自分でも、意識していらっしゃるのでしょうね。この一族は、現在のモルドヴァ(ルーマニアの近くでドラキュラで有名なトランシルヴァニア地方の近く。ちなみにチャールズ皇太子も先祖にルーマニア周辺でドラキュラ伯爵のモデルとなったヴラド3世がいたと語っています。)

ベッサラビア

ブロンフマン一族

私は、陰謀論的なことを言っているわけではないのですが、ええと

「ブロンフマン」というのは「ロス茶」と直接的に繋がっている

のです。これは、事実です。検索すると出てきますが、「ブロンフマン・ロスチャイルド」という富豪向けの資産管理と退職金管理のコンサル会社が存在します。

投資会社の名前

しかし、このサイト、見ないほうが多分、安全だと思います。そもそも、富豪をターゲットにしているので、普通の人はそもそも相手にしていないと思います。サーチしてそのサイトに行ったとたんに、私のパソコンから自動的に個人情報を抜き出して、フェイスブックにサインインさせようと、何度もなるように自動設定されていました。これは、何かの仕掛けがしてあると思います。(ですので、リンクは掲載しません。)

過去にラニエールは、すでに犯罪歴があるのですが、ブロンフマンがネクシウム関係者にお金を出して、アメリカの連邦政府の判事の金融情報を調べさせた、というカナダの地方紙の記事を見つけました。ということは、過去に起訴されているけれども、アメリカの判事の弱みを握っているので、ラニエールは終身刑など思い罪にならずにそのあとも活動を続けていたということです。その中には、チャック・シューマーの名前もありましたが、それは現在のアメリカ政界の汚職と非常に強いつながりがあるので、また詳しく書きたいと思います。

http://www.niagarafallsreporter.com/part-1-canaprobe-civil-lawsuit-may-inform-fbi-bronfman-raniere-crimes-us-federal-judges/

https://www.timesunion.com/tuplus-local/article/Legal-papers-NXIVM-officials-probed-finances-of-6516856.php

ラニエールの団体から、ヒラリー・クリントンへ寄付金

が行っていたことも、ニューヨーク・ポストという新聞が報道しています。

カルトのヒラリー支援者

「アメリカ連邦政府の記録によると、アルバニー(ニューヨーク州)のネクシウムの幹部らは、合計29900ドルをヒラリー・クリントンの大統領選挙対策に寄付しました。」

https://nypost.com/2007/10/01/hillarys-30000-fans-are-her-cult-following/



逮捕されたラニエールと女優のアリソン・マックは、世界的な児童の人身売買組織の単なる窓口だったのですね。黒幕は、彼らの活動にお金をつぎ込んできた大富豪たちです。

関連記事
クリントン財団の犯罪証言予定のハイチ高官が不審死
国境破壊主義者と児童虐待・人身売買が次々と摘発されている
フィル博士が世界的なエリートによる人身売買と児童虐待の実態を暴露
女優アリソン・マックが性奴隷組織の児童人身売買で逮捕、起訴
米女優逮捕の性奴隷団体の関連団体、企業名を司法省が公開
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。