FC2ブログ

福島瑞穂議員と懇意の元しばき隊、添田充啓(通名・高橋直樹)急死、死後一ヶ月以上後発覚の怪

反日ウォッチ
05 /30 2018
非常に興味深い方が非常に特異な状況でお亡くなりになったことが判明しました。「沖縄タイムス」によると、元しばき隊メンバーで、沖縄のヘリパッド建設現場で沖縄防衛局職員に怪我を負わせた傷害事件で逮捕されて(その時点ですでに前科三犯)有罪判決を受けた添田充啓(通名・高橋直樹、45歳)が4月13日に自宅で死亡しているのが発見された、というニュースです。

添田死亡

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/258013

しかし、死因は書いてないし、死亡しているのが発見されてから、もう一ヶ月半も経過しているのですよ。しかも、大手メディアの記事が沖縄タイムズ以外には、一切、検索しても出てきませんね。

しばき隊と福島瑞穂

慰安婦強制連行の捏造を広め、日本を叩き「テロ等準備罪成立」にやたらと反対していた国会議員の福島みずほとは、福島の沖縄滞在中に添田充啓と行動を共にした事実が産経新聞で報じられました。福島みずほといえば、オスプレイにレーザー照射して(墜落を誘発する危険なテロ行為)逮捕された会社経営者の平岡克朗容疑者とインリンが福島瑞穂さんと一緒に写真に掲載されていましたね。

日本はアメリカと同盟関係にありますから、当然ですが日本の自衛隊と連携しています。

米軍に対するテロは、自衛隊と日本に対するテロ

であることを私たちは忘れてはいけないです。

男組代表

桜井誠(通名・高田誠)が表向きは「右翼」を装って在特会という団体を使って「しばき隊」と対立して、「日本国内に差別がある」と言う既成事実を作りました。その結果、日本には「ヘイトスピーチ法案」なるものが成立してしまいました。これは、移民や移民の母国(中国政府や韓国、北朝鮮)への批判を封じるための言論封鎖です。

桜井誠通名
http://www.sankei.com/west/news/160927/wst1609270049-n1.html

故・中川昭一衆議院議員が、「ヘイトスピーチ法案」の前身とも言える差別に関する法案が出た際に、「実際に事件が起きていないし、苦情が寄せられていないので難しい」ということを述べておられました。当時、中川議員は、この法案に反対したら「政治生命を終わらす」と脅されたことも語っておられます。その後、中川議員は「自殺した」ということになっています。

この通称・桜井誠氏は、「天敵」であるはずの「しばき隊」などのメンバーと仲良くツーショットで写真に写っていることからも、人種差別を自作自演して、「ヘイトスピーチ法案」を成立させるためのマッチポンプだったということがわかります。そもそも、本当の日本人だったら、通名を使い続けないですよね。

しばき隊と桜井誠

しかし…。

私の住んでいる近くのサンフランシスコ市でも中国出身の慰安婦像推進した市長が急死しました。この市長は、ヒラリー・クリントンの支持者でもあり、シリコンバレー周辺の地上げに関わり、複数の部下が汚職で逮捕されたのに、なぜかこの人物だけは起訴されませんでした。

捏造慰安婦つながりで言えば、「安倍の葬式はうちで出す」と発言したことで有名な朝日新聞の論説主幹だった若宮啓文氏は、北京のホテルの浴室で急死しましたね。

文春・若宮の記事

若宮記事1

国家を破壊する活動に従事される方々の晩年というものは、なかなか「長生き」とか「安らか」とか「敬愛される」というという人生とは程遠いのが定番のようです。あっち側の勢力って、自殺や事故に見せかけた「粛清」というか「友愛」が得意みたいですからね。知りすぎた人間は、いつのまにか事故にあったり、自殺したり、不審な死に方をしますね。桜井誠も、今頃、「俺も友愛されたら、どうしよう」と慌てているかもしれませんね。

関連記事
軍事評論家が「沖縄ヘリパッド反対過激派」の日当を暴露
「過激派の私的検問に文句で罰金」、自由な通行権が奪われる
日本の危機!今、「ジャイアン保護法」ができる瀬戸際
テロ等準備罪成立で福島みずほ、テロ支援に支障?
沖縄ヘリパッド建設妨害で逮捕の添田充啓、福島瑞穂議員らと接点
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。