FC2ブログ

アメリカが「国連人権理事会を離脱」の本当の意味、犯罪組織に飲み込まれた国連を再考

国連の腐敗、国連の反日
06 /20 2018
アメリカが「国連人権理事会から離脱した」というニュースを聞きました。ウンウン、そうだろうね。そうだろうね。全く驚かないよね。国連大使のヘイリーさんの後ろに新しい国務長官のポンペイオ氏が後ろについて「最も深刻な人権侵害国が理事国になっている」と非難しましたね。ヘイリー一人では、心細いんでしょうよね。表向きは、米国の同盟国「イスラエルを批判する場として政治的に使われている」ということにニュースではなっています。私たちの日本にとってのジャイアンは、長いことアメリカでしたが、そのアメリカにとってのジャイアンは、まさに「椅子」から始まる国ですよね。我が国の宰相に靴入りのデザートを出すというとんでもない侮辱のおもてなしをした国ですね。

産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/180620/wor1806200006-n1.html

まあ、表向きのニュースはおいておいて…。そもそも、国連人権理事会ってところ自体が捏造ニュースに基づいた不当な日本侮辱の温床でもありますからね。捏造された慰安婦強制連行問題で日本を貶めたり、ありもしない問題をでっち上げ「日本で報道の自由がなくなっている」と勧告しにきたのもここでしたね。

今、国連こそが犯罪の温床というか隠れ蓑であり、犯罪者を庇うとんでもない暗黒組織に成り下がっているのですよ。国連の腐敗をなんとかしない限り、世界はいい方向に向かっていくことは難しいのです。「慈善」とか「救援活動」、「国際協力」のもとになされる犯罪や虐待が一番、摘発しにくいし厄介だからです。

国連と人身売買

元国連職員が国連職員の児童性虐待者の数は3300名で、過去10年の国連職員が犯した性的虐待は6万件だと内部告発しています。具体的な例をあげますと、ピーター・ダルグリッシュというカナダ人の元国連代表はネパール警察に2件の児童性虐待で逮捕されました。また、国連の「児童労働プログラム」元主任顧問の退役軍人ジェームズ・グラジオプレーンが児童性虐待で逮捕されました。

UN Retired general

クリントン財団の犯罪について証言予定だったハイチの元政府高官の不審死について書いた記事でも述べましたが、ヒラリーが国務長官の時代に大地震に見舞われたハイチで30名以上の子供たちを正式な手続きなしに外国に連れ出そうとしたローラ・シルスビーというアメリカ人が人身売買の罪で現行犯逮捕された事件があります。この犯罪者の罪を軽くするために、ハイチ入りしたのは、ビル・クリントン元大統領でしたが、このとき「国連特使」の地位を使ったのです。

「人さらいの人権」を守るための国連特使

クリントン財団から資金を得てハイチで救援活動をしていたリンキン・パークのボーカルのチェスター・ベニントンとミュージシャンのクリス・コーネルは、現地の児童救済活動が実は人身売買に使われていることを知り、告発しようとしたところ、首にタオルでドアノブから吊られて不審死を遂げるという同じ死に方をしています。

Podesta_chester

国連と連携していた栗きんとん一味と財団の犯罪つながりは、ハイチの提携先の救援団体「オクスファム」による強制売春の内部告発によって明らかになりました。

オクスファム

血液入りのセメント特許を持つ企業、「セメックス」も栗きんとん財団と提携していました。そして、児童の性奴隷団体としてアメリカ人の女優とトップが逮捕され、起訴されている団体も、大統領選の際にクリントン陣営に寄付しました。

そして、「性行為の合法的な合意年齢を12歳にするべきだ」と主張しているアメリカ最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグを指名したのは、ビル・クリントンでしたね。(年齢を引き下げれば、児童の強制売春や性虐待という犯罪が成り立ちにくくなるのです)この判事も、なぜか「人権弁護士」のように言われていますけれど…。

小・中学生を性の対象として狙う犯罪者の人権

を守りたい派ってことですね。そのような人物がアメリカという強力な国家の司法の中枢に現在もいる、ということです。私は、この人物が辞任となったら、アメリカはかなり健全な方向に向かう希望が持てると思っています。

不審な死に方をしたミュージシャンのアヴィーチと、彼が告発していた超エリートによる大規模な児童の人身売買の闇について少し書きましたが、そう言った犯罪に関わっている勢力こそが、国連という組織と国連の役職を悪用してきたのです。

国連の人権理事会が日本を朝日新聞が捏造した慰安婦問題で貶め続けたり、何かと日本をターゲットにするのは、国連を乗っ取っている勢力が自分たちこそが現在進行形で大きな犯罪を犯していることを知っているからこそ、責任転嫁するために日本を叩いて日本を利用しているのです。戦時中の日本の慰安婦は、17歳以上を対象として職業として「募集」をかけ、民間の会社から給料が出ていたので、「性奴隷」からは程遠いのです。

国連のマッチポンプ
https://www.sankei.com/politics/news/170609/plt1706090022-n1.html
産経新聞記事 「国連を利用した日本たたきの裏」

ヤング・スーパーマンの女優アリソン・マックが児童の人身売買と強制売春で逮捕、起訴されましたが、これこそが現在進行形で行われている子供たちの「性奴隷」事件です。そして、その団体には90社もの企業や慈善団体があり大富豪のブロンフマン家を資金源として持ちダライ・ラマの名前まで悪用していたのです。

国連が犯罪組織にほぼ乗っ取られた状態になっている今、日本も国連に対しては厳しくしないといけないのです。日本は国連に対して多額の負担金を払っていますから、本当は国連の腐敗を止める大きな力となるのは私たちで

私たち日本人の発言権は大きい

のです。日本人に罪悪感を植え付けたり、捏造ニュースを元に厄介な問題をでっちあげて日本を責めて、私たち日本人の発言権が強いことを忘れさせることによって、国連は自分たちの腐敗を隠蔽しているのです。

日本の漫画やアニメを「児童の性的搾取だ」と糾弾していたイギリスの国連職員で児童保護の活動家であったピーター・ニューウェルという人物がいますが、現在は児童の性的虐待で服役中です。

日本の漫画が国連から敵視される理由
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2643242

日本の漫画やアニメを極悪扱いして日本にさんざん勧告してきた国連職員は、本人自身が児童を性的に虐待する犯罪者であったことが、判明しているのです。以下は、イギリスの国営放送、BBCの記事です。

国連職員が服役中
「児童の権利活動家、ピーター・ニューウェルが(児童への性的)虐待の罪で服役」
https://www.bbc.com/news/uk-43075546

ニューウェルが書いたユニセス書簡

(こちらは、服役中のニューウェルが妻と共著したユニセフの「子供の人権についての国際慣習」という小冊子)

セーブ・ザ・チルドレンという団体のホームページによると、名古屋で行われた「子供虐待防止世界会議名古屋 2014」という国際会議では、このピーター・ニューウェルが「このテーマの世界的なオピニオンリーダー」として位置付けられ、パネリストとして招待されていました。
https://www.savechildren.or.jp/sp/news/index.php?d=1699

ちなみに、国連軍(アメリカ軍をはじめとする)こそ、韓国で慰安婦登録をしていたのですからね。国連こそ後ろめたい犯罪をたくさん隠しているはずなのに、意図的に日本を叩いて責任転嫁しているのです。

国連軍慰安婦登録
(朝鮮戦争の前後に韓国語でUN国連軍向けの慰安婦登録を呼びかける記事。「相封」というのは「相対」で、「相対する」つまり「ための」という意味です。国連軍のための慰安婦です。)



関連記事
カナダ人元国連代表がネパール警察に2件の児童性的虐待で逮捕
元職員が国連に蔓延する児童性虐待を告発、性的虐待は6万件
国連「児童労働プログラム」元主任顧問が児童性虐待で逮捕
クリントン財団の犯罪を証言予定ハイチ元政府高官が不審死
クリントン財団のハイチ現地提携先の救援団体が児童強制売春
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。