FC2ブログ

激安レバノン製オレンジ花のフラワーウォーターで美肌づくりしてます

健康法
07 /08 2018
最近、いやな話題ばかり続いて、息抜きのつもりで書いたお笑い記事も結局は深刻な話にたどり着くという顛末になっているので、今日はソフトな話題で浄化したいと思います。

以前、私が住んでいた家の庭にはオレンジの木があって、初夏になるとオレンジの花が咲いていました。ちょうど5月から今頃の季節です。カリフォルニアは土壌が肥沃なので堆肥をあげなくても、フルーツの木がたわわに成ります。オレンジの花は白くて小さな白い花で、その香りには、とても癒されます。「天国の香り」があるとしたら、それはオレンジの花の香りなんじゃないかと思ううくらいです。アロマセラピーの精油で「ネロリ」というのがありますが、このオイルは量産できないせいか非常に高価です。そういえばダイアナ妃は生前、ネロリウォーターを化粧水がわりに使っていたそうです。

日本では「み〜かんの花が咲いている」という歌がありますが、柑橘類の花の香りは甘さと爽やかさが同時に備わっていて、本当にいい香りだから歌にまでなったのではないでしょうか。この香りは、多分、鬱の人や悲しみを抱えている人を元気づけてくれるような気がします。

しかし、「ネロリ」は非常に高価。でも、敢えてネロリを狙う私…。そんな時は、意識を地球規模にして考えてみると、案外、そこにはとんでもない裏技があるのです(フフフ…。)中東では、お菓子やアイスクリームの香りづけに花の香油を作る際に副産物として出る蒸留水であるローズウォーターなどのフラワーウォーターというのがあります。西洋では、これをハイドロゾルと呼んでいます。食用ですから、危険なものは入っていませんし、食べられるほど安全です。ということで、私はこれを色々な方法でお肌に使います。

・化粧水
・ミスト
・シートパック
・お風呂の香りづけ
・体臭をよくするためにストレートで飲む(体臭対策に食用ローズオイルが入ったサプリがありますが、同じような考え方です。)



フラワーウォーター

今日は、うちの近所に中東やインドの食材を使うお店があったのを思い出して行ってみたところ、やっぱりありましたよ。レバノン製のオレンジのフラワーウォーターが300ミリリットルでお値段は2ドル99セント。300円ちょっとというところでしょうか。同じようなものを化粧品として買ったら、5倍はすると思います。

保存料や添加物などの余計なものが入っていないのが嬉しいです。それから、プラスチックに入っているものは、微量であってもプラが溶け出しているので、化粧品や食べ物はできる限りガラスに入っているものを選ぶようにしています。このフラワーウォーターがガラスの瓶に入っているのも、私にとってはポイントです。この5倍の値段のローズウォーターやネロリウォーターを買ったとしても、瓶に入っているものは少ないし、もっと高いです。

私がお店の棚をいろいろ見ていると、何かを探しているように見えたらしく、インド人風の店員さんが無言で「あっち」という感じで反対側の段ボールを指さしました。指の先を見てみると、そこにはローズウォーターがありました。はい、実は「ローズウォーターもあればいいな」と思っていました。さすがです。こう言う以心伝心のサービスはアメリカの白人文化で育った人たちには難しい場合が多いみたいです。言葉で質問したら答えてくれるけど、何も言っていないのに「多分、あれを探してるんだろうな」と察してくれる店員さんはほとんどいないのです。

そういうわけで! 今日は激安で贅沢な暮らしを味わうアメリカ生活の裏技でした!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸(シリコンバレー)に住んでいます。♀です。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。遠くから日本を見た方がよくわかることもあります。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。