FC2ブログ

言論弾圧を読み解く:「北朝鮮との戦争は起きない」というビデオが削除される

言論の自由
12 /06 2017
私は、アメリカにいるせいか、アメリカのメディアを支配している勢力が出しているニュースが耳に入ってくるので、日本に住んでいる方とはちょっとタイミングが違う情報の受け取り方をしています。こちらでは、今年の2月から3月くらいにテレビで北朝鮮の核問題をさんざんやっていて、「日本や韓国を狙っている」と報道されていため、周囲のアメリカ人たちから「日本は大丈夫か?」と心配されていました。

私の中では、今年の前半が危機感のピークになっていて、アメリカが「北朝鮮の核を何とかして」と中国と手を結んだような節もあって、ハワイ州が早速、核シェルターの再装備をしたというのに「脅されても、日本には核シェルターもないし、何の備えもない」とパニックに陥っていました。ロシアは、もうウラジオストクの住民を1500名も避難させましたし。「こんな時なのに、なぜか日本は防衛大臣を辞任に追い込んでるし」と。

しかし、北朝鮮の核の問題は、調べれば調べるほどアメリカによるマッチポンプ臭がしてきて、「う〜ん、これって、戦争を起こしたいか、戦争が起きそうな状況の方が都合がいい勢力がいるよね」と思いはじめました。

反日中韓を操るのはアメリカ

そもそも、北朝鮮の核兵器は、クリントン政権時代にアメリカに言われて、日本は韓国を通じて、北朝鮮の核エネルギー開発の援助をさせられたことが発端です。日本人の税金を使って。もちろん、協定では国連が監視するはずでしたがそれは、それは立派に(?)北朝鮮の核兵器として育ってしまいました。

ケネディ大使の恋ダンス


そして、退任前に「恋ダンス」までして日本人に媚を売ったケネディ大使の再就職先は、アメリカの大手航空機製造会社、ボーイングの取締役。つまり、翻訳しますと、日本に「もっとアメリカの戦闘機買わせろ!」ってことです。



そこで、あれこれ考えたことを記事にしながら公開していたのですが、奇妙な言論弾圧に気づいたのです。「日本人はやった人が悪いという性善説、残りの世界はやられた人が悪いという性悪説」という記事の中で、トランプ大統領の当選を予測できた数少ない日本人である国際政治学者の藤井厳喜氏による話をまとめた「北朝鮮との戦争はおきない」というタイトルのビデオが削除されていたのです。

そして、最近出したこちらの記事でも、藤井氏の北朝鮮に関する解説が入ったビデオを貼り付けてみたのですが、またビデオが削除されているのです。(試しに、どういったビデオが削除されるのか、試しにいくつか貼ってみます)



削除される内容というのは、メディアを支配している勢力などにとって、あまり日本人には拡散して欲しくない内容だと思われます。消されがちな情報の中身ほど私は大切だと思いますので、藤井厳喜氏が「ザ・ボイス、そこまで言うか」という日本放送のラジオに出演された時の論評をご紹介したいと思います。

「(株価は)安定してきた感じがありますよね。(中略)しかしながら、これを見ていると、実体経済がいいということは、今日も話出ると思いますけど、日本経済はね。それはいいんですけれども、今のレベルだとね、北朝鮮の危機は本格的なものだという風にお金を動かしている人たちは考えていない、ということでしょうね。これは、株価には反映されていないですよね。経済的な危機にはね。大きな戦争というものがこの極東で起きるとは考えていない方が多いんでしょうね。

まあ、それが当たるかどうかは分かりませんよ。だけど、お金っていうのは、そういう動きに敏感だから。日本がミッドウェー海戦に負けましたよね。空母4隻失って。あれ、どっかで漏れたんだよね。その直後から、それまでね、真珠湾からずっと日本の株価は上がってたんですよ。ミッドウェーに負けた後に株が下がり始めるんですよ。お金は敏感ですからね。お金を動かしている人たちが敏感で。第3国経由でわかったんだと思いますけどね。

国際政治学者 藤井厳喜 (11月29日ザ・ボイス、そこまで言うか)






アメリカの右翼というかアレックス・ジョーンズ氏なども私はある程度は参考にしてみてきたのですが、日本についての論評は未だに「元敵国扱い」です。今回の北朝鮮の実験に対して、アメリカのテレビなどでは「第二の真珠湾か」(また、狂った東洋人が歯向かってきたか)というような論調があるのですよ。

また、ジョーンズ氏のようなアメリカの愛国者として出ている人が「日本は北朝鮮に狙われている」という以外に、「日本と中国は憎み合っている」と、あたかも将来的に日本と中国の間に戦争が起きそうなことをほのめかすようになってようになってきたので、すべてを鵜呑みにしないように見ています。

関連記事
アメリカにとって日本はまだ元敵国で北朝鮮と同列
「国のために戦う」11%で日本の国防意識は世界最低
北朝鮮の核はクリントン・オバマ政権下でアメリカが育てた
テロ等準備罪で議員の福島みずほ、テロ支援活動に支障?
新燃岳で七年ぶり噴火、東日本大震災はその直後に

今日ありがたいと思ったこと

冷静な分析ができる日本人の方々がいらっしゃることに感謝します。
私たち日本人の知恵と柔軟性、対処する力に感謝します。
貴重な見識や分析を拡散してくれている方々のおかげで、これを知ることができることに感謝します。

関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。