FC2ブログ

米政府関係者と思われる「Q」による内部告発についての過去記事まとめ

どうなってるの?アメリカ
10 /25 2018
米政府関係者と思われる「Q」による内部告発について昨年末からいくつか記事を出していますが、アクセスが多くなっているようなので、私が書いた過去記事へのリンクを貼っておきます。私自身は、Qの公開している内容をすべて信じているわけでもなく、すべて「陰謀論」として否定しているわけでもありません。実際、Qが公開している内容は、よく調べてみると、過去に公開されている情報であることが多く、ヒントや人名、地名、方向性などを言ってくれるので、それを元に調べると新聞の過去記事や画像や映像などのデータが出て来ることが多く、単に埋もれてしまった事実を掘り起こしているような感じで、「新しい情報をリークしている」という内容はあまりないのです。

昨年、「今、アメリカで一体、何が起きているのか」とアメリカに長年住んでいて、時事問題に関心を持っている私でさえ、さっぱり分からなくなっていたところを、どこを、誰を、どんな繋がりを調べれば良いかのヒントをいくつか頂きました。

富士山


過去記事

トランプ大統領が米国奪還作戦を水面下で進行中? 政治家のブーツが自宅収監用の電子足枷を隠蔽か

米憲法違反を犯してまでシカゴが治安維持に国連軍を要請、アメリカは内から崩壊?

大企業トップ、米議員の大量辞任。2018年、やっと正直者が報われる時代がきました

アメリカで匿名の情報機関関係者「Q」による内部告発…。北朝鮮は?

オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企みが表に

機密情報関係者、Qによる警告「誰をフォローするか気をつけなさい」



最近は、Qの出す情報をすべて細かく追ってはいませんが、アメリカでは相反する情報が飛び交っていて、「どっちが本当なの?」、「何が起きているの?」と疑問を持っているアメリカ人も多いのです。まして、アメリカの情報が翻訳されたものを読んでいる日本人としては、さらにアメリカで何が起きているかわかりにくくなっているかと思います。

以下にいくつか関連したことで背景となる情報を載せた過去記事のリンクをつけておきます。

カバノー最高裁判事を告発した女性心理学者、「記憶の捏造」についての研究の過去が明らかに

トランプ大統領が米議員の中国系側近スパイを暴露、5年前にFBIが警告、現在は慰安婦団体に

=>捏造慰安婦問題を韓国とアメリカから発信していたのは、中国系アメリカ人スパイが中国政府の差し金で行っていたということ。

アメリカの日本に関する本音(本当のことが知りたい方、限定です)

=>アメリカは、一枚岩ではないので、これを読んでアメリカ人全員を嫌いにならないでくださいね。黒いのはアメリカを牛耳っている勢力です。一般市民は、特に日本や日本人を馬鹿にしているとか搾取しようとは思ってはいません。遠くにある東洋人の国のことだからね。

西欧世界の超エリート勢力が人身売買の罪でついに逮捕

=>超エリートの大富豪とハリウッド女優がついに逮捕、起訴されました

(閲覧注意)キリスト教内部告発者が西洋文化の根底にある「人肉食」と人身犠牲を暴露

=>現代の世界のエリートが、なぜ大量の人身犠牲や幼児虐待に手を出すのか、その裏の理由がわかってきます。彼らの性癖というか、彼らの宗教の狂った部分がわかってくると、なぜ今、世界中でパスポートや身分証を持たない不法移民を大量に発生させているかわかります。

米移民局の「親子引き離し」は嘘。親なら子供を危険すぎる国境地域へ連れ出し不法入国しようと思わない

=>不法移民を野放しにしようとしている勢力は、必ず人身売買(そこから派生する臓器ビジネス、強制売春など)が財源となっています。「人身犠牲」の記事の内容ともリンクしています。不法滞在者というのは、その人がその人である証明ができないので、誘拐しようが臓器を取り出されようが、売られようが、強制的に売春させられようが、その人に対して行われた犯罪を立証することが不可能になってしまうのです。

アメリカが「国連人権理事会を離脱」の本当の意味、犯罪組織に飲み込まれた国連を再考

=>犯罪組織にほぼ乗っ取られている国連についても、本当のことを知っておかないとね。

国連が「日本叩き」をする本当の理由、それは日本人が持つ「世のため人のため」の精神だった

=>なぜ、国連やEUなどがやたらと日本を貶めるのか、考えたことがありますか?

関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。