FC2ブログ

元貴乃花親方と、「永田町の怪僧」の池口恵観の繋がりから日本の病巣が見える

政治と宗教の癒着と腐敗
12 /03 2018
何ヶ月か前に、私は何か自分の祖国である日本に出来ることがないかと思って祈っていました。海外に住んでいると、「日本のために何かしたい」と思ってもできることが限られているので、もどかしいことが多いのです。私はこちらで生活しているので、日本へ行って何かすることはほぼ出来ません。できることと言えば、こうやって日本語で情報発信したり、祈ったりすることです。そんなある日、その「ヒント」の一つのようなものを私は夢に見ました。

夢の中で、非常に質の悪いタイプの密教の人相の悪そうなお坊さんが何か非常に質の悪い呪詛のようなことを日本の国全体に日本の要人を通じて仕掛けている、と言う映像が見えたのです。そして、その人物が日本の政治家や日本を背負っている重要な人たちに霊的にも実務面でも多大な悪影響を与え、日本の要人らが日本を外国に売り渡すように手引きしているのが分かりました。

その時は、それが誰なのか私にはハッキリとは分かりませんでした。私は呪詛返しのようなことや呪いを解除すると言うようなことはしませんが、その「悪いしがらみ」をとにかく断つことが日本が生き残る道である、と直感したので、その人相の悪そうなお坊さんと、日本を担っている要人たちとの繋がりが消えていくイメージを頭の中でしていました。なぜそんなことをしていたのか、その時は分からなかったのですが、元貴乃花親方の件が表面化して、池口恵観と言う人物のことを知り、

「日本を売っていたのはコイツか…」

と合点がいきました。

池口と貴乃花

「貴乃花さんに参議院議員になっていただきたい」安倍首相“指南役”が出馬要請 週刊朝日
https://dot.asahi.com/wa/2017121100028.html

この週刊朝日のオンライン記事によると、「安倍首相とも親交が深い永田町の怪僧、池口恵観・高野山別格本山清浄心院住職」が「元貴乃花親方に政界入りを口説いている」と述べてあります。

池口と安倍首相

そして、去年の12月の段階で池口は、貴乃花親方からもらったメールの全文を週刊朝日に持ち込んでいます。恐らく、現時点では元親方からは公開できる返事がきてないと思われるのは、池口自からが10月中旬に元親方に送ったメールのみを公開しているからです。この人物は、元親方の元後援者ですが、現在も懇意なのかは分かりません。

https://dot.asahi.com/wa/2017121100028.html
週刊朝日 「貴乃花親方が池口恵観氏にあてたメール全文」

池口写真

しかし、この人物について知れば知るほど、宗教家の仮面を被った北朝鮮やユ○ヤ勢力、世界的な共産主義勢力と密接なつながりを持つ「国家破壊勢力の工作員」だと言うことがはっきりと分かるのです。

北朝鮮政府要人と池口

まず、本人が法主を務める最福寺のオフィシャルサイトの中にある本人の経歴に記載してあるだけでも、北朝鮮を5回訪問したことが述べてあります。平成24年には、北朝鮮から「親善勲章第一級受勲」を付与されているとも書いてあります。日本とは国交がない国ですよ。

池口4

最福寺ホームページ
http://www.saifukuji.or.jp/ekan_history.html

なるほど。そして、そこに更に仰天の内容が書いてあります。なんと、北朝鮮では

金日成観世菩薩

金日成観世菩薩

を寄贈したことが明記されています。なんと!!北朝鮮LOVEもそこまでいくと、もう狂気と言うか凶器でしょう。日本の国民を大勢拉致してきた国ですよ。今でも日本を核で脅し続けている共産主義独裁国家ですよ。朝鮮総連ビルの落札の際も名乗りを上げたのは、この方でした。この人によると、

朝鮮総連ビルを落札しようとした経緯

 「過去2年間で5回ほど北朝鮮を訪問しているが、そのたびに上層部から『(朝鮮総連)中央本部は大使館だと思っている。いい形で残せるように、あなた(池口恵観)の力で日本政府に話してくれないか』といわれていた。中央本部が靖国神社の隣にあるということで、供養や慰霊の場としての利点もあり、何度か訪れるうちに『ここは譲りたくない』と思うようになった」

池口恵観

(『ここは譲りたくない』の主語は、池口自身ですが、北朝鮮が主語になってもほぼ意味が変わらないことから、北朝鮮の政府と池口の考えが一致していることがわかります。)



結局は、落札してみたものの資金繰りがうまくいかず、モンゴルの会社が買ったことになってますが…。

総連は大使館

また、ロシアの3つの大学の名誉教授になっています。そして、ソ連時代にゴルバチョフ書記長とも会見しています。共産主義国家との繋がりが強い人物であることは間違いありません。

ゴルビーと池口

そして、この人物が25歳の時に政治家の秘書として働いていた際に、「三無事件」と言うテロ事件を起こしたメンバーの一人であったことは忘れてはいけません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/三無事件

この事件については、私も調べてみて初めて知りました。川南工業という会社の社長、川南豊作を首謀者とし、旧大日本帝国陸軍出身者らが日本政府の要人の暗殺を計画したが、未遂に終わって警視庁により逮捕された、という事件です。発生当初は「国史会事件」と呼ばれていたそうです。池口恵観(鮫島正純)は、事件への関与を認め、検察側証人として出廷し、200人で国会を襲撃するときに、議員秘書であった池口が国会内部から突入のタイミングの合図を送る役割だった、と証言していることが明らかになっています。しかし、最終的に池口恵観本人は「事件への関与の度合いが薄い」として不起訴となり、釈放されているのです。

元テロリスト

ですよ。

池口恵観は北朝鮮をたびたび訪問し、朝鮮労働党や北朝鮮外務省の高官やよど号ハイジャック犯と会談をしていることが公開されていますが、一体、日本の政治家たちは何を考えてこの人物に首根っこを掴まれていたんでしょうか。

この人物は、思想的には、共産主義者でしょう。マルクス主義(社会主義、共産主義)の理論の中に「目的のためには手段は選ばない(嘘もつくし、なんでもやる)」というのがあります。時々、右翼的なことを言ったり、田母神さんのような愛国者と一緒にイベントをしたりしたのは、カモフラージュであり、愛国者を後で罠にかけるための布石を打つためではないかと思いますね。デヴィ夫人もなぜか「私は保守」などと言っていますが、全く正反対のことを言っていますね。デヴィ夫人の2018年1月のブログ記事では、ホテルで行われる池口恵観の集いの宣伝をしていますが、過去にこの二人は一緒に北朝鮮に行っています。

デヴィ夫人と池口

デヴィ夫人の2018年1月のブログ 池口恵観法主の「新年のお祓いと集いの会」
https://ameblo.jp/dewisukarno/entry-12347668526.html

田母神さんの都知事選応援演説をしていたのもデヴィ夫人でしたし、田母神氏の選挙運動をしていたチャンネル桜の水島社長が「身内」であり「自称保守」であるにも関わらず、田母神氏に不利な情報を流して選挙法違反で逮捕させるという裏切りを行なったのも、このような「保守のフリ」をしている人たちが、日本の真の独立や改憲を阻もうとしていることがはっきりしています。

中川秀直議員と池口
中川秀直幹事長と池口

話が逸れましたが、池口恵観はユ○ヤ勢力とも繋がっていることがホームページに明記してあります。

池口3

最福寺ホームページ
http://www.saifukuji.or.jp/ekan_history.html

変な読み方になっていますが、これは、サイモン・ウィーゼーンタル・センターのことですよ。ほら、BTSのナチコスプレの件で高須医院長が、AKBは謝罪させられたのに、「BTSはお咎めなしですか、サイモン・ウィーゼーンタル・センターさん」とツイッターでつぶやいて話題になったユ○ヤ系の人権団体ですよ。この団体は、「マルコポーロ」という日本の雑誌を廃刊に追い込んだところですよ。

そして、「ガクトコイン」の件で野田聖子の旦那と一緒に野田聖子に金融庁に圧力をかけるように仕向けたあのミュージシャンも公式ラインで「恵観さんに可愛がってもらえるようになって数年。明日はその恵観さんの東京特別講演の最終回のゲストとして少し話をすることになった。」

ガクトと池口

https://ameblo.jp/ko-kansechu/entry-12367216999.html

ガクトコイン2

文春オンライン
http://bunshun.jp/articles/-/8268

週刊文春の記事によると、元総務大臣の野田聖子のご主人の文信氏はかつて、京都の指定暴力団「会津小鉄会」 傘下の「昌山組」に幹事として所属していました。しかも、アダルトサイトの経営者であり、前科二犯。夫は半島系の帰化人であり、ガクトと懇意ということです。またしても、与党の中枢にいる政治家と半島コネクション。そして、そのガクトは池口と懇意。

また、元総理の鳩山由紀夫とも懇意であっただけでなく、「まともなほう」の兄弟であった鳩山邦夫議員は、なんと池口の寺である最福寺の氏子の総代であったことが公になっており、第一次安倍政権のときに大臣になれたのは、池口の口利きがあったからだと過去に週刊誌が過去に指摘しています。

鳩山由紀夫と池口

「日本は日本人だけのものではない」発言の鳩山由紀夫元首相と池口恵観

池口記事
https://news.merumo.ne.jp/article/genre/5360918

空海が大陸から密教の呪詛のノウハウを持ち込んで以降、日本では火を使って護摩を炊いて政敵や恋敵などを呪い殺す、というようなことがなされていました。源氏物語の中にも、何かあるとすぐ僧侶に護摩を焚いてもらうシーンが登場しますよね。まさか、現代でそんなことしているわけないだろ、と思いますか? 私には、火を使った呪詛にしか見えませんけどね。このような北朝鮮ラブな人物でテロ組織の一味であった人物が日本が良くなるように祈祷していると思いますか? しかも、この人物は日本の重要な霊場の一つである高野山のトップも兼任しています。

護摩たき

まあ、そういうことで、みなさんもぜひ日本国を掃除するイメトレにご協力を。

一人でも多くの人がこのような日本の国益を大切にするどころか、実際にテロリストであり日本転覆を狙っている池口のような人物が日本の命運を握る政治家や文化人たちに悪い影響を与えていたことを知り、「もう、そういう黒い紐はナシで」という風にして行かなければなりません。特に本当に日本を想う政治家や文化人は、真実を見て、この人物に騙されるたり、転ばされるようなことがあってはいけません。(特に元貴乃花親方のように、根は善人で日本を思っている人物がこのような人物に凋落された上で政界に進出するのはいただけません。政界進出があるなら、この怪僧との縁を切ってからです。)

悪い奴らと日本の要人たちとの繋がりは消えました

縁切った〜!!!
縁切った〜!!!
縁切った〜!!!


↑イメージが大事です。黒い鎖が光で溶かされて、スーッっと消えていくところを頭の中でイメージしてください。念のため、お清めとして、その後はシャワーを浴びるイメージをしてくださいね。それから、池口はゴマを焚いて火を使って日本を呪詛しているようなので、悪い火に水をかけて消していくイメージが有効かもしれません。合掌。

消火活動


関連記事
野田聖子の金融庁への圧力とガクトコイン
BTSの不正チャート操作は、サイバー犯罪の一種
国連が「日本叩き」をする本当の理由
日本と世界を救うのは、稲作文化を背負った頑固オヤジ
佐藤優という極左マルクス主義者が創価学会と癒着する理由
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。