FC2ブログ

通信障害のソフトバンクと永田町の怪僧、池口恵観繋がりが判明

サイバーセキュリティ、IT犯罪
12 /05 2018
先日、「元貴乃花親方と永田町の怪僧、池口恵観のつながりで日本の病巣が見えてくる」という記事を出し、12月5日(日本時間で6日)は「北朝鮮へ金日成菩薩観音寄贈の池口景観による国家破壊工作とは? 皇室も狙われている!」という記事を出したところ、その数時間後の日本時間の12月6日午後2時16分付けの「インプレス・ウォッチ」というオンラインニュースでソフトバンクのスマホが一部地域で携帯電話サービスが利用しずらいという通信障害を起こしているという報道がありました。

川島教授

そこで、ふと

ソフトバンクと池口恵観がどこかで繋がっているか

調べたところ、ビンゴざますよ。

ちなみに、ソフトバンクは、「白い犬」についての過去記事で取り上げましたが、なぜか日本と日本人を貶める内容を暗喩した内容のコマーシャルをずっとずっと続けています。日本人へのステルス・ヘイトとも言えるようなシンボルやイメージを利用した卑怯な貶め方です。スマップが犬の○門から出てくるコマーシャルもそうですが、「スマップは犬のク○」って言いたいなら、そう言えばいいのに、卑怯というか嫌らしいですよね。また、「国連と中国とソフトバンクとアンジェリーナ・ジョリーの反日、犯罪連携」と言う過去記事でも取り上げた通り、日本と日本人を貶める「アンブロークン」と言う映画をアンジーが監督した際に中国の投資会社に投資をしたのも、ソフトバンクでした。

そして、ソフトバンクは、ペッパー君と言う人工知能搭載のお話しするロボットを売り出していて、すでに日本の家庭内の詳細な個人情報をゲットしつつあるんですよ。

そんなことよりも、ソフトバンクは、2017年に顧客情報漏洩事件を起こしていますから、私たちの日本人の個人情報はもう全世界を駆け巡ってしまっています。ソフトバンクがユーザーの情報漏洩させておいて、サクッと謝って済ませたのも見逃せませんね。謝って済んだら、警察はいらないんですよ。これは、非常に危険なことですし、こういうことを起こした企業は罰せられるべきですね。特に、金融情報だけではなく、交友関係から、家庭内のことに至るまでかなり深い個人情報にアクセスできる企業なんですから。

http://www.softbanktech.co.jp/corp/news/info/20170724/
ソフトバンクのオフィシャルサイト 2017年7月24日
「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び」

通信障害と顧客情報漏洩事件のソフトバンク

ですが、池口恵観と裏で繋がっていましたね。週刊金曜日の「池口恵観氏の朝鮮総聯落札問題――断念の“裏側”を秘書が初告白」という過去記事(2013年6月7日)に「池口氏の秘書で資金調達の中心人物とみられていた東勝也氏」という人物が出てきて語っています。まあ、週刊金曜日は、捏造慰安婦のあの人を最近、トップ据えた半島には相当な思い入れがあることが伺えるメディアですから、まあ話は半分に聞いておかなければと思います。しかし、この中にある、キーワードは聞き捨てなりません。

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2013/06/07/池口恵観氏の朝鮮総聯落札問題――断念の裏側/

池口恵観の秘書の東勝也ってどんな人物なんでしょうか。

東勝也

東勝也2

エムシーメディオ株式会社 代表取締役 東勝也
http://www.mc-medio.com/company/

エムシーメディオという通信関連の会社の代表取締役だということが会社の公式ホームページに書いてあります。そして、主な取引先の1つとして、ソフトバンクが明記してあります。

有限会社ケープランニング 代表取締役 東勝也
http://www.kpla-kyoto.jp

こちらの会社は「事業案内」によると、食品関連の流通やビジネスコンサル会社と書いてあり、「国内・国外のネットワークを駆使してサポートをさせていただきます」とあります。

週刊金曜日の記事の中には、池口が朝鮮総連ビルを落札後、資金調達がうまくいかなかった顛末が、この東勝也氏が説明しているのですが、「メガバンクA」や「Dゼネコン(T建設)」などのイニシャルトーク(全く役に立たないし)が出てくるのですが、「C商社」は「北朝鮮のレアメタル資源開発権の取得を前提に全額融資を決定した」けれども融資金利と一〇年間返済という条件が折り合わなくて、これも頓挫したということが書いてあります。

なるほど。日本とは国交がない国である北朝鮮のレアメタル資源開発権の取得ができるという前提で動ける商社ってどこなんでしょうね? そして、池口は、そのような会社から融資を受けて朝鮮総連ビルを買収するはずであった、ということです。

そして、東勝也氏は、NPO法人の役員にもなっていることが、団体の公式サイトにも明記してあります。

よろず相談21世紀法人像研究会
https://www.yorozu-21.or.jp/当npo法人について/役員構成/

この方、不透明な募金活動の実態が問題となり日本パラリンピック委員会に契約解除された「特定非営利活動法人日本パラリンピック支援機構」の理事もやっていたようです。平たく言うと

募金詐欺

ではないかとの苦情が多く、問題になったと言うわけですね。

これは、単に一人の北朝鮮を崇める僧侶が日本を呪詛していたと言うよりも、同じような考えの財界のステルス半島人脈を使って、日本の金を北朝鮮へ回して核開発や北朝鮮の利益になる活動をバックアップしてきた、と言うことではないでしょうか。宗教は隠れ蓑であり、税金がかからないからであって、この人物から精神性は感じられませんよね。しかし、インターネットが発達し、隠していても表に情報が出てしまう今、悪いことをしている個人や会社は暴かれていってしまうのです。

北朝鮮でのクリントン発言

しかし、忘れてはいけないのは、日本から国内の半島コネクションで北朝鮮へ金が流れて核開発した裏には、アメリカが北朝鮮をバックアップして、日本に金を出させていたと言うことです。クリントンが北の核エネルギー開発を日本の金を使って推進し、それが核兵器に転用されたと言うことです。詳しくは、過去記事をどうぞ。また、アメリカの軍事産業テクノロジー大手であるグーグルも北朝鮮に協力していたことが明らかになっています。

護摩たき

皆さま、「日本奪還の祈り」と「永田町の怪僧、池口恵観」による護摩焚き呪詛の消火のイメトレ、ご協力ありがとうございます。すでに効果が現れたというか、北朝鮮をバックアップしてきた
永田町の怪僧が日本にかけてきた密教の呪詛が解けてきているような気がします。(なんとなくですが!)読者の皆さま、本当にありがとうございます。そして、私たちのご先祖様、英霊の皆様、ありがとうございます。



消火活動

関連記事
米グーグル親会社のシュミット氏、北朝鮮との協力現場
オバマ政権とIT大企業の癒着と北朝鮮への援助、戦争屋の企み
北朝鮮の核はクリントン・オバマ政権下でアメリカが育てた
元貴乃花親方と、「永田町の怪僧」の池口恵観
朝鮮総連落札の僧侶、池口恵観による国家破壊工作
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。