FC2ブログ

あなたの国際度をチェック! ?

海外生活、英語、英会話
12 /07 2017
今日の話は小ネタです。「アメリカ式ハロウィンは恐喝の楽しみを教えるイベント」だとかワクチン汚染の話だとか重い話題が多いので、息抜きです( ̄m ̄〃)

今日は、みなさんの国際度(?)をセルフチェックしていただきます。と言っても、英語圏でしか通じない意味なので、英語中心の国際化度ですかね(笑)。大人向けの内容です。まあ、日本に住む分には、知っていても、知らなくても困らないものですが。

「バニラ」という言葉を聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

スクリーンショット 2017-10-29 午後3.50.46

「甘い」、「純粋」、「ベーシック」そんなイメージではないでしょうか。バニラアイスといえば、シンプルで飾らない。素朴。正統派。日本人にとっては、いいイメージがあるのではないでしょうか。(リッチ、高級品というご指摘もいただきました。)食材そのものの味を大切にする派の私としては、手作りのバニラアイスが一番美味しい気がします。

さて、英語圏でのバニラの意味ですが、想像がつきましたでしょうか?

実は、ポジティブな意味ではないのです⁉️

なんと‼️ (*`▽´*)

英語圏で、人のことを「バニラ」といったら、日本語でいう「淡白」とか「マグロ」の意味になります。

例えば、実際に付き合ってみて、相手が期待したほどでもなくてつまらなかったときに「彼、バニラ過ぎなのよ(He is too vanilla.)」という風に使います。まあ、どこの国でも創意工夫や努力がなく、与えられるのだけを待っている人は敬遠されるのかもしれません。また、愛の与えすぎも相手をダメにしますね。

昔、ジョン・F・ケネディ大統領の息子のジョン・F・ケネディ・ジュニアの生前に、マドンナがジュニアと付き合ってみた後の感想として「4才児を相手にしているみたいだった」と言ったことが有名です。当時、ジュニアはものすごくモテていましたが、そちらのIQが高いマドンナにとっては、「バニラだった」からガッカリしたいということです。

例えば、日本語の「純朴」や「純真」を直訳して相手を褒めようとして、 "plain(プレーン)" と言うと、「ブスですね」という意味になります。また、"naive(ナイーブ)" は、英語では「脳天気」、「騙されやすいバカ」という意味になり、相手をバカにしていることになりますのでご用心。

次は、「犬(ドッグ)」について。"He is such a dog" (あいつは、なんて犬なんだ!)と言ったら、どんな意味だと思いますか?

日本だと、「○○の犬」といえば、「追従する人」とか「子分」とか「番犬」、「ペット」、「いいなりになっている人」というような意味で使うのではないでしょうか。日本人にとって、「犬」とはどこまでもついてくる「忠犬ハチ公」のように忠実なイメージが強いと思います。犬といえば、守ってくれたり、可愛いがる対象です。

しかし、英語圏(中国や韓国でも同じ)では、「犬」は非常に悪い意味があります。

人間を「犬」に喩えたら、それは「人間以下」と言っている意味になります。「犬(ドッグ)」というのは、英語圏では、どこそこ構わず排便するし、汚い場所に潜り込んだり舐めたりするし、自分のう○こも食べちゃうということで、「汚くて分別がない動物」を指します。それから、相手かまわず交尾するということで、雌犬のことを英語で「ビッ○」と言いますよね。だから、人間を犬と喩えることは相手を「人間以下」として侮辱していることになります。

ですから、英語圏では、浮気をして嘘をついた最低な男性のことなどを「あいつは、犬だ」などと言います。日本語でいう「ケダモノ」とか「畜生」に近いです。

ソフトバンクのCMの「白い犬」の意味について、私たち日本人が「まさか日本人を侮蔑してるはずはない!!」と信じられないのは、私たち日本人が「犬」に対して、悪いイメージを持っていないから、「犬=日本人のお父さん」とされても、バカにされたと思わないのです。また、私たち日本人には、相手を「犬」に喩えて、侮辱して喜ぶ習慣もないのです。



ソフトバンクが一回だけ放映したSMAPが犬の肛門から出てくるコマーシャルもそうですが、犬のお尻からスマップが出てきても、日本人はとくに怒らない。日本には、犬の肛門や排泄物にこだわる文化はないのです。

そこから出てくるということは、おそらく「スマップはイヌのク○」と言いたいんでしょう。多分、これを考えた人は、日本文化以外のところから来ています。このコマーシャルは、10年放映されて、このお父さん犬が引退することになったそうですが、10年経っても日本人は怒りませんでしたよね。うん、これを作った人の意図が実感わかないからね。



今度は、真っ白いポメラニアンだそうですが、ソフトバンクはどうしても白い犬じゃないと気が済まないようです。

言葉は、国や文化が違うと、意味がまったく違ってくることが多いです。日本語では褒め言葉でも、海外に行くととんでもない罵りの言葉だったりすることがあります。

「これなんかしっくりこない」とか「どういう意味で使ってんだろ」という場合は、ぜひ辞書を引いたり、ググってみてくださいね。そうすると、今まで見えなかったことが見えてきますよ。

ちなみに、ソフトバンクは、2017年に顧客情報漏洩事件を起こしていますから、私たちの日本人の個人情報はもう全世界を駆け巡ってしまっています。

ソフトバンク情報漏洩

http://www.softbanktech.co.jp/corp/news/info/20170724/
ソフトバンクのオフィシャルサイト 2017年7月24日
「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び」
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。