FC2ブログ

5G電磁波対策用のデバイスを激安で手作りする方法

石、環境浄化装置
01 /14 2019
あけましておめでとうございます。あけましてかなり時間は経っていますが(笑)。

お正月は、アメリカでも私はおせち料理を作って、お餅を食べていましたよ。おしるこも。やはり日本人にとっておめでたいものというか、ラッキーアイテムは、私たちのご先祖様が縄文前期1万2000年以上前から育てていた米ですね。

縄文人

昨年の後半は、アメリカの自治体で5G通信塔が「発がんの危険性」を理由に住宅地で排除されたことや、5G通信技術がテロや軍事に簡単に転用できる兵器であることなどを書きましたが、年末には日本のテレビにもNHKだったと思いますが5Gが採用され始めました。「ポケモンショック」の軍事利用の記事でも書きましたが、電磁波パルスや電磁波の影響は、日本でもすでに日常生活に入り込んできています。この電磁波というのは、見えないので非常に厄介なのですが、ガンを誘発したりするだけではなく、人為的にうつ状態を作り出したり、便秘にさせたり、ということまでできるんですよ…。私たちの体に、知らない間にナノテクアイテムが入り込んでしまっていますから、現代人はほぼ全員が遠隔操作可能になってしまっているのです。まあ、自分の体調や気分が実は、電磁波によってコントロールされてるとは思わない人が大半だとは思いますが…。

びんちょうたんコムの電磁波についての説明がとてもわかりやすいので、リンクを載せておきます。
https://www.binchoutan.com/denziha/index.html

しかし、「やられるだけで自分には何もできない」と思っているよりは、何らかの電磁波対策はできる、という風に思えれば、前向きな気持ちになれるのではないかと思います。まずは、自分の体が有害な電磁波をキャッチしにくくなるように、体に溜まっている静電気を除去したり、重金属のデトックスを心がけたり、磁気療法で体内に入ってしまったマイクロダスト(機械化されたダスト)の機能を壊したり、できることはけっこうあります。

貝のオルゴ
(貝殻を使ったオルゴナイトの例)

電磁波除去や環境浄化の一助として、マイナスイオン発生装置であるオルゴナイトというデバイスについて書きましたが、今日は、オルゴナイトを格安で作る方法について書きたいと思います。以前から、私は可愛いタイプのオルゴナイトにはほとんど効果がない、と書いてきましたが、少し訂正があります。ちょっと前に私は日本に帰省して、日本でオルゴナイトを作ってみたのです。いつもと場所が違いますから、揃えられる材料が限られていたので、日本で調達したものを使いました。そこで実感したのは、私がアメリカで作っていたようなパワー全開の「マジなオルゴ」でなくても、

ちっちゃいものでも日本では効果があった、

ということです。私が日本で100円ショップで買った貝殻の中に100円のUVレジンと水晶、ヒマラヤ塩を入れたミニオルゴナイトをいくつか作っただけで、上空の雲というかスモッグのようなものが晴れたのが分かりました。「まさか、こんな小さいので?」と思いましたが、日本は電気の周波数もアメリカとは違いますし、土地が違うと効果も違うのだと思います。アメリカといっても、私の住んでいるシリコンバレーは軍需産業のお膝元ですから、電磁波汚染も日本よりひどいのかもしれません。ですから、皆さんも気負わないで作って試してみてください。

激安プチオルゴナイトの作り方

材料

1 UVレジン(100円)
2 貝殻セット(100円)
3 銅のたわし(100円)
4 砂
5 ブラックトルマリン(マイナスイオンを発生する鉱物)
6 ヒマラヤ塩(高品質の天然塩)



まず、UVレジンについて。100円ショップの手芸セクションにこのようなものが売っていると思います。染料には化学物質が含まれていますから、中には有害な染料もあるので、できれば透明なものの方が良いかと思います。晴れた日なら、数十分あれば固まります。

レジン

次は、容器について、オルゴは金属やミネラル(貝殻はカルシウムなどのミネラルでできている)の入れ物や枠を使うと、圧力のピエゾ効果によって生じる微量な電気の伝導率がアップするので、より効果が高まります。

貝殻

私は日本で、こんな感じの100円ショップの貝殻セットを使いました。オルゴの型は、卵が入れてあるプラスチックの容器とか、プリンやゼリーの容器も使えます。

そして、金属です。本当は鉄のパウダーを使うとパワーがアップするのですが、100円ショップの金属たわしを小さくカットして入れればOKです。確か、金色の銅たわしなどが安く売っていると思います。銅は伝導率が高いのでオススメの素材です。ニッケルやアルミなど、人体に有害と言われている重金属が入っているものは、使わない方がいいと思います。純粋な銅、鉄などがいいです。

銅のたわし

そして、オルゴに欠かせないのが水晶です。水晶デバイスなのでね。水晶は、実は砂場に使う砂に入っていますので、ガーデン用品などを扱っているお店に行けば、安く大量に手に入ります。以下の写真にある透明な石は、全部水晶なのです。

砂

それから、電磁波ブロック効果を高めたいのであれば、ブラックトルマリンやシュンガイトなどのパウダーを入れると、より効果があります。通販で手に入るかと思います。ブラックトルマリンは、マイナスイオン効果で有名な石です。ブラックトルマリンの粉はそんなに高くないはずです。1500円とか? さざれ石でもOKです。

ブラックトルマリン

石は、要らなくなったネックレスやブレスレットなどを解体してオルゴに入れてもいいです。「古くなったパワーストーンを捨てたいけど、どうやって処分したらいいかわからない」という場合がときどきあるようですが、電磁波対策アイテムに生まれ変わります。オブシディアンとか、黒い石は特にパワーがあります。

それから、火山灰なども効果大です。(パウダー状のミネラルは効果絶大です)日本は、火山国なので、日本でとれる石は火山岩が多いので、その辺の小石であっても結構すごいパワーがあるのではないかと思います。

あとは、マイナスイオンアイテムといえば、ヒマラヤ塩など、高品質な天然塩を入れると環境浄化力がアップします。死海の塩もミネラルが豊富でいいです。

私は、レジンを混ぜる時に左側に20回くらいかき回してから、右側に30回くらいかき回してます。こうすることで、何か渦効果が得られるようですよ。(しかし、日本ではそんな暇なかったのと、レジンの量が少なくてかき回せなかったのですが、それでもまあ効果はありました。)

オルゴナイト の例
(オルゴナイトの例)

浄化作用のあるオルゴを作る時の材料として、レジンの割合に対して金属(半分以上入れる)、水晶、マイナスイオンアイテム(ブラックトルマリン、ヒマラヤ塩など)が必須ですが、よもぎパウダーやプラチナパウダー、金粉などを入れると、効果がさらにアップするようです。浄化作用のあるオルゴは、材料に黒いものや色の濃いものが多いので、どうしても見かけの「可愛さ」はありませんので、そこは諦めてください(笑)。

コンセントカバー

出来たオルゴは、ブレーカーの側、パソコンの側や電子レンジの側などに置くと電磁波対策になります。それから、オルゴの裏にコンセントカバーを接着剤で貼り付けると、オルゴをコンセントに差し込むことができます。これも、電磁波対策になります。100均で売ってました。まあ、理想をいえば、「雷サージ保護デバイス」にオルゴをつければ完璧です。

サージ保護

もともと、偶発的なサージ(雷などによって異常な高圧電流が流れる)対策のものですが、5Gの時代に突入してますから、分かりませんよ。「家電が壊れちゃった」と思っていたら、それはその家電の寿命ではなくて、高圧電流を流されたから、って時もあるでしょうからね。

環境浄化装置は、オルゴのように固めなくても、バケツに水を張るだけで、実はできることを書きました。私は、バケツに水を張った中に特大オルゴを何個か入れ込んで、そこに銅のパイプを入れるのですが、パイプが向いてる方向の空はすぐ浄化されていくのが分かります。

青空2

オルゴは、水の中に入れると、オルゴのパワーを倍増してくれるようです。そして、その水を庭に撒くと、植物の育ちが格段によくなります。私の家のトマトも、冬になった今でもすごい勢いですよ。

ま、そういうことで。日本では、100円ショップで買った材料でちっちゃなオルゴを作っても、結構なパワーを発揮してくれる、というお話でした。

赤い鉄分入りオルゴナイト (ケムバスター)
(赤い鉄分入りの機能重視のオルゴナイトの例)

過去記事

大気浄化と電磁波対策と水晶デバイス
カリフォルニアは、森林火事で「バルサン」されました
地球の自浄作用を高めるオルゴナイトと注意点
黒いヘリコプター、キタ━━━!!!
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」
水+石+金属+太陽光+祈り=イヤシロチの創造


渦巻き
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。