FC2ブログ

ドリーン・バーチューのスピ全否定の裏に「上げて落とす」戦略が!?

脱スピ、脱洗脳
02 /15 2019
ドリーン・バーチューさんがスピをほぼ全否定して、私は悪魔に騙されていた」と今は言っているという記事を書いたところ、ショックを受けている方々が多いようなので、追加の記事を書いておきます。

バーチュー
(同一人物とは思えないほど、以前と外見が変わっているような…。)

「いつか、誰もがこの真実を学ぶでしょう。悪魔がニューエイジ(スピリチュアル)を運営しているということを。」
Someday, everyone will learn the truth: the devil runs the new age.

ドリーン・バーチューの言葉

http://doreenvirtue.com/2019/01/21/an-a-z-list-of-new-age-practices-to-avoid-and-why/



私自身は、この方に思い入れは全くないのですが、過去にいくつかアメリカ系の癒しやスピ系の内容にかなりの手間暇を使ってしまったため、後で裏側というか酷い事実を知ってしまったときに幻滅してかなりショックを受けたことがあります。ですから、今回のドリーンさんの転向でショックを受けている人たちの気持ちがよく分かります。このような場合、投資した労力やお金、気持ち、人脈などが多ければ多いほど、ビジネスや人間関係にまで打撃があり、人によっては人生を根底から揺さぶられるような経験かもしれません。(アメリカだと、訴訟になる場合が多いが、宗教に入信すると訴えられにくくなる)趣味でやっている人は、あまりダメージが少ないと思いますが、思い入れが強い方などは、しばらく寝込む方もいるようです。

ドリーン・バーチュー転向

http://doreenvirtue.com/2019/01/21/an-a-z-list-of-new-age-practices-to-avoid-and-why/
ドリーン・バーチュー公式サイト 
「ニューエイジ(スピ)で避けるべきもののAからZまでのリストとその理由」

「エンジェルカード」についての新しい見解では、悪魔がエンジェルに化けて驚くほど的中した予言をすることもできて、それが「サタンの欺しの網」にあなたを巻き込む、などと書いてあります。そして、エンジェルリーディングに関しては、「聖書に天使の記述はあるが、天使を召喚すべきだとは書いてない」とも…。

ドリーンバーチューの新見解

わかりやすく言うと、「今までアタシが教えてたことは、全部、聖書に反していて、あなたも悪魔に巻き込まれるからヤバイよ」ってそう言うことですよね!?

なぜ、こういうことが起きるのか、考えていたところ、「海の記憶」という個人ブログを見つけて、ドリーンさんのバックに控えている霊団(?)というか(0の893?)みたいな勢力のやろうとしていることが暴露してあり、「なるほど!」と大きく頷きました。それは

上げて上げて落とす作戦

上げて落とす作戦

ゆうみさんのブログ 海の記憶「えっ!?ドリーン・バーチューさん・・・( ̄▽ ̄;)」
http://blog.livedoor.jp/uminokiokuhakobu/archives/5772527.html



ネガティブエネルギーの放出を喜ぶ(エサにしている)勢力がいる、ということです。私たちから大量にネガティブエネルギーが放出されると、地球のエネルギーのバランスがネガティブ側に傾きます。すると、類友の法則がありますから、宇宙レベルで見た時に、地球はネガティブさんたちとは仲良しになれても、宇宙のポジティブさんとは気が合わなくなってしまうのかもしれませんよ。

以前、日本人は「やった人が悪い」という性善説、残りの世界は「やられるお前が悪い」という性悪説という記事でも書きましたが、私たち日本人はちょっとお人好し過ぎるところがありますが、国連までも裏から操っている悪い勢力というのは、日本人が持つ「世のため人のため精神」を一番恐れています。これによって彼らは営業妨害されていると感じているため、日本叩きを繰り返していることを書きました。悪い奴らにとって、お金で買えない真心を持った人間というのは操りにくくて面倒なのです。

私たちは信じていた人に裏切られると、人間不信になったり、「人間の善意」だとか「感謝することの大切さ」などというものが信じられなくなってしまうことがあります。すると、どうなるかというと、ハロウィンで恐喝の楽しみを教え込むような西洋マインドになってしまうのです。脅したり買収すればいうことを聞く人間は、操るのが簡単なんです。だからこそ、「下手に善意を信じているから操りにくい日本人」をがっかりさせて、「性善説」を信じない人間に変えようとしているわけです。

ドリーンさんのスピの教えやタロットなどでエンジェルに守られているようないい気持ちになった人たちがある日突然、「あれ、悪魔の仕業だから♫」と本人から言われて、奈落の底に突き落とされて、「もう何を信じていいかわからない」となるのをドリーンさんの背後に控えている勢力は狙っているのかもしれませんよ。

小保方さんの時も、そうでしたね。マスコミが散々持ち上げておいて、後で落として一般人も一緒になって散々叩きました。しかし、その後、誰が20年間の特許を持っていったかといえば、アメリカのハーバード大学ですよ。

そういえば、日本のご皇室に関する報道でも、「戦後の皇室報道は、持ち上げられて落とされるの連続だった」と指摘しているかたがいました。皇太子殿下が雅子様とご成婚された際、さんざん「雅子様すごい!インターナショナルで才色兼備で素晴らしい」と持ち上げておいて、その後は私たちの知る通りです。眞子内親王殿下のご婚約内定(今は白紙状態?)の時も、そうでしたね。「持ち上げて落とす」報道によって、私たちの中で皇室のイメージがかなり落ちしまい、その結果、皇室を大切にする気持ちが薄れてしまったのではないでしょうか。

皇室を持ち上げて落とす

http://bunshun.jp/articles/-/6337
文春オンライン
「眞子さまご結婚への逆風 戦後の皇室は「持ち上げられて落とされる」の連続だった」

ベッキーの時も、同じではないでしょうか。ベッキーは、「元気で性格の良い気さくで可愛い女子」というイメージだったのに、川谷絵音との「ゲス不倫」で激しく落とされましたよね。あの一連の報道を見ていて、大勢の人たちがベッキーに失望したと思います。そして、最終的に「元気で可愛くて性格がいい女なんていねえんだよ。もう、騙されないぞ」という風になってしまった人も多かったでしょう。つまり、「人間の良さ」なんて嘘っぱちだ、という性悪説に知らぬ間に洗脳されてしまっているのです。そして、ベッキー騒動で1人だけ株を上げた意外な人物がいました。それは、

ネガティブモデルの栗原類

なぜかというと、騒動が起きる前にベッキーにしてあげたタロット占いが的中したからです。つまり、この騒動に関して、ベッキーも川谷も嘘つきでゲスだったけど、「(ネガティブな)栗原類だけは正しかった」という結果になっているのです。

栗原類の占いが的中

ポジティブで明るいベッキーが落とされ、ネガティブな栗原類が持ち上げられるというのは、ネガティブマインドを推進する力が裏で働いているような気がしてなりませんね。栗原類の「低姿勢なネガティブ」が好感度を持たれている、という記事が出ていました。

栗原類がネガティブなのに好感度

しかし、何か爬虫類さんと関係あるみたいですネ。この爬虫類の個性的な靴は、栗原類さんがデザインしたものだそうです。何か、無意識に爬虫類マインドに支配されているんでしょうかね。この人は。この靴が「僕の夢」なんだそうですから。

栗原類と爬虫類の靴

過去記事「自分の潜在力を最大限に生かす最強になる脳の使い方」でも書きましたが、脳の研究をした方によると、恐れなどの

ネガティブな感情を感じているときは、
私たちは実は爬虫類脳しか使っていない状態


なのです。つまり、人間特有の新皮質も、サルなども使っている旧皮質も使っていないんです。つまり、本能オンリーになっていて、脳の使い方がサル以下に落ちているということです。

しずかちゃんは、こう言ってます。

持ち上げて落とす ドラえもん

マスコミは、日本人の中にある善を信じる心、人を信じる気持ち、ポジティブな人や元気な人を応援する気持ちを叩き潰して、ネガティブマインドに誘導してきたというわけです。

しかし、私はドリーンさんのカードや本を信じてきた人たちでも、日本語を使って日本人のマインドを持っているならば二元論の罠(善悪、白黒、マルバツ、全否定か全肯定かの二者択一で判断する)に陥らずに、本人の転向に関してうまく折り合いをつけられるような気がしています。

マルバツ思考(二者択一)が愚民を作るという過去記事でも書きましたが、私たち日本人は伝統的な考え方として白黒をつけることをあまり好みません。「嫌い」と言わずに、「う〜ん、微妙…。」というその感覚。

自転車に乗るとき、三輪車のママチャリをみっともないと思う人もいるかもしれませんが、目的地に着ければいいと思います。タロットカードも三輪車のようなもので、それで望む答えが得られればいい気が私はします。ただ、スピ系のアイテムはカードや本に持ち主の元気を吸い取ったり、発行者の邪気や病気を捨てたりする仕掛けがしてある場合も多いです。その魔術の解除が面倒なので私自身は自分がヤバいと思った人物の本やスピグッズはすべて廃棄しました。

バーチュー2
(元々、絵に描いたような金髪美人でしたが、数年前まではこんな感じだったようですよ)

ドリーンさんがしばらく前までは美魔女で美しさと若さを保っていたのに、ここ数年でいきなりお婆さんのようになってしまったのも、読者やファンから若さを吸い取る仕組みが外れたからではないかと思ってしまいます。(エネルギーバンパイヤだったんでしょうね。一人ずつが取られたりネガティヴ注入される量は少ないから、みんな気づかなかっただけでw)

バーチュー3

自分の頭で考えること、自分の心で感じること。全肯定とか全否定ではなく、自分で消化して、その上で必要な情報を自分の手で取捨選択していく。それが大切なんじゃないでしょうか。

本来、私たちは自分の中に判断力があり、パワーがあり、愛情があり、神性が宿っています。「こんな素敵な人の言うことなら間違いない」とか「あなたについて行きます」ではなく、自分が元々持っていたパワーを思い出して最大限に使っていきたいですね。

関連記事
あの米国発ヒーリングが新興宗教に乗っ取られていた
ハロウィンとは、「恐喝の楽しみ」を教え込む洗脳
日本人は「やった人が悪い」という性善説
国連が「日本叩き」をする本当の理由
お金で買われない日本の職人マインド
羽生結弦、「日本人らしい人間」のあり方を示す
関連記事

コメント

非公開コメント

ドリーンさんではありませんが、応援していたアスリートに最近失望しました
詳しくは申しませんが、大事に思っていると本人がずっと言っていたものを、簡単に捨てる人だと分かったからです
そういうことがあると、今までのことは嘘だったんかいとなってしまいました
それ以来スポーツ含めエンタメが楽しめなくて、何を見ても所詮作り物だとずっと憂鬱です
でも、もしかしたらそれも上げて落とす作戦だったのかなと、こちらの記事を拝見して思いました
皇室も確かに上げて落としてますよね。婚約騒動は秋篠宮家にはがっかりだと言うように誘導されていますし

Re: タイトルなし

なるほど、アスリートも芸能人もみんなが応援している、というその気持ちを利用しているのかもしれませんね。本人が意識してやっていなかったとしても、背後にそういう企業や勢力、はたまた0の893さんなどが控えて影響力やエネルギーを収穫しているのかもしれません。

自分以外の人の考えかたが変わっただけなのに、自分が落ち込んだりするのは、明らかに「上げて落とす」に通じるものがあります。アスリートの場合はグッズや講演会などで多額のお金を搾り取られたわけではないと思いますので、実害は少なかったと思って、気をしっかり持ってください!!! 人間の鑑変え方やポリシーは変わっていきます。私たちの社会のきまりや法律だって、時代とともに変わっていくんですから。

そういえば、相撲界も上げて落としているような気がしますね。相撲は、日本文化の神髄をなすものであり、古くは神事ですから、相撲界が揺さぶれるのは、日本文化が揺さぶられているように私は感じます。その大事な神事を神事に敬意を払わないどころか意味もわからない外国の力士がトップに立ってやっているのですから大変な世の中になってしまっています。

管理人様
返信ありがとうございます。
確かに仰る通りお金はつぎ込んでいませんので、実害はありません。
気をしっかり持ちます。
私は相撲も好きなんですが、管理人様のお考えに完全同意します。
神事という側面を忘れ、自分達の利権争いや勝てば何でもいい等言語道断です

はじめまして

最近、偶然こちらのブログをアメブロで知り、詠み始めました。
どれもこれも驚きの内容です。。

こういった情報を好きで一時期よく本やネットで読んでいましたが、
ブログ主様は冷静に淡々と分かりやすく書いて頂いていて
とても好感がもてますし、ありがたいです。
暗くなるような情報が多いですが、同時に希望を持とうという気持ちにさせられます。
そして日本人に生まれてよかったと改めて感じざるを得ません。

一点気になったのですが、
>過去にいくつかアメリカ系の癒しやスピ系の内容にかなりの手間暇や時間、お>金を使ってしまったため、後で裏側というか酷い事実を知ってしまったときに>幻滅してかなりショックを受けたことがあるので

とありますが、
どんな事実をお知りになってしまったのか、気になりました。
(私も一時そのような時があったので)
もし過去記事があるようでしたら申し訳ございません。
差し支えなければお聞きしたいと思いました。

今後も記事を楽しみにしています。
そして、自分の頭で考えるトレーニングに励みたいと思います。

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。

はい、アメリカ系のヒーリングやチャネリング界は有名な方は9割が非常に悪い意図が裏に隠れている気が体験としてしました。そういった指導者に会って、セミナーや講演も受けましたが、テクというか知識に関しては6割くらい有益なものもありますが、結局のところは、エネルギーを吸い取るか、エネルギーのゴミを捨てるかをしている気がしました。彼らは、「100%自分原因説」や「ワンネス」、「批判するな」とか「原因は思考パターンにある」、「自分のカルマのせいだ」などと言って、批判力や感知力を封じ、洗脳が解けないようにしています。(これについては、書かないとと思います。)

私は、幸いなことに、裏が観れる友人というか洗脳されずにいた知人などが何人かいて、彼らが観たことや観じたことを忠告してくれ、結果的に守ってくれたので幸運だと思っています。すっきり離れることができまして。

まず、どんなに有名なヒーラーやチャネラーでも、本国の訴訟などで有罪になっている人は関わってはいけないと思います。それから、関係者に早死や持病が多いヒーリングやテクニックは、危険だということを知りました。また、集団で誰かをヒーリングするとか遠隔でどこかに癒しを送る、というようなことも、善意が悪い勢力に悪用されていることがあります。(実は、善意の人たちが地球に寄生している悪玉勢力を維持するために祈っていたからこそ、長い間、地球の波動が上がらなかったのです。でも、悪い奴らに使われていたスピ系指導者は2013年頃から死亡したり、訴訟で自らの有害さを露呈しました。)どのテクニック、どの人がということは、ここでは書けませんが、以下の記事をご覧ください。

https://ameblo.jp/sacredokinawa/entry-12254341318.html
https://ameblo.jp/sacredokinawa/entry-12255061474.html

しかし、こう言った経験も私はして良かったと思います。今、私が自分の身を守ることができるのは、光に見せかけてさそい出す敵のテク(闇が騙すために使う手段)の使い方をいろいろ知ってからです。

ご返信ありがとうございます

ご丁寧な返信をありがとうございます。

9割ですか。。
ものすごい数で驚きました。

>「100%自分原因説」や「ワンネス」、「批判するな」とか「原因は思考パターンにある」、「自分のカルマのせいだ」などと言って、批判力や感知力を封じ、洗脳が解けないようにしています。

→これなどはほぼ自己啓発系、スピ系にあるあるのセリフですよね。
 (もちろん、素晴らしいものもあると思いますが。)
 また機会がありましたら、是非これについても記事を書いて頂ければ幸いです。

ドリーンさんの天使否定について。

私の友人の一人は2014年時にアメリカで療養をしていました。
当時、その彼女から連絡が来ました。
ドリーンさんが天使を否定していて、キリスト教の洗礼を受けた。
と。
彼女の書籍やカードが大好きだった友人はショックで書籍やカードを手放したと言ってました。
アメリカでは彼女のファンの一部に混乱が起きていたそうです。
しかし、何故か当時は今ほどネット上で波紋が起きていたような様子も無かった気がします。

友人の話していた内容をドリーンさんが大々的に公表するまで、数年のブランクがありました。
ですので、思った以上に用意周到にキリスト教に入信されたのではないか?と感じています。

Re: ドリーンさんの天使否定について。

2014年ですか!それは、2017年に改宗を宣言するまでに3年もありますね。まあ、長くやってきたものをすぐに抜けるのは、難しいですが。

「思った以上に用意周到に」というのは、頷けます。

よく考えてみたら、アメリカの憲法では「信教の自由」の権利がものすごく強く保護されているので、宗教団体に入信していると、かなりの割合で訴訟を避けられるという話を聞いたことがあります。以前、ちょっと習ったセラピーのテクニックを「宗教法人にした」と言っていたのを聞いたのですが、指導者のアメリカ人は「少しでも体に触れると訴訟が起きる可能性が強いから、弁護士からそうした方がいいとアドバイスを受けた」と語っていました。私は、「宗教になったか、やべ…」と思って逃げましたw 恐らく、その後に内部ではお金の問題やらセクハラ問題やら色々起きていたと思うのですが、宗教法人の盾を使って不祥事を全部、もみ消したんでしょうね。

ドリーンさんも、「間違ってました」と言ってしまって、過去にお金を払った人たちからの訴訟を避けるには、宗教団体に入信することがアメリカ人のビジネスパーソンとしては必須だったんだと思います。「信教の自由」を盾に取れば、宗旨替えしたことによって、彼女の資格をもらった人たちが営業できなくなって不利益を被ったとして裁判を起こすのは難しいし、仮に裁判が起きても彼女の権利は絶対に守られるはずなので、負けることはないでしょうからね。

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。