FC2ブログ

幸福のなんとかとシータヒーリングがコラボしていた証拠

脱スピ、脱洗脳
02 /22 2019
最近、日本のニュースを見ていると、「幸福のなんとか」という団体関連のニュースが多い気がします。この団体に関しては、今までは「ああ、あのイタコ芸のところね」というくらいの認識しかなかったように思います。そして、今までほぼ無名だったトップの息子が親に反旗を翻したということと、教団所属の女優と結婚させられそうになったと発言していることから、ここ数週間で息子の名前が日本中に知れ渡りました。

幸福の正体記事2

海外に住んでいて、周囲のアメリカ人で自国を嫌悪する人がほとんどいないのを見て、私は自分が日本人であることが嫌で日本嫌いだったことに気づきました。そして、そこからGHQ(国連占領軍)が行なった日本人に日本を憎ませる洗脳について知り、その洗脳が解けました。そこで本来の日本について勉強しているうちに、なぜか日本で「保守派」と言われている人たちの間に「幸福の科学」の信者がかなり食い込んでいるのを知りました。また、「幸福のなんとか」は、2010年には大江康弘という参議院議員を当選させていて、地方議会ではかなりの数の議員を当選させています。

そして、幸福の科学信者で過去に選挙にも立候補した元暴力団員の与国秀行(通名?)という人がアメリカで消費者に数々の健康被害や死亡者が出て訴訟を起こされてきた大企業P&G創立一家の億万長者の息子が作った「スライブ」という陰謀論に関する一連のビデオの日本語版をユーチューブで出しているのに気づきました。つまり、人々を苦しめても全く方向転換しないお金を握って国を牛耳っている勢力(ディープステートの一部?)が、

日本語版を作るにあたって、幸福の科学に委託

したと言えます。内容は、ユーチューブなどで見たことがある方もいらっしゃると思いますが、「世界は国際銀行家が支配していて、その影には、レプティリアンがいて牛耳っている」というような話で、やたらと「恐れ」や「無力感」を感じさせることを狙った内容です。

過去記事

一番危険な保守分断勢力は、保守を偽装する「幸福の科学」
汚染大企業創始者の孫が制作「スライヴ」、幸福の科学の与国秀行が語る罠



そこで、このことについて日本人の知り合いと話していたところ、「幸福の科学」はアメリカ人が開発した「シータヒーリング」という癒しメソッドの日本支部を乗っ取った、と教えてくれました。(陰謀論「スライヴ」の日本語版が幸福の科学に委託されたように、米国発祥のシータヒーリングが幸福の科学に委託して日本のスピ業界の支配をさせているのかわかりませんが。まあ、どっちでもいいかw)

シータヒーリングには日本支部というのがあって、そこに「エグゼクティブアドバイザー」という人がいるらしいのですが、その人物が幸福の科学の信者であることが明らかになっています。

幸福の科学2

この人物は、「ミッションコーチング」代表として「幸福の科学」の機関紙に執筆しています。この方は、「コーチング」という手法を教えているようです。「ミッション」と言えば、直訳すれば「布教」。この社名の意味するところは、「布教コーチング」なんでしょうか。

幸福の科学3

幸福の科学の教祖の大川隆法氏は、イタコ芸の印象が強すぎて「ヒーリングをやっている」というイメージがなかったので、全く知らなかったのですが、

「奇跡のガン克服法」という本を出版しており、
幸福の科学信者の体験談が数多く掲載


されているということです。

幸福の科学5

なるほど、なるほど。そして、この「シータヒーリングジャパン エグゼクティブアドバイザー」の水村和司さんという方は、大川隆法氏のお陰で「お父さんの肝臓ガンが消えた」と書籍の中で証言しています。この本の紹介文によると、

幸福の科学信者の体験談ということです。

幸福の科学6

そして、シータヒーリング日本支部の責任者の方は、この幸福の科学信者による「コーチングを受けた」体験談が公開されています。この方、大手コンサルティング会社、元外資系金融会社勤務と書いてありますから、元エリートのようですね。

幸福の科学8

幸福の科学信者によるコーチングの体験談
(シータヒーリング日本支部責任者より)


幸福の科学9

シータヒーリング2

なるほど、視野が広がったんですね。凄い。この「ミッション・コーチング」の水村和司さんという方、このような本も書かれていました。

幸福の科学1

参考文献 『不動心』(大川隆法著)

そういうことか。そして、何やら幸福の科学信者が教える「コーチング」手法と「シータヒーリング 」というヒーリング手法の間に、コラボというか融合が起こっていたらしいんですね。「シータでワープ」と言われても、部外者には何のことかさっぱり分からないのですが…。一つ読み取れるのは、シータヒーリングをワープ(劇的に進化?)させようと言っているのではなくて、シータヒーリングを利用してコーチングがワープする、と言っていたことです。幸福の科学信者が教えるコーチングです。

シータでワープ

そして、「シータ認定プロコーチ」という資格(ステータス?)というものが存在する(していた?)ようです。中身がよく分からないのですが、「幸福の科学信者でコーチングを教える人物がシータヒーリングとコラボしていた」、ということは確実に言えます。

シータヒーリング 3

「ヒーリングを習った」とか「コーチングしてもらった」などと思っていたら、「実は新興宗教に食い込まれていた」ということもあるということではないでしょうか。そして、その宗教団体の元暴力団員の幹部は、アメリカの陰謀論ビデオシリーズ「スライブ」の日本語版を委託されて作っていたということです。

追記

これについては知らなかったのですが、読者の方から指摘があったので、こちらもメモしておきます。

シータヒーリングの開発者に対して、アメリカで裁判が起きて2013年に詐欺で有罪となり罰金刑が課せられたそうです。そして、2016年には州の最高裁でまた詐欺で有罪となったことが裁判記録で公開されています。内容を見ると、開発者が「自分がガンになって、それを癒した」という主張の中で、ガンの診断を受けた事実がそもそも存在しなかったことが詐欺(フロード)とされています。(なっていない病気を「癒す」ことは不可能だし。)また、裁判記録の中には開発者が「宗教学博士」と自分の学歴詐称をして、生徒にも「宗教学博士」という学位を過去に与えており、これも詐欺判決に関わる事実の一端だったようです。

https://law.justia.com/cases/idaho/supreme-court-civil/2016/41604.html
シータヒーリング詐欺裁判の記録


アイダホ州最高裁の判決  シータヒーリングに詐欺の有罪判決
https://caselaw.findlaw.com/id-supreme-court/1766134.html




霊と金

関連記事
批判を許さないスピと洗脳が解けない仕組み
「聖人」と思って崇めていたら、悪に加担していた人たち
一番危険な保守分断勢力は、保守を偽装する「幸福の科学」
汚染大企業創始者の孫が制作「スライヴ」、幸福の科学が日本語版制作
関連記事

コメント

非公開コメント

誤解では?

『企業P&G創立一家の億万長者の息子が作った「スライブ」という陰謀論に関する一連のビデオの日本語版をユーチューブで出しているのに気づきました。つまり、人々を苦しめても全く方向転換しないお金を握って国を牛耳っている勢力(ディープステートの一部?)が、日本語版を作るにあたって、幸福の科学に委託したと言えます。』というのは誤解でしょう。

つまり、幸福の科学の与国氏が映画スライブを取り上げる数年前(2012年頃)から既に日本語版の映画スライブは、ネットで出回っていました。また、スライブ・ジャパンという有志の組織がありましたから、最初の頃は、幸福の科学は何の関与もしていなかったと思います。

幸福の科学の与国氏は、「コピペ動画」をたくさんネット発信してますから、その中のひとつに映画スライブがあったに過ぎないと思います。

Re: 誤解では?

幸福というのは、組織ですからスライブの動画を無断で使用するのは難しいと思います。何らかの許可をもらわないとあのように字幕をつけて大々的に出すのは著作権上の問題が生じるはずです。ちょこっと引用しているのとは違って、かなり長い時間の映像を流して、それに日本語の解説をつけています。まあ、どのように理解するかは人それぞれですが、裏でどこからどこへ金が流れているのか突き止めれば、はっきりとわかるのでしょうが。

幸福の科学の会員たちのやっている事は、著作権なんて気にしない

与国氏の動画を見てますが、堂々とパクリ(=剽窃・無断転用・著作権無視)をしてます。 与国氏の動画は、テレビ番組や映画など全部、他人のパクリです。 逆に、「われわれがコンテンツを宣伝してやっている」という感覚でしょう。

No title

はぁー びっくりです
ちょうど上に張ってある宮崎さんのラジオ動画見たことありました、、
本当のことって分からないものですね
勉強になりました

Re: No title

宗教やスピだけでなく、国連や慈善団体さえも犯罪組織に乗っ取られてしまっていますからね。(このヒーリングは現在は幸福幹部が関わっているか分かりませんが、過去に乗っ取られていたこととアメリカで詐欺の有罪判決をうけたのは間違いないです)

人が良さそうな人が良い感じのことを言って、それを大勢の人が信じているからといって、ついて行って安全とは限らないということだと思います。先日、どこかで「感じが悪い詐欺師とかいない」という言葉を聞いて「確かに」と納得しました。外ズラだけでも良さそうな雰囲気作りが出来ないと人にお金を出させることは難しいですからね。

特に外国発のメソッドや外国人が開発したものは、そのひとの犯罪歴、宗教歴、訴訟歴、結婚歴(相手の素性)も調べてから、お金を出した方がいいと思います。

No title

お返事ありがとうございますv-410
慈善団体までも乗っ取りされてたりするんですね! 
真実って分からないものですね
このHP見てると色々真実が分かってきます
最近オルゴナイトのことを検索していてたまたまみつけたのですが、興味深く読ませて頂いています

Re: No title

コメントありがとうございます。

私自身、自分で色々調べるようになるまでは、断片的に「あれ?」「なんでや」と思うことがあっても、ほぼ騙されてた側なので、慈善団体や癒しに貢いでしまった過去があります。でも、真実を知るのに遅いということはないし、それも学びでした。自分が実際にいろいろ騙されてなかったら、現状は分からなかったと思います。ボチボチ頑張りましょう。

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。