FC2ブログ

アセンション(次元上昇)の特別な準備は必要ない(アセンション商法は悪徳商法)

脱スピ、脱洗脳
02 /25 2019
今日は、アセンション(次元上昇)についてのお話です。私自身は、「アセンション」と言われても、20年くらい前から聞いた事あるけど、何の事かあまりピンと来なかったのですが、気づいたことをメモしておきたいと思います。

一昨年あたりから、今まで隠されていた事実が表に出てきて、世界全体が真実のパワーによって、以前の幻想というか嘘や虚偽などがはっきりと目に見える形になってきていると思います。今まで私たちが「聖人」だと思って崇拝してきた人たちは、実は巨悪の片棒を担いでいたことも明らかになりました。昨年は、ダライ・ラマの団体が人身売買をしていたことも明るみに出ましたし、マザーテレサの修道会が赤ちゃんの売買をしていたことが表沙汰になりました。それから、世界の大富豪一族ハリウッド女優なども、子供の売買と強制売春で逮捕され、起訴されました。アメリカのコメディ界重鎮のコスビーは性的暴行で有罪となりました。そして、国連が犯罪者に乗っ取られていることも表に出てきました。それから、ノーベル平和賞候補者で性暴力を防ぐ活動家であったアメリカ人の青年は複数の幼児との性行為を計画して逮捕されました。

最近では、竹中平蔵批判をした大学生のお陰で、竹中平蔵の過去の悪行が白日のもとに晒されました。また、つい数日前は日本の大手新聞である毎日新聞が中○共産党から資金を得ていたことが暴露され、同じ新聞社の取締役の妻が覚せい剤使用で逮捕されました。そう、変態なのに昇進した方ですよ。

毎日新聞、昇進

その結果、私たちは幻滅したり、がっかりしたり、ショックを感じるようなこともありましたが、少しずつではありますが、事実や真実に目覚めてきていると思います。以前のように、肩書きや外側に貼られた「宗教家だから」とか「有名なスピリチュアル大御所だから」とか「勲章を貰っているから」とか「国連がらみだから」とか「ユネスコとユニセフだから」、「科学的なヒーリングだから」などというラベルよりも、中身や内容を見るようになってきているのではないでしょうか。

国連関係者の犯罪で報道されているだけでもこんなに…。

元国連職員が内部告発、児童虐待者の職員は3300名、性暴行は6万件
国連「児童労働プログラム」元主任顧問が逮捕
カナダ元国連代表がネパールで児童性虐待で逮捕
犯罪組織に飲み込まれた国連を再考
栗元国連大使が人身売買逮捕者を釈放



そして、今まではそう言った外側のラベルで判断して、内情を知らずに信頼して結果的に「悪」や「犯罪」に寄付したり、そう言った団体や個人を応援してきましたが、だんだんそう言った人たちを支援したり応援する人が減ってきているので、今まで「いい人」のフリをして活動の場や資金を得てきた悪い奴らがハシゴを外されかけています。悪い奴らは、今、焦っています。最近、急に方向転換したり、前とは別人のようになってしまった人がいるのは、そのせいだと思います。彼らは、今までの人気や人からの賞賛やお金も尽きてきて、今まで通りで生きていけなくなっているのです。

以前、過去記事で書いたタナスさんという方が数年前に「これからは、利他心を持つ人と利己心だけの人がハッキリと別行動になる」ということを仰っていました。つまり、夫婦やカップルだったら、考え方が違うと一緒にいられなくなるし、以前は気が合うと思っていた友達でも、この部分の考え方が違うと、自然と縁が消滅してしまう世の中になってくる、と。国同士だったら、今まで「味方だ」とか「同盟国だ」と思っていたら、実は今では国際情勢は大きく変わっていて、そうではなかったことが判明したり。

pasona.png

なんとなくですが、次元上昇の準備段階として、だんだん大勢の人たちが事実に基づいて判断できるようになってきている、ということと、その上で「利他チーム」と「利己オンリーチーム」に分かれてきていると言えます。人間同士の助け合いや信頼ということを信じている性善説派「騙しても脅しても有利にことを運べばいい」という性悪説派に分かれる、ということではないでしょうか。

最近、「そろそろアセンション(次元上昇)起きるんじゃない?」と思って、パニックを煽っている人たちがいるような気がします。アセンションに備えて、遺伝子を覚醒させないといけないんだとか、何かを学ばないといけないんだとか。「寝ている間に実は役に立っているという話」の続き 特殊部隊編」で書いてカナダ人女性タナスさんによると、「アセンションは惑星の自然な進化の過程で起きることで、地球上で生きていて心臓が動いている生き物すべてに起きる」と言っていました。だから、特に何もする必要はないそうです。「お産」のような感じで生き物にとって自然な現象なので心配するな、と。

アッセンション(次元上昇)の特別な準備は必要ない

そして、発展途上国に住んでいる人やシンプルな暮らしをしている人たちは、ほぼ困らないそうです。何かに依存しすぎている人たちにとっては、まあちょっと…大変かもしれないにしても。タナスさんが警告していたのは、「アセンション・チェンバー(専用の部屋)には入らない方がいい」ということでした。(ヤバい場所に連れて行かれるのか、奴隷化されてしまうのか、理由はおっしゃっていませんでしたが)それから、アクティベーションだとか、何かテクニックも一切不要だと言っていましたよ。スピ系のテクニックで、アチューンメントだとかアクティベーションだとかダウンロードだとか、色々あるようですが、そういったもの全てが本当は私たちの中にあるものを「ほら、あんた持ってないだろうから、入れてやるよ」という詐欺だと仰っていました。多分、「あ、う○こ出そう〜」という時に、「今、下剤が必要だよ」とか「浣腸してあげるよ」と言って何かを売りつけるような余計なお世話なことってことです。自然に出るわけなのでw (お食事中の方、すみません)つまり、

アッセンションビジネスは、すべて詐欺

という考え方です。今まで通り、目一杯生きていく、それが大切みたいですよ。それから、宇宙の知的生命体に関する政府によるディスクロージャー(暴露)は、今のところはないだろうとタナスさんは仰っていました。あるとしたら、個人レベルでそういう存在と接触する経験をする人が増える、ということはあるそうです。今のところ日本では、自衛隊の隊員などが「UFOを見た」と発言すると、精神病院に入れられてしまい失職するので、言えない状況です。会社などでも、それを公言した人がいたら、おそらく何か社会的なハンデになるはずです。人間以外の知的生命体に対する私たちの解釈が広がらないと、難しいかもしれませんね。

それから、過去記事でNASAが公開した月の裏側の映像がフェイクすぎて笑える件と言うのを出しましたが、公の機関がフェイクなものを平気で公開しているうちは、本物のディスクロージャーは起きないと私は思います。仮に今までフェイクなものばかり出してきた機関が「新事実発覚!!」というようなことを公開しても、「また、フェイクじゃね?」としか思えませんからね。

関連記事
国連が日本叩きをする本当の理由
NASAが公開した月の裏側の映像がフェイクすぎて笑える件
日本の職人魂が世界を救う
日本人は「やった人が悪い」という性善説
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。