FC2ブログ

セメントで手作りする電磁波対策・環境浄化アイテム

電磁波対策など
04 /08 2019
しばらく忙しくてあまり更新していませんでしたが、私が最近やり始めたことについて書いておこうと思います。私が住んでいるカリフォルニアのシリコンバレーの自治体では、昨年、5Gの電磁波による発がんの懸念のために住宅地での5G通信塔を規制する条例ができています。

昨年から、電磁波対策と環境浄化のために「おるご」を手作りしていろいろと実験してきたことを書いてきましたが、新たな進化を遂げたので、みなさんにもご報告しておきます。今までは、固めやすい樹脂で作ってきたのですが、これは石油ベースのものなので、万が一のことを考えると脆弱な部分があることは否定できないと思いました。一昨年前からカリフォルニアで起きた山火事の燃え方が金属だけ異常に高温になって、部分的に燃えるというその燃え方がいかにも人工的というか不自然だという指摘をする人たちがいました。そして、その前後に空からくるビームのような光を撮影した人もけっこういました。

つまりですね、軍関連なのかハイテク企業なのか、誰がやっているかは分かりませんが、推測としては、「外から働きかけて、部分的に燃やすという技術がすでに存在する」ということではないかと思います。ですから、その技術を持った勢力がそのテクノロジーをつかえば、遠隔で何かを燃やすことは簡単だということです。以前、電車などの乗り物の遠隔操作について書きましたが、日本にもすでに来ているんですよ。

昨年の年末頃に日本で起きたスマートメーターの火災について記事が出ていたのですが、その内容に私は驚愕しました。なんと、消防署が「スマートメーターから出た火災は消防署に報告しなくていい」と発表したという内容でした。これは、消防署が電力会社と結託して、スマートメーター火災(の事故?実験?)の事実をもみ消すことにした、という風に私には思えてなりません。

スマートメーター火災 消防庁が「報告不要」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201812/CK2018120602000148.html

そこでですね、「おるごも燃えにくい素材で作った方が本当はいいんじゃないかな」と思ったのです。そこで、「善は急げ」で早速、セメントの粉を買ってきて、セメントでおるごを作ってみましたよ。


5G電磁波対策や環境浄化用のデバイス、オルゴナイトについての過去記事

5G電磁波対策用のデバイスを激安で手作りする方法
大気浄化と電磁波対策と水晶デバイス
カリフォルニアは、森林火事で「バルサン」されました
地球の自浄作用を高めるオルゴナイトと注意点
黒いヘリコプター、キタ━━━!!!
地球を浄化するレベルの「マジ」な「おるご」
水+石+金属+太陽光+祈り=イヤシロチの創造



感想としてはですね、セメントのオルゴもなかなか味があって、いい感じにできました。石っぽい感じでいいです。ただ、コースター型のおるごを光沢のあるテーブルの上とかに置くと、セメントの凸凹がテーブルの表面を傷つけたりするので、ちょっとアウトドア向けではあります。または、敷物を敷いて、その上におるごをおいて、その上にコップやピッチャーなどを置くといいです。

日本では樹脂の値段が少し高いような気がするので、セメントの粉のほうが経済的だと思います。また、UV樹脂の場合は、曇りの日はぜんぜん固まらないし、透明の容器でないと太陽光が通過しないのでかたまりにくというデメリットがあります。セメントは固まるのに数時間から半日程度かかるので、固まるまでの時間は長めですが、案外、作りやすいです。「セメント細工」や「モルタル造形」のやり方を調べてください。(以下は、おるごの作り方ではなく、セメントの固め方のビデオです。おるごの作り方は、過去記事をごらんください。)



モルタル造形
https://kurashi-no.jp/I0022014

セメント細工
https://www.komeri.com/suteki_diy/32.html

それから、私は最近では、中にフミン酸(ヒューミック、蘇生力のある土壌)やEM菌の粉のようなもの、丁子(クローブ)の粉、珪藻土(害虫退治にも使われる)などを少し混ぜています。こうすると、おるごの作用が非常にパワーアップします。それから、ケン・コーラ氏という方がおっしゃっていた「アゾマイト」という園芸に使う微量要素ミネラルのパウダーを入れると、おるごの力がものすごくなります。アゾマイトというのは、何百種類ものミネラルを微量に含む土壌のことで、「植物を含むあらゆる生命体の代謝機能を司る酵素の活性基として、健康で丈夫な植物を育てるのに役立つ」といわれています。土壌をよくするためにガーデニング用品の店で売っています。そんなに高くないですし、おるごに入れるのは、ちょっとだけです。

ちょっと前まで、私はプラチナのパウダーとか、金粉とか銀粉とか、ダイヤモンドのパウダーとか頑張っておるごに入れてましたが(笑)、アゾマイト中に微量であっても、いろいろな鉱物が満遍なく入っているので、ほぼ入れる必要なくなりました。たまに、ちょっと可愛いやつや高級感を出したい時は、透明の樹脂で可愛い色の石に金粉や銀粉を入れるのも楽しいですけどね。

それから、最近は、おるごの中にこれまた電磁波対策になるテンソル・リングを入れ込む、という合わせ技も覚えました。(最近では、テンソルリングで実際に電磁波が減少しているかどうかを電磁波測定器で図っている方たちが日本にいらっしゃるようですね。)私も今はちょっと作るだけで精一杯なので、測定している余裕がありませんが、多分、測定したら納得する方も増えるでしょうね。

でも、天候を支配している勢力(?)さんたちは、相変わらずです。いまだに毎日、ヘリかセスナが頭上すぐ上を飛び、パトカーらしき(偽かも??)車だのが迫ってきているし、スモッグがひどい日も多いです。しかし、めげない(笑)。もし、浄化作用というか何の効果もまったくなかったら、彼らが私をさりげなく脅す必要はないわけで。とにかく、「継続は力なり」と私は思っています。毎日、少しずつではあっても、コツコツと自分の環境を浄化&蘇生型に変えていくことのみです。大きな変化はすぐに訪れませんが、最近、私の家の近くなどは、スモッグがひどい日でも空が見えるようになってきました。

そういえば、以前におるごさんを作り始めてから、古い家電が壊れた話を少し書きましたが、おるごの電磁波抑制力は測定器で測定できるので、おるごを作り始めた家のアドレスに対して、自動的に高圧電流が流れるような仕組みがあるのかもしれません。ですので、これから環境対策用のおるごを作る方は、まず家のコンセントには、家電やパソコンを守るためにも雷サージ保護をつけておいたほうが安全だと思います。家電などでも、いちいち買い換えると、結構な出費になりますので。
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。