FC2ブログ

神事である相撲に「大統領杯」強引設置はアメリカの文化侵略の誘致

日本人としての誇り
05 /26 2019
相撲は日本の国技であり、神事です。

それが戦勝国であるアメリカの大統領の要望で「大統領杯」まで作ってしまいました。今回だけならまだしも、相撲の夏場所を大統領杯にしてしまったとは、なんたる売国行為でしょうか。まるで

日本が文化的にもアメリカの属国になってしまった

ような振る舞いです。

安倍首相の外交はある程度支持していましたが、もう失望しました。

これは、アメリカに文化侵略を「どーぞどーぞ」と招き入れる行為です。こんなことで、日米関係が良くなることはないのに。(アメリカのマスコミでは日本は北朝鮮と同列の扱いだった事実についての過去記事はこちら

むしろ、日本の文化の純粋さが損なわれます。また、相撲は日本の国の在り方を反映する神事であり、神々に奉納するものです。

Sumo2.png

古くは当麻蹴速と野見宿禰が垂仁天皇の御前で相撲を取ったことが記録に残っているように、昔は天皇陛下の御前で行われたもの。(過去記事「負けても尊敬される、世界でも稀な日本の精神」を参照)

Sumo.png

それを

アメリカ大統領に奉納するとはどういうことじゃ!!!

わしゃ、怒りが収まらん💢

アメリカに長年住んでアメリカを表から裏から見てきた私が知っていることの一つに、アメリカの支配層の狡猾さと原住民の精神性や伝統が持つパワーをハイジャックして、自らの力としてきたことがあります。

一つ、分かりやすい例を挙げます。アメリカの国の象徴として鷲を使っているのですが、これは元々はネイティブアメリカンの団結と権威の象徴です。アメリカの支配層はこれをパクって我が物としたわけです。他にもいろいろありますが、それはまたの機会に。(大東亜戦争中も、後半に日本人が解読不能だったナバホ族の暗号部隊を作ったことで、戦争における情報戦を勝ち抜きました。)

相撲の夏場所にアメリカ大統領杯を設けることは、日本の文化的なアメリカの属国化を意味するだけでなく、神事である相撲の特性からいって、アメリカに日本の国運を吸い上げられる(吸わせる)ということを象徴しています。

相撲協会も安倍首相もなにやってんねん!!

自民党もいい気になるなよ‼️ こんなことばかり続けて、

日本の土台を蔑ろにしたら、次の選挙で痛い目にあうからな‼️

書物に記録されている中では最も古い相撲とされている垂仁天皇の御前で負けた当麻蹴速(たいまのけはや)を祀る「蹴速塚(けはやづか)」には、このような案内文が書いてあります。

「勝者、必ずしも優ならず。
ときには勝機や時運に恵まれず、敗者とな ることもある。

勝者に拍手をおくるのはよい、だが敗者にもいっきくの涙を
そそぐべきではないか」

「蹴速塚(けはやづか)」



関連記事
国連が日本叩きする本当の理由
アメリカにとって日本は北朝鮮と同列?
負けても尊敬される世界でも珍しい日本文化
相撲の「アメリカ大統領杯」は日本の皇室破壊への布石
天皇陵の世界遺産登録勧告 = 墓荒らし + 罰当たり = 日本潰し
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。