FC2ブログ

シリコンバレーで日本を想って、心配されるの巻

言論の自由
08 /12 2019
こんにちは。先日、立花孝志参議院議員について書いたところ、「あなたが立花支持とはがっかりだ」とか「日本のことなんか書かずにアメリカのことを書いてろ」、「あなたの信憑性が落ちる」というようなコメントを何件か頂きました。いくつか思うことがあったので、書いておこうと思います。「あんな下品な立花を支持すると公言するなんて、あなたまでヤバイ人と思われて勿体無い…」というような心配までされている方もおられるようなので。

まず、このブログはご存知の通り匿名の個人による完全な趣味のブログであり、読者数を伸ばそうとか、みんなに信じてもらいたいとか、というようなことは考えていません。見えない世界の話題なども多かったりして、人によってはトンデモ度MAXな内容もあり、ついていけないと感じるかもしれません。スピな話題はやめて、アメリカの政治についてもっと書けというコメントも前からありました。

でも、これは私のブログなので、すいませんが

不快感を感じる方は読むのをやめて

いただきたい。

それから、私がアメリカ人たちから直接聞いた彼らの本音について書けば書くほど、アメリカの闇というか病んでいる部分とジャイアンな部分が見えてきて、日本に住んでいる方々には「まさか!アメリカ人がそこまで日本や日本人をど〜でもいいと思っているなんて!!」とショックを受けたり、「アンタがどうかしてる!」と全否定する方々も多いようです。(日本人は完全に親米寄りに洗脳されているから)だから、これ以上、その点について書くのもどうかと思っています。

立花議員に関しては、支持しているのではなく、NHKという政界とスポーツ界、芸能界、そして闇社会(反社)を束ねている日本の闇の部分に切り込んで行っている様子を興味深く見届けたい、というだけです。   

私は、日本人は全体的に政治家に何か聖人君主や人格者を求めるというか、優等生的な行動やイメージを求めるようなところがあるような気がします。アメリカは、トランプのような下品な人間でも十分に大統領になれる国ですが、日本は違うような気がします。立花議員は、過去にNHKと散々、裁判してきただけあって、日本の法律をよく知っているので、何かあるとすぐ証拠をビデオで公開して自分で警察を呼んで確認を取らせています。それから、日本の国の土台である三権分立のこともよく理解しているようです。



この方の「ぶっこわす」などとという言葉遣いは荒く、決して尊敬できるような人物ではないかもしれませんが、非常識なところはあっても、しっかりと合法的に手順を踏んでいます。まあ、その辺りは、ご本人も自覚しているようで、「自分のような下品な人間が選挙にでなければいけないというのは情けない」というようなことを言っていたと思います。

マツコさんへの反論も、その論拠は個人のツイッターやブログという自由な言論空間ではなく、放送法で割り当てられた公共の電波であるテレビを使ってマツコさんが特定の政党に投票した有権者に対して「ふざけて投票した」とか「宗教じみている」と言ったことを問題視したからです。放送法では、公共の電波を使うテレビの政治論評には、公平性が求められるので特定の政党に有利になったり不利になるような報道はしてはいけないことになっていますからね。つまり、マツコさんのコメントは「特定の政治団体に投票した人たち(100万人)に対する貶め」になってしまったということです。

そもそも、NHKがこんなに腐敗して、政治家や団体と癒着したり、

反社と裏で繋がって

いなければ、立花氏がNHKを内部告発して退職する必要もなかっただろうし、集金人からの被害者たちを守る必要もなく、こんな政党を作る必要もなかったと思います。NHKが相撲協会を通じて反社と裏で繋がって、

都合の悪い人間を消してきた

ということを立花氏はNHK幹部から直接聞いたとビデオで告発していたと思います。実際に本人が面識のあった

NHKの下請け会社の社長が警察の取り調べ翌日に死亡

したことを語っていたと思います。しかも、東京湾に車ごと突っ込んで死亡したということです。

立花議員はNHK職員時代に裏帳簿を作らされたり、さんざん汚いことを見聞きしてきた人物ですから、当然、アクが強いし上品とは言えません。また、この人は裏のカネの動きや枕営業を職員時代の仕事を通じて知ってますから、大勢の日本の政界や財界トップの人たちの弱みを今でも握っている。「毒を以て毒を制せよ」と言いますが、優等生的な政治家が今まで大きなことを成し遂げてくれたことがあったでしょうか。

立花議員がどこまで目的達成できるかわからないにしても、実際にNHK関連の株価が下がったり、すでに影響はあると言えるのではないでしょうか、日本の闇は、各業界に蜘蛛の巣かカビのように蔓延していて、もうどこから切り崩していったらいいか見当もつかない感じだったと思います。立花氏ぐらいの毒を持った人間が自分を育てた毒蜘蛛の巣に切り込んでいかないと、日本の闇はビクともしなかったと思います。



青山繁晴議員についても、彼の言動や考えのすべてを支持しているとか正しいと思っているわけではないです。全体的に日本の国益を考えてくださっているので応援しているだけです。青山議員にはアメリカ政府内にいる官僚など政府関連の長年のつきあいのある方々がいらっしゃるようですが、その人たちの考え方はアメリカの旧勢力にしがみついている人たちのような印象を受けるので、アメリカに関する解説をするとき、青山議員はアメリカ国内でもそちらの勢力の考えを解説しているように私には聞こえます。

しかし、政府が在韓大使を日本に戻そうかと検討していたところ、それをやってしまったら韓国にいる日本企業が現地のコンタクト先をなくして困るだけなので、「韓国をホワイト国から外す」ということを自民党部会で官僚に最初に提案されたのは青山議員でした。



本当に、個人ブログなので更新も気ままに行っていて、内容も私が思ったことを徒然に書くだけなのでその時の気分で偏りがあります。私の気持ちが日本に向いている時は、日本のことを書きます。人工知能使って書いてるわけじゃないし、広告収入があるわけじゃないし、誰かの期待に応えようという気持ちもなく、誰にも気兼ねなく書いてます。私は逆に自分の自由な立場を守るためには、読者に媚びないことも逆に大事なんじゃないかと思うくらいです。売り物じゃないからw

ま、そういうわけで。心配ご無用だよ。
関連記事

コメント

非公開コメント

立花孝志の貴重なNHK体験

★NHKが反日放送している理由は【電通】に乗っ取られているから。←必見!!!
https://youtu.be/Y6Hu4mx0Zl0(46:06)2018/06/13 に公開


●櫻井よしこ・立花孝志の対談「NHKの表の経理と裏の経理を体験した立花孝志」 https://youtu.be/NIRzHVK-hUw ★★★

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。