FC2ブログ

祝!ニセの現実を投影していたホログラム機能が崩壊中

石、環境浄化装置
09 /09 2019
昨日、いつものように庭で電磁波対策グッズを作っていたら、空にとんでもないものを発見してしまいました。それは、今まで、ニセの現実を私たちの環境に投影していた

「ホログラム機能」が崩壊しているのではないか、

と思わされる出来事でした。勿体ぶらずに結論から言います。今まで、電磁波対策グッズを庭で作ると、きまってセスナやヘリコプターが家の上空に飛んできていたのですが、昨日はいつもよりもちょっと離れた上空にヘリコプターが飛んできていました。「また来てるけど、ちょっと今日は離れてるな」と思いながら、機体をよく見てみると、ヘリコプターの色が黒でもなく白でもなく、グレーでぼやけた感じになっていて珍しい色でした。そこで、とても不自然なことに気づきました。ヘリコプターのすぐ上に覆いかぶさるように

もう一台のヘリがドッキングした状態で乗っている

のです。始めは、もう一台のヘリが併走しているのかもと思って見続けていたのですが、やっぱりくっついているんです。ヘリ同士というのは、あまり近づくと追突しますから、二台がそんなに近くにピタッとくっついで飛行するというのはありえません。

ありえない図を見た

ということで私が考えたのは、これはやっぱりホログラム(空へ映像と音を投影して本物のヘリが飛んでいるように見せかけていた)だったんじゃないか、と思ったのです。そして、何らかのシステムというのは、故障もあるわけなのです。

前から、うすうすですが、個人で電磁波対策グッズを手作りしているだけで、いちいちヘリやセスナが瞬時に上空からチェックしに来る(しかも、複数)というのは、どうもパイロットを雇って飛行機を動かすコストなどの面から言っても、あり得ないことのような気がしていたのです。そこで、私が見ているセスナやヘリの中に、本物もあるかもしれないけれど、ホログラム(音と映像を空に写しこんでいる)もあるんじゃないかな…。という疑いを持ち始めていたのです。それはあくまで「もしかして?」という憶測に過ぎなかったのですが、今回の件で「やっぱり」という確信に代わりました。

ちなみに、私が庭で作っていたのはこういうものです。

過去記事はこちらから…

セメントで手作りする電磁波対策・環境浄化アイテム
5G電磁波対策用のデバイスを激安で手作りする方法
大気浄化と電磁波対策と水晶デバイス



なぜ、電磁波対策グッズに興味を持ったかと言いますと…

一昨年前に、ある記事を出した直後に複数の隣人が同じタイミングで交通事故で死亡したり、私の車にそっくりの車を私の家の前に駐車していた人の車が追突されたことから、「何か、事故を誘発するシグナルとかあるのかな?衛星とかからなにかやってるんだろうか」という疑問を持ち始めました。

それから、スマホ内のデータが勝手に(遠隔で?)消されたり、スマホにあり得ない不具合や盗聴されているような現象が起きました。また、家の前に来た不審者の写真を何枚も撮ったら、スマホ内の画像の車のナンバー部分にボカシがかかっていました。つまり、知らないうちに遠隔でデータに変更を加えられたわけです。

何か対策がないかなと思って、様々な電磁波対策の方法を調べ始めて、いろいろ買って試したり自分で作って実験するようになりました。

最近では、上森三郎さんという一級建築士で発明家の方が作ったゼロ磁場を作るアイテムなんかも日本から取り寄せたりして買ってみたり、スリム・スパーリング氏が考案したテンサー(テンソル)リングの進化版を使ったりもしています。自分でも銅線をねじねじして、色々やって実験していました。

最近、私の家のすぐ上にはセスナやヘリが来なくなったのですが、もしかすると強力な電磁波対策を施すと、近寄れないのかもしれません。もしくは、今までホログラムでセスナやヘリが来ているように映像と音で見せかけていたのを、対策済みのエリアでは、ニセの現実を投影できないのかもしれません。

昨日のマヌケなヘリコプターの二重写し

ですが、これは何らかの投影機能のバグではないかと思っています。ま、そういうことで、色々と対策している人の周辺では、ニセの現実がこれからも崩壊していくことが予想されます。

最近、アメリカで有名人がいきなり機械の誤作動のように変な言葉を喋ったり、片側の顔だけが引きつったり、不自然な行動をするときに「クローン誤作動(マルファンクション)」という言葉が使われて、あまりの不自然さに「この人は、本当に人間なんだろうか?」というような問題提起がユーチューブ上でされています。顔の画像が一部だけ崩壊するというのもあります。「レプティリアン・シェイプシフトだ」という人もいるのですが、そうではなくて何らかの電子的に投影されている情報にバグが生じやすくなっているのかもしれません。去年、カナダのイケメン首相の眉毛がテレビの画面上でみるみる崩壊したという事件がありましたが、あれも同じようなものだったのかと今では思うようになりました。

みなさんの周辺の現実は、どうなっていますか。
関連記事

コメント

非公開コメント

最近よく拝見しています

児童売買に関する記事を中心に、最近貴ブログを拝見しています。

監視と脅しを受けてるのですね。私もその状態です。どんな脅しかいきなり説明したら、頭が狂ってるんじゃないかと疑われそうなものです。

私と被害が似ているベルギー人男性がいて、その人はDJアヴィーチの死にまつわり脅しを受け、私はリンキンパークのチェスター・ベニントンの死にまつわり脅しを受けました(脅しは直接的ではなく、サインの提示で行われるものです)。どちらも児童売買(の暴露)が死の原因だと貴方の記事で知り、驚きましたが、腑におちました。貴重な情報ありがとうございます。

※Name欄は、ツイッター名(@ツイッターID)です

Re: 最近よく拝見しています

コメントありがとうございます。
私自身は、かなり能天気な部分もあって、幸いなことに気持ち的には全く影響を受けてないです。とりあえず、自分に出来る対策をいろいろやって、あとはいつもの暮らしを今まで通りやるだけです。あとはなるべく日常生活で同じ時期や場所で同じことをしないように(人工知能にとって予測不能な状態でいる)心がけています。お互いゆるりと出来ることをやっていきましょう。

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。